ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

本当はBOSS TU-3が欲しいけど、TC electronic Polytuneを持っている僕。

一方、本当はTC electronic Polytuneが欲しいけど、BOSS TU-3を持っているデリさん。

ばくりっこ(交換を意味する北海道弁)して、ウィンウィンとなりましたv( ̄∇ ̄)v

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOSS TU-3 クロマチックチューナー
価格:9720円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)



IMG_4926
ここのところはクリップチューナーばかりでしたが、過去にはKORGのピッチブラックシリーズ、そして前述のポリチューンとこのTU-3などを使ってきました。機能などに差は有れど、チューナーとしての精度や反応の良さはどれも良いです!
じゃあなんでTU-3が良かったかと言いますと、慣れ親しんだBOSSのこの形とデザインが好きなんですよね〜。ゴチャっとしたメカメカしい画面がまた良くないですか?(^^)


ずっと前から「使ってみたいなー」と思っていて頭の片隅に常にあるものの、なかなか縁がなくて試せていない機材。皆さんの中にも1つや2つはありませんか?



image
僕の中では、こいつがそうでした。
XoticのBB+です!
厳密にいうと、こいつではなくてBB Preampの方が使ってみたいとずっと思ってた機材なんですけどね。ツイッターにも書いてますが、例のお店で新品3000円で売り出されていたので飛びつきました(笑)


世間では「BB Preampに似てる」と言われているAチャンネルと、Xoticで最も幅広い用途に使えるデザインだと謳われているBチャンネルの、計2チャンネル仕様。それをどちらか片方だけONはもちろん、同時ONも可能で、さらに同時使用時のAB接続順も切り替えることができます。

至れり尽くせりですね!

Aチャンネルは同社で最も幅広い音作りができると言われているだけあって、3バンドEQによって、ブルースドライバーのようなジョリンジョリンのクランチから、1kHzあたりのミドルをブーストした温かみのある太く艶のあるドライブまで、「もう歪みはこれだけあれば完結するんじゃないか?」とまで思わされるような音作りの幅広さを誇ります!!

GAINつまみは最初の方で一気に歪み量が上がり、あとは飽和感みたいなのが増えていくような操作感ですね。

一方Bチャンネルはトーンつまみが1つなのでAチャンネルほどの幅広さは無く、どうしても大人しく感じてしまいます。あ、あくまでも比較すると相対的にそう感じる、という意味ですよ。

・・・が!!
そういうキャラだからこそ、同時使用で本領発揮!

Bチャンネルをバッキング用にジョリンジョリンのクランチに作っておいて、ハイ抑えめにしたAチャンネルも同時にONにしてみましょう。すると、太く艶やかなリード向きのサウンドになるではないですか!

いやぁ、、、これはマジで
「キング オブ 音作りしやすいペダル」
に認定ですね!
直感的につまみをいじれば、その直感を裏切らない音が出てくれる、みたいなペダルです


ちなみに、僕のボードの中のペダルでいうと、
image
ShinosのNaughty Brainというマーシャル系のペダルとキャラ的には近いものがあります(BB+の『BB』はマーシャルBlues Brakerの頭文字ですから、一応どちらもマーシャル系なんです)。
この2台のペダルで似たような音作りを目指してみた場合 かなり似た音が作れるものの、Shinosの方が音の色気とかピッキングのアタックのツヤ感があります。なので僕は棲み分けをハッキリさせる意味でも、BB+の方はミドルを抑えてハイを上げ気味にした、ジョリンジョリン系の音にしました!!
会場や曲によって「もうちょっと太さが欲しいなぁ」という時のためにAチャンネルをそういうセッティングにしておけば、同時にONすれば太さが加わる!という使い方ができます!

