ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 動物たち

必ずしも前兆があるものでもないとは思うのですが、ほんと突然でした。
フレンチブルドッグのぷっちょくんに癲癇(てんかん)の発作が出てしまいました。
IMG_3788
9月10日の夜に初めての発作。
手足をビーンと張って倒れ込み、その後は寝ころんだまま走るようにジタバタと1〜2分ほど。

9月12日の夕方にまた同じような発作。
病院に行きましたが、まだ1回2回の発作なので抗てんかん薬を飲ませるほどの判断はしてもらえず、発作が出た時の坐薬を出してもらいました。
そして、発作が出た時に動画を撮ってくださいとのこと。

9月12日の夜、この日2回目の発作。
お医者さんの指示通りに動画を撮ります。落ち着いたら坐薬を入れる。
過去2回のように発作自体は1〜2分で収まりますが、その後は心ここに有らずという感じで何にも反応せずひたすら家の中を2時間ほど徘徊し続けます。

IMG_3858
9月13日の夜、発作。
前の晩と同じような発作後に坐薬を入れてから、徘徊。
意識が戻ってもなんだか常に様子がおかしい感じ。

9月14日、朝一で病院へ。
発作の頻度が多いとの判断で、抗てんかん薬を飲ませることに。
夕方に発作。その後、坐薬。
徘徊もするが、意識はそこまで飛んではいないような感じ。

その後、抗てんかん薬が合っているのか、
9月15日から今日21日現在までは発作は出ていません。
いつも体調が悪そうな感じでボーっとしていましたが、ここ2日くらいは目力もあるししっかりした足取りで歩くようになりました。
体調が良さそうな時に、ちょっとだけ外の空気を吸わせてあげました。
486546686
足取りはいつもと変わらず軽快(^^)
まだ様子見なのでほんの数分でしたが、いい気分転換になったかな?


IMG_E3965
いつも若々しいぷっちょくんも、もう11歳。
老犬の仲間入りなので、今まで以上に体調管理には気を配ってあげたいと思います。

※さっきから散らかった写真ばかりですみません。
発作が出た瞬間にぷっちょ君が吹っ飛ぶように倒れ込むので、ぶつかったら怪我をしそうなところにガードを立て掛けたり、汚れてもいい小さな絨毯を敷いたりしているのです。




ガンの闘病生活も7ヶ月を過ぎた2021年4月20日。
余命半年と言われていたジーナが13歳の誕生日を迎えました。
たくさんの方々にお祝いのお言葉やいいねをいただいて、本当に嬉しかったです。
でもこの時ジーナはもう動けなくなっていて、トイレも寝たまましてしまう状態でした。
本当に食べたい物(飲みたい物)を口に運んでやれば辛うじて飲み込める状態。
長い闘病生活(介護生活)で徐々に気持ちも覚悟できていたつもりだったんですが。。。


IMG_9734
誕生日から5日後、ジーナは静かに息を引き取りました。13歳でした。
超大型犬種のボルゾイとしては本当に長生きしてくれたと思います。
超大型犬といっても、最期は本当に小さくなってしまいましたけどね。。。



48563145566565465
体の大きさは全然違うのに、猫チームにも本当に優しかったジーナ。


IMG_2321
子供たちの成長もずっと見守ってきてくれました。


IMG_2457
ぷっちょ君に対してもいつも本当に優しいお姉さんでした。


IMG_4177
我が家にたくさんいる犬猫チームが虹の橋を渡るたび、こうしてブログに書く時はいつも懐かしい写真を選びながら
「幸せだったかな?」
「もっとしてやれることがあったんじゃないか?」
「あの時こうしてあげた方がよかったのではないか?」
と考えてしまいます。
でも何度も別れを経験すると、たとえどれほどの愛情を注いでも、どれだけのことをしてあげたとしても、絶対にそう考えてしまうんだろうとわかりました。だから今は「少なくとも僕達家族は本当に幸せにしてもらえたし、楽しい時間をたくさんもらった」と思うようになりました。


IMG_9757
ジーナと同胎の姉妹ユリヤちゃんとみ〜たんから、キレイなお花が届きました。
本当にありがとうございました。
お花屋さんが玄関から出て行った途端に涙ボロボロ。
ジーナが闘病中ずっと休んでいた寝床を片付けながら涙ボロボロ。
3日くらいは本当になにしててもジーナの面影がポロっと出てくるたびに、ジーナの話をするたびに、涙ボロボロでした。だからずっとブログに書けないでいました。書きながら泣いてしまうのがわかりきっていたから、なんだか怖かったんです。でももう向き合わなきゃいけません。

フレブルのぷっちょ君も何かを察していたのか、ジーナが亡くなる数日前からずっと体調を崩しました。亡くなったあともしばらく続きましたが、今はもう回復しました。だから僕ら家族もぷっちょを見習ってしっかりしなきゃいけません!


