ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

僕の長年のメインギター、Kanjiのストラト
とあるプロギタリストさんに譲っていただいた宝物です。
IMG_3518
そんなKANJIですが ここ最近、生音がポコポコしているのです。
特に6弦が顕著で、強くピッキングしても「ビィーン!」ではなく「ポーン…」
具体的にいつからというのはわからないのですが、気付いたらそうなってました。

原因はきっとネックやフレット周りにあると想像はしていたのですが、そんな折、なんとなく気分でピックアップを交換してみました(^^)IMG_E1896
JUNTONE PICKUPSジナパパシグネーチャーセットに交換です

このピックアップについてはこちらの記事に詳しく書いています↓↓


すると、なんと驚くことに生音が復活したのです!
全ての弦がシャリーンと鈴鳴り感アップし、ポコポコが顕著だった6弦もバチーン!とブライトに鳴るようになりました!

ちなみに、生音ポコポコ問題の解決のためにピックアップ交換した訳ではありません。ポコポコしてたのはアンプからの音ではなく あくまでも “ 生音 ” だったので、電気系統であるピックアップを交換して生音が変わるなんてそもそも思ってないからです。アンプからの出音が変わるなら当然ですけどね。


…でも実際、そんなことありえるんでしょうか??


IMG_1937
交換前に載せていたピックアップは、フロントとリアがSuhr ML。センターがJUNTONEのジナパパシグネーチャーでした。この組み合わせだとJUNTONEだけホットとコールドが逆(?)で、Suhrに合わせて黒線と白線と配線するとハーフトーンでフェイズアウトしてしまうため、センターのJuntoneだけ黒線と白線を逆に結線してました。

よくわかんないけど、これが原因じゃ??

Fenderタイプのピックアップって、S極トップとN極トップが存在するじゃないですか。それらが混在することでピックアップ表面の磁界が乱れ、そして弦が正確に振動してくれなくなる、みたいな。

この推理に違いない!!
…と思ってJUNTONEさんにお聞きしてみたのですが、どうやら違ったみたいですww

JUNTONEさんがおっしゃるには、ピックアップの物理的な重さの影響が大きいのではないか、ということでした。Fenderのビンテージのピックアップはコイル表面にしかポッティングされていないため重量が軽いのに対し、近年のピックアップは内部までしっかりポッティングされているため重いらしいのです(ハウリングやマイクロフォニック防止のため)。
JUNTONEジナパパシグネーチャーはフェンダーのビンテージピックアップに準じているため重量が軽く、それによってボディ鳴りに影響するというのがJuntoneさんのお話でした。
ストラトはピックアップがピックガードに吊り下げられている構造のため、より顕著に生音に現れてくるのではないかとも付け加えてくださりました(^^)

なるほど!非常に納得できる推測ですね!
いや、推測ではなく実体験に基づいたことなのでしょう!
このピックアップと生音の関係については、Juntoneさんも注目されているポイントだそうです

いやーこんなことがあるなら、それぞれのピックアップの重さを量っておけばよかったですね!


ちなみにですが、、、
この5月2日のツイートで僕が「Suhrに戻そう」と言ってるので、少なくとも5月中にはフロントとリアをSuhr ML、センターをJuntoneジナパパシグにしたと思います(それまではFender Custom69セットだった)。
ということは(この記事を書いてるのが6月16日なので)約1か月間くらい生音ポコポコ状態で弾いてたということになりますかね?

まぁそれもFender custom69の時は大丈夫だったという前提の話ですが、なんせその頃の生音をよく覚えてないので定かじゃないですww


IMG_1938
なんにせよ、生音のブライトさが完全復活して超気持ちいいです
ストレス無く弾けるのってこんなに気分が良いもんか、と改めて実感してます。


IMG_E1898
生音が復活したことにより、アンプからの出音も本来のストラトらしい鈴鳴り感とゲロゲロ感のあるサウンドになりました(^^)

生音のポコポコ感は、ピックアップ交換する前まではリフレットしなきゃ直らないと思っていました。もしも数万円かけてリフレットしても、ピックアップ交換しなきゃ生音ポコポコのままだとしたら、きっとかなりショックを受けてたと思います。。
よかったよかった

とは言っても、Kanjiは酷使してるのでそろそろリフレットは必要なんですけどね!

