ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ: 動物たち

シンガプーラのぷりんちゃんが先週の金曜に虹の橋を渡りました。
RTApUwtR9dc5O1E1569921520_1569921552
亡くなる数日前にちょっと元気が無いと気付いたんですが、それから日に日に力無くなっていき、最期の2〜3日くらいは完全に寝たきりになってしまいました。
16歳でした。大往生だったと思います。
日曜日には火葬も無事に終わりました。


IMG_2540
僕がソファーや床に座っていると、こうして前足(上半身)だけ乗っかってくるのがお決まりのスタイルだったぷりんちゃん。ちょっと不器用で控え目な甘え方が印象的な子でした(^^)


26145833
IMG_8791
IMG_0852
たくさんの楽しい思い出をありがとう、ぷりんちゃん(^^)


9f3389d9
きっと今頃、先立った息子ターボと再会して天国で親子水入らずで過ごしているんだろうね!





この3連休中に、某ホームセンターで行なわれていた保護猫の譲渡会に奥さんと行ってきました(^^)
ニャン友ねっとわーく北海道さん主催です!
ニャン友ねっとわーくさんと言えば、我が家はそこから里親にならせていただいたこともあります。

すごく運命を感じた子がいたんですが、我が家には猫が7匹と犬が2匹いることを伝えるとちょっと難しい表情をなさって「他の希望者さんがいらっしゃればそちらを優先することになるかも」と言われてしまいました。
ただでさえ不幸な環境から保護された猫ちゃん達ですから、余生はなにより猫ちゃん最優先で幸せになれる家を決めることがニャン友ねっとわーくさんのお考えです。

猫1匹で静かに余生を過ごせる家、

遊ぶのが大好きなので小さい子供がいる家、

猫が大好きなので多くの猫に囲まれて過ごせる家・・・

など、その子その子によって求められる家庭環境は違いますからね(^^)
だからしっかり面接をされていますしトライアルがあるんです。
「猫に幸せになってほしいから活動してるNPO法人のくせに、生意気に面接で飼い主を決めて、断ることもある」みたいな言い方をする信じられない人が稀にいますが、猫ちゃんに再び不幸になって欲しいわけなど無いんですから、幸せにしてもらえそうな家庭や里親さんを選ぶのは至極当然のことだと思います。
そこは僕達もちゃんとわかっているつもりなので、運命を感じた子にはもっと適した家があると受け入れ トライアルの申し込みもせずに帰ってきました。いい里親さんが決まることを祈って


さて、そのニャン友ねっとわーくさんから2年前に引き取らせていただいた、
我が家のマルクル
IMG_5635
同じ多頭飼育崩壊の家から保護された2匹。
譲渡会で面接をしていただいた時に涙を流して喜んでくださったニャン友ねっとわーく代表の勝田さんやスタッフさんのお顔は今でもわすれません。

一つ屋根の下で避妊・去勢もされず増えに増えた家から保護されたマルとクルは、毛の色は違えど親子なんじゃないかな?って思うような関係です(^^)
マルは人間の愛情に心底飢えていたかのように甘えん坊で それは今でも抜けきっておらず、ニャーニャー鳴きながら僕らについて歩く姿はまるで人間の赤ちゃんのようです。
生ゴミを漁ったり、時には我が家の先住猫の遺骨を骨壺から引っ張り出してきたことまでありますが、保護される前はその日の食べ物にありつくことすら困難な環境に閉じ込められていたと思うと、とてもとても怒る気になどなれません(^^)
部屋に遺骨が散乱してるのを発見した時は唖然としましたけどね(苦笑)

クルちゃんはマルとは違って優等生だけど、洗面台でウンチしちゃうのだけはちょっとね
でも猫防止のトゲトゲシートみたいなヤツを洗面台に入れておけば粗相はしません。ウンチしちゃう時は、僕らがうっかりそのシートを置き忘れてしまった時(^_^;)

