ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

なんとなくスマホに入ってる古い写真を見てたら、「あ〜こんなギターやアンプ持ってたなぁ〜」っていうノスタルジックな気持ちになったので、いつフォルダ整理してもいいようにここに晒していきます!!

ちなみに、2012年3月の写真よりスタートです。
今回は長いっすよ、要覚悟!!

IMG_2206
まず1発目!
Marshall JCM900 SL-Xですね。
これはごめんなさい。ハッキリ言って所有してた記憶無しですwww
いや、これに限らず、こんな具合に「記憶にございません」っていう写真がこの先いくつか出てくる可能性がありますので、いろんな意味でコイツ病気だなと笑いながら見てください。


IMG_3554
いや〜なつかしい。
急にハイゲインアンプが欲しくなって買ったアンプです。Vて書いてますけど・・・なんていうメーカーだったっけ?


IMG_4953
前から持っていたプロビジョンのレスポールと、この頃入手したと思われるGibson レスポールカスタム。ちなみにこのカスタムは現在1332さんが所有されてます(^^)


IMG_6231
この頃の僕は、エピフォンのバッドウィングブームだったんです。
左のオリンピック(改)と右のクレストウッドに加え、写真に無いけどウィルシャーも持ってました。
すべて60年代の物です。


IMG_8321
この頃の全所有ギターですかね。
アコギはヤマハFG-240でしょうか。


IMG_8468
アンプはすでにカラハムがあって、マーシャルは・・・これなんだろう??
時期的に72年の1987かな?
これ以前にもビンテージマーシャルは1987Tというのを所有してた時期があります。
それより注目はアッテネーターが4つもあること。アッテネーターラビリンスに迷い込んでいた時期であると同時に、vinetoneアッテネーターに出会うという超大きなイベントが起こります。vinetoneのアッテネーターを紹介したことによって僕のこのブログは急成長し、そしてアッテネーターも2015年末の時点で累計販売数200台を突破しました!!ありがとうございます!・・・ってお前はvinetoneさんの何なのさ?って感じですよね。はい、ただの客です


IMG_9737
あ、上の写真に加えて67年製のMarshall Super100が加わりましたね!


IMG_2338
ハードロック期のゲイリームーアに憧れて、ワンハムのギターも使ってました^m^


IMG_3540
BognerのBrixtonです。
これは動画が残ってますのでご興味ありましたらぜひご視聴ください!


IMG_3716
さぁ、きました!
vinetoneさんに作っていただいた僕にとって初のシグネイチャーアンプ、mmgです!
前述のボグナーは、このミニヘッドmmgを作っていただくにあたって、ミニワッター・ミニサイズのヘッドの可能性に興味を持ったのでまず先に試してみたかったために入手したんです。
mmgは完成後も何度も手直しを加えてもらいましたね〜。
また、このヘッドのおかげで、らんでぃさんとも知り合うことができました!


IMG_3723
この頃のアンプ。
あー、MOJAVEのキャビ懐かしいなぁ。これはdaichanさんのもとに嫁ぎました。
ジェットシティやVOXのアンプもありますね^m^


IMG_3756
これはジェットシティの縦型2発キャビ。


IMG_4738
見た目サイコーに気に入っていた、Burnyのレスポールカスタムモデル。
こいつは音にはなかなか苦労させられた挙句手放しました。


IMG_5476
ケリーライトのキャビ。
初めて高価なキャビを買ってめっちゃ興奮したのが昨日のことのようですww


IMG_5751
Brian by BacchusのフライングVモデル。
こいつは廉価ギターなのにジョイント方式が本家ギブソンと同じスカーフっぽくなってるのがポイント高いんですよ(^^)


IMG_5929
ArtecのTUBE5。
特にコメント無し(笑)
記憶もあまり無し(爆)


IMG_6098
この当時のアンプ達ですね。
この頃にはもう72年の1987は1332さんのもとに嫁いでるんでしょうか、姿が見当たらないですね。


IMG_6251
千歳のリサイクルショップで買ってきた、Brian by Bacchusのストラトモデル。
フィエスタレッドが素敵ですね(^^)


IMG_6605
そしてきました。
僕が2発キャビにがっつりハマるきっかけとなった、72年(73年?)のマーシャル2045がここで登場です!


IMG_7521
これはMarshallの2205でしょうか?2210でしょうか?
50ワットか100ワットかどっちかのヤツです。


IMG_7729
グラスルーツのテレキャスターモデル。
こいつは僅かな期間しか手元に無かったギターなんですが、このギターを通じてデリさんという大切な友人ができましたから非常に重要なギターなのです!!


IMG_7803
そしていよいよヒスコレを入手しちゃうわけです!!
らんでぃさんに試奏しに行っていただき、「これは良い!」とお墨付きをもらった上で通販で買いました^m^
ギターの改造の楽しさを僕に教えてくれたのは間違いなくこのギターですね!