2008年11月に我が家にジーナがやってきてから約12年半、
本当に幸せだったよ、ジーナ。
789659611848656353
これからもずっと愛してるよジーナ。
これからもずっと僕はジーナのパパ。ジナパパでいさせてね。
ありがとうね
ありがとう


78543212



IMG_9121
3月29日、メインクーンのめいちゃんが旅立ちました。18歳でした。


87564653
これは9年前の若かりし頃のメイちゃん。
晩年は認知症になったり最近は目が不自由になったりしましたが、特別大きな病気をすることなく18年という天寿をまっとうしてくれました。最期は苦しむこともなく眠ったまま亡くなりました。


ちょうど10年前に8歳で我が家の家族になったメイちゃん。
570c9b86
b8917562
512c19d8
子供たちの成長を10年間にわたり見守り続けてきてくれました。
今頃天国で、先立った家族たちとの再会を喜んでることでしょう。

ありがとう、めいちゃん!


14629172



IMG_1032
我が家のボルゾイのジーナ、12歳です。
もともと寿命が長くはない超大型犬の12歳は、人間でいうと90歳を超える高齢。
ここ最近かなり体力が落ちてきて、お散歩するのも足元がおぼつかない感じになりました。

ほとんど病気らしい病気も無く過ごしてきたジーナですが、
検査の結果、脾臓ガンであることがわかりました。肺にも転移してるようです。
その結果体温は上がり、筋力や体力も落ち、お散歩もやっとなのはそのせいだそうです。

半年、と余命宣告もされてしまいました。

年齢的なことからも、ガンの進行具合からも、もう治療らしい治療はできません。
残された時間をより豊かに生きてもらうことが、今家族にできることと判断しました。

抗生物質やステロイドを投薬すると熱が下がって炎症もおさまるので、
お散歩でもヒョイヒョイと歩いてくれます。
今にも倒れそうに歩いてたジーナが小走りする姿を見たのは、いつぶりかな。
そんな姿を見るとやっぱり僕も嬉しくなります。
だから、命ある限り1分1秒でも楽しくそしてラクに過ごしてもらうためには、薬は続けてあげたいと思います。「治療」という意味合いは無くとも。

僕もしばらく断ち物して、願掛けしながら過ごそうと思います。



IMG_2437
本来6月に旬を迎えるので「ジューンベリー」という名前らしいのですが、北海道は涼しいせいか我が家のジューンベリーは毎年7月に入ってから収穫期を迎えます(^^)
サクランボより2回りくらい小さくて赤い実は、食べても鑑賞しても良しです
食べきれないくらい実るので、小鳥たちが食べに来ても追い返したりせずそのまま食べさせてあげます。


IMG_2448
ロシアリクガメのカメっちもジューンベリーを食べます。
野生ではこんなもの食べてないはずなので、あくまでもオヤツ程度ですけどね^m^


IMG_2439
日課である日向ぼっこ。
最近は外の環境にもすっかり慣れてきたようで歩き回るので、箱に入れて日光浴させてます
モルモット用などの折り畳みサークルとか用意してあげたら良さそうですね〜


さて、最近週末の定番行事となりつつあるバーベキュー
IMG_2418
あら…バーベキュー写真は生の状態だとあまり美味しそうに見えませんね(笑)

ママ友さんが買ってきてくれた氷下魚を初めて焼いてみたんですが、小さいので食べようと思えば骨ごと食べれるのでバーベキューに最適ですね!
子供たちも5人集まったんですが、やっぱり子供は遊びに夢中になっちゃって実際そんなにガツガツ食べないので、食材の買いすぎ注意です(笑)


IMG_2428
夜は花火をしましたよ。
この記事に書いたタープの天井にLED照明をつけたらめっちゃ快適になりました
ガスランタンも持ってるんですけど、点火する時ボッ!ってなるし 点けてる間ずっとシュゥゥ〜〜ってガスの音がなってるのが少々恐怖感もある(汗)ので、僕はLEDの方が好きです^m^
「電球色」っていう物を買えば屋外の雰囲気を壊さないですしね!