うわーー
自分で説明しながら、改めて便利さを再確認してます、今www

こりゃーいいものに出会いました


ちょこちょこツイッターにも書いていますけど、今 札幌の楽器業界で一番激アツ(??)なあそこでピックアップ買ってきました!
IMG_4944
Montreux1960 Texas Crudeです!
3つセット売りで2000円でした!
ちなみに隣に写っているロックペグは500円。計2500円です!
全部新品ですよ。安すぎます!!
(ところがロックペグは、ヘッドの穴を広げなきゃいけないので自力で載せるのは諦めました

後日改めて買い物に行ったらペグが全部売り切れてました。
聞くと、ペグ約30個、PU約15個をまとめて買ってったお客さんがいたらしいwww
まぁ転売ヤーも放っておかないでしょうね


まぁ、それはさておき。
IMG_4945
最近ペダルばっかりいじってたので、ギター開けたの久々です^m^
正直、ピックアップ交換の必要性を感じてた訳じゃないんです。先日のライブでも、見に来てくれた方や動画を見てくれた方に音を褒めていただいた(このKanjiを譲ってくださったプロギタリストさんに褒めていただいたのは本当に嬉しかったです!)ので、かえっていじらない方がいいかな?とも思ったんですが、PUを安く買えたので試しにどう変化するか交換してみます^m^


IMG_4946
モントルーの1960 Texas Crudeはスティービーレイヴォーンのサウンドをオマージュした感じとのこと。フロントはリードに最適な太く甘めな音。ミドルは程良い鈴鳴り感とゲロゲロ感。リアはちょっとハムバッカー風味も感じるようなミッド〜ハイミッドの艶感を感じますね。一言でいうと太い!です。弾きやすくなったのは良いんだけど、なんていうか、シビアさと一緒にストラトらしさも持っていかれちゃったかな?という気もします。
まぁ、あくまでも僕が個人的に抱く「ストラトらしさ」ですけどね (^_^;)
PUをちょっと低めにセッティングした方が僕の好みでした。
んー、ちょっと狙ってる音とは違ったかな?



以前デリさんのペダルボード作りをちょっとだけお手伝いさせていただきましたが(コチラ)、あれから着々と機材が揃っていってるようですので、本格的にボード作りをお手伝いさせていただくことになりました


IMG_4913
まずはエフェクターのかさ上げをする台を作りました。
僕の凡ミスでビスやナットの数を盛大に間違えて(汗)、結束バンドで対応してます
しかしさすが万能な文明の利器!!結束バンドでも十分な強度が得られます
僕、こういう結束バンドみたいな物を考えた人にこそ、すごい賞をあげるべきだと思います!

ちなみに、以前に僕が自分用に作ったヤツより大きくしました。デカいエフェクターを載せる予定だからです(^^)


ではここで、デリさんが使用されるパッチケーブルのご紹介です。
IMG_4908
FREE THE TONEソルダーレスケーブル
それも、型番に「PRO」がつく金メッキのヤツです!かっこいい!

この金バージョンは作るのが難しいというレビューが結構ネットで見られ、しかもそれが原因で手放したというヤフオク出品物も この数日だけでもいくつか見ました
ハンダ要らずで作るのが簡単というのがひとつの売りでもあるソルダーレスにおいて「難しい」とはこれいかに!?と思って調べると、どうやら僕がいつも使っている金じゃない方の通常バージョンの方とは作り方が違うみたいです!

ちょっと不安になりながらも、やってみました。

IMG_4930
被膜の先っちょの方を8ミリほど剥き、網線を出します。
この「8ミリ」が長すぎるとプラグの下から網線がハミ出てきて、あとから切らなきゃいけないので面倒なことになります

あ、ちなみにこのケーブルは、金バージョンも通常バージョンも共通のケーブルです。


IMG_4931
その網線をひっくり返します。


IMG_4932
プラグをグっと挿し込んで、横からイモネジを閉めこんだら完成です!
(通常バージョンの方は上記の,鉢△旅程が無くて、だけです。
 また、これはストレートプラグですが基本的にL型プラグも作り方はほぼ一緒です)

