ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 楽器

籠池理事長の証人喚問を聞きながらブログ書いてます。

コチラで報告しましたように、vinetoneさんに作っていただいたパワードアッテネーターに高域調整ツマミが増設されてパワーアップしました!
その実使用レビューをしようと思います!

IMG_2901
高域調整ツマミの効果は絶大です!
記憶を頼りに回顧すると、このツマミがゼロの時が改造前のサウンドに近いと思います。この状態でさらに小音量だと、ハイにリミッターが掛かっているような、加工された感があるような不自然さを多少感じるような音でした。ところがツマミを11時くらいまで上げると、厚い幕が取っ払われたかのような明瞭なハイが出てきてくれます!!

す、素晴らしい!!!
パワーアンプが搭載されているので普通のvinetoneアッテネーターと全く同じサウンドという訳にはいきませんが、ツマミ11〜12時くらいでハイの出方はほぼ同じような感じになります!
いや〜、これは素晴らしいですね・・・!
機能をとっても、サウンドをとっても、今まで数々使ってきたアッテネーターやリアンプ/アッテネーターの中で一番好きです!!


今まで、初代アッテネーターのサウンドに僭越ながら注文をつけさせていただいて仕様変更してもらったり(これがvinetoneさんとのお付き合いの始まりでした)、アンプの修理や改造をお願いしたり、オリジナルアンプを作っていただいた時も何度も何度も注文をつけて手直ししていただいたり、そして今回もパワードアッテネーターの原案を持ち込むところからハイ調整ツマミを増設していただいたり、、、と、いろいろやっていただきました。知識も技術もまったく無い僕は、設計や作業の難解さもお構いなしに「こんな音にして。こんな使い勝手にして」と注文つけてばかりでいつも困らせていると思いますが(申し訳ありません)、毎回ちゃんと希望通りに仕上げてくださることに感謝してもしきれないほどです!!
本当にありがとうございます!!\(^o^)/



ブレンダー配線にした、Tokai ストラト。
image
シングルPUを2個直列にしたらハムバッカーと同じ音になる!!
・・・なんてうまくいく訳ではなく(>_<)
1番の不満は、中低域がモッコモコ出てきて、高域が引っ込んじゃう。
そもそもシングルとハムの違いってそういうことでしょ?と言われればそうかもしれませんが、そのモコモコ具合が許容範囲を超えてると言いますか。。。


そこで音の抜けを少しでも改善すべく、フルアップトーンを自作してみました!
まぁ、自作といってもゼロから作ったんじゃなく、CTSの普通のポットにちょっとメスを入れただけなんですけどね


作り方は、
image
つまみを10にした時にブラシと触れる接点のちょっと手前らへんに、カッターで切り込み入れて電気を通らなくするだけ
まぁ、作り方はもっとお詳しい方々がネットに上げてらっしゃるので、そちらをご参照ください!

これで、トーンつまみ1〜9は普通のトーン。
そして10(フル)の時だけトーン回路がバイパス
されます!
ポットは10でも僅かに抵抗を通りますからね。


このフルアップトーンはなかなかの効果で、なんていうか、普通にトーン通ってる音と比べると膜が一枚無くなったように視界がパァっと開けたような感じがします^_^

とは言っても、今までモコモコしてたのが急にカミソリのようにキレが良くなってザクザク刻めるようになる、とかそんな魔法みたいな効果を得られる訳ではないです(笑)。
まぁ、ギターやってる人なら「トーンポットを無くすと音が良くなるよ!ヴァンヘイレンもやってるよ!」っていう話を聞いて、一度はトーンポットを外したことがあるでしょうから、ここで書くまでも無いでしょうね(・ω・)


また一歩理想に近づいた感はありますが、うーん、まだまだですね!!


僕がvinetoneさんに原案を持ち込み、作っていただいたパワードアッテネーター
IMG_2820
詳細などについては、コチラをご参照いただくとして、簡単に言いますと、

・大出力でマスターボリューム無しのアンプの音量を下げることができる!
・小出力のアンプの音量を100ワットまで増幅できる!
・エフェクトループがついている!!