T9-TX084LA ドウシシャ LED多目的灯 連結タイプ 1600lm(電球色相当) DOSHISHA 仮設防水ライト [T9TX084LA]

価格:6,028円
(2020/7/7 15:49時点)


ドウシシャT9-TX084LAという物です。
3メートル四方のタープに、長さ84センチのLED1本だけで十分でした(^^)
万が一明るさが足りない場合は買い足せば連結していくことができます。
今後大活躍してくれそうです






20歳くらいの頃からの相棒で、僕の人生の半分以上を共に過ごしているロシアリクガメカメッチ。家の中で網戸越しに入ってくる日光だけじゃ物足りないと思うので、、、
IMG_1181


暖かくなってきたし、外で日光浴です
IMG_1298
時間は15分で、絶対に一緒にいる(目を離さない)と決めてます。
ここは北海道。目を離せばオジロワシやエゾフクロウにさらわれちゃいますからね。
ていうのはウソですけど、庭に生えてるどの植物や花がロシアリクガメにとって害があるかわからないですから、食べないように見てなきゃいけません。

暑い日や日差しの強い日は自分で木陰に入ってくれます(^^)


IMG_1301
ケージごしにカメッチを見ても興味を示さない猫チームも、外にいるとずっと見てます(笑)


IMG_1312
ワラワラ集まってきました^m^


IMG_1299
お花をバックに、美人さんに撮れました

故郷のロシアとここ北海道は気候も近い方だと思う(?)ので積極的に外に出してあげて・・・っていう理由以外にも、専用の紫外線ライトは紫外線の照射量や寿命の割には高い!っていうのがあるので、自然光に頼れる季節にはできるだけ日光浴させてやります(^^)





過ごしやすい陽気になってきて、思いっきり出掛けたいのに出掛けられないというこの時代をますます恨めしく思ってしまいますね。
IMG_1032
IMG_1030
庭の宿根草もだいぶ茂ってきました(^^)

かつてのジーナは庭に放ったら元気に走り回っていたのに、人間に換算すると80歳を超えてる今となっては「早く家に入れてよ」と言わんばかりに窓の外から家の中をジッと見つめてまったく動かないです(笑)


両親から、海の幸と 山の幸をもらいました
IMG_1049
今が旬の、石狩湾のシャコに、


IMG_1047
この季節が毎年待ち遠しい、ウドの酢味噌和えと天ぷら
あとここには写ってないけどフキとヨモギももらいました。
僕は比較的子供の頃からよく食べる方ですけど、歳をとるほどにどんどんクセやエグみがある食べ物が好きになっていきますね〜^m^
息子そうちゃんもそれを引き継いでるみたいで、山菜はよく食べます。
娘つぐちゃんは食べないですけどね^m^


あと、先日その息子がキノコを採ってきました。
IMG_1024
「おっと、これは・・・?」と思わず身構えてしまうルックス。
キノコ狩りっていうと落葉、ユキノシタ、ボリボリくらいしか思い浮かばなかったので「本当に食べれるキノコなの?」と一瞬 息子を疑ってしまいました(笑)
これは、アミガサタケっていうらしいです。ちゃんとお詳しい大人と一緒に採りに行ってたので、そこは安心です。・・・が、味は美味しいのだろうか。


IMG_1025
半分に切って水洗い。
アミガサという名前の通りカサは網目模様で穴だらけだし、断面図からもわかるように中身は軸も傘もチクワのように空洞。なので、よくいろんな生き物がこんにちはするらしいです
が、今回はなにも住んでませんでした。ホッ


IMG_1026
茹でます。
こうして茹でる時にでる蒸気にも毒が含まれる(!)そうなので、窓を開けたり換気扇回したりして換気しながら茹でます!