中華ブランドのペダル…正直、安かろう悪かろうだった時代もたしかにありましたが、今はサウンドに関してはもう全然普通に使えるレベルになっていますよね。ただやっぱり耐久性や信頼性においては僕的にはまだ半信半疑なところがあり、ライブ本番で使うのは正直トラブルが怖いという思いは拭い切れないですし、現に先日もリハで壊れましたし…。

でも意外とマニアックなラインナップがあったりデザインが面白かったり、そして何より価格が安いということもあり、弥が上にも気になってしまう。そんな存在でもあります(笑)


IMG_1860
という訳で今回は、RowinTAPE DELAYをご紹介します!
この記事を書いている現在、アマゾンでは3000円台くらいで買えるようです。僕もそれくらいの値段で購入しました。

僕が低価格帯の中華ペダルを買う時は、実用性とか音の良さなどは正直気にしません。なのでYoutubeで音をチェックしてから買ったり、他の競合ペダルと比較して選んだり…みたいなことはせず「まぁ安いしネタの1つにでもなれば」くらいの気持ちで買っちゃいます。仮に実用性が無かったとしても、安いので懐のダメージは小さく済みますから(笑)

でも今回のこのペダルは買って正解でしたね!!


IMG_E1864
TAPE DELAYという名が示すように、テープエコー系のローファイなディレイサウンドです。
そのローファイ具合を3段階で切り替えるのがFILTERというスイッチ
あとはFEEDBACK(やまびこの回数)D TIME(ディレイタイム)MIX(原音とディレイ音のバランス)というオーソドックスなツマミ類に加え、BOOSTつまみは原音も含めた全体のマスターボリュームとなります。
BOOSTは、飛び道具として使う際に目立つよう音量を上げるとか、ギターソロで音量を上げるみたいな時に便利そうです


サウンドの前にまず原音の音ヤセについて。中華ブランドなどの安いペダルを買う人はきっと「繋いだだけで音がやせるのは当たり前」という ある意味 “ 諦め ” のような感情を持っていると思う(笑)のですが、このペダルに関しては「繋いだだけで」というほどの劣化は無いと感じます。
ただONにすると原音のザラっとしたハイの帯域が持って行かれてクリンと丸くなるのは実感としてわかります。
とは言えそもそもがローファイなディレイですからギリ許容範囲かなと(私感)。


IMG_1863
続いてディレイ音(ウェット音)について
ローファイで余韻がどんどん劣化していく(歪んでいく)ようなテープエコー系のディレイが好きな人なら普通に受け入れられるサウンドだと思います。前述しましたように一応ローファイ具合を選ぶ3段階スイッチはありますが、どのポジションにしてもデジタルディレイのように原音通りの音が返ってくることはありませんw
まぁテープエコー系ディレイの使い処をしっかり理解なさってる人なら「なんじゃこりゃ」ってことにはならないだろうと思います(笑)


さて、僕がこのRowin TAPE DELAYを買って良かったと感じたポイント、
それは発振の素晴らしさですね!!
なにはともあれ動画を見てみてください。
宇宙と交信できそうな素晴らしい発振サウンドです!
FEEDBACKつまみを1時過ぎたあたりくらいから「あ、発振し出すかな」っていうくらいにヒュンヒュン言い始めます(笑)

発振させたままギターを置いてステージから去る、というライブパフォーマンスをしたくなりますよね!^m^

最近入手した1969年製Fender Deluxe Reverb、通称デラリバ
69年といえば伝説のウッドストック・フェスティバルが開催された年で、ロック史上において非常に重要な年ですね(^^)