という優れもの。
ここにあとひとつ、パワードじゃない普通のアッテネーターを繋いだ時と同じようなハイ上がりの音にしたい!という希望がふつふつと。。。

vinetoneの普通のアッテネーターは、小音量にしてもハイがしっかり残る(しっかり聴こえる)というチューニングになってます。小音量になると高音が聞き取りにくいという人間の耳の特性を考えれば、高音に関しては少々わざとらしいくらい出てた方が小音量にした時にはバランスがとれるんです(私感)。
その点パワードアッテネーターはあまりに原音に忠実なので、小音量に絞った時には高音がちょっと物足りなく “ 聴こえてしまう ” のです。
そこを普通のアッテネーター寄りのハイ上がりのチューニングにしたい、というのが僕の希望。



その実現のため、僕はまず自分で簡単にできることとしてパワードアッテネーターのエフェクトループにグライコを繋いでみました
IMG_1759
フェーダーをこれくらいにすると、かなり普通のアッテネーターのサウンドに似ました!!
この写真とグライコ現物をvinetoneさんに送り、「これを繋いだ時の音にチューニングしてください!」と発注させていただきました。

「このグライコの回路を内蔵してください」的な安易な考えだったんですが、実際は組み込むと発振やノイズの問題が出たりしてそう簡単ではないそうです。
無知って怖いですね スミマセン。。


しかし、さすがvinetoneさん!!
ついに完成のご一報をいただきました\(^o^)/
IMG_2818
背面に増設されたツマミ。
これこそが新設されたハイの調整ツマミです!!


BlogPaint
まずは、ピンクのグラフをご覧ください。
これは、某アンプに普通のアッテネーターを使用した際の特性を表したグラフです。
つまりこれが僕の目指す音。

続いて青色のグラフ
これは、某アンプにパワードアッテネーターを繋ぎ、前述のグライコをエフェクトループに繋いだ時の特性を表したグラフです。
6khzあたりまでは普通のアッテネーターを繋いだ時のピンクのグラフにかなり似ているのがわかりますね!僕の耳も捨てたもんじゃないです(笑)。
ただこれより上は、グライコじゃ賄いきれません。

さぁ、ここからがvinetoneさんに新設していただいたハイ調整ツマミですよ。

水色のグラフが、ハイ調整ツマミ12時の位置です。
前述のグライコ接続時よりもさらに普通のアッテネーターの特性に近くなってます!!
10khzあたりまでほぼ一致!!

そしてオレンジ色のグラフが、ハイ調整ツマミMAX時です。
もう、わざとらしいくらいにハイが上がってますね!!これだけ上にも可変できれば、かなり音量を下げ気味の時でも僕の希望のサウンドにできるでしょう!!

一応、ハイ調整ツマミ最小の時のグラフも。緑色のグラフがそれです。

勝手な想像ですが、ツマミ2〜3時くらいで普通のアッテネーターを繋いでた時とほとんど同じような音が出そうな気がします(^^)


IMG_2817
同時に、エフェクトループのレベルも最適化してもらいました!
まさに最強!!

今までは、『音をとるなら普通のアッテネーター。機能性をとるならパワードアッテネーター。』というのが僕の中での棲み分けだったんですが、これからは『音も機能性もパワードアッテネーター!』になりそうです\(^o^)/


※2017.3.23追記
実使用レビューを書きました!コチラです。



『器用貧乏』っていう言葉もありますけど、僕にとってのエレキギターの究極形は
レスポールの音もストラトの音も出せるストラト
です。
もちろん突き詰めれば「そんなの無理」って結論に達するんですけど、『まんま』まで行けなくても自分の中での及第点まで行ければ良いわけです。最近はハムバッカーサウンドの中でもナッシュビルじゃなくカリフォルニアのハムサウンドを求めているので、まだ少しはハードル下がったかな?という感じですが^m^
IMG_2797
こいつとこいつを足して2で割るんじゃなく、足したまんまが理想。


という前置きはいいとして、Tokaiのストラトの配線をブレンダー配線にしてみました!
IMG_2793
PUセレクターをフロント or リアにしている時 一番下のツマミを絞っていくとセンターPUが直列にブレンドされていく、という配線です。つまり、『フロント&センター』『リア&センター』の擬似ハムバッカーサウンドが出せるということですね!