・・・ってこれだけだと「超簡単そうじゃん」って感じですが、実際僕も作ったものの通電してくれないのがありましたが、何本か作ってコツを掴んでからは大丈夫でした
「難しくさせる原因はこれ」っていうのがわかったんですが、文章じゃうまく書けません

ハンダ要らずで手軽!と思って奮発してちょっと高めな金額を出して買ったのに、実際はちょっと手間かかるし何度か失敗も・・・となると、あーーもぉ!!って手放したくなる気持ちもわからないでもないような(^_^;)
でも器用な人はチャチャっと失敗せずにやっちゃうんでしょうね!
僕みたいに決して器用ではない人でも、何本か作ればコツを掴めたので


さて、さっそく組んでいきましょう!
※ あくまでも自己流です^m^
IMG_4916
まず、ペダルを並べてDCケーブルから繋いでいきました。
なるべくコンパクトに束ねるようにしましょう。


IMG_4917
続いて、ペダルからスイッチャーまでの長さをだいたい測り、パッチケーブルを作りながらスイッチャーと接続していきます。この際、ペダルかさ上げ機(仮称)の下をパッチケーブルがくぐるようにします。


IMG_4921
最後に、ペダルかさ上げ機(仮称)の上にペダルを載せてパッチケーブルを接続すれば
完成です!

LINE6のDL4はペダルを直接踏む機会があるペダルですので、かさ上げして踏みやすいようにしてあります(^^)
そしてこのスイッチャーにはチューナーアウトが付いていないため、チューナーを最前段に繋いでジャンクションボックスのインプット代わりにしました。信号が必ずチューナーを通ることになるので出音が気になるところですが、どうでしょうね!


そして翌日。
IMG_4933
デリさんから、FURMANの電源タップを設置したお写真が送られてきました(^^)
かさ上げ機(仮称)が無いと、スイッチャー・DL4・電源タップをこんなに近付けることができませんので、タップを置くスペースを作ることすらできないのです。こういう意味でも、DL4を踏みやすくするという意味でも、かさ上げ機(仮称)はかなりの効果を発揮するのです

あと、このスイッチャー。
One Controlの新製品で、Agamidae Tail Loop(なんて読むの?ww)というスイッチャーです!多機能ではないもののしっかりとツボを抑えた6ループのスイッチャーで、しかも価格が2万チョイ!!サイズも非常に小さいですし、これは良いですね

ちなみに、デリさんのこのボードに載っているペダルはとりあえずの仮置きだったりするので、今後厳選して内容は変わっていくものと思われます(^^)
僕も自分のことのように完成が楽しみです

我ながら今回もなかなかキレイにできたと思います^m^
デリさんご指名ありがとうございました!!



ミストーンをかき消してくれるくらいのお客さんの歓声をいただき(^m^)、無事にライブ終了しました!応援しに来てくれた方々、ありがとうございました!!
BlogPaint
IMG_4860
カッコよく写真撮っていただけて感謝です
次のイベントの出演も決まったので、また頑張ります!

BRAND 7 at Mole

7月9日(日)
狸小路2丁目 Sound lab mole

18:00〜開場
18:20〜開演
20:50 終演予定

僕がギターでサポートさせてもらうバンドは、トリです!
他にも素敵なバンドがたくさん出演するので、ぜひ遊びに来てください
…とか言って、もう当日券無かったらごめんなさい


ロックピンも装着して、準備万全!!
image
がんばります!

最近なんだか体調がスッキリしないジナパパです。
ただでさえ痩せてるのに体重も1キロほど落ちました。早くも夏バテかな?