IMG_7913
で、おそらくこいつの存在はマーラさんにしか言ってなかったんじゃないでしょうか?エドワーズのスギゾーモデルです。これはほとんど衝動買いに近いですね〜。


IMG_8576
さて、このギターを入手したきっかけが何だったかまったく思い出せませんが、のちに自分でリフィニッシュして改造もして、


IMG_8684
このような姿になって意外と長く僕のお気に入りギターとなっておりました。
通称「緑の」です。


IMG_8694
これはClass5の純正キャビですね。
バッフルボードを自作して12インチを載せれるようにしていました。


IMG_8703
これは、らんでぃさんのマイシグをお借りしていた時の写真ですね(^^)


IMG_9336
そしてこれもおそらく所有していたことは誰にも言ってなかったんじゃないかな?
スラッシュモデルですね。
ファンの方、ごめんなさい。これは鳴らした瞬間に好みじゃないと悟ってすぐに手放しました・・・


IMG_9359
リサイクルショップで買ってきたグラスルーツのスギゾーモデル。
なんでしょう、この頃の僕はスギゾーブームだったんでしょうか?(笑)
ギターを買って、生まれて初めてビニール袋に入れて渡されるという貴重な体験をさせてもらったギターですww


IMG_9652
2045に代わるキャビは無いか?と模索していた時に、ブルースブレーカーコンボをキャビ代わりに使ってたこともあったっけ。


IMG_2550
そして僕にとっての2発キャビのゴールとなった、60年代の古いグヤトーンのキャビ。音はめちゃくちゃ気に入って、もうこれ以上の2発キャビは無いな!とまで思ったんですが、「ビンテージのマーシャルキャビよりもグヤトーンの方がいいなんて、俺の耳はおかしいのか?」という葛藤があったのもまた事実。でも、こういうのがあるからギターや機材って面白いんですよね!!


IMG_4555
ゼマイティスブーム到来!
のちに結構早く終息ww


IMG_5829
これほどまでの珍アンプがあったでしょうか。
マーシャルのカプリです。
音は・・・ブリブリです!
今頃この子はマーシャルミュージアムにいるはずです!
竹谷館長、見てますか?(^^)


IMG_6060
ジェットシティをvinetoneさんにモディファイしてもらった、嘘ルダーノ!!
これも現在お友達のお宅に(^^)
後ろにチラっと見えるは、JCM800 2204ですかね。


IMG_7084
これは1969年の1987ですね。
相場をガン無視したようなめっちゃ安い価格で1959と同時に売られていたのを、僕は1987の方を捕獲しました。ただ・・・なんとなく、このあたりからですよ。長年ビンテージマーシャルにとりつかれてきた僕が「実は自分の好みはこれじゃないんじゃないか?」とちょっとずつ気付き始めてきたのは・・・。


IMG_7497
71年か72年くらい(だったはず)のMarshall PA20。
1332さんにモディファイしてもらって、アグレッシブでちょっと現代的な音になりました(^^)
サイズや出力的にはベターなアンプですね!!


752852582
Fender メキシコのロードウォーン。
製造初期のレリックが大袈裟目なモデルです。
あまり知られていませんが、一般的なストラトに比べてボディが薄いです。


IMG_7904
24フレットでフロイドローズタイプブリッジのTALBO。
はい、モロにHISASHIさんの影響です!!
アクリルPGにホローボディのせいでしょうか。生音が「パコンパコン」っていう面白い音でした(笑)


IMG_8446
これはギブソンレスポールの、トリビュートっていうモデルですね。
色を剥がして改造しようとしましたが途中で投げ出してしまいました。すみません。


IMG_8490
トーカイのスプリンギーサウンド。
後ろのアンプはスタジオの備品です。
ここからですかね、ジワジワとストラトブームが来ます!!


IMG_8231
Marshall JMP2203。
数々のビンテージマーシャルを通過してきた僕が最終的に選んだマーシャルがコレでした!!
2204は今でも一番欲しいアンプです。


IMG_8591
マーシャルの1960をぶった斬って作ってもらったオリジナルキャビ!!
これは「4発キャビの迫力とオーラを保ったままで持ち運びしやすいキャビ」がテーマ。


IMG_9283
Bacchusの24フレット・ミディアムスケールのストラトっぽいギター。
デリさんのバッカスが好きすぎるので真似してバッカス買いましたが、仕様からしてこれは別物でしたよねww


IMG_9862
vinetoneさんにオーダーして作ってもらった、パワードアッテネーター。
アッテネーターなので音量を下げることもできるし、内蔵パワーアンプで音量を上げることもできます。さらにセンドリターンもラインアウトもついてるので、見事に僕の中でアッテネーターのゴールとなりました!!


