ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

先日のライブ動画を、いろんな方々に見ていただきました!

僕の知人や友人はとても耳の肥えた方が多いので、いただくご意見ご感想は自分が意識してなかったところを突いてこられることも多いので非常に参考になります
もちろん、お世辞で言ってくださっている面もあるかと存じますが^m^

よく考えたら、いつもプロの音を録ってらっしゃるレコーディングエンジニアさんやプロギタリストさんに、ド素人のライブ映像をお見せするなんて失礼もいいところですよね でも、いつもお世話になっているプロのギタリストさんから「歪みもクリーン(厳密には極軽いクランチ)も凄く良い音。前回のライブから何か変えました?」と言っていただけたのは素直に嬉しかったです


IMG_8204
そう言われて「何か変えたっけなぁ??」と考えると、ギターもアンプも歪みペダルもそのまんまだけど そういえば前段にコンプを繋げるようになったのは今回のライブが初でした!
コンプ(EMMA transMORGrifier)はピッキングアタックを少し強調するようなセッティングにしてあり、音が全体的にパキっとして前に出てくるようになります。ギター単体で聴く分にはそんなにわざとらしい効き方するセッティングじゃないんですが、このさり気なさでも実はバンドに混ざると威力があることに気付かされます!今回はピアノもキーボードもいるバンドでしたが、ギターの音量が小さい時でも埋もれずにしっかり抜けてくれるんです

つい最近まで「コンプって何のために使う物なの??」「カッティングする時だけ使えばいいんでしょ」っていうレベルの僕でしたが、地味だけど縁の下の力持ち的な必要不可欠なエフェクターとなりました



先週末、今年1発目のライブが終わりました!
またデリさんに素敵な写真を撮っていただきましたよ(^^)
IMG_8128
IMG_8129
来てくださったみんな、ありがとう!!
今回もそんなに緊張せずに楽しく演奏することができました
動画を観てくださった仲間からも嬉しいご感想をいただきました。パッチごとの音量差については直前ギリギリまで悩んで調整したので、バンド内での音量バランスの良さを褒めていただけたのは特に嬉しかったです


今回のライブで強く思ったのは、ボードをペダルトレインにして良かったなぁということ
記憶ではたしか前回エレキギターで参加したライブの時は まだボードがPULSEだったはずなんですが、PULSEだとこういう持ち方でステージに行くんですね。
IMG_8200
(↑写真ではペダルトレインを持ってますが、パルスだと思ってください)
パルスは持ち手が無いので お盆を持つように持たなければならず、両手が塞がります。するとギターのネックを支える手が無いので、楽屋→舞台袖→ステージという移動の過程でヘッドをガンガンぶつけちゃうんですね 特に下り階段なんて最悪(苦笑)


ところがペダルトレインだと、
IMG_8170
格子フレーム状になってるので手を入れる所がたくさんあり、片手で持つことができます するともう片方の空いた手でギターのネックを支えることができるのです(^^)
こういう一見小さなことが、前後のバンドとの転換をスムーズに行なうための大きな違いになるもんです それにライブはできる限り演奏に集中したいので、余計なところに気を遣いたくないじゃないですか^m^

やっぱり小さなペダルトレインにして良かったと思います
ただボードに関しては今回気付いてしまった難点(?)もあります。それは新規導入したスイッチャーBOSS ES-5のスイッチ間隔が狭いこと。。大雑把に踏んだり、手の動きが止まらず(特に左手)にスイッチングする場合、意図しないスイッチまで踏んでしまうんです。この点はES-8の方がよかったなぁと思いますけど、買ってしまったからには慣れなきゃいけませんね



なんだか写真は妙に粗いし、文字サイズも大きくなったり小さくなったりで変な記事になってたので、もう一度書き直します(^_^;)
ライブドアアプリを使ったスマホでのアップは、イマイチよくわかりません


リサイクルショップから掘り出した、爆安JMP1H
IMG_8065
IMG_8084
正直、youtubeでJTM1やJCM1との比較動画を見ていた時は、JMP1が一番イケてない・・・もとい、一番好みではない気がしてたんですが、やっぱり実機を自分で鳴らしてみなきゃ正当な評価はできないもんですね!
VOLUME、TREBLE、BASSフルテンでJMP特有のズシャッ!とハイが潰れるような歪み方をしてくれて、「さすが本家、1wでもうまいこと爐△硫鮫瓩鮑遒辰討るなぁ」と感心させられます