先日書いた記事↑↑では細かい所まで触れていなかったので、続編記事を書かせていただきます


IMG_1627
フロントビュー。
Fenderのアンプは1967年に、それまで続いたブラックフェイスからシルバーフェイス(銀パネ)へ切り替わります。銀パネに変わった当初は、パネルに縦のブラックラインが入っていたり、グリルクロスの淵に金属枠が付いていたり(ドリップエッジ)するのですが、この個体はそのどちらも廃止された後の1969年製です。

ちなみにそれらは見た目の話なので音には関係ないですが、市場価格には反映されますねー。


IMG_E1630
内部に貼られたラベル。通称チューブチャート
右上に書かれた「AB763」が63年7月の回路であることを表しています。つまりこのアンプは製造年こそ69年の銀パネですが、63年のブラックフェース期のプリ回路がまだそのまま使われているということを意味します(使われているコンデンサ等の部品は年式によって変化しますよ)。


続いて、コントロールパネルいきます!
IMG_1624
まず左側のNORMALチャンネルから。
INPUT 12。そしてVOLUMETREBLEBASSというシンプルなコントロールです。

こちらは後述のVIBRATOチャンネルよりもミドルに寄った甘く太いサウンドです。僕は今までBRIGHTスイッチが搭載されたFenderアンプ(Vibrolux Reverb、Bassman、Bandmaster、Showman)を所有してきましたが、こっちのNormalチャンネルの音はブライトスイッチをオフにしたようなキャラですね


IMG_1625
続いて右側のVIBRATOチャンネル
INPUT 12。そしてVOLUMETREBLEBASSというノーマルチャンネル同様のコントロールに加え、REVERBトレモロのSPEEDとINTENSITYです。

前述のノーマルチャンネルに比べてこちらのビブラートチャンネルは、BRIGHTスイッチをオンにしたようなハイが出てきます。もちろん好み次第ですが、僕の感覚では現代の音楽をやるならビブラートチャンネルのサウンドがデフォルトになるんじゃないかな?

リバーブはもう「スプリングリバーブと言えば」でイメージするまんまの残響音。

トレモロはそんなにエグく掛かる訳ではなく、常に浅くかけててもいんじゃないか(奥田民生さんのように)と思わせる音ですね!幸いトントンノイズなど一切無く、非常に良い状態です


IMG_1626
細かいところですが、モデル名(ここではDELUXE REVERB)の後に「- AMP」の文字が付くのは、この時期までです。


続いてはバックビューです!
IMG_1628
フットスイッチも一緒に写してみました(^^)
フットスイッチは、リバーブとトレモロのON/OFFを切り替えられます。

・・・あ、スピーカー交換後の写真の前にまずは純正スピーカーが載っている状態の写真を載せるべきでしたね。
IMG_1282
これが純正スピーカー(OXFORD製)です。スピーカーデイトは1969年
あと写真には撮っていないですが各トランス、チョークも全て1969年製を示すデイトが打たれていました。


IMG_1631
記事冒頭に載せたリンク先にも書いていますが、このアンプを入手してから僕がJENSEN C12K(Kochラベル)に交換しました。純正スピーカーの紙っぽいザラっとしたサウンドより、C12Kによる実音感の強さとストレートさを優先させた結果です(^^)
C12Kの方が汎用性が高く、幅広く使える音になると思いますよ!(私感)

まぁ平たく言えばコッチの方が好みということですね(笑)


IMG_1629
さっきよりちょっと「寄り」のバックビュー(笑)


さて気になるサウンドです(^^)
比較のため、まずはデラリバ購入前のメインアンプである67年製SHOWMANから。
IMG_E4607
↑これがSHOWMANです
SHOWMANは6L6パワー管が使用された約80ワット出力のアンプ。整流部は真空管ではなくソリッドなので、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますがツインリバーブからリバーブを抜いたような仕様です。そのためレンジが広くてバキーーン!と飛んでくるようなサウンドですね。
そしてSHOWMANはミドルつまみがある(Vibratoチャンネルのみ)ので、ミドルつまみの無いデラリバよりも音作りのバリエーションは多いです。


IMG_1634
それと比べ デラリバは6V6パワー管使用の約20ワット整流部はソリッドではなく真空管で、ちょっと古臭いと言うか SHOWMANのレンジを少し狭めたようなサウンドです。
これがまたエレキギターの美味しい帯域にちょうど集約したサウンドで、ここにデラリバが評価され、そして定番化した理由があるんだと僕は思います!