IMG_0487
ROLANDのJC55。
vinetoneさんにセンドリターンを増設してもらって使いました。


IMG_0585
ギブソンレスポール。
レスポール クラシック カスタムという、クラシックなのかカスタムなのかハッキリしろよとつっこみたくなるモデル名です。これはすごい気に入ってたんですが、泣く泣く手放しました。ここだけの話、当時いろいろ重なって金欠だったんですよ。


IMG_0601
ORANGEのマイクロダーク。
こいつを入手した理由は・・・


IMG_0726
後に入手する、このオレンジの古いキャビ(本来はPA用)のツイーター部分にマイクロダークを内蔵できるんじゃないか?と思い立ったためです^m^
(現実は、やる前に挫折・・・)


IMG_1073
Jackson AmpworksのBRITAIN3.0。
僕、ギターや機材って手放した後に後悔することってまず無いんですけど、こいつだけは未だに「売るべきじゃなかったかも」とたまに思います。。。


IMG_1397
そして、生涯2台目のマーシャル2045。
1台目と違い、こっちはコーナーガード有のバージョンでした。
やっぱ音はいい!!!


IMG_1527
さぁ、前述したレスポールクラシックカスタムと共に写っているのは、ナビゲーターのレスポールカスタムモデルです!何年か前に東京でオフ会をした際にマーラさんに弾かせてもらったことがあり、「いつか入手したい」とずっと憧れていたギターだったんです!!・・・が、入手したら満足しちゃったんでしょうかね?
僕の悪いクセ(病気)です。。。


BlogPaint
前述したぶった斬りキャビから続く工作ブームに乗って、自分で電導工具を買って作った縦型2発キャビ!!
こいつとジャクソンヘッドと共に今後は生きていくぜ!と思ったのも束の間・・・


IMG_1791
ジャクソンヘッドの専用キャビに出会ってしまい、縦型2発はお嫁にww
しかしこのジャクソンキャビ、素晴らしいを通り越して「なるほど」感心して唸ってしまう音と構造です!!


IMG_2094
VictorのSG-18というビザールギター。
ハウリングが酷くて手に負えませんでした。


IMG_2005
フリードマンのNAKED。
先日、カラハムを手放そうかどうしようか・・・という葛藤の挙句にこの子が旅立ったばかりです。


IMG_2218
前述のサンバーストのトーカイ スプリンギーサウンドに続く、ブラックのスプリンギーサウンド。サンバーストとブラックはスペックも年式も何もかも同じようなギターなのに、こうも音が違うもんか!!と教えてくれたギターです。


IMG_2396
ローズ指板のストラトも試したくなって中古で買った、Brian by Bacchusのストラトモデル。
安いモデルですがフツーに良いギターでした。


IMG_2345
BurnyのLSなんちゃらっていうモデル。
見た目とミニハムに惚れて買いました!


IMG_3013
MJTボディにフェンダーメキシコネックのコンポーネントストラト。
ちょっと思ってた色と違いましたww


IMG_2283
この子も短命でした。
バッカスの2ハムストラト。もちろんHISASHIさんの影響です!!
こうして振り返ると、BascchusやBrianなどディバイザー系列のギターを結構所有してきたんだなーってのがわかります。ディバイザーは同社ブランドにとどまらず、CrewsマニアックサウンドやMoon、PGMの楽器なんかを手掛けていることからも素晴らしい技術を持った工場なんでしょうね!


そして、
IMG_3147
現在のメインギターである、Kanjiのストラトに繋がったところで終了です!!

いや〜、これだけたくさんのギターや機材が出入りした挙句に残っているのは、ギター・ヘッド・キャビ全て1つずつですよww
まぁでも、言い訳する訳じゃないですけど、ギターやアンプっていうのはネットでどれだけレビューを読んだところで、実際に自分で使ってみるまで本当のところはわからないんです。「書いてあったことと全然違うじゃん!」っていうことも日常茶飯事。でもそれはレビューした人がウソを書いてた訳でも耳がおかしい訳でも無く、感じ方や好みは人それぞれっていうことなんですね。そう考えたら「自分の大切なお金を出して、自分の貴重な時間を使って、自分の耳と感性で評価を出す」というのはとっても大切なことだと思うんです!1円も使わず、苦労も時間も費やさずに人様のレビューを読んだだけであたかも自分が知ってるかのように語る人間のレビューほど信用できないものはありませんからね!
入手しては去って行った機材たちは、どれも決して無駄になってない!と声を大にしていいたいですね!!(^^)

とキレイにまとめてみたんですが、いかがでしょうか?
ん?それでもやっぱりお前は病気だって?
はい、異論なし!!w
褒め言葉として受け取らせていただきます!





先日ブログで「カラハム欲しい人いませんか?」的なことを呼びかけましたが、ありがたいことに僅か数日で数件のオファーを頂戴しました。ありがとうございました!

