ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

YAMAHA FG-1200Jをライブで使って気付いたこと。
サウンドホールにマグネティックPUを載せると生鳴りが変わっちゃいますね
ちょっと鳴りやリバーブ感が抑えられる感じ。いや、「ちょっと」じゃないな。。。
IMG_3172
これきっと、穴をPUで橋渡しして固定するので ボディトップの振動が抑えられちゃってるんでしょうね。
そんな大した影響なんて無いべと思うんですけど、よく考えたらトップで一番緩いと思われる箇所であるサウンドホール付近を固定する訳ですし、2ピーストップの右の板と左の板の接合部を増やすことにもなるので、きっと影響は小さくないはず。
あと、このスカイソニックT-903というPU、見えないけど実はコンデンサマイクも内蔵されてるので結構な重量もありますから、その影響もデカいと思います。
・・・あ、磁力で弦振動が変わるっていうのもあるのかな!?
今回のようにライブならPUありきで電気通るからアレですけど、家で生音で弾いているとなかなか残念な感じです。。。

なんかそういう諸々のことを考えると、エレアコとして使うなら合板や樹脂ボディだったり、それこそチェットアトキンスモデルのようにソリッドボディ+ピエゾPUっていう方向に行くのもまぁ納得できる気がしますね。


あともう一つ気付いたこと。
IMG_3293
座って弾くぶんには気になったこと無かったんですけど、立って弾くとデカイ
まぁ、J−200じゃあるまいしFG程度で何を甘ったれてるんだって感じなんですけどね
弾いてると右腕がすごい前に張り出すような感じがして。やっぱり、小さくて薄くてコンターもあるエレキギターとは勝手が全然違うなっていうのを痛感しますよね。

まぁでもこれは慣れるしかない。なぜならアコギなのだから。

・・・でも、
BlogPaint
この子にピエゾ載せれば万事OKって気がw
厚みこそあれど、サイズ的にはレスポール抱えてるのと同じような感覚。
実際のところ、断捨離によって泣く泣くエレキを1本だけに絞った今、アコギを2本も所有する余裕は無いのでどっちかに絞らなきゃなぁ



前回、昨年11月のライブではボーカルAちゃんがインフルエンザで急きょ出演できませんでしたが、前回のメンバーにカホンを加えた7人編成でリベンジしてきました!

BlogPaint
今回はみんな体調も万全!!(笑)
お客さんは満員御礼!!
今回はどのバンドもレベルが高かったのでちょっと気負ってしまいましたが、バンド全体としては良い演奏ができました

ところが、僕(ギター)に限っていうと、、、
他人には気付かれない程度のものではありますがミスがあったり、自分的にちょっと納得できない箇所があったり・・・で、厳しめな自己採点で68点ってとこでしょうか
でも楽しめました!!
本番はもちろん、練習で集まるところからメンバーと同じ時間を共有できるバンド活動は本当に楽しいですね みんな、ありがとう!

ちなみに。
メンバーや対バンの方からは、ギターの話も程々に服についてばかり聞かれた僕でした



エレアコのアウトプットジャックの位置はいろんなタイプがあります。
昨年末のライブに出た時のエレアコは、エンドピンがアウトプットジャックになってるタイプ
20代前半の頃に新年会ライブで使ったエレアコは、たしかレスポールのようにボディサイドにジャックがあるタイプだったはず。
そして次回のライブで使うエレアコは過去2本とは違うギターですが、前者のタイプです。


これです。
IMG_3290
これが、エンドピンがジャックも兼ねているタイプ。
エンドピンジャックとか呼ばれますね。
エンドピンなので立って弾く時はここにストラップをつける訳ですが、ジャックも兼ねているせいで径が太いため、一般的なストラップは無理やり穴をかっぽじって付けることになります。

そこで、これです!
IMG_3284
ごめんなさい、写真撮る前に開封してしまいました



Righton! STRAPS END PIN JACK STRAPLINKという商品です。


これを、
IMG_3291
まずこのようにエンドピンジャックにつけます。
STRAPS END PIN JACK STRAPLINKの穴は大きいので、エンドピンジャックにもピッタリ。


そして、
IMG_3292
STRAPS END PIN JACK STRAPLINKに付いてるピンに、通常のストラップを取り付けます!
以上。簡単ですね!


