ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

そういえば正式名称を知らないので、ここでは「真空管ブースター」とします
IMG_8031
いつもお世話になっているZauber Pedalsさんの、真空管ブースターです。

3wayのトグルスイッチで低音の出方を変更できる他は、単純にレベルの上げ下げのみ。
非常にシンプルで迷いようの無いペダルです。

これ、実は結構前から持ってるんですが、僕的にちょっと変更して欲しい点があったのでザウバーペダルスさんにお伝えしてモディファイしてもらったらめちゃくちゃ良くなって帰ってきました


IMG_8178
なのでボードのスタメン入りです(^^)
ただ480mA消費するので充電式パワーサプライのバッテリーの減りが早いです ^m^
まぁリハやライブ本番は持つので、日常的にはマメに充電すればいいだけの話なんですけどね。
電流をたくさん食うっていうことはそれだけ強い電気で真空管を駆動させてるから良い音になるんだと思います!←テキトー


ブースターといっても僕は常時ONで、
コンプ兼エンハンサーみたいな目的で使用しております。
特にストラトのクリーンカッティングなどで音量が揃うようコンプを使ってきたんですが、この真空管ブースターでも「音量が揃う感じ」と「真空管アンプらしいクリーンのプリっと感」が付加されるんです(^^)

でもコンプみたいに低いレベルを上げる訳じゃないのでノイズも増えちゃうようなことは無いですし、むしろ「コーー、ホーー」という帯域のノイズが無くなります。ローミッドあたりが落ちるようなチューニングがされてるのかな?と思ったんですが、ギターの原音のみを注意して聴いてもローミッドが減るような感じはほとんど受けません。不思議。でもそこがお気に入りポイントです


僕は元々普段から真空管アンプを使っているので「真空管らしさ」が加わってるかどうかという意味ではよくわからないですが、今度スタジオのジャズコなんかでも試してみたいと思います!

セールでエフェクターみたいな値段になってたので思わず買ってしまいました!
IMG_8203
フェンダーホットロッドデラックスという真空管アンプです。
僕は(外観での)製造年の調べ方がわからないですが、90年代の物だそうです(購入店談)。

僕ら世代からすると、モダンなシリーズという認識の方も多いんじゃないでしょうか。
いわゆるTWEEDやブラックフェイスからの発展形ではなく、80年代のポールリベラ期の流れを汲んだ「歪みチャンネルもあるFENDER」みたいな(^^)
もちろんFENDERらしいキラっとしたクリーンも出せますけどね!


IMG_8204
チャンネルは2つで、クリーンチャンネルドライブチャンネルです。
ドライブチャンネルはモアドライブスイッチもあるので実質3チャンネルみたいな感じですね。
ただモアドライブをONにすると音量も結構上がっちゃいます。ギターソロの時にオンにして歪みと音量を両方アップ!みたいな使い方を想定しているのかもしれませんが、歪み・音量共に上げ具合は任意で設定できず、アンプ任せとなります(^_^;)

僕的にまだちょっと歪みチャンネルを活かせていない感があるので、今回のレビューは主にクリーンチャンネルについて書きます!


IMG_8207
HOT RODシリーズはリミテッドモデルなど仕様違いが結構多いんですが、僕が買ったごく普通の個体にはエミネンスの12インチスピーカーが純正で載っています。

真空管がチラっと写ってますが、パワー管は6L6が2本、プリ管は12AX7が3本です。
あとスプリングリバーブも搭載されていて、このあたりはトラッドなフェンダーの流れを汲んだアンプという感じですよね(^^)


チラっとですが音も録ってみました!
この動画はクリーンチャンネルで鳴らしてます!
ちなみにドライブチャンネルのゲインを下げて作るクリーンだと、これより丸くて太い感じのクリーンサウンドになりますね。

ズバ抜けて特出した部分は無いのかもしれませんが、難しいこと考えずに簡単にFenderの音が出てくれるアンプですね!こういうところが定番たる所以なんでしょうね(^^)


IMG_8202
左のアンプは以前から愛用している62年製のFender Princetonです。
プリンストンは10インチスピーカーであることもあり、また元来「ツイードとブラックフェイスの中間」と言われるようにいなたくてミドルにシフトした音なので、一般的にイメージするフェンダーの音は案外ホットロッドデラックスの方かもしれません(^^)