この双方の違いは、マーシャルでいうところの1959(100W)と1987(50W)、もしくは1959とJTM45の音の違いに似てるところがあるようにも感じますねー。


動画を載せておきます!


・・・ええ、わかっております。「フェンダーアンプといったらクリーンだろ!」とおっしゃりたいのですよね?わかっておりますが、しかし今はまだRATで歪ませた音しか撮っていないので、どうかお許しください(笑)

まぁまじめな話、僕のスタイルではクリーントーンより歪ませて弾くことの方が多いので、アンプで重要なのは歪みペダルとの相性だったりする訳です。だってFenderアンプですよ?クリーンは心配するまでもなく当然良いにきまってるじゃないですか(笑)

とは言いつつ、クリーンも撮ったらちゃんと載せるのでもう少々お待ちください ^m^


IMG_1623
IMG_1632
という訳で1969年製 Fender Deluxe Reverbでしたー。
いつものように、サウンドはちょいちょい撮って追加していくと思います!


※2024.6.19追記
クリーントーンも撮ったので、記事を書きました!


今回はワウペダルです!
IMG_E1457
JOYOMULTI MODE WAH(マルチモードワウ)WAH-02です。

先週末のライブでは友人からお借りしたクライベイビーを使ったのですが、でもやっぱり自分のが欲しいなぁと思って物色してたところ、コイツを見つけました。決め手は、使っているエフェクターボードに乗るサイズだったからです(笑)


IMG_1455
本体横にいろいろコントロールが装備されてます。

一番右から、ワウの周波数設定(RANGE)切り替え。これは6段階です。
単純に、高い周波数から低い周波数に切り替わる感じですね。

続いてQUALITYノブは、ワウの掛かりを鋭い感じからソフトな感じに調整するノブ。

続いてMIN VOLノブは、ボリュームペダル使用時の最小ボリュームを設定するノブ。

そして一番左のトグルスイッチは、純粋にワウとして使うモードと、ワウOFF時にはボリュームペダルになるモードの切り替えです。
これが「マルチモードワウ」なる所以ですね。


ただこのスイッチはL型プラグ使用時には要注意で・・・
IMG_1458
ご覧のように、プラグがクルっと上向きになるとスイッチやノブに当たるんです。
なので、意図せず切り替わってしまうことがあります!!
リハの時、いつの間にかスイッチがボリュームペダルモード側に切り替わってしまい、急に音量が小さくなって超焦りました。。。


IMG_1459
こういうストレートプラグなら大丈夫です。
とは言え、モード切り替えスイッチはこういう大き目なトグルではなく、筐体内に引っ込んだ小さなスイッチにするべきでは?と思う訳です。なかなか心臓に悪いスイッチですよ(汗)
この点はAmazon(だったかな?)のレビューでも触れてる方がいらっしゃったので、メーカー様にはぜひ改善していただきたいところ。


ワウサウンドとしては、レギュラー品のクライベイビーと比べてちょっとだけ音のドッシリ感や太さが劣る感じはしますが、全然普通に使えるサウンドですね(^^)
まぁ僕はこれまでワウペダルは5〜6個ほどしか買ったことが無いし、それらを思い出せるほど使用頻度は高くなかったので、深い比較レビューはできないんですけどね(笑)
IMG_1456
こういう奥行きの無いスノコタイプのボードに載せるため、クライベイビーミニも2機種買ったことがあります。あれは小さいが故にペダルの角度がかなりキツくて操作感がかなり独特なのですが、このJOYOはそれなりにサイズがあるのでそこまで踏み難さは感じないです。
とは言え、一般的なサイズのワウペダルの方が当然踏みやすいので、操作感の好き嫌いは分かれるところでしょうねー。