ただ、ギターのボリュームを絞った時のパキッとしたクリーンの表現力は、やっぱり100wに軍配が上がりますかねー。
いや、しかし総じて素晴らしいベッドルームアンプだと思います


IMG_8085
裏面には50周年のプレートが。


IMG_8087
ゲインブーストスイッチはちょっとノイズが目立ちますねぇ。これなら、好みのオーバードライブでゲインブーストした方がサウンドを追い込めると思います(私感)。
HighとLowを切り替えられるパワースイッチは、Lowだと0.1wに出力を下げられるようです。前面のボリュームをMAXにしてても、このパワースイッチをLowにすると音が小さすぎる感じですね。おまけに音がシャーシャーして変にハイが目立っちゃうような音になる気がします。0.5wくらいなら良かったのに(?)。
あくまでも僕の環境での話ですが、High(1w)のままでも家でフルボリュームにすることは可能です。ただ10分くらい弾き続けると奥さんから「そろそろいい加減にしたら?」と怒られそうな音量ではありますね ε-(´∀`; )


IMG_8088
パワー管とプリ管1本ずつかな?と思ってましたが、計4本も刺さってました!^m^


さて、どうせ見てもチンプンカンプンですが、ご開帳でございます。
IMG_8089
うん。やっぱりチンプンカンプンです(笑)


IMG_8090
生意気(失礼!)にも、Dagnall社のトランスが載っているんですね
Marshall好きとしてはこういうところでテンション上がりますよね

というわけで、今更感満載なMarshall JMP1の紹介でした!
最近の僕はアンプはクリーンで歪みはペダルで作るスタイルなので、そういう用途においては正直ジャズコの方が断然素直でペダルに変な味を加えないので使いやすいです。でも、たまには歪ませたJMPにブースター1発でハードロックサウンドを掻き鳴らすのも悪くないですね!!(^^)



バンド練習後にフラっと立ち寄ったリサイクルショップで出会っちゃいました(^^)

IMG_8065
あれ?Marshall JMP-1Hって、こんなに安かったっけ???
最近、マーシャルから随分遠ざかってるので、相場もよく覚えてません。でも、ここまで安い値がつけられるような物ではなかったような・・・
お店の人、Class5と間違えて値付けしちゃったのかな?


・・・でもまぁ手持ちも無かったし、とりあえず退散。そして1332さんに報告LINE。


で、あとからヤフオクの過去の落札履歴を調べたら、これ、10万円くらいで取引されてるじゃありませんか これは久々に掘り出し物に出会っちゃったかも
万が一 音が気に入らなくても、ヤフオクに出せば損はしなさそう^m^


という訳で、、、
IMG_8066
お金おろして、改めて捕獲しに行ってきました^m^
最近アンプはVox MV50というミニミニヘッドしか持っていなかったので、小さいながらもこうしてMarshallロゴの入った真空管ヘッドを積むとテンション上がりますね

そういえば、買った時にレジの店員さんが
「これ、先日入ってきたばかりなんですよ。かなりお得ですよね!50周年モデルですし!」
って言ってました。
と言うことは相場よりかなり安いことは店員さんも認識してるってことですよね。
なんでこんなに安い値段にしたんだろう???



こちらでエフェクターボードを小さくする計画について書きましたが、それが完成しました
経過などツイッターで呟いちゃってるので目新しくないですが御覧ください


DSC_0252
DSC_0254
前より、横幅が約15センチも小さくなりました!この差はデカいですよ。
ちなみにボードは、PedaltrainのCLASSIC Jr.というモデルです。
だいたい45.5センチ×31.5センチという感じのサイズですね。


DSC_0258
エフェクターを減らしたことでスイッチャーをBOSS ES-5という5ループのモデルに変更しました。ES-8からES-5に替えたことによるサイズの違いが一番デカいですね!