しかし結論から言いますと、商談成立とはなりませんでした。
率直に申しますと、金額の折り合いがつきませんでした。

まず、カラハムのアンプ自体の球数が少ないために、相場をご存知なかった方もいらっしゃったと思います。また、相場や価値はご存知でも個人売買だから専門店よりは大幅なプライスダウンで買えるだろうと思っていた方もいらっしゃったと思います。中には「当時の部品のままで、当時のGLAYとまったく同じ音が出るなら」という条件を提示してこられた方もいらっしゃいました。

・・・

ご購入希望者様にとっては「良い物を少しでも安く手にしたい」と思われるお気持ちは当然です。僕はもちろん商売でやってる訳ではないので、アンプに精通した知人などにアドバイスいただいた上で決して高くはない価格を提示したつもりですが、でも手放そうという僕が言えた義理では無いかもしれませんが、正当な評価とは言えない金額で手放すのは自分にとってもこの貴重なアンプにとっても有意義なことでは無いと思いました。生意気言ってすみません。また、価値をわかって正当な評価をしてくださるご希望者様が仮にいらっしゃったとしても、その方が現状でお金をお支払いただける経済状況である可能性がどれだけかと考えたら、商談成立する可能性は限りなく低いのかもしれない、と気付いたんです。個人売買ですからクレジットカード等も使えませんし。。。

・・・

そもそも、僕がご購入希望者様方にお伝えしていた「一流アーティスト達がレコーディングで使ってきた付加価値」とはいったい如何程なのか??と考えたら、僕にも具体的な数字が出せる訳ではありません。それを考えたらココに引き取ってもらうのが良いのではないか?と思い最終的に行き着いたのがGLAYの事務所様でした。直接コンタクトをとらせていただいた結果、このアンプの価値を理解して大切に使い、そしてこのアンプの行く末を真剣に考えていることに感謝のお言葉をいただきました。しかし結果的には規約により個人の所有物の受け渡しには個々にはお応えできないとのことでした。当然ですよね。あとで失礼を申し上げてしまったこととお手間をとらせてしまったことを反省・・・。

・・・

ただ、これで僕の気持ちは固まりました!
「それがいい」と近しい友人達の言葉もあり、このアンプは僕がずっと付き合っていこう!と決めました。そもそも価値観は人によって様々ですから、このままでは僕の価値観の押し付けになってしまう危険性だってありますし、逆に僕が妥協して折れてしまう時が来る可能性だってあります。そうなるくらいなら、このままがいいだろうと!(^^)
そういえば去年ジェイさんからも「カラハムは手放しちゃダメ!」って言われてたっけ(^_^;)

本件でご連絡くださった数名の方々、
また相談に乗ってくださった方々、
本当にありがとうございました!
お手間をとらせてしまった方々、本当に申し訳ありません。


f447be30
で、数日前からハマっているのが、カラハムのクリーンサウンド!
手放さないと決めた途端にハマるって とつっこまれそうですが、よく考えたら、ストラトを使うようになってからカラハムでしかもクリーントーンは鳴らしたことが無かった。ワンボリュームのカラハムは、アッテネーター繋いで歪ませて・・・っていう頭しか無かったんですね、恥ずかしながら。。。ところがクリーンが凄く良くて、さらにペダルで歪ませてもこれまた凄く良いんです。最近NAKED使っててもクリーンチャンネルをペダルで歪ませるのがメインになっていた僕にとって、これもまた発見でした
次回のライブはクリーンアンプ+歪みペダルでいく予定なので、このスタイルはこの夏のテーマとして追及してみようと思います
あ、ライブにカラハムを持ち込む訳じゃありませんけどね。


・・・で、
早くもお気付きの方がいらっしゃるようですが(汗)、NAKEDの方はヤフ○クに行っとります!本当は2台可愛がれる余裕が僕にあればよかったんですけどね。気になる方はぜひよろしくお願いします!!明日5月24日の夜終了です!


↑↑ヤフオク終了しました。ありがとうございました!



試させていただいてます、SHINOSのペダル The BLASTNaughty Brain
IMG_3885
iphoneカメラなので音質はイマイチですが、動画を撮ってみました。
動画ではこの写真↑↑と同じセッティングじゃないかもしれません
Naughty Brainで歪ませ、前段のThe Blastでゲインブーストという接続です。

たしかアンプはNAKEDのクリーンチャンネルだったはず・・・


(SHINOSの方が音ズレしちゃったのはご了承ください

せっかくなので、僕がいつも使ってるTSとの比較動画風にしてみました^m^
Ibanez TS-5で歪ませ、前段に繋いだ同社Super Tube Screamer(ピロさんからお借りしてます)でゲインブーストしています!

家用音量なので正当な評価はできないかもしれませんが・・・
SHINOSは「TSと比べるとハイが良く出てる」くらい、、、いやむしろ「音が細いんじゃ」っていう印象かもしれませんが、TSとの比較動画だけに相対的にそこが目立ってしまうだけであって、実際は密度と厚みがすんごいです!TSは良くも悪くもいなたい所謂TSサウンドでこれもまた気持ちいいです

おそまつさまでした!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINOS amplifier company Ltd. The Blast [BLUE TANGUE Series] 【受注生産品】
価格:29376円(税込、送料別) (2017/5/22時点)








昨夜はドミナントのライブに行ってきました(^^)
音楽あり、芸術ありのドミナントのライブ。そしていつもライブ後にはスイーツコンテストがあるのですが、バンド仲間のAちゃんが初出展で本線に出場したのもあって美味しいケーキをいただいてきました
とっても美味しかったです!!
出展者の皆様はこの日のために全身全霊を尽くした渾身のケーキを作ってこられるので、そこいらのケーキ屋さんじゃ適わないようなめちゃくちゃ美味しいケーキをいただくことができます

Aちゃんから「次回は一緒にケーキ作ろう!」と誘われましたが、生まれて1度しかケーキを作ったことが無い僕を誘うなんて、明らかなる人選ミス!どうかしてますね!