これで冒頭の『レスポールの音もストラトの音も出せるストラト』に近づけるかな?と思ったんですが・・・まぁ結論から言うとそんなうまくはいかないもんですね
センターを直列ブレンドした擬似ハムバッカーサウンドは、ピッキングアタックがヌルっとしてて低音はブーミー。キレが無く輪郭も不明瞭。。。
これなら、ハムバッカーのタップの方がまだどっちも 『っぽい』 ニュアンスが出せるような気がします。

う〜ん、僕的には超ビミョーww

ただ、悪い音か?というとそうではなく、求めるサウンドが『モロにハム』なのか『なんとなくハム』なのかによって評価は分かれそうな感じがしますね(^^)
もちろん、使うピックアップによってもブレンドした時のサウンドは変わってくるでしょうしね〜
僕はちょっとブレンダーに多くを期待し過ぎたのかもしれません



最近すっかりアコギモード突入中です
・・・が、4月のライブに向けて愛用の YAMAHA FG-1200J に手直ししたい箇所がチラホラ。

IMG_2713
ナット交換
サドル交換
フレットのバリ取り
ストラップピン取付け
ピックアップ取付け
トップ割れ補修

と言ったところです。
特にサドルは高さが足りなくて、紙を挟んで底上げしてる状態なので、多少なりとも鳴りに影響していそう。それと、ピックアップ搭載とストラップピン増設はライブに向けて不可欠です。


IMG_0251
(↑この写真はちょっと古いものです)
僕はアコギのことは、主にラムジーズさんにお願いします(^^)
相談させていただいたところ、トップ割れ補修は塗装も込みのためさすがに来月のライブには間に合わないということで、前述の 銑イ離瓮縫紂爾鬚願いしてきました(^^)
完成が楽しみです


で、


備忘録じゃないですけど、リペア前を撮っておきました(^^)

以前の僕は、安いFG240のナット&サドルをプラスチックから牛骨に交換してもらっても違いが全然わからなかったのですが(汗)、あれから数年経って少しは耳が成長したのでしょうか。
聴き比べやすいよう敢えてノン加工の撮りっぱなし動画を残しておきます!



最近胃腸の調子が思わしくないジナパパです。
治ったと思って薬をやめてる逆流性食道炎や胃潰瘍がまた再発してるのか・・・
今度病院で相談してみます(>_<)


さて!!
IMG_2719
アノダイズドピックガードです!

アノダイズドピックガードの見た目は文句なしに好きで悩む余地なしなんですけど、音がどう転がるのかわからなかったので、トーカイに載せたいけどどうしようか悩んでたんですよ。

金属だから、それっぽい「キーン」という音になるのか。
PG全体がシールド効果になって、ハイ落ちするのか。
箱鳴り感みたいなのが加わるという話も聞いた事があるし。。。

まぁ、悩んでも
結局自分でやってみなきゃわからないでしょ!
ということで敢行です。


万が一 Tokaiのボディとネックポケット部分等が合わなかったら、アルミだから簡単に削ったりできないけど大丈夫かなぁ・・・と心配してましたが、ネックポケットどころかネジ穴まで全て無加工で搭載できました!
IMG_2722
ネジ穴がセンターから多少ズレてたりはしましたが、新たな穴を開ける必要はまったく無し(^^)


IMG_2738
ヘアラインが素敵です


IMG_2741
か、かっこいい・・・
高級感がグっと増しますね!
ただ、ノブが真っ白でかなり浮いてますけど^m^


IMG_2740
気になってた音ですけど、余計な倍音が抑えられて、なんていうか すごく整った感じがします。少なくとも、金属製だからキーーンという音になる、という想像は正反対でしたね。落ち着いてリッチな音になった気がするのは、決して見た目が金ピカだからというプラシーボだけではない・・・はず^m^


IMG_2725
TOKAI Springy Sound ST-60&80ニコイチストラトは、見た目にもサウンド的にももう完成の域に達していると言ってもいいところまで来ました!\(^o^)/
・・・ただ、あと1点だけいじりたい部分があるので、そこに手を加えれば完成予定です!



IMG_2712
愛用のアコギ、YAMAHA FG-1200J 革ラベル。
ライブで必要なのでピックアップの載ったアコギを買おうかなとも思ってたんですが、この音をじっくり聴いちゃうともう他のアコギじゃなかなか満足できないんだろうな〜という気がします
やっぱりこいつにピックアップ載せるのが最良な選択かな?