IMG_3293
これで、いつもエレキでも使っているお気に入りのストラップをエレアコにも流用できますね!
「こんなのがあったらいいのに」って思った時は、大抵メーカーさんはそういう便利な物を作ってくれていますよね!素晴らしい!そして「そういう便利な物は無いかな?」と気になったらいつでも調べてポチっと購入までできるこの時代は本当に素晴らしいですね!!^m^



昨夜はボーカルAちゃんのご自宅で、晩ご飯をご馳走になってきました。
IMG_3268
メンバーに女性がいると、こういう恩恵にあずかれます v( ̄∇ ̄)v

先日の練習後「ライブのMCどんなこと話す?」って言った時に「一緒に考えて〜」っていう話になったのでその件かな?と思ったんですが、結局ライブの話など何もせず。
僕とAちゃん、そしてキーボードのMちゃんは小中学校時代の同級生なので、結局いつも昔話メインになってしまうんですよね^m^
とは言っても、小中学校時代はほとんど話した記憶も無く「こんな子がいたのは覚えてる」程度の関係。それが去年の同窓会をきっかけに付き合いが始まり、3か月後にはライブ出演。
結びつけてくれた音楽は素晴らしいですね


僕の新しい相棒となった、Kanjiのストラトモデルを紹介します(^^)

IMG_3164
ルシアーの川畑完之さんが製作する KANJI WOOD CARVING & MUSICAL INSTRUMENTSの2014年製のストラトです。


このストラトは、作曲家、音楽プロデューサーでプロギタリストでもある方から譲っていただきました!購入を決断するまでの間、こんなただの下手の横好きな一般人の僕にギターを貸してくださり、自分好みの弦に交換したりセッティングを変えることも許してくださいました。本当に感謝してもしきれません。また、橋渡しをしてくださったIさんにも心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございます!!
このブログを通じて素晴らしい出会いがこうして訪れることが何よりの幸せです!

ちなみにこのギターは一時期、トモ藤田さんが弾いてらしたギターです。Kanjiはトモ藤田さんのシグネーチャーモデルを製作していますので、それ繋がりですね!他にもこのギターにまつわるエピソードがいろいろあるのですが、そこは大人の事情でゴニョゴニョしとかなきゃいけません



IMG_3189
僕が好みのストラトと言ったらデリさん所有のバッカス
Kanji購入を決断するまで比較するためにデリさんも快く貸してくださいました。本当にありがとうございます!
そして僕のTokaiのストラト。この3本を弾き比べしまくりました!!
改めて「みんな違ってみんないい」を再確認できましたね!!
そんな中でも『決め手』を見つけることができたので、晴れてお買い上げと相成った訳です

・・・しかしこうして3色並んだ姿を見た時、ストラトを色違いで集める人の気持ちが初めてわかった気がしましたね〜^m^


IMG_3147
アルダーボディメイプルネック。そして指板はブラジルのとあるお屋敷の柱に使われていた130年前のブラジリアンローズウッドだとか!?
このハカランダ指板がまた素晴らしいんですよ〜
目が詰まっているって言うんですかね、道管の溝がすごく少なくてエボニーのようにツルっとしており、木目も素敵なんです

まだ作られて3年位ですけど、もうボディの塗装にクラックも入っています。
指板はコンパウンドラディアスというんでしょうか。ローフレットが7.25Rでハイフレットが9.5Rになっており、非常に弾きやすいです!
もちろん音も素晴らしいです!
・・・ボキャブラリーに乏しい僕は安っぽい表現しかできないと思うので書きませんが

という訳で新しい相棒の紹介でした!!
あー、もうしばらく何も買えません。゚(゚´Д`゚)゜。



昨夜はライブの練習でした(^^)
最近アコギはアヌエヌエのミニギターばかり弾いていたので、久々に普通サイズのアコギ(ヤマハFG)を抱えたらすごくデカくて弾きにくい感じが