あと個人的には、ホットロッドデラックスで音作りした方がライブ本番の箱のアンプにそのまま行きやすいのでありがたい、っていうのはありますね^m^


IMG_8206
真空管アンプって よく、小さい音が出せない(ボリュームゼロからちょっとでもツマミを上げるといきなり音量がデカい)物がありますよね。 このホットロッドデラックスも、そこまで酷くは無いもののポットのカーブのせいなのか自宅音量あたりの微調整がちょっと難しいアンプです。

そんな話をギタ友ジェイさんにしましたら、センドリターンにボリュームペダルを挟む方法を教えてくださいました\(^o^)/
IMG_8226
ジェイさんのおっしゃる通り、非常にボリューム調整しやすくなりました!
特にクリーンチャンネルはワンボリュームなので、これをマスターボリュームのように使えるというのは便利です

※ 近年のホットロッドデラックス3や4はボリュームのカーブが改善されているらしいですよ


IMG_8205
という訳で今日はFENDER HOT ROD DELUXEの紹介でした!
いやー、これ、改めてすごくいいアンプです!


こちらで紹介しました、トーカイLS-120

↑↑この記事内にも書いてますように純正ブリッジがU字に湾曲してたので、家にあったナイロンサドルのブリッジ(Montreux)に交換してあります。
IMG_8150
ところがやっぱりどうもレスポールにナイロンサドルというのは気持ち的にしっくり来ないので、こんな物を用意しましたよ。


IMG_8212
SCUDのABR-1と、KLUSONのアルミテールピースです。

SCUDのABR-1はポストの穴径が大きいので、以前ナッシュビルタイプのGibsonレスポールにもコンバージョンポストを使わずに取り付けることができました。
トーカイLSに載せているモントルーのブリッジはキツめなので、穴の大きいSCUDなら余裕があるだろうと睨んでこれを選んだのです(^^)

あとKLUSONのアルミテールピースですが、これは残念ながらトーカイLSには載せられませんでした。スタッドボルトのネジがアンカー合わないし、トーカイ純正のスタッドにテールピースだけを取り付けることも不可能です(KLUSONの方が厚みがあってトーカイのスタッドにハマらないため)。


という訳でブリッジだけ交換
IMG_8153
やっぱりコッチの方がしっくりきますね(^^)
ちなみにSCUD ABR-1のサドルはブラス製だそうです(ネットの受け売りですが)。


78956454565626
トラッドなスタイルのギターが増えてきました(^^)

世間では大人気の歪みペダル、ボスブルースドライバーBD-2
IMG_5349
「オーバードライブと言えば何?」とギタリストに質問すれば上位5位にはきっと入るであろうワールドスタンダードなブルースドライバーですが、僕の駄耳ではなかなかその良さに気付くことができません(^_^;)
まぁ、ハッキリ言ってしまうと苦手なんですよね。。。
あくまでも個人的な好みの問題ですよ。

っていうことをツラツラとしたためたのがこの記事。

なんと言っても「ジョリンジョリン感」が苦手。
おそらく、コード感や音程感(から来る実音感)をあえて無くすことで「音の壁ぽっさ」というか「ザァァーっと波が押し寄せる感」を活かすような向き合い方がいいのかなー、なんて勝手に想像します。僕は通ってないのでよくわかりませんがナンバーガールっぽい感じ、みたいな?
(勝手な想像なので異論は歓迎ですw)

そんなBD-2ですが、
LEVELを上げるほどに実音感が増して使いやすくなる
ことに気付きました。
ただLevelを上げると音量がデカくなり、オン時とオフ時の音量バランスが悪くなる。

あと、
GAINを10時以下に下げればジョリン感もそこまで出てこない
ということもわかりました。
ただ、歪ませない設定でエンハンス効果を求めたりする使い方だけなら敢えて苦手なBD-2を使わなくてもMXRマイクロアンプ等でいいんじゃないか?