DSC_0255
前と同じように、One Controlのジャンクションボックスをここにハメ込んでいます。もちろんメーカーはここにハメることなど想定して作っていないでしょうけど、ピッタリなのが本当にうれしい(笑)

・・・ただ、今回このジャンクションボックスの中身が断線するというトラブルが発生。ボードを組んだのに音が出ず、原因がジャンクションボックスにあると断定できるまで2時間くらいテンパりました
ちゃんとハンダつけ治しましたよ(^^)


DSC_0256
これまた前と同じように、ボード裏面にTC Electronicの小さいリバーブを忍ばせています。
ボードをひっくり返さなくてもスリットから指を入れて手探りでノブを回せます( *´艸`)


DSC_0257
歪みは2台のShinosのペダルで賄います!
The BLASTは弱いクランチ設定。単体使用でのコードワークはもちろん、前段のコンプと同時使用でブルージーなプレイやリードに使ったり、後段のNaughty Brainのゲインブースターとしても使用します。こいつはマジで万能ですよ!
Naughty Brainはマーシャル系と謳われていますが特に「プレキシ系」とか「JTM系」とかみたいな特化型ではなく、非常に汎用性の高い上質な歪みです!
僕はメインの歪みに使っていて、ギターソロの時はBLASTでブーストします


さて、今までのボードと見比べてみましょう。
IMG_7068
DSC_0252
うん、かなり変わりましたね!
小さくなった分、なんか要塞感というかロマンもちょっと薄れた感はありますが
でも可搬性はかなりアップしたし、カフェバーの小さいステージでセッションライブする時もかさばらないサイズ感は魅力です




なんか、定期的に小さくしたがってる気がしますが^m^
という訳で、またペダルボードを小さくしたい熱が再燃してまいりました。
「小さくしたい」というよりも「こんなに大きい必要は無い」と気付いたと言うべきか。。。


現状はコチラ。
IMG_7900
このラインナップで落ち着いた感があります。
歪みも満足してますし、買い足したい物も現状皆無です。ところが、このボードを何か月か使い、何度かライブにも持ち込んだところ、ここまでのシステムは必要無いなと気付きました

まず歪み物
「こんな音も使いたくなる時が来るかもな」と先を見据えて入れてた歪みペダルは思い切って外しましょう。「この先もしかしたら使うかも」でボードに載せてたらキリがないですからね。

続いてBOSSのハーモニストPS-6
一度ギター1本でハモらせるのをライブで使った時に導入したんですが、その後は使わず。でもハーモニストとしてではなくデチューンモードで「コーラスの代わり」としてもすごいいい音なので載せたままでした。ただ現在はHotoneのXtompがあるので、もし揺れ物系の音が必要になったらXtompにお任せしましょう。ということで外します。

続いては、ボード裏面に密かに忍ばせているリバーブ
これはボードから外すのではなく、スイッチャーのループから外します。結局どのパッチにおいても常時ONなので、それならループに入れなくてもスイッチャーの後段に繋げばいいだけの話ですからね(笑)


このように、スイッチャー(BOSS ES-8)の全8ループから3つのエフェクターが減ると5ループで間に合う計算になるため、スイッチャーはES-8じゃなくES-5で充分っていうことになります。ES-5になるとサイズがかなり小さくなるため、ボードも小さくできそう!

という訳で、現在ボードやスイッチャーの入れ替え作戦中です!
今週末のライブに新ボードが間に合うかどうかはわかりませんが、着々と進めていきたいと思います


※ 完成しました!!コチラです。



ピロさんとスタジオ新年会してきました\(^o^)/
前回、時間を持て余したので今回はちょっと短めの2時間です^m^

最近はバンド練習でスタジオに入ることも多くなりましたけど、こうして練習という目的ナシに好き勝手に鳴らしてストレス発散したり「このギターいいね。この機材いいね」など楽しむことも時には必要ですね!