IMG_2713
古いFGの多くはネックの元起きだったり反りだったり(&元々のヤマハの設計によるものという噂も)でなかなか満足のいくセッティングができない個体が多いんですけど、これは過去オーナーがリペアショップでネックリセットをしているため、かなりベタベタなとこまで弦高を下げられる状態でした。

弦高が低いのは弾きやすくていいんですけど、
やっぱり鳴りはある程度犠牲になりますよね。


そこで、細く切ったハズレ馬券をサドルの下に3枚入れて、弦高をちょっと上げてみました。
12フレット上で1弦1.6ミリ・6弦2ミリ弱です。
アコギとしては結構低いセッティングですかね。
0.4ミリ程度しか上げてないんですけど、それでも弾き心地や音はかなり変わりますね!

弦高が低い時は、強めにストロークした時に弦とフレットが触れることで出るビリつきがジャキ感や荒々しさを生んだりもすると思うんですけど、弦高を上げることによって太さや圧 そしてリッチな感じが出てきて、派手さよりアダルトな雰囲気になるように思います(^^)

現状の弾き心地と音、すごく良いなぁ・・・
ラムジーズさんにサドルを作り直してもらいたいです


IMG_2714

来月のライブでアコギを使うため、アコギPUを試してみました!!
IMG_2678
ARTEC A1-OSJ という、ボディにピエゾマイクを貼り付けるタイプです。
↑↑リンク先のレビューを見てもわかるように、2000円ちょいという低価格の割に評価は結構高いので、かなり期待して購入しました!!


IMG_2681
まずは、パッケージの裏に書いてる図と同じ位置に貼ってみましょう!


IMG_2679
ヤマハFG-1200Jに貼りました。こんな感じでしょうか。
ちなみに、付属のねりけしみたいなヤツで貼ります。かなりしっかりくっつきます

で、さっそく鳴らそうにも、そういえば我が家にはアコギ用のアンプが無い。
せめてものジャズコも無い。
という訳で、フリードマンのクリーンチャンネルです
これで果たして参考になるんだろうか・・・・・・


ジャーンと弾きますと、普通にアンプから音が出ます!
まぁ、当たり前ですけど感動(笑)。
しかし、レビュー等を見ると、ここから満足いく音になるよう貼る位置をいろいろ調整するのが一番大変らしい(゜o゜)
たしかに、貼る位置によって「これが同じギターか?」っていうくらいに音が変わります。音質が変わるのと同時に、音量も激変します。トップ材のどこがよく振動しているかっていうのが見えてくるようで非常に興味深いです。

た、楽しい・・・。

マイクとトップ材の密着度も音量や音質にすごく影響します。それはつまり、ねりけしをどれくらい使うか?っていうところにも関係してきます。
・ねりけしが薄い=振動が吸収されずによくマイクで拾ってくれるが、ハウりやすい。
・ねりけしが厚い=ハウりにくくなるが、音質がコモり気味&音量が小さくなる。
その加減が非常に難しい。。。

で、とりあえずハウりの問題だけでも最小限にしておきたい、という願いを込めて、

IMG_2684
得意のポッティングです(笑)。
材質や構造がよくわからないので熱でおじゃんになることを覚悟でやりましたが、結果的に60〜70℃程度のロウでは大丈夫でした。

結果。
うん、ハウり問題はまずまず解消されました!!

ただ、ここで言うハウりはそもそものPUの構造によるものというよりも、ブォォォォォーーーンと激しく振動するアコギのトップ材とPUとの僅かな隙間によるマイクロフォニックが原因になることが非常にデカいと思われるため、あくまでもポッティングは補助的なものと思ったほうがよさそうです。

・・・ん?まてよ。

アコギ単体でのトップ材の振動だけでもここまでハウるなら、バンドで使った時、狭いステージ上では生ドラムの音圧や他パートの返しでいったいどれだけハウるんだ???
そういえば、サウンドハウスさんのレビューでは大音量のバンド形態の中でライブで使った人のご感想は無かった・・・

むむ、なんだかイヤな予感がしてきたぞ(苦笑)。

単板だとよく振動するから、エレアコはハウり対策のため敢えて合板で造る、という話の信憑性を体感させられた想いです。

でもまぁ、とりあえず今できることをやっておこう、という訳で、フリードマン(笑)でもとりあえず及第点を与えられるポイントを探ってみた結果、

IMG_2701
こんなマイク位置が一番いい感じに(゜o゜)
まぁ、ちゃんとアコギアンプやPAを通したらまた全然違う結果になりそうな気もしますw
てか、ホントにこれライブで使えるのだろうか?時間はもう無いぞ、どうする!!
まずは早急にスタジオで検証ですね