IMG_1027
日本のキノコというよりは、異国的な香りがします。
それもそのはず。イタリアンとかによく使われるキノコらしく、ポルチーニの何倍もの値段がするそうです(中1の息子談)!そんな高級品(?)が近くに生えてるとは。。。


IMG_1028
奥さんにパスタにしてもらいました!
うんうん、たしかにこういう料理に入ってるキノコっていうイメージだわ(笑)
アミガサタケ自体はそこまで主張する味がある訳じゃないんですけど、カサ部分に穴が多いせいか料理の味がとてもしみ込むので、すごい美味しかったです!





皆様、外出自粛生活でストレスたまっていませんか?
僕はストレスっていうほどのストレスは仕事以外では特に無いですが、やっぱり趣味のリサイクルショップ巡りとスタジオに行けないのは辛いですねーw
趣味がどれだけ精神的な支えになっていたか、と痛感しております。
なんとか家庭内でも楽しめることを探していきたいですけど、長引けば長引くほどネタも無くなってきますしね。


IMG_0899
最近は庭いじりをよくする季節になってきました。
それを窓越しに見てくる猫チームがもう かわいくてかわいくて
ジーナやぷっちょも窓越しに見てこないことは無いんですが、こういうほんわかした雰囲気を醸し出してくるのはどっちかと言うと犬より猫なんですよね〜、僕的には。
道行く人がうちの窓辺を見てあげる声も、「猫がいるー!」の方が断然多いです。


先日は、母の日でしたね。
同じ市内に住んでる両親の家は遠くはないんですけど、こんなご時世ですし高齢者ですからしばらく会わないようにしてます。なので、僕にとっての母の日は「落ち着いたら改めて」と母に伝え、我が家の子供たちにとっての母の日のお手伝いに徹することとします^m^
IMG_0939
ママには「今日はなにもしない日にしていいよ」と伝え、子供たちは朝ご飯に始まり 犬のお散歩から夜ご飯まですべて自分で頑張りました(^^) ママのありがたみが少しはわかったかな?


IMG_0940
シーフードカレーとラッシーを作ったんですが、ちょっと食卓の色味が不足してましたね


IMG_0956
子供たちからママへのプレゼントのカーネーションは、食事前にわたして食卓を彩ってもらえばよかったですかね ^m^

ちなみに、中1の息子そうちゃんがママに手紙を渡したあとで「字を間違っちゃった」と言ってましたが、読ませてもらうと「おたんじょうび おめでとう」と書いてました。。。いやいや、字じゃなくてイベント自体を間違ってるし・・・(-"-)


お休みの日には娘つぐちゃんとプラ板でキーホルダー作り
IMG_0951
つぐちゃんがハマってる鬼滅の刃のキャラクター、真菰を描きました(^^)
僕は鬼滅は読んだこと無いんですけど、娘が一番好きなキャラクターということでなぜか真菰にも愛情が芽生えています(笑)


IMG_0953
左が、つぐちゃんが作った真菰。
そして下は僕が息子そうちゃんに作ってあげた太鼓の達人です(^^)
めちゃくちゃ集中して描いたら、ドっと疲れがきました・・・ので、太鼓はちょっと手抜きw

休校中の子供たちのために遊びのネタも増やしてやりたいですけど、小学校高学年と中学生にもなると子供だましな遊びは通用しなくなってくるのでなかなか難しいもんです(笑)





外出自粛のGW。
僕は仕事柄『連休』というものが無い生活をしているので、こうして稀にある連休の日は出掛けたい(出掛けなきゃ勿体ない)と思うタイプの人間だったのですが、こうして外出できない連休があるといろいろと家のことを片付けることができますね(^^)


連休前半は天気にも恵まれたので、今年初のBBQです。
IMG_0585
ホタテしか写ってませんけど^m^
お肉とか野菜とかいろいろ焼きました


IMG_0716
天気にも恵まれて最高に気持ち良かったです!
食べたり遊んだりしながら昼過ぎから夜まで外で過ごしました。
野球やバドミントンしたりして、翌日は体がバキバキに
子供たちも小学校高学年と中学生になり一緒に外で遊ぶっていう年齢じゃないので、すごい久々だった感じがします


IMG_0707
夜には残りの炭で、焼きマシュマロ (^^)
この連休は、近所でもご家族だけでバーベキューをしてるご家庭が結構ありましたねー

本当は友達家族も誘ってみんなでワイワイ・・・といきたいところですけど、それを許してくれないコロナはやっぱり憎いですね。実家の両親に孫の顔も見せたかったですけど、もう両親も高齢者ですから同じ市内ですけど帰ることも我慢しました。