ていうようなことをZauber Pedalsさんと話してましたら、「過去にやったモディファイがジナパパさんの好みに合うんじゃないか?」とのご提案をいただきまして
そこに僕が「LEVELを2時以上まで上げたあとで適正音量まで下げる最終段マスターボリュームを増設して欲しい」と注文させていただき、ついに完成して手元にやってきました\(^o^)/


IMG_8030
2連ボリュームツマミがカッコいですねー
“ 外観的には ” そこしか変化していませんが、音的にはめちゃくちゃ好きな感じに!!

まず2連ボリューム。
僕が出した「LEVELを上げて音の実音感を増した上で、最終的に適正音量に下げれるマスターボリュームを」という希望を完璧に具現化してくださいました\(^o^)/

そして従来だとゲインを上げるほどに顔を出してくるジョリン感は、程良く残しつつ、程良く緩和しつつ、っていう絶妙なところ
ここに関してはまぁ突き詰めれば「ブルースドライバーのキャラを完全に消したいならそもそもブルースドライバー使うなよ」っていう話になっちゃう(苦笑)ので、すごく絶妙なチューニングをしていただけたなーと(^^)
こういうのって完全にZauber Pedalsさんのセンスですよね!
ブルースドライバーがついにブルース用になった!みたいなww


まぁ音に関しては各人の好みもあるし、そもそも冒頭に書いたようにブルースドライバーは世間一般的には愛されてるペダルですから、「ブルースドライバーのキャラを活かす方向にモディファイするか?逆にブルースドライバーの個性を薄める方向に行くか?」という選択は、モディファイする側もモディファイを依頼する側もどこかで「一線は越えちゃいかんだろう」みたいなリミッターはあるような無いような、ってところではある訳ですw

だから当然万人に受けるという物は無いわけなんですが、
とはいえ「これはみんな手放しで大歓迎でしょ!」っていう変化も!!
これはホント、素晴らしくないですか!?
手元のボリュームの追従性がハンパないペダルに変貌しました・・・!!
「追従性」っていうのはただ単純に「歪みがクリーンになる」だけじゃダメで、実用的な高域や低域がしっかり残った上で「使えるクリーンになる」ということが大前提。しかしそれが実現できるペダルって現実的には意外と出会えないですよね?
これは本当に感動レベルでした・・・!

もうハッキリ言ってこのBD-2 Zauber Pedals MODとあとディレイだけあればちょっとしたステージはこなせるんじゃないか?っていう気さえする、素晴らしいペダルになりました!!
Zauber Pedalsさん、本当にありがとうございました!!\(^o^)/




IMG_7911
いやー素晴らしいギターです!
1980年製トーカイ レスポール リボーン LS-120です!
ジャパンビンテージの雄ですね!ジャパンビンテージという言葉が好きか否かは別として(笑)


このツイートの写真はちょっとズルして色を濃くしてますが(笑)ほんと雰囲気が抜群で、お店ではGIBSONレギュラーラインのレスポールに挟まれて陳列されてたんですけど、こいつのオーラは頭一つ抜けてましたね(^^)


IMG_7953
思いっきりLes Paulとヘッドに書いてしまうところに時代を感じますね!
その後Tokaiがどうなるかは皆様もよくご存知と思いますので、ここでは割愛しますが(笑)

このLS-120。最初はなかなか酷い状態でした。
いろいろ問題個所はあったんですが、特に目立つところだとブリッジがU字に湾曲しているせいで特に4弦3弦が音詰まりして鳴らない。だからって弦高を上げるとブリッジがU字になってるもんだから6弦と1弦がめっちゃ高くなる…。そしてナット溝が潰れているので6弦を弾いてもポム〜ンと鳴るだけでサスティーンが全く伸びない。つまり店頭でいじれる範囲ではギターとしての質を判断できる状態に全く無いのです。
その他PUをミックスにするとフェイズアウトしちゃてるとか細かいことは多岐にわたりますw
あと外観だけでもペグとピックアップ(1個)が交換されてるのがわかります。