まずは僕の機材。
IMG_7902
いつも通りのセットです。
しいて言えばHotoneのXTOMPを大きい音でちゃんと試したのは今回が初めてだったかな。
やっぱり良いですこれ
僕的にはデジタル臭さみたいなのも感じないですし、モデリングもしっかり特徴掴んでて思わずニヤリとしてしまうものが多いですよ。

IMG_7919
スタジオでインストールしたこのモデリングがとても気持ちいいことを発見しました。
WamplerのPlexitortionというペダルのモデリングだそうです(^^)


さて、赤いマーシャルキャビをバックに撮影会しました!
IMG_7903
IMG_7913
うん、暖色系同士、よく合う(^^)


こちら、ピロさんのギターです。
IMG_7907
IMG_7911
IMG_7912
GIGというクロサワ楽器さんの初心者用ブランドのストラトモデル。それにヤフオクで買われたトラ杢ネックをセットしたギターとのことです(^^)
ツインブレードタイプのリヤPUや、ローラーサドルと、コダワリの改造が施されていました。
ボディもネックも木目がカッコいいですね!
フロントとセンターPUがGIG純正のセラミックマグネットのPUとのことで鈴鳴り感やブライトさに欠けるところがあったので、そこを変えればまた化けそうな感じがします

ピロさんはスタジオ行くたびに新しいギターネタを投入してくれるので嬉しいです^m^


さて、スタジオが終わったら恒例のリサイクルショップ巡り
猛吹雪や大渋滞の中をくぐり抜けて全10店舗廻りました!
久々に行くお店ばかりだったので商品も結構入れ替わってましたし新春セールやってるお店もあったりして結構気になる物に出会っちゃいました
僕はそんな中、Duncanのシングルサイズハムバッカーを買ってみましたよ(^^)
気に入らなければすぐ戻せるし、Kanjiに載せてみようと思います!



娘つぐちゃんが旅行から帰ってきて早々インフルエンザになりました
旅行真っ最中じゃなかったのが不幸中の幸い(^_^;)


さて、マイニューギアのGIBOSN ES-335
IMG_7325
1日置いといただけで結構チューニングが狂ってます
見るとネックがそこそこ順反ってる模様。パッと見でわかるくらいだから、なかなかの反りようですよね(-"-) まだまだネックが動いてるようです。心配。。。

ロッド調整、ペグへの弦の巻き数、テイルピースの高さ、ナットの溝・・・などセッキーさんから助言いただいて自分なりに調整してみました。ペグの弦の巻き数とテイルピースの高さは、音にも結構影響しますね!よりタイトに締まった感じがしますよ

あとは早くネックが落ち着くことを願います



楽器店でおもしろい物が中古で売ってたので、購入してみました!
642265146425625
SUPER VEEのBLADE RUNNERというトレモロユニットです!
エリックジョンソンも使っている、とか。
一見普通のシンクロナイズドトレモロと大差無い感じですが、取り付け部をギターボディに完全に固定させて、可動部とは板バネで接続されており・・・

・・・ってウマく説明できないのでこちらの動画をご覧ください



↑↑↑こういう動きをします。
この板バネが絶対に劣化しないし折れないらしい。本当かよって感じですよね(笑)


IMG_7324
Kanjiのストラトに載せてみました。

まず操作感ですが、けっこう特殊ですね。
アーミングのタッチがかなりヌル〜ンって感じで滑かになります。
アームバーとブリッジ本体に隙間(遊び)が無いのもいいですね!
ただ僕的にはちょっとアームバーが短いですね。一般的なシンクロ用アームバーは取付けできませんでした。残念。。。

チューニングが安定するというレビューもあるようですけど、その差は通常のシンクロとそんなに大きくはないですかね〜。そもそもシンクロのチューニングの狂いはトレモロ部分だけじゃなくナット部やストリングリテーナー部、そしてペグ部でも生じる訳ですからね。
通常のシンクロでも各所をしっかり調整してやれば、そんなにチューニングが狂うって訳では無いと思います。

僕的に一番差が出たと思うところがサウンドです!
明らかにサスティーンが伸びました。そしてサスティーンに倍音が乗って、コードの響きが豊かになった気がします!表現が適切かどうかわかりませんが全体的に『ハイファイになった』って感じですかね。結構好き嫌いが分かれそうな気もするサウンドですが、僕は好きです


IMG_7322
イナーシャブロックはサスティニウム(って読むのかな?)という教会の鐘にも使われるアルミ合金で出来ているそうです。量ってませんが、鉄ブロックの通常のシンクロより持った感じはかなり軽いです。