ちなみに、7月には僕もこのステージに立つのか・・・と思いながらライブを観ると足がすくみました


さて、多くの読者様がご興味無いやもしれないアコギネタを連投です。
aNueNueのaNN-M100のサドルを交換しました!

IMG_3909
前回のペグ交換の記事でチラっと書いたように同時にサドル交換もしました。
ブツはGraphtechのタスク PQ-9200-C0です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GRAPH TECH PQ-9200-C0 TUSQ 1/8” TAYLOR STYLE COMPENSATED ACOUSTIC STYLE サドル
価格:795円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)


厚みはヤスリで削らなきゃ入りませんでしたが、高さと横幅は無加工のままでイケました
あくまでも僕の個体の場合です。特に高さはギターによって微調整は絶対に必要だと思うので、むしろ無加工でイケたのがたまたまですね。


IMG_3912
IMG_3913
正直、今まではサドルの高さが足りなかったために下に紙を何枚も挟んで底上げしてたんですよ。なので、サドルは不安定でグラグラ。。。それがガッチリ固定されたので、精神衛生的にもバッチリです
簡単には抜けないくらいにタイトに削りましたからね^m^
でもキツキツなくらいタイトにするとブリッジが割れることもあるらしいので注意です

前回のペグ交換記事にも書いたように、ペグ交換・サドル交換・弦のゲージ変更を同時に行なってしまったので個々の音の変化に関してはモヤモヤになってしまったんですが、トータルでの評価はめっちゃ良くなりました
低域にはミニギターなりに頑張って重量感を与えながらも鈴鳴り感がUPです。

ちなみに現在の弦高は、12フレット上で6弦が2.6ミリ、1弦が1.5ミリくらいです。
バランス的には1弦の低さに対して6弦が高めですね。
これは敢えて狙っている訳じゃなく、1弦側と6弦側で反り方が異なっているから(^_^;)
でも以前6弦も弦高を下げていた時に思ったんですが、このミニギターは特に低音弦側は弦高高めの方が低域の量感もサスティンも優れていると感じるんですよね 特に弾きにくい訳でも無いですし、このままでいいかな?って思っています^m^


GW後は風が強くて寒い日が続いてた札幌ですが、ここ数日とっても暖かくなりました
こんな日は海へドライブに行きたくなりますね!


さて、aNueNueのアコギ aNN-M100 のペグを交換します!
純正のペグ。
IMG_3886
個体差もあろうかと思いますが、この純正ペグはトルクの固さがバラバラで非常にストレスでした。それに加え、先日ブリッジピンを交換して大成功だったことに気を良くし、
ペグも交換したら音が変わるんじゃないか?と思ったんです


IMG_3887
純正ペグは1個あたり31グラム。


IMG_3888
今回交換するグローバーのペグは1個あたり46グラム。


IMG_3890

IMG_3889
計6個となると結構な違いですね。
ミニボディのアヌエヌエはただでさえヘッドの方が重めなバランスなので、ちょっと不安。。。


IMG_3893

IMG_3892
装着完了!!サイズもバッチリでした。
ペグを交換する際は、ちゃんとネジ穴をあけてから装着しましょう!ネジの先にちょっとだけコンパウンドを付けておくのもGOOD
穴無しでネジ込もうとすると高確率でヘッドがパキっといきます!


IMG_3901
抱えた時の重量バランスはさほど変わらず安心しました(^^)
で、気になるサウンドですが、、、僕にはよくわかりません
・・・いや、変わったんですよ!!
変わったんですけど、ペグ交換と同時にサドル調整で弦高も変えて、さらに弦のゲージもそれまでと違うのに替えてしまったので、ペグ交換のみの変化がわからないんです(T_T)
凡ミスってやつですね!

でも、やっぱりギア比18:1のグローバーの「ヌルン」とした回し心地は最高です
これだけで交換した価値ありありです(^^)



7月のライブイベント。
1曲サポートでエレキギターを弾くことになったのは先日のブログに書きましたが、演奏する曲は実はまったく聴いたことの無かった曲です。演る曲だけにとどまらず、そもそもこのアーティストの曲をきちんと聴いたことがありませんでした。
今までは、自分の好きな音の出る機材で自分の好きなフレーズを好き勝手弾いて楽しむだけのギタリストだった僕。今は、今まで聴いてこなかった曲の、弾いてこなかったフレーズを、作ってこなかったギターサウンドで、演奏しようとしているのです