ここんとこペダルネタばかりでスミマセン。
だって、、、ペダル、かわいいんですもん
それにエレキギターは1本しか持ってないため滅多にネタもできないんです・・・

さて、大きくて無駄なスペースがあるのでエフェクターケースを小さいヤツに替えました。まぁ、後々大きめのペダルを載せたくなった時のために大きいボードのままでも良いんですけど、ライブの時は地下鉄移動なのでできるだけコンパクトな方がいいのと、あと、デカいボード携えて「おっ、ヤツ只者じゃないな!?」と思われても困るじゃないですか(汗)^m^


という訳で、PULSEのEC-07 から EC-06 に引っ越しです!
BlogPaint
横幅が10センチ小さくなっただけなんですが、見た目の印象としては結構違って見えます(^^)
内容的には、先日デリさんに使わせてもらってめっちゃ気に入った技ブルースドライバーを入れたいですね〜


ビフォーアフターです。
(GIFです。スマホのかたはタップすると動くと思います)
↓ ↓ ↓
1499305529zYigTbvgLYmSJsV1499305527
移植するだけで2時間くらい掛かりました
自作ペダルライザーの下に配線を這わせるとどうしてもごちゃごちゃになりがちで、納得いかずやり直し!が2回ほどありました。やっぱり、見えない場所でも可能な範囲で束ねるのは大切ですね!(トラブル防止の面でも、気分的にも)


昨日はデリさんとスタジオ入りしてペダル会(^^)
デリさんがペダルボードを組まれるとのことで、僅かでも僕のボードが参考になればと見てもらいました。

IMG_4751
スイッチャーの使い心地や便利さを感じてもらえたはずです
見た目のキレイさも褒めてもらえたので僕はもう満足です^m^


さて、デリさんがボードに入れる予定のペダル達(新しく買われた物や、元々所有されてた物など)を試させてもらいました(^^)
IMG_4747
FIREGLOW PPS-01というパワーサプライ。
日本でデザインされたパワーサプライで、8つのDCアウトは全て300mA以上。内2つは500mAでさらに9V、12V、18Vが選択できます!デジマート等の写真で見て想像してたよりも小型で軽い!そしてヘアライン加工が高級感を演出してて色もとってもいい感じです
これはボード内で映えますね〜


IMG_4749
EPブースター
これは僕が今更レビューするまでもないくらいの定番商品ですね(^^)。最前段と最後段で試しましたが、クリーントーンの時にグッと前に出てくる感じや太さが印象的でした!ツマミがゼロでも圧倒的存在感ですね。


・・・さぁ、そしてこの日のメインディッシュです!
IMG_4748
BOSS 技クラフト Blues Driver BD-2W!!(とDD-3。)
この技ブルースドライバー。
モードをSとCで切り替えられるんですが、簡単に言うとSがジョリン!で、Cはそこに太さと粘りを加えた感じでした。このSの音がまたミドルのストロー感といいハイの帯域といい非常に絶妙で、なんていうか、泥臭さと明瞭さのバランスがとても良いです!Cは多少のコンプレッション感があるかな。
僕はSをバッキング、Cをソロで使いたいなと思ったんですが、演奏中に足で切り替えできる仕様にはなっていません。なので、Sで基本的なバッキングサウンドを作っておいて ソロの時にはミドル上げ設定にしたDigitech BAD MONKEYでブーストしてみたら、これがまた素晴らしかったです

あ。
ちなみに、この技ブルースドライバーをジャズコで鳴らした時は
「おおー、なかなかいいっすねー!」
という感じだったんですが、
IMG_4754
この僕が持参したVOX MV50 cleanで鳴らしたら
「これ、買います!!!」
に変わりました(^^)



デリさんがペダルボードを組まれるとのことで、急遽スタジオ入りすることになりました(^^)
まぁ正確には、デリさんのバンド練習後に僕がちゃっかり合流させていただく、という感じ^m^

僕もペダルボード初心者で、アドバイスできるほどのノウハウは全然持ち合わせてないんですけどね ギターを弾くと言うよりも、僕のボードを見てもらいながらいろいろとペダルトークを楽しむ会になりそうです^m^