そんなミニでかわいいアヌエヌエのアコギ。
IMG_3183
左がaNN-M100(僕の)。
右がaNN-M1EF(バンドメンバーMちゃんの)です。


IMG_3184
ウッドマテリアルはどちらも同じです。
シトカスプルーストップにアフリカンマホガニーバック&サイド。アフリカンマホガニーネックにローズウッド指板。

ただ、M-1はオール合板ですが、M-100はオール単板です。

合板と単板ってどっちが良いの?どう違うの?ってよく話題に上がりますよね。
が、結局のところ「鳴る合板もあれば、鳴らない単板もある」みたいな釈然としない結論で終わるという。そりゃそうだろうよ。それはわかるんだけどさ〜(^_^;)
ならば、合板と単板どう違うの?ってことを同じメーカー・同じシリーズ・同じ生産国・同じウッドマテリアルで合板か単板かが違うだけの2本で弾き比べしちゃいました!


※ヘッドフォン推奨!

※言うまでもありませんが、もちろん個体差があることは大前提だし、全ての合板ギターと単板ギターの違いや特徴がこの動画通りになるわけではありませんのでご承知おきください!



腕はさておき、両者の違いがわかりやすい動画にはなったと思います(^^)
M-1は中低域にシフトした音になっていてコンパクトな鳴り。一方M-100の方はハイに鈴鳴り感があってリバーブ感があります。
極端な言い方をすると、
M-1はポロロ〜ン

M-100はジャラ〜〜ン
ですかね^m^
ごめんなさい、稚拙な表現で
0:39 や 0:55 のギターが切り替わるあたりなんかでよくわかりますね。
個人的な感覚で恐縮ですが、ストロークはM-100の音の方が好きだし弾いてて楽しいですが、単音弾きでのミドルがよく出た感じはM-1もすごく良いです!

あと、これは弾いてる本人にはよくわかりますが、M-100の方が細かいタッチにも反応しますね。指と弦が擦れる音、ピックを深く当てすぎちゃって弦とピックが擦れるような音までしっかり鳴らします。この辺の感覚って、なんかエレキギターで言うところのストラト(シングルコイル)のシビアさにちょっと通ずるところがあるような。ちゃんと弾かなきゃ!って思わされます。


で、合板と単板の構造的な違いについて。。。

IMG_3249
ニトリのソファーのCMでは「木目を互い違いに重ねる積層構造で丈夫さを追求」と言っています^m^ 要はアコギの合板も、これと同じことです。頑丈で強度的には強くなりますが、木の振動も抑え込まれます。また、板を貼り合わせる際に使う接着剤の影響もあるでしょう。

これに対し単板というのは1枚板です。木は良く振動しますが、強度的に劣るので経年でヒビが入ったり膨らんだりすることも合板に比べて多いようです。

・・・なんかこれって、ギターアンプのキャビネットにも通じるところがあると思いませんか!?プライウッド(合板)でガッチリ造られた低音が良く鳴るラウド系のキャビと、軽いパイン単板で造られたカラっとしたエアー感のあるFender等のキャビを想像したら、アコギに当てはめても「なるほどなー」と妙に納得してしまう単純な僕なのでした^m^



今月のライブで使うため、生ギターのヤマハFG-1200Jをライブ仕様にしてもらいました!ラムジーズの成澤さん、いつもありがとうございます\(^o^)/


IMG_3172
まずは何と言ってもピックアップですよ。
このスカイソニックT-903というPUはご覧の通りのマグネティックPUに加え、裏側の見えない所にはマイクも内蔵されています。このマイクでボディ内部の響きを拾うことにより量感や空気感を加えることができ、それらのバランスをつまみで調整することもできます


IMG_3174
続いてはサドルを作ってもらいました。
今まではちょっと高さが足りずに強くストロークするとビビってたんですが、やはり弦高は弾きにくくならない程度に高さのある方がアコギは特に張りのある音が鳴るので、これまでよりちょっと高めに作ってもらいました(^^)
現状で、12フレット1弦は2ミリ。6弦は2.3ミリくらいとなっています。
弾きやすさとサウンドがちょうどよいバランスになったと思います


IMG_3173
あとは、ストラップピンの増設と、フレットのバリ取りです。
フレットの端の処理もすごくキレイにしていただいて、大満足です
弾きやすさというか、弾き “ 心地 ” がとても良くなりました!