・・・なーーんて ( ̄∇ ̄)フフフ
かっこよく表現してみましたが、要は戸惑ってるってことです!
1曲だけなのに^m^


今まで長年TS系で作る “ いなたドライブ ” を好んできた僕ですが、今回はそういうサウンドは出番無さそうです。しかし基本的に好きな音がTSなのは変わらないので、どうしてもそっち方向の音を目指してしまうし、そういう音を作った時の方が「いい音できた」って思ってしまうのが現在の悩み

そんな僕の救世主となってくれるか!!??
IMG_3900
以前も紹介させていただきましたSHINOSのThe BLASTに加え、今回は同シリーズのNaughty Brainまでも試す機会をいただきました!本当にありがとうございます!
まだガッツリ弾き込ませていただいた訳では無いんですが、きっと買い取らせていただくであろうブツが1つ固まりました ( ̄∇ ̄)フフフ

話が戻りますが、前述したように今までの僕が選んできたサウンドとはちょっと方向性が違います。素晴らしい音であることは言うまでもないのですが「必要か否か」という観点でいけば今までの僕はきっと入手することは無かったんじゃないかと思います。今回は、曲が呼んでくれた感がとても強いですね



昨年末から2回出演したライブではアコギを演奏しましたが、
7月ライブではついにエレキギターを弾くことになりました!!
\(^o^)/ワーイワーイ
とは言っても、サポートで1曲演奏するだけなんですけどね〜
ここでバッチリいい仕事して今後もエレキで声がかかるよう、がんばります!!


さて、ちょっと前に入手して大のお気に入りになったKanjiのストラトモデル。
IMG_3527
IMG_3472
2014年製なのでまだ3歳ちょっとなんですが、入手した時からもうクラックが入っていて貫録が出始めておりました。・・・そうなると、

もっとやっちゃいたくなるじゃないですか。
そう、レリックを。

レリック自体賛否両論あると思うんですが、僕は「かっこよければ何でもいいじゃん」っていう考え。ところがKanjiは物が物だけに抵抗がありました。ただ、「失敗したら憧れのフィエスタレッドにリフィニッシュする口実にすりゃいいじゃん!」と自分に言い聞かせて敢行!!
いいのか?そんなんで!ww


まずはウェザーチェック
カッターで地道に線を入れていくという方法もあるようですが、それはセンスが問われると判断。僕はFenderカスタムショップでも使われている手法である(らしい)冷却スプレー方式を採用しました!!
IMG_3855
マイナス85℃で虫をやっつける強力冷却スプレーです!!
きっとフェンダーカスタムショップもこれを使ってるはずです!(うそ)
スポーツ選手が使うような冷却スプレーはここまで冷たくはないんですかね?
マイナス85℃が吉とでるか、凶とでるか。。。
冷却スプレーは蜘蛛の巣状に割れてしまうという記述もチラホラ見えますが、はたして。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_3859
こんな感じとなりました!
ちなみに初めから自然に入っていたクラックと冷却スプレーでいれた新規クラックがありますが、どれがどっちだと文章じゃ説明できないのでスルーしてください(笑)

この時点では、僕的にはまぁまぁ上出来じゃないかな、という評価。
わかる人は「本物のビンテージはこんなんじゃない!」って言うのかもしれませんが、そもそもレリックとはビンテージ風に仕上げたものであってビンテージではないんです。そこをはき違えちゃいけません^m^ ヒヒヒ


さて。続いては、肘が当たるところらへんの塗装剥がれを狙っていきます!
目標にさせていただいたのは、この写真!
BlogPaint


この作業は恐らくサンドペーパーなんかで剥がせばすぐ終わるんでしょうけど、本来は洋服や肌が擦れて塗装が剥がれていくもの。なので、布で擦りまくるのが自然なやり方だろう!と判断し、

IMG_3857
ポリッシャーをひたすら当て続けます^m^
これが本当に長期戦で・・・

BlogPaint
何時間も当て続けて、やっとこんなちょっとだけ剥がれてきた感じ。
そりゃそうですよね、ただの布ですから。
しかも狙ってたのとちょっと違う場所が剥がれてきてるし (T_T)
まぁでもここまで来たら後戻りはできません。


バフに荒めのコンパウンドを付けたり試行錯誤して、この作業を続けること数日。
IMG_3860
これくらいまで剥がれました。

その後も日に日に少しずつ剥がれ面積が大きくなり、
IMG_3861
IMG_3862
こんな感じまで来ました。
あまりに作業が地味すぎて、連続でやるとすぐに飽きちゃうんです(^_^;)
それに何時間も振動が手に伝わり続けると、作業をやめてもしばらく手がブーーンとバイブレーションしてるような錯覚になり、超気持ち悪いという。。。

で、こんなもんでいいかなーとも思ったんですが、剥れ方があまりにキレイすぎることに違和感を感じ始めました。ポリッシャーはキレイな円形をしているので、ただ当てているだけではキレイな形状に剥がれてしまうんですね。なるほど、こういうのは実際に自分でやってみなきゃわからないから、いい経験になります