で、デリさんにスイッチャーの便利さを知っていただくためにもいろいろパッチを作っておこう!と思い立ち、昨日の休日は部屋で1人コツコツとプログラミングしてました(^^)
実は僕、せっかくBOSS ES-8を持ってるのに 次回のライブ用のパッチしか作っていなかったんです(^_^;)

image
・CLEAN
・BLUES
・CLASSIC ROCK
・LEAD
・・・など、接続しているペダルを組み合わせて、いくつかのパッチが完成!
ES-8は各パッチに自分で名前が付けられて、それが液晶に表示されるのも良いですね

で、昨日パッチを作ってみて気付いたんですが、

コーラス、ほぼ使わない。。。

「あれ?結局コーラスをオンにするプログラム作ってないじゃん」って一通りパッチ作り終わってから気付くってことは、僕の中でコーラスはさほど重要ではないのでしょうか
でも、たまにクリーンにコーラスをかけたくなる。
しかし、パッチをわざわざ1個作るほどではない。
そんな時はどっかのスイッチにコーラスをアサインです!!
例えばクリーントーンのパッチを選択してる際に、任意のフットスイッチを踏むとコーラスがオンになるようにアサインできるんです!『踏むとオン』はもちろん『踏んでる間だけオン』も可能!それが別途フットスイッチを用意しなくてもES-8のどのスイッチにも設定できます

もちろんコーラスに限らず、例えば歪みのパッチにブースターをアサインしておいてギターソロの時にONも可能ですし、逆にOFFにするようアサインすることもできます。繋がってるペダルだったら何でもどのスイッチにもアサイン可能!これをもし別途エクスプレッションペダルにアサインしたとすれば、効き具合を踏み込み量で調整することもできます

エフェクトのオンオフだけじゃなく、アンプのチャンネル切り替えやエフェクターのパラメーターの変更などもアサインできるみたいですね!

・・・いやぁ、買う前からこういう機能があることは知ってたものの「こんな難しい機能は使わない(使いこなせない)だろうな」って思ってたんですが、いざやってみたら簡単だしめっちゃ便利です
どこかで「BOSSのマルチエフェクターでできることがほとんど再現できる」と読みましたが、まさにそんな感じですね とは言え、僕は、まだまだ全機能の3割も使いこなせていないと思うので、もっと勉強して有効活用していきたいと思います!!


先日のバンド練習。
家で作っていった音で大方問題ナシだったんですけど、各パート(特にドラム)が一番盛り上がってくる大サビで ギターの音が埋もれがちになることがわかりました。こういうのはバンドで合わせなきゃ気付けないですもんね、勉強になります(^^)
僕はバンド経験に乏しいので詳しくないんですが、大サビだけギターの音量を上げるのは解決策としてはあまりよろしくないような気がするんですが、どうなんでしょう??


IMG_4731
そこで久々にコイツを引っ張り出しました。かつて新品でも5000円程度で売られていたDigitech BAD MONKEYです!!
受け売りですが、ゲイリームーアはパリの散歩道やStill Got〜なんかでバッドモンキーをONしてたらしい。使ったことある人なら「わかるわー」ってなりますよね。パリ散やStill gotのサウンドのようにモチっとしたローミッドが持ち上がるキャラで、LOWのツマミは低域だけじゃなく(感覚的には)800ヘルツあたりのミッドローにも効いてくれるのがとっても使いやすいんです
EQが2バンドの恩恵はデカいですよ、マジで。

で、冒頭のギターが埋もれ気味なポイントの話です。

音量を上げるんじゃなく、バッドモンキーで人間の耳に聞こえやすいミッドを持ち上げてやろうという考え方でボードに入れてみたところ、、、
久々のバッドモンキー、めっちゃ好印象
他のペダルやアンプの歪みのゲインブースターとして使う際、バッキングではミドルが暑苦しすぎる場合もあるんですが、リードではやっぱり僕の中では一番良いブースターになってくれます(^^)

よし、大サビではコイツを薄くかける音作りをしてみよう


このページのトップヘ