IMG_3171
1か月ほどラムジーズさんにお世話になっていたので久々に弾きましたが、やっぱりこのギターは良く鳴ります!FGらしいジャキっとしたドンシャリなパーカッシブな音なんですが、ハカランダサイド&バックの恩恵か低音の重量感がとても気持ちいいです(^^)


IMG_3175
改めてアヌエヌエと弾き比べてみました。
こうして見るとサイズはかなり違いますね
でもやっぱりアヌエヌエ aNN-M100も音量的にはかなり張ってます!ミニサイズ特有のミドルが良く出てる分、音量で負けていたとしても人間の耳に聞こえやすい特性になってるからかもしれませんね〜。
でもやっぱ、低音に関してはフルサイズには敵わないですね (^_^;)

さて、役者は揃ったし、あとは練習あるのみ!!!


アヌエヌエのアコギを買った時の記事で『ギターがらみで楽しみにしてることが、いくつかある』的なことをチラっと書きましたが、それらが一応一通り出揃いました(^^)


IMG_3161
まずは、1332さんにお願いしていましたFriedman NAKEDがメンテから帰ってきました
CV(クリーンチャンネルのボリューム)つまみをゼロにした時に音が爆音になるという不具合を治してもらいました。また、本来12AX7があるべき所に12AT7がささっていたとのことで、それを本来の設計に合せてX7に。
先日のスタジオで使いましたが、改めて、素晴らしいアンプだと再認識できました!
1332さんいつもありがとう

あ、そうそう。
このアンプ、チャンネル切り替えはフットスイッチで行うんですが、スイッチやアンプ本体にLEDが無いので視覚的に今どっちのチャンネルになっているのかがわかりませんでした。そこで1332さんにフットスイッチにLEDを付けてもらいました(^^)
1491873826K0ueNERhNRrpzCI1491873821
これで、今どっちのチャンネルになっているのかが視覚的にわかります。
大抵のアンプにはデフォルトで備わっていることですが、ネイキッドは元々そういう仕様じゃなかっただけに有難味をより感じます!


続きましては、、、
IMG_3165
なにやら難しそうなこの、トランジスタ技術という雑誌の2017年5月号
この雑誌に、僕のこのブログが僅かながら協力させていただております
ほんと僅かですし、ここにそのページの画像を貼ったりはできません(大人の事情w)ので、ご興味のある方はぜひ立ち読みじゃなくて買って見てください(笑)。


続いては、、、
BlogPaint
これはちょっとまだこの先どうなるかわからないので、一応自主規制で(笑)。
とっても素晴らしいストラトを、ある方からお借りしております!
購入を見据えて、試奏という形でお借りしているのですが、これが本当に素晴らしい。。。
まだもう少しいろいろ試させていただけるとのことで、もしも購入することになりましたらブログにも書きたいと思います!
まずはお貸しくださったC様、そして橋渡しをしてくださったI様に心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございます!!


さぁ、今週末からライブの練習も本格的に始まりますので、自主練も気合入れなきゃ!!



ピロさん、デリさんと、スタジオ遊びをしてきました!
今回はメインイベントというか或る目的があったんですがちょっと手配が間に合わなかったため、デリさんのBacchusの電装系交換比較イベントを急遽開催です


IMG_8488
このブログでもたびたび書いていますが、デリさんのバッカスストラトはマジ素晴らしいです!
これまで、いろいろ機会をいただいては新旧問わず多くのストラトを弾かせていただいてきました。それらは全てそれぞれの良さがあって素晴らしいのですが、その中でも僕の個人的な好みで言えばダントツ好きなストラトです


そんな、ほぼノーマル状態でさえ素晴らしいバッカスストラトの、
IMG_3117
電装系を交換します。
オーナーのデリさんなりに『ここをもう少しこうしたい』というご希望がお有りのようで、それに少しでも近づくことができるのでしょうか!?
こんないいストラト持っていながらまだ不満があるなんて、贅沢なヤツだぜ!!