その後、ポリッシャーの側面を当てたり、動かしながら当てたりしながら、、、

IMG_3863
こんな感じになりました。あと一息!!
そして、、、


IMG_3799
IMG_3796
IMG_3797
完成!!
思ってた以上に塗装剥がれの面積が大きくなってしまいましたが(^_^;)
傷や打痕なんかも、ドライバーやニッパーで叩いて付けましたよ。
まぁ、素人が見よう見真似でやったにしては頑張ったんじゃないでしょうか?(笑)
と自分に言い聞かせる。


・・・ところが問題がひとつ。。。

このギターを僕に譲ってくださったプロギタリストであり作曲家さん。そのお方がこのギターの姿を見たら悲しまれるのでは・・・。レリックしたことを公表しないにしても、ブログをやってる以上それは厳しい。。。そこで恐る恐るご報告すると、

「なかなか思い切りましたねー!(笑)でもいいじゃないですか!」

との御返答!
聞けば、そのお方もレリックが好きでよくご自分でなさるとか。
お写真もたくさん見せていただきました!
いや〜、ホッと一安心。。。寛大なお方で本当によかったです(ToT)

という訳でこの度の公表と相成りました^m^
なんか、心なしか鳴りも良く鳴った気がするんですよ。塗装が剥がれたりクラックが入ったせいもあるのかもしれないですけど、僕的には何十時間もポリッシャーの振動を与え続けたことも一つの要因になってるんじゃないか!?と睨んでいます^m^

まぁ、都市伝説のひとつに追加しておいてください(笑)



皆さん、断捨離してますか?(長嶋さんの声で脳内再生してください)

さて、昨年から続いた断捨離。
僕の場合、始めは手放すことに少なからず抵抗がありましたが、そのうち快感に変わっていきました!ギターや機材に限らず、僕は昔から、使わない物が身の回りにあることがすごく気持ち悪く感じる性格だったので、そのせいもあって
身の周りが気に入っている物だけで固められていく快感
に変わっていったんです(^^)

そんな僕がなぜ、当初は断捨離に抵抗あったかと言いますと、「手放したら、もうなかなか見つからないかも」とか「また売ったんだ!って友達につっこまれるのがイヤだから」とかそんな程度の理由であって、要は「手放せないほど愛してるから」という理由ではないんですね。そこまで気に入ってるなら断捨離と言っても手放しはしませんから、そもそも悩みもしないのです。


・・・っていう風に考えた時、、、

78925364915485
上にいらっしゃるカラハム、全然鳴らしてない・・・
いや、もちろん音は良いです、言うまでも無く。
ただ、僕の中でこのカラハムを所有している理由の筆頭はやっぱり、僕の青春であるGLAYのHISASHIさんやジュディマリのTAKUYAさんがレコーディングで使ったアンプだからという付加価値的な要素が大きいんですよね。実用性に関して言えば、音量的にも、そして音量に対するサウンド的にも、そしてマスターVOLやセンドリターン有り無し等の使い勝手的にも、断然下にあるFriedman NAKEDの方が扱いやすく、カラハムの電源を入れることが無くなってしまうのは自然な成り行きとも言えるのです。。。

それに加え、最近はNAKEDのクリーンチャンネルに歪みペダルでドライブを作るというのがマイブームになっています。やっぱりその方が器用にイケるんですよね。マスター無しワンボリュームの1チャンネルアンプ相手に器用さで勝負を仕掛けたら可哀想ですが
もちろんNAKEDは歪みチャンネルも良いです。

それにカラハムはこれだけ価値のあるアンプですから、例えばGLAYの大ファンの方ですとかジュディマリのファンの方ですとか、そういう価値をわかってくださる方、可愛がってくれる方のもとに嫁いだ方がカラハムも幸せなんじゃなかろうか?と。。。

最近そんな考えにシフトしてきました。
どなたか里親さん候補いらっしゃらないですかね?


このたびご縁があり、Shinosの新製品のペダルを試させていただく機会をいただきました!!
ありがとうございます!!


IMG_3593
SHINOS THE BLAST です。
詳しいことは →コチラ← をご覧ください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINOS amplifier company Ltd. The Blast [BLUE TANGUE Series] 【受注生産品】
価格:29376円(税込、送料別) (2017/5/10時点)



僕が説明するまでもなく皆様の方がお詳しいと思いますが、SHINOSはミスチルやThe Mods等のテクニシャンである篠原勝さんが設立されたブランドです。LUCK6Vというアンプは音にこだわる多くのギタリストに愛用されていることで知られていますね
同社のペダルは真空管が搭載されたモデルがあるそうですが、当機 The BLASTとNaughty Brainは初のICを使用したコンパクトエフェクターとのことです

「真空管にこだわり続けたShinosがなぜICを!?」
「それは、ICでもあのペダルやこのペダルより素晴らしい物が出来ちゃったから!!」
なるほど単純明快!これは期待が高まります^m^

さて、
クリーンアンプで単体の歪みペダルとして使用した場合、それほど深くは歪みません。
率直に言いますとこのBLASTはギターやアンプのキャラをしっかり活かし、余計な色付けせずにプッシュしてくれる、というまさに玄人好みのペダルと言っていいかと!(^^)

しかーし!!