・・・っていうのを加味しての値付けだったのでしょう。現在の中古相場よりかなーり安く売られていたので、あまりお金を掛けずに直せることを信じてレジへ走りました^m^


帰宅後、湾曲したブリッジは自力では直せないので家にストックしてたナイロンサドルのブリッジに交換。とりあえずしっかり弦が振動する状態(少なくとも弾ける状態まで)にまでは持って行けました
IMG_7911
はい。ここで冒頭の写真の状態になる訳です。
純正ピックアップはDimarzioのPAFなのですが、リアは交換されていますね。こういうポールピース12個全てがネジ式のGOTOH製ハムバッカーが当時存在してたので それに交換されているんだろうと予測してたんですが、開けて裏を見てみたらGibsonの刻印ナンバードでした(゜o゜)
あまり詳しくないんですが、刻印ナンバードで12個のポールピースがネジ式だとダーティーフィンガーズというピックアップだと思います。ちょっと儲けた気持ちになりつつも、このポールピースは見た目があまり好きじゃないのでフロントもリアもJUNTONE JH-1に交換しました(^^)

↓↓交換後↓↓
IMG_7923
カバードのハムバッカーです!
見た目的な好みではカバー無し、それもダブルホワイツが好きなんですが、このJUNTONE JH-1はカバーを外すと何色なのか知らないんですよね〜


そして各部を磨くためにバラしながらペグを見てみたら、
IMG_7915
裏面にUSAの刻印が入ったビンテージのGroverが奢られていました(^^)
これまた得した気分
ただこのLS-120、重量が4.4キロあるんですよー
僕には重たいので、せっかくのグローバーですが軽いKLUSONに交換したいところです。
クルーソンにすれば4.3キロになってくれるはず。それでも重いけど(^_^;)


その他、純正の基板サーキットをハンドワイヤードに交換したりという定番メニューも考えていたんですが、とりあえず全部ピカピカに磨いて音がちゃんと鳴る状態にまで持って行った時点でもう朝方になっていたので(汗)、これで修復作業は一旦完成!!
この時点での音です!↓↓
That's レスポール!!
という感じの音がとても気持ちいいギターです
ピックアップの影響も大きいと思いますがミドルが程良く中抜けした「枯れ感」のある音なので、クリーンも太くなりすぎなくて普段ストラトが多い僕にも扱いやすいです(^^)


では各部サラっと紹介していきます!
IMG_7932
トップはセンター貼りのメイプル2ピース
バックはマホガニー1ピースです。
この東海LSは国産レスポールコピーの中でも特に人気があって、それはGAROの日高さんという方が所有している本物の1958年製Gibson Les Paulから採寸したからコピー度が高い(パクりが良いか悪いかはここでは言及しませんが)ということで大人気らしいです。
ただ僕はレスポールに詳しい訳では無いですし本物とコピーを並べて比較したことがある訳でも無いので、このトーカイが他と比べて特にコピー度が高いのか否かはよくわかってません(^_^;)


IMG_7961
指板エンドに刻印された数字が、型番のLS-120を表しています
これより後年になると、数字は刻印ではなくネック裏のシールで表示される様になりますね。
フレットエッジバインディング仕様です。


IMG_7941
ネックはマホガニー1ピース指板はローズウッドです。
どこ産の材なのかは知りませんが、この時代はまだ良質な木材が今よりは入手しやすかったんでしょうね。


IMG_7948
IMG_7956
しっかし、、ほんと雰囲気が良いです!
ただこのトップのトラ目は、カタログによるとトラ目メイプルの薄い化粧板が貼られている仕様だそうです。見る角度によってはトラ目がほぼ消えてプレーンのようになるので、きっとハードメイプルの化粧板なのでしょう。

※ ネットで調べると化粧板では無く無垢材が使われている個体もあるそうです。僕のがどっちのタイプなのかはわかりません。ピックアップ外した時に材の断面を見ておけばよかったですね。


IMG_7950
ハムバッカーのギターはライブでも活躍してくれたGRECO LG120を愛でていこうと思っていたんですがすっかりトーカイの方が気に入ってしまいました(^_^;)
という訳で、トーカイLS120の紹介でした!