あ、オンオフスイッチはそこまで体重を掛けなくても切り替わるので、その点は僕的にクライベイビーより好きでした。あと、オンを知らせるLEDが筐体右側にも左側にもついてるのは非常に見やすいのでグッド(^^)

という訳でJOYO MULTI MODE WAH WAH-02でしたー。


80年代以前をビンテージと呼んでいいのであれば、僕はこれまで数々のFenderのビンテージアンプを所有してきました。
◇ブラウンフェイスはPrinceton
◇ブラックフェイスはDeluxe
◇シルバーフェイスはVibrolux Reverbを2台、Bassman50BandmasterShowman
◇80年代リベラ期からはBassman20Champ2
(失念してるのがあったら追記しますw)

そしてこのたび「最後にはデラリバに行き着く」の格言で有名(?笑)な、デラリバこと
DELUXE REVERBをお迎えしました!
1969年製シルバーフェイスで、AB763回路(1963年7月ブラックフェイス期)です。

実は今まで、サウンドとヘッドルームや出力的な余裕から、フェンダーアンプは6L6パワー管のモデルが自分に合っていると思い込んでいました。なので6V6パワー管のデラリバは世評が高くド定番であるにも関わらずなかなか触手が伸びなかったんですよねー。
(まぁデラリバは人気機種なので高いからっていう理由も当然ありますが汗)
ところがこのたびお手頃な価格(と言ってももちろん安い買い物ではない)で見つけられたので、もしもやっぱ6L6のモデルの方がいいと思えば売っても損はしない値段だし、勉強だと思って買ってみたのです(^^)

を言えばそりゃブラックフェイス欲しいですけど、
今や80万円しますからね…。


サウンドですが控え目に言っても最高です!
クリーンはもちろん ペダルで歪ませても良いですし、家で恐る恐るボリュームを上げてみて飛び出してきたアンプ直のクランチも最高でした(^^)

ただ、僕の好みからするとOXFORDの純正スピーカーの紙っぽいサウンドがちょっと気になったので、以前買ったままずっと放置していたJENSEN C12Kに交換してみました。
IMG_1283
       ↓ ↓ ↓
IMG_E1284
※インピーダンスが合ってませんが、とりあえずサウンドチェックということで。
KOCHラベルのジェンセンC12Kです。こちらのスピーカーの方が実音感が強く、平坦かもしれないけど音はストレートに来てくれるので、ロックやポップスやるなら使いやすい音になりました

実は僕、これまで入手したVibrolux Reverbもセレッションに交換したし、BASSMAN50やBANDMASTER、SHOWMANといったヘッドもセレッション搭載キャビで鳴らしていたのです。ソッチ系の音の方が好きみたいで(笑)

わかりきってることですが、やはりスピーカーの出音への影響はデカイですね!
ところでリイシューのデラリバの純正スピーカーはC12Kらしいですね。なんたる偶然(笑)


ちょっとまだカッコイイ写真が撮れてないので、今回はこんなところで^m^
写真と動画を撮ったら改めてブログに書こうと思います(^^)


※2024.6.1追記
続編記事をかきました!



ライブ前日リハにて、、、
MOOERのPITCH STEPがお逝きになれらました、、、
ライブ前日なので修理も間に合わないし、代替品を探しに行く時間もありません。
もう、コイツで出す予定だったサウンドは無かったものとするしかないですね…
自分の中ではちょっとした見せ場的な感じで使う予定だったので、残念。。。

※ちなみに、壊れてしまったMooer Pitch Stepはこういうペダルでしたー↓↓↓



中華ペダルは信頼性や耐久性の面ではやはり不安がありますね(汗)
まぁ前向きに「壊れたのが本番中じゃなくて良かった」と思うべきですね!笑

・・・あぁー!ケチらずにデジテックのワーミー買うべきだったー!!