それはもちろん 「無個性」 ということでは無く、キラっと光るハイの帯域がスピード感や立ち上がりの鋭さ、反応の良さを付け加えてくれます
僕みたいにいつもチューブスクリーマーやバッドモンキーで歪みをプッシュしてる人間にとっては、その反応の良さにちょっととまどいを覚えるかも(苦笑)っていうくらい。
我がMyシステムにじつはもう一段のギアがあったのかーーー!!っていうような。
「クリアー」っていう表現がパッと浮かびます(^^)

あとこれは僕の個人的感想というか好みの世界での話なんですが、『ゲインブーストさせる』というよりも『もう一段の隠れギアを引き出す』という感じの使い方がいいと思います。要は、あまりゲインアップさせ過ぎるとちょっとBLASTがもったいないかな?というか。「ゲインを足す」というより「反応の良さや立ち上がりの良さを足す」っていう方が活きると感じました!(あくまでも僕の環境での僕の私感です)
これは、あくまでも歪んだアンプのゲインブースターとして使った場合の話ですよ!
単体の歪みモノとしては深くは歪みませんし、ゲインをフルアップさせても破綻するようなことはありませんから

音質・キャラに関しては文章では限界があるのでそこそこにしておきますが、僕が表現するなら「いなたモダン」って感じですかね^m^
言うまでもありませんが、あとはもう各人の好み次第です(BLASTに限らず機材は何でも)。


という訳で、Shinos The Blastのレビューでした!
過去のペダル検証記事を見てくださっている方ならご存知のように、僕はお借りしたペダルでも「好みじゃない」ってハッキリ言う人間です 別にメーカーにペコペコしなきゃいけない立場じゃないので、嫌いなものは嫌い!と私感バリバリでブログ書かせてもらってます(もちろん失礼にあたることは書きませんが)。
でもねぇ、、、こいつは褒めるとこしか見つからないんですよ

・・・あ。
しいて言うなら、電源アダプターのジャックは横じゃなくて上の方が嬉しかったかな、っていうくらいwww



IMG_3767
庭のジューンベリーがキレイな花を咲かせました(^^)
毎年、桜の花が散るころに満開を迎えます。
あと1か月ちょっとすれば、また今年も美味しい実をいっぱいつけてくれるでしょう


さて。
エレキギターは、ボディ・ネック・指板といったウッドマテリアルとその形状やサイズをはじめとし、他にもピックアップや配線材、ポットやジャック、コンデンサといった電気系統。さらには音の出口となるアンプやスピーカー。そしてその間にあるエフェクターやケーブルなど、それはもう様々な要素が複雑に絡み合うことで最終的な『音』となりますね。
ですから、それらの組み合わせによってサウンドもほぼ無限にあるというのがわかります。

ところがアコースティックギターはどうでしょう。

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、どのメーカーのどのモデルもだいたい似たような木材で似たような形に作られています。生楽器ですから、ピックアップやアンプ、ケーブルなどといった電気の影響もありません。
つまりエレキギターより音に影響する要素が “ 数的には ” 圧倒的に少ないのに、なぜこうもメーカーやモデルによって音が全然違うんでしょう?

・・・いや、音に影響する要素が少ないからこそ、その一つあたりの影響度合いがデカい、ということなのでしょうか。
奥が深い・・・・


という訳で、aNueNue M100 のブリッジピンを交換しました。
前述したように『音に影響する要素が少ないからこそ一つあたりの影響度合いがデカい』のなら、この小さなピン僅か6本の影響もきっとデカい、はず!?
IMG_3762
1〜3弦についてる黒いプラスチック製のが純正。
4〜6弦についてるのが今回購入した、真鍮(ブラス)製です。
こういう組み合わせで使う訳じゃないですよ。交換途中で撮っただけです。



実はブラス製ブリッジピンは、このアヌエヌエを購入して鳴らした直後から試してみたくて仕方ありませんでした。ミニギター特有のミドルがポコポコした感じやサスティンが伸びない感じを、ブラスが良い方向に緩和してくれるんじゃないか、と想像していたからなんです。
ただその変化の幅がどの程度のもんなのかは疑問・・・。


IMG_3763
結論から言うと、大成功!!
思い描いていた通りの変化をしてくれました(^^)
ブラスピンのドンシャリ気味な特性がミドルのポコポコ感を緩和し、同時に巻き弦の低域が見事にアップ。そして特に単音弾きした時のサスティンの伸びが顕著です!
誤解を恐れずに言うなら、普通サイズのアコギの鳴り方に近づいた。って感じですね(私感)。
いやー、大満足です
ミニギターだからこそ変化が大きかったのかもしれませんね(^^)


ただ、
IMG_3764
この金歯みたいな色がどうも好きになれない・・・・(-"-)


このページのトップヘ