IMG_7249
GREENCHILDK818というペダルです。
通常売られている物とはデザインが違うんですが、こっちは初期型みたいです。
プロトタイプと書いてるyoutube動画もありましたが、とはいえ、特にこっちの方が貴重だとか高価だとかいうことは無いと思います(^^)

歪みモノの2in1ペダルで、
向かって右側がケンタウルス向かって左側がMAXON OD-820を参考にしてるそうです。
片側ずつオンにすることも、同時にオンにすることもできます。
同時にオンした場合は、右→左の順で直列になります。

左側(OD-820側)はいい感じですね!ゴリっと迫力のある歪みで、高音〜低音のバランスも非常に取りやすいです。汎用性が高いと言ってしまうと無個性に聞こえてしまうかもしれませんが、幅広く使える歪みで非常に好感が持てます

ただ右側(ケンタウルス側)が僕的には「ケンタってこんなんだったかな…」という感じ。
ケンタは本家2台にコピー物数台使ったことあって、それらは総じてもっと前に張り出すようなミドルが出ていて「かっこいいロックな音」という記憶があるんですが、このペダルは結構大人しめかなと。「なんか調味料1つ入れ忘れた?」という料理みたいな物足りなさ(笑)
単体で使うんじゃなく、割り切って「左チャンネルのゲインブースター」として使うのもいいかもです。


実は最近書いてるペダル検証の記事はすでに手放してて手元に無いペダルを備忘録的に書いてるんですが、このK818を持ってた時はペダルボードの省スペース化を考えてツインペダルをいくつか試してた時期だったんですね。
ツインペダルの内訳として1つのチャンネルはクランチ、1つのチャンネルはメインの歪み、2つのチャンネル同時オンでリードサウンド、という使い分けを想定していろいろ物色していたんですが、このK818は僕的には左チャンネルはすごく好みだっただけに右チャンネルの音が惜しかったな〜という感じでした。。


厳密には「ペダル」ではないですけど、、
IMG_7242
E.W.SSubtle Volume Controlです。
アンプのセンドリターンに入れて、プリアンプとパワーアンプの中間で音量コントロールするという主旨の物ですが、ペダルボードの最後段に入れてもオッケーということなので、要はローインピーダンスのボリュームペダルの「ペダル」ではなく「つまみ」バージョンという感じなのでしょう。パッシブなので電源不要です。

僕はセンドリターン(エフェクトループ)が付いてるアンプを持っていないので、ペダルボード最後段で試してみました。

ペダルボード最後段からスイッチャーに繋ぎ、そのスイッチャーでSubtle Volume Controlをオンオフしてみたんですが、ユニティボリュームにした際の音質変化はほとんどわからないレベルです。厳密に言うと違いはあるんですが、バンドに混ざってしまえば全くわからないであろうレベル。価格を考えてもこれはすごいですねー!

あと、音量の可変カーブが好きです。
ボリュームペダルって最初の一踏みで一気に落ちる物が多いように思うんですが、これはカーブが緩やかというか自然なので微調整が効きますね。しかし足で「踏む」んじゃなく「回す」という動作になるので、そういう意味では慣れるまでむしろ微調整は難しいとは思います

一般的なボリュームペダルより断然小さいので、ボード内で場所を取らないのが良いです!
演奏中にちょくちょくボリュームペダルを踏んで調整する人はきっとペダルの方が操作性は良いと思いますけどね(^^)

本来ベース用のペダルなんですけど、ギターで使用したレビューを書きます
IMG_7213
E.W.SBMC2(Bass Mid Control 2)です。
その名の通り、ミッドコントローラーです。
ミッドブースターって言った方が伝わるんでしょうけど、ブーストだけじゃなくカット方向にも働きます。で、ミッドの帯域だけじゃなく総合的なレベルブースト&カットもできますし、インプットゲインを上げるスイッチもあります。

冒頭で「ギターで使った」と書きましたが、なぜわざわざベース用を選んだかといいますと単純にサイズが小さいからです。ギター用にもいろいろミッドブースターはありますが、このサイズ感ので見つけることができませんでした(^_^;)
(きっと存在はしてるんでしょうけどね)

あと、可変させられるミッドの帯域がギター用ミッドブースターと同じような帯域だったから「ギターで使ってもいいじゃん」と思いまして。真ん中の一番大きいFrequencyというツマミで帯域を選ぶんですが、取説によりますとこういう周波数帯域になってます。
IMG_7660
MXRの6BAND EQ(ギター用グライコ)とほぼほぼ似たような範囲の帯域ですね(^^)
僕はギターソロの時に600〜800Hzを持ち上げるという目的で買いました。