最近でこそ「ビートルズのファンです」なんて言うのは烏滸がましいくらいフツーのファンになってしまいましたが、主に20代の頃はビートルズにドハマリしていました。

(このツイートは約5年前のものです)
「ビートルズギア」と呼ばれる、彼らが使用したギターやベース(…のコピーw)を集めたりもしましたけど、ビートルズ初期のギターの音って再現しようと思って出せるような音ではないんですよね。

カリン、ケロン、ポコン、としたギター…
まぁ言語化することは難しいですが、何を使ってもそれなりにしっかりしたサウンドが簡単に出てくれるような現代のギターや機材の環境において、敢えてチープ(…もとい、ローファイ)なサウンドを作ることの難しさといったらないです。。。

アンプはEgnater Tweaker15のACモード。
つまり彼らが愛用したアンプVOX AC30のサウンドを模したモードですが、、、いや、そういうことじゃないんですよね。そういう問題じゃないことは僕も良くわかっています(汗)
じゃあRickenbackerやGretschを弾けばいいのか? Gibson J-160Eならいいのか? っていうと絶対そうじゃない。いや、もちろん楽器の要素も大切なのはわかっています。すべてが複合しての「初期ビートルズの音」なんですよね。時代の音と言いますか。

上のツイートでは、たくさんのリプをいただきました。ありがとうございます!
「BEATLESと同じギターを使う」以外での主なご意見を簡単にまとめますと、、、

・ギターに太めのフラットワウンド弦を張る
・録音機材を全てアナログにする
・ブリッジに近い位置でピッキングする


といったところでしょうか。
機材や環境は深く再現するには限界がありますが、可能なところは試してみたいですね!追求しただけ得られるものも大きい気がします

最近メインで愛用しているアンプ、Egnater Tweaker 15
IMG_0019



↑コチラの記事ではクリーントーンの動画を載せ、



↑コチラの記事ではRATで歪ませた動画(アンプはクリーン)を載せました。


そしてこのたび、Tweaker15のアンプの歪みで動画を撮りました(^^)
BRITモードで撮ったつもりですが、もしかしたらACモードだったかもしれないのでそこはご了承ください…
(アンプ紹介動画として撮ったわけではないため、あまりセッティングを覚えていないのです)


アンプの歪みプラス、Tube Screamer TS-9で少しブーストさせてハイゲインにしています。
やっぱりチューブアンプの歪みは生々しくて良いですね!(語彙力)
僕みたいにサポートミュージシャンとして活動してるギタリストにとっては、クリーンアンプを歪みペダルで歪ませるメリットももちろん大きいんですけど、やはりこういう生々しい歪みをステージで使いたいなぁという思いはありますねー(^^)


新たにパワーサプライを導入いたしました!
IMG_0719
Rockboard(by WARWICK)のISO Power Block V6です。
アイソレートされた9V500mAの出力を5口装備したパワーサプライで、筐体が小型なだけにアダプターのデカさがより際立ちます(笑)

これまではFree The Toneのパワーサプライ(PT-3D)を使ってきたのですが、なぜ買い替えたかと言うとフリーザトーンのパワーサプライは全8口中アイソレートされた出力は2口だけなんですね。

ここ最近ピッチを変化させる系のデジタルエフェクターをライブで使った(今後も使う)のですが、電源を他ペダルと混在させると「キーーーー…」という高周波ノイズが出てしまう物があり、アイソレートされていないパワーサプライに限界を感じ始めていたのです。。。

ちなみにこれまで僕が使用してきたエフェクターでは、
例えば、、、
5652524784789461
DigitechのFREQOUTや、


IMG_0182
MOOERのPITCH STEPなんかが、他と電源を共用するとキーーー…と鳴りました。。。


IMG_0181
リハではPITCH STEPは単独で電源を取りましたが、ライブ本番では手間が面倒だし転換タイムの制約等もあるのですべて1つのパワーサプライから電源を取りたいのです。また今までのライブを思い返すとこういうピッチ変化系エフェクターを使うことは今後もありそうなので、いっそフルアイソレートのパワーサプライに乗り換えた方がラクだろうなと(^^)