IMG_7323
という訳でSuper Vee の BLADE RUNNERのご紹介でした。
これは面白いですね!
実はカラハムのイナーシャブロックを遠藤さんから譲っていただいたんですが、それを試す前にブリッジ自体を交換してしまいました。遠藤さんすみません



最近、大好物だったコカコーラゼロを完全に断ちました!
『ゼロ』ならカロリーも糖質(炭水化物)もゼロだから体に悪くないだろうと思って飲んでたんですが、人工甘味料がかなり悪者だということをある知人から聞いたんです。それからコカコーラゼロではなく、炭酸水(全く甘くない)とお茶だけを飲むようにしています
それからというもの、低血糖にならないようになりました!
今まで僕は長い時間食べずにいると低血糖になって手が震えたり具合が悪くなっていたんですが、それが無くなったんです。きっと、今までは体が低血糖気味の時に甘いコカコーラゼロを飲んでいると、脳が「糖が入ってきた」と勘違いして「インスリンを出して糖を取り込めー!」と指示していたんでしょう。ところがコカコーラ『ゼロ』だから糖など入っておらず、上がってもいない血糖値がインスリンによって更に下げられてしまうことによって、低血糖になってたんだと思います。
まぁ難しいことは抜きにして、体調はすこぶる良くなりましたね

さて、本題です!

最近ブログに「ほにゃららが欲しい」と書くとお友達から「じつはもう買ってるんでしょ?」と言われます(笑)。いや〜、僕の生態を本当によくわかってくださってて嬉しい限りです!
・・・な〜んて、いや、さすがに「もう買ってる」ってことは無いですが、僕くらいになると常に『欲しい物だらけ』なので、それをいちいちブログに書いてたらキリがないです。そんな中ブログに書いた物は、「欲しい」を通り越して「買う!!」になってる物なんですね ( ̄∇ ̄)

最近「欲しい」と書いたものと言えば、ES-335試奏しに行ってきました!!
音ももちろん重要ですが、それより僕が重視するのは弾き心地。
ライブするようになってから特に、立って弾いた時の演奏性がそのライブの出来自体を結構左右することに気付いてしまったんです。だから、ストラップ持参での試奏です^m^

結果的には。。。

IMG_7306
ウチにあるってことは、まぁ、買ったっていうことですよね(笑)。
2014年製のGIBSONメンフィスのES-335チェリーです!
大きいボディですが、懸念してた弾き心地は全然問題なしでした。

僕が弾き心地を重視するきっかけになったギターはテレキャスターシェイプのSuhr ALT Tなんですが、テレキャスボディはボディバックとエルボー部にコンターが無いため、右腕が前に張り出すような感覚になってしまい、ピッキングが狙った所にウマくヒットできない時があるんですよ
同じ心配を335にもしていたんですが、それが全然大丈夫でした!
ボディトップとバックにアーチがあるので、もしかしたらギターに対する右手の角度がストラト弾いてる時に近いのかもしれません(^^)v
まぁこれはあくまでも僕の個人的な感覚ですけどね!


ちなみに僕が買ったのは、メンフィスのレギュラーライン的な位置づけのモデルなんですが、試奏はもっと上のグレードのモデルもさせていただきました。価格は倍以上違います
が、正直、僕の耳には倍の価格差は感じませんでした。もちろん、わかる人にはわかる違いがあるんでしょうけどね。あくまでも「僕の耳には」です。
ただ、決定的に違うのは見た目のオーラ!!
↓↓↓参考までに、これは高いモデルのお写真。
489656615146554315


そして僕のはコチラ↓↓↓
IMG_7327
もう、チェリーの色味とか、木目の透け具合とかが全然ちゃいます
僕のは角度や光の当たり具合によっては塗り潰しにも見えちゃうし、なんかピンクっぽい
バインディングの質感も妙にプラスチッキーだし・・・(-"-)
まぁこれが価格の差なんだなぁと諦めるしかありません(笑)
レギュラーラインなら、チェリーよりサンバーストの方が見た目の高級感あるかもしれませんね。
思い切って塗装剥がしちゃおうかなぁなんて悪魔のささやきが。。。

まぁただミーハーなんで、ヘッドにGibsonって書いてるだけで気分はいいです(笑)



このページのトップヘ