次の日も天気が良かったので、
IMG_0730
IMG_0731
今度は帯広名物の豚丼です(^^)


IMG_0741
炭火で焼いて外で食べると、いつもの豚丼もより美味しく感じますね!
高カロリーなので食べすぎ注意ですw


IMG_0732
いい匂いに誘われる ぷっちょ。
味付きだから、あげれないのよ(^_^;)


子供の日には、お持ち帰り寿司を買って家で寿司パーティをしました。
IMG_0850

IMG_0851

IMG_0853
子供の日って、子供が何歳になるまで祝うんでしょうね〜
ちなみに我が家は、長男が中1になった今年から鯉のぼりを庭に掲げなくなりました。
お雛様なら大人になっても飾る女性が多いですけどね(^^)


あと、連休中は普段なかなかできないことを片付けましたー。
IMG_0782
猫に爪を研がれてボロボロになった柱にオシャレな板を貼ったりしてDIY。


IMG_0781
あまりに成長が速くてイヤんなる庭木の剪定。


IMG_0779
IMG_0780
小さな家庭菜園には、トマトとししとうを植えました(^^)


雨の連休後半は、家の中で猫ハウス作り。
IMG_0844
・・・と言っても、ダンボールに穴開けただけですけどね〜(笑)
猫チームも喜んでくれたし、お金かけずにいい暇つぶしになりますね〜

こんな感じで、生活維持のための買い物以外はほとんど家で過ごして終わった連休でした。

こんな情勢ですから仕事の面でもラクじゃないですし学校も休校でいろんな不安がありますけど、自分たちにできることをしながら、なるべく子供たちにだけは不安を感じさせないように生活を維持していきたいですね(^^)





今からちょうど11年前。
まだ30歳そこそこだった僕が清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったウン十万円のソファー。
6546265
↑これは買った当初、11年前の写真。
今やもう中学生になるそうちゃんがまだ赤ちゃん。かわいい

我が家は猫を多頭飼いしているので、猫の爪が引っ掛かるような素材(特に布製など)のソファーは爪とぎの格好の餌食となります。。。
家を買ってから僅か2年足らずで2台のソファーをダメにした我が家が「これなら大丈夫だろう」と大枚を叩いてある意味 “ 賭け ” で買ったのがこのソファーだったのでした。


思惑通り、ほとんど爪とぎ場にはならずに済んだのですが、、、
96214863
それでも人間や犬が10年以上も座り続ければ、こうなります。
本革がビリッビリに・・・
別に、犬がカリカリしたとか、乱暴に座ってたとか、そんなこと全然ないんですよ。

革の張り替えは、めちゃくちゃお高いんですよね。。。
オーダーになっちゃいますし、そもそも本革自体が高い。
ソファーごと買い替えることも検討しましたが、木枠は無垢のいい木なので活かしたい。
市販のソファーカバーを掛けるだけっていうのももちろん考えましたが、布製カバーだと犬猫の換毛期には悲惨なことになりますし、ピッタリサイズじゃなければズレまくるのは目に見えてる。

先日、そんな話を何気なくイトコにしましたら「カバー作ってあげるよ」
イトコはカバンや服を作っているんです。
材料だけ我が家で用意して(8000円也)僅か数時間でチャチャっと作ってくれました\(^o^)/

486986256
ちょっと周辺が散らかってるんでボカシ入れときました(笑)
背もたれは、袋状のカバーに。
座面は背もたれと同じように本来3つのクッションに分かれているんですが、隙間に犬猫の抜け毛が入り込むので、掃除しやすさを考えて1枚物のカバーにしてもらいました(^^)
ひじ掛けのクッションは破れていないので純正カバーのままです。

元の本革と比べちゃうとやっぱり合皮っぽさを感じるのは否めないですが、こうしてたくさんの動物たちと暮らしているうちは掃除のしやすさ優先で

なにはともあれ、もしこれがダメになってもまたイトコに8000円+お礼で作ってもらえるという安心感がたまらないです ^m^

IMG_8268
人間の年齢にすると80を越えたおばあちゃん犬ジーナは寝ながらヨダレを垂らすので、ササっと簡単に拭ける合皮カバーはやっぱり便利です(^^)
猫も結構ソファーの上で吐いたりしますからね。



このページのトップヘ