IMG_3121
作業台が無いので、床でカエルのように作業するわたくし。
ポット、ジャック、配線材、コンデンサといくつかの組み合わせパターンを、デリさんにはパーツの素性を教えずブラインドで比較試奏してもらいました。その方が変な先入観ナシで純粋に音を評価してもらえると思ったからです。

その結果、
ただでさえ良かったバッカスが更に素晴らしいギターになりました!
IMG_3118
太さと粘り、ゲロゲロ感、6弦の張りの強さなどストラトに求めるいろんな要素が高い次元で共存し、シビアな感じも無ければかと言って楽勝でもない。うーん、いい表現が見つかりませんが、とにかく良い!良すぎる!オーナーのデリさんも、立会人?のピロさんも満場一致です。
ピックアップは純正品のままなのになぁ^m^

しかし、日本製バッカスは作りが良いですね。
作りが丁寧なギター=良いギターってことではないので『作りが、作りが』って言うのは憚られますが、バッカスはもちろん、国産モダンビンテージと称されるハンドメイドのMOMOSE、さらにはCrewsのギターなども製造しているディバイザー飛鳥工場の職人さん達はきっと高い木工技術だけではなく素晴らしい楽器の知識や耳をお持ちなんでしょうね!
ディバイザー飛鳥工場、バンザイ!!
(回し者ではないが、信者化しつつはあるw)


さて、そんな訳で作業してた忙しさと、化けたバッカスの感動により、その他の写真を何も撮っていませんでした


4時間のスタジオ遊びの後は、いつものようにリサイクルショップ巡りです!
ここで、まさかのミラクルが・・・!!
ここ2週ほど続けて競馬を当ててる僕に「ジナパパさんと同じ馬券を買います!」と乗っかろうとするデリさん。でもリサイクルショップの駐車場で僕がパパっと選んだ買い目は大穴。。。「本当に僕に乗るんですか?」と念を押したのですが、乗っかるデリさん。

すると結果は・・・

BlogPaint
大・的・中!
・・・いやぁ、こんなことってあるんですね(゜o゜)
ここ3週連続で万単位の儲け!なんだかとんでもない大どんでん返しがありそうで怖いですが

2人で万札を握りしめていい出会いが無いかとリサイクルショップを巡りましたが、特にいい掘り出し物に出会うこともなく、ピロさんがかわいいミニミニギターを購入しただけで苫小牧〜千歳〜恵庭〜札幌のリサイクルショップ巡りの旅は閉幕したのでした〜^m^



最近、ギターがらみで楽しみにしてることがいくつかあるんですけど、その中の1つがコレ!

IMG_3103
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

aNueNue Bird Guitar aNN-M100 ミニアコースティックギター
価格:71800円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)



aNueNueのミニアコギが届きました!最近ずっと気になってたアヌエヌエです。
ここ2週くらい競馬が絶好調なので、奮発して上位機種のaNN-M100というヤツを!

・・・と言っても僕のはキズありアウトレット品なので、下位機種よりも安く買えちゃいました^m^


ちなみにサイズ感はこんな感じ。
IMG_3108
スケールはZO-3とほぼ同じです。
窮屈なフォームのコードを押さえた時に指同士がくっついて狭く感じるのでので、あ、ショートスケールなんだなっていうのを実感します。が、逆に指を広げて押さえるコードの時には短さの恩恵をそこまで感じないのは僕だけでしょうか(苦笑)


IMG_3100
トップシトカスプルース単板

サウンドホールがちょっと上にズレてるのがオシャレです(^^)
ちょっと、ヤイリのノクターンっぽいですよね^m^
まぁ、あちらは国産ですが。(こちらは中国産)