・・・まぁお察しの通り、このようなイコライジング系のペダルは良くも悪くも特に書くことは無いですね(汗)。「ミッドブースト&カット」という目的においては何の不満も無く、いい仕事してくれます。それ以上でもそれ以下でもないです!(笑)

あ、あくまでも聴感上での感想ですけど、ミッドブーストした際の山は鋭角に持ち上がってる印象(周辺の帯域にあまり干渉してなさそう)です。なので結構大袈裟に持ち上げると帯域によってはワウ半踏みみたいな特殊な効きになりますね。

レベルブーストに関しても変なキャラを加えること無く素直に増幅してくれる印象ですよ





愛用している62年製のFender Princeton-ampに現在載せているスピーカーは、EMINENCEのLEGEND1058というスピーカーでした。
IMG_7525
IMG_7519
プリンストンを買った時に載っていたUTAHの古いスピーカーよりもパンチのある音がして気に入っていたんですが、良くも悪くも10インチらしいレンジが中央に寄ったサウンド。
僕の好みとしてはやっぱり12インチの上から下までバッキーンと飛んでくるサウンドが好き(というか聴き馴染んでる)なので、12インチを載せるか、もしくは12インチのキャビを別途用意することを検討していました。

・・・でもその前にどうしても試しておきたい10インチスピーカーがあったんですよねー

それがこのセレッション G10 クリームバック

IMG_7517
クリームバックは12インチのは過去に試したことあるんですけど、10インチのは初。

かのメサブギーがMark V 25のミニコンボアンプを発売するにあたりマッチングの良い10インチスピーカーが無く、コンボ版の発売は実現しなかった。ところがCelestionが2019年に発売したCreamback G10は、モダンスピーカーのパワーとダイナミクスを持ちながらクラシックでヴィンテージなトーンを生み出すことが可能で、それを採用することでMark V 25コンボが発売できた的なコメントをしています。

メサブギーがここまで言うなら期待しちゃいます!(笑)


IMG_7518
セレッションは現在多くのモデルが中国製ですが、クリームバックは10インチ、12インチ共に
Made in UKのようです(^^)


さっそくプリンストンに搭載です。
IMG_7520
サウンドはガラっと変わりました!
低域の余裕感は12インチを彷彿とさせますし、ザラっとした質感のロックなHIGHはいかにもセレッションらしいです!
いやほんと、12インチ鳴らしてるみたいな感覚のスピーカーですねー、これはビックリ。
もちろん音のことですから各人好き好きありますけど、僕はライブで使う箱のマーシャルJCM900の音と家のプリンストンの音の差異を埋めたいと常々心のどこかで思ってた(まぁ無理だとわかりつつ、ですけどね)ので、この変化は歓迎です

改めて、マーシャルの音はCelestionの音でもあるんだなーと再確認しましたよね(^^)





どうでもいいけど「ラブペダル」っていうブランド名、なんかムズ痒くないですか?(^_^;)
ラブペダルプレキシ800です。
正直、だいぶ前に使ったことあるような無いような…っていう感じですがブログには書いた形跡が無いので今回せっかく入手した機会に書きます!

これはもう難しいこと抜きに、ONにした途端にカッコいいMarshall系の歪みが鳴ってくれるペダルですね!ハイゲイン系のペダルってコンプレッション感が強すぎたりコモったりするのが多くて、意外と僕的には扱いが難しいんです。けどこのPlexi800はもう踏むだけでOK!っていう感じで、感触はすごくアンプっぽいです

ゲインチェック動画を撮ってみました。
ゼロの時点でかなり歪んでるのがわかると思います(笑)
そこからゲインつまみを上げても正直あまり変わらなくて(汗)、最後の1目盛りで一気に歪みが増しますね。上の動画でも最後の1目盛りあたりで「ジーー」というノイズが急に目立ちだすのがわかると思います。

FreQというツマミはいわゆるフリクエンシーっていうことでしょうか。
一般的なTONEつまみと違ってゼロにしたらコモるという感じでは無いので、どの帯域に山を作るかという作用なのかもしれません
FreQゼロでも普通に使える音でした。

という訳でPLEXI800は、ちょっと歪み過ぎな感はあるけどAC/DCみたいな音が簡単に出せるペダルでした!とにかく弾いてて気持ちいいの一言に尽きます





このページのトップヘ