2匹は本当に幸せそうにしてくれていて、里親冥利につきます^m^
IMG_5637
前述の譲渡会で買ってきたまたたび入りのおもちゃでさっそく遊ぶマル。


我が家にはもう1匹の保護猫がいます。ワープ君です。
IMG_5636
大きな体でおっとりした性格のワープ君(通称わぷちゃん)はみんなのアイドル(^^)
猫エイズのキャリアとわかった上で保護させていただいた子ですが、我が家に来てから4年、現状では発症せずに悠々自適に過ごしてくれています。

ところで一緒に写っているボルゾイのジーナはもう11歳。
超大型犬ですから人間の年齢にするともう90歳手前です。
今まで病院にかかったことも無く健康に過ごしてきたジーナはいつまでも若々しい感じがしますが、歯やアゴも衰えてきて骨やガムもうまく齧れないですし、1日の大半を寝て過ごしています。かつては白い弾丸と言われたフレンチブルのぷっちょも9歳を過ぎてすっかり落ち着いてるので2匹でプロレスごっこをすることも無いし、子犬の頃から我が家の2匹は年に数回しか声を聞かないくらい全く吠えない犬なので、いるのかいないのかわからないくらいに静かです(いい意味でね)^m^
だからこそ、マルやドンちゃんといった若くて活発な猫がいると、すごい赤ちゃんに感じてしまいます(笑)


たくさんいるとたくさん別れもありますし、生きている限り人間と同じで病気をしたりアクシデントが起こったり大変なこともありますが、それ以上に幸せや楽しさをくれる動物たちとの生活はやっぱりやめられないですね





先日、カーディラーでたまたま読んだ雑誌にお掃除ロボットのレビューと順位づけみたいなのが書かれていて「今のお掃除ロボットは安くなったんだな〜」と思いながら読んでたんですが、読み終わる頃にはすっかり欲しくなってしまい、その場でスマホを開いてポチりました^m^

買ったのはILIFE V3s PROという物。
価格が16000円くらいと安価なのにその雑誌の評価がめっちゃ高かったんですよ^m^

ILIFE アイライフ V3s Pro ロボット掃除機 ペットの毛に効果的 自動充電静音&強力吸引落下防止と衝突防止 丸型 ホワイト 送料無料 【SK09954】

価格:16,280円
(2019/9/4 17:43時点)


・・・とは言え、ウチは犬猫合わせて9匹いる大所帯。
特に換毛期には、抜け毛の量も尋常じゃありません・・・。
「ペットの毛に効果的」と謳われているものの果たして・・・と心配でしたが、いやぁいい仕事してくれますね!!
フル充電で2時間くらい(だったかな?)働き続けてくれるので、その間に3〜4回はゴミタンクに貯まったゴミを捨てなきゃいけないですが、それ以外は放っておけばホコリも動物の抜け毛もガンガン吸ってくれます
やっぱりフローリングに比べると絨毯のゴミには弱いですが、絨毯だけはあとから人間の手で掃除機をかければいいので、それ以外の場所はもう全部V3s PROに任せてもいいくらい。
掃除の補助にでもなってくれればいいな程度しか期待してなかったんですけど、なんのなんの、我が家ではダイソンを抑えてこっちの方がメインを張ってくれてます

10年くらい前に一度安いお掃除ロボットを買ったことがあるんですけど、その頃の同価格帯の物とは性能が全然違いますね!感動
もちろん、値段が値段なのでAIなんて搭載されてないですけどね。
上を見たらキリが無いです^m^

あ、そうそう、大きめの粒(我が家の場合は猫トイレのウッドペレット)を吸うのは苦手かな。
まぁこれは結構な大きさなので仕方ないですかね〜


で、このお掃除ロボット。
娘つぐちゃんが『ゴンちゃん』と名付けたんですが、スコティッシュホールドのどんちゃんがゴンちゃんをまるで