えっと、写真ではおそらく伝わらないと思いますが、このトップの塗装がイケてないです。
透明で厚いテーブルクロスありますよね? ↓ こういうヤツ。
IMG_3109
こういう質感に見えてしまうんですよね。ボテっとしてるんです。
そこだけが非常に惜しい。。。
スミマセン、誤解を恐れずにハッキリ言わせてもらうと、アウトレットで定価の半額以下で買えたからよかったものの、もしもまともな金額を出して買ってたなら「7〜8万出してこれか」ってガッカリしてたと思います。そんな感じのトップの塗膜。
僕的には、こうなっちゃうくらいなら下位グレードに採用されてるサテンフィニッシュの方が良かったかな。まぁ個体差もあるとは思うので、僕のがハズレだったのかもしれません。
これも込みの「アウトレット」だったのかなぁ、なんてww


IMG_3104
サイド&バックマホガニー単板ネックマホガニー
ヘッドとネックヒールは継ぎ木で、ネック裏の塗装は半艶みたいな感じになっています。
トップとは打って変わって、バックやサイドの塗膜はすごくいい感じ(^^)
指板ブリッジローズウッド


IMG_3105
カッタウェイ、もとい、段差。
この段差のおかげで、ハイフレットまで難無くおさえることができます(^^)
処理もキレイですね〜


IMG_3106
ロゼッタスポルテッドメイプル
中に貼られたラベルのデザインがまた僕の好きなポイントなのです^m^


IMG_3107
サウンドホールから中を覗くと、とても丁寧に作られているなぁという気がします。それだけにトップの塗装だけが非常に残念です。しつこい?w


IMG_3102
ヘッドにはかわいい(?)ロゴマーク。
アヌエヌエっていうのはハワイの言葉で虹っていう意味だそうです。
この人はきっと手で虹を作っているんですね(^^)
ペグは小さくて黒いカワイイのが載ってるんですが、トルクが固いのもあり、そんなに精度の高い物じゃないと思います。まぁパーツはあとから交換できるので、いいんですけどね〜(^_^;)

あ、そうそう、精度が高くないと言えば、サドルもだ。
高さが低すぎてハイフレットでビビってたので、サドルの下に紙を挟んで弦高を上げました。
これに関してはサドルのせいじゃなく、ブリッジ自体の高さやサドルを入れる溝の深さのせいかもしれませんし、ネックの挿し込み角のせいかもしれません。



で、肝心のサウンドなんですけども、これがまたビックリです!
ミニギター臭さがそこまで無いんですよ!
IMG_3099
ボディの小ささからくるミドルのポコポコ感が他のミニギターほど無く、フルサイズのボディで感じるようなドンシャリ感もあって余裕を感じる鳴り方です!この辺はボディの厚みが関係していそうですが、M100と同じボディ厚のM1とM2を試奏した時はもっとコンパクトに鳴ってたことを考えると、材の質や単板であることの恩恵もあるのかもしれませんね!
音量も十分すぎるくらいです!
『ミニギターにしては音量が大きい』ではなく、そんじゃそこらの通常サイズのアコギにも負けないんじゃないかな?
・・・こんなことを言うと誤解を招くかもしれませんが、以前所有していたフォルヒ(OMサイズ)より音は大きいような。あくまでも音量の話ですよ。フォルヒは爆音で売ってるようなギターじゃないですからね^m^
まぁ深みとか豊潤さを求めるのは筋違いとは思いますが


買う前は正直、「上位機種でも所詮ミニはミニ。どうせミニボディ特有のポコポコした鳴りになっちゃうなら、下位機種で十分だ」って思ってたんですが、もうゴメンナサイです
試奏した下位機種とはかなり違いました!
あえてミニギター特有の音を狙うなら話は別ですが、このM-100、フルサイズのアコギとも十分に張り合えるボリュームがあります!!アウトレットで安くなってなきゃこんな上位機種は買おうとも思ってなかったですが、結果的にはとても良かったと思います(^^)v



このページのトップヘ