今のところ前述のノイズが出ることも無く、なんの問題もなく快適に使用できています


さて、
パワーサプライをボードに載せるついで(?)に、ペダルボードを組み直しました!
IMG_E0732
今回は、横幅が約62cmのペダルボードを使用しました(^^)
Rockboard DUO 2.2というエフェクターボードです。

パワーサプライの出力は5口しか無いので、コンプと歪みの計4台は4分岐DCケーブルで1口から分け、チューナー、ピッチペダル、ディレイはそれぞれ1口ずつ使っています。


IMG_E0734
接続順で、、、
◇チューナー(TC ELECTRONIC polytune3 noir)
◇ピッチ変化系ペダル(Mooer pitch step)
◇コンプレッサー(Zauber Pedalsのビルダーさんがご自分用に作られた物)
◇ジャンクションボックス(Zauber Pedals オーダー)


IMG_E0735
◇歪み1(Ibanez TS9 Tube Screamer)
◇歪み2(BOSS BD2 Blues Driver Zanber Pedals mod.)
◇歪み3(PRO CO RAT2)


IMG_E0736
◇ジャンクションボックス(Zauber Pedals オーダー)
◇ディレイ兼リバーブ兼ミッドブースター(Zanber Pedals ABYSS mod.)

という構成です!
Zauber Pedals率が高いですねー(笑)


IMG_E0731
僕には絶大な信頼を寄せているクランチ用の歪みペダルがあるのですが、実は久々にボードに載せようと思ったらDCジャックの接触が悪くなってました(涙)
なので、これまた久々にブルースドライバーのモディファイ物(by Zauber Pedals)を引っ張り出してみたら非常に感触が良かったため、スタメン入りです!

このブルースドライバーZauber Pedals mod.については過去に記事を書いてますのでどうぞ!



IMG_E0733
MOOERのPITCH STEPは次回のライブが終わったら外すかもしれません(笑)
今回はボードに組み込んだものの、こういうイレギュラーなペダルをいつでも挿入できるようジャンクションボックスを設置しているので、使う時だけ繫げればいいかなと。


とりあえず今月のライブはこのボードでいきます
秋くらいに曲数が多いちょっと大きいライブの予定も入ってるので、その時にはガラっと変わってるかもしれませんけどね(笑)



中学時代からの友達が、エフェクターをプレゼントしてくれました!
IMG_E0614
RevoLCalm Blue Chorusというコーラスです。
爽やかでいい色ですね。見た目はかなり好みです!!


IMG_E0613
ツマミはオーソドックスなコントロールですね。取説を読まなくても迷いません
EFFECTツマミはウェット音の音量で、これはほぼフルでちょうどいいくらい。
TONEツマミは絞ると(良く言えば)ビンテージの揺れもののように、そして上げるとBOSS CE系のような爽やかなコーラスサウンドになります。


基本キャラは非常に扱いやすくクセの無いコーラスサウンドですね!
RATEやDEPTHをそれぞれフルにしてもそんなにエグい感じにはなりません(^^)
つまり実用的な範囲が広いということ。


では動画をどうぞ!
(この動画でのツマミの設定は、前出の画像の通りです)
透明感があって、涼しげなコーラスサウンドですね!多くのギタリストがコーラスと聞いてイメージするであろうサウンドが簡単に出てくれます(^^)

動画は撮っていないですが、歪みの後ろに掛けてもとてもいい感じです

あとAmazonではノイズの大きさに言及するレビューがいくつか見られましたが、少なくとも僕の個体はノイズはまったく気になりませんでした。

繋ぐだけで原音の高域が多少落ちる気はしますが、意識しながらじっくり聴き比べて気付く程度のレベルだと思います。アンプのTREBLEを1目盛りくらい上げれば十分でしょう(笑)


というわけで、RevoLのコーラスCalm Blue Chorusのレビューでした!


このページのトップヘ