2本のTOKAI Springy Sound
IMG_2220
たとえば、どっちかがローズ指板だったりどっちかがアルダーボディだったり、というスペックの違いでもあれば「両方キープ」っていう選択肢もあったんでしょうけど、メーカー・製造年・型番・ウッドマテリアルと全て同じ。。。
僕は元来 同じ物は気に入った方だけを可愛がってしまう性分なのでどっちか1本に絞ろうと思い、前回のスタジオ入り以降日々コツコツと ネックを挿し替えてみたりPUを入れ替えてみたりパーツを入れ替えてみたり・・・といろいろな組み合わせを試し、その結果(見た目も含めw)自分的に一番しっくり来たのが

・サンバーストボディ
・Cシェイプネック
・73年製Fenderピックアップ
・Gotohブリッジ
・Raw Vintageサドル
・Raw Vintageスプリング

という組み合わせでした。

今回、実際いろいろな組合せを比較した上でわかったのは、Tokai純正Eスタンプピックアップも、Tokai純正一体成型ブリッジも非常に良いですね!ブリッジなんか特に当時の他社も使ってた共通部品(らしい)だったりするので精神衛生的に交換したくなっちゃってましたが、なんのなんの、純正でも充分素晴らしいです!なんか、自分の中の漠然とした「鉄ブロック崇拝」みたいなのが露呈してしまったようで恥ずかしいくらいです。やっぱりスペックに固執せずにいろいろ試すべきだというのがよくわかりましたね
「この材はこういう音。このパーツはこういう音」という傾向を知っておくことももちろん大切ですけど、現実的には青写真が覆されることも多々あるので、やっぱり先入観に捉われ過ぎるのも危険ってことなんでしょうね!


こういう経緯があって、黒ストラトはほぼ100%オリジナル状態に戻された状態となり、嫁ぎました。黒ストラトは高域の明瞭さと低域の重さがあってモダンな印象。それはそれで非常に良いんですが、敢えて、より力量を試されている感がありマケてくれないサンバーストの方を残すことにしました(^^)
サンバーストは現状あと一か所だけ試してみたいモディファイがあるんですけどね^m^



IMG_2663
いやぁ・・・ビックリ。
自分の全機材が、写真1枚に納まり切る日が来ようとは。。。
(vinetoneパワードアッテネーターだけは現在Tさんのもとで改良中なので写っていませんが)
でもなんだかすごくフットワークが軽くなったような感じがします(^^)

計らずしてギターが全て日本製なのも、自分という人間を考えたら
妙に納得してしまうのでした^m^


ひとめ見たあの瞬間から忘れられない、アヌエヌエ
ちょうど良い(??)タイミングで来月ライブでアコギ弾くこともあり、アヌエヌエのエレアコ版を試奏させてもらってきました\(^o^)/

aNN-M1EFというモデルです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

aNueNue aNN-M1EF
価格:28500円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)




IMG_2657
(弾いたのはこれではないですが、左のトップ材がスプルースのやつのエレアコ版です)

見た目や質感の話からですが、やっぱり前回感じたように安っぽさは感じません!っていうか、ここに高級感を求めている訳では無いので、むしろこのシンプルさとキュートな感じ、そして下位グレードに与えられた敢えてのサテンフィニッシュが良い雰囲気を醸し出してます(^^)
(写真にチラっとゼマイティス(中国製)のミニアコギが見切れていますが、そっちは正直、木の接合部や塗装等に甘さが見られたんです。。。)

胴が厚いため生でも想像以上に大きな音で鳴りますし、小さいギターを抱えているという違和感(?)も不思議とありません。この手のミニギターにありがちなピッチやオクターブの甘さも全然無いですね!もちろん個体差もあるとは思いますが。

繋いでくれたアンプがFISHMANのLOUDBOX MINIというアコギ用アンプだったので それも良かったんだと思いますが、低音も十分すぎるくらい鳴りますし、普通にいい音です

ミニギター特有のミドルに集まった感じというかレンジの狭さみたいなのはやっぱありますね!
実はこれの上位機種もいいな〜と思ってたんですが、いくら材が高級で単板になってもミニギター特有のこういうキャラが結局付いてくるなら、あまり上を望まなくてもこれで十分かなっていう気がします(^^)
迫力あるリッチなアコギサウンドはFG1200Jに任せればいいですし^m^



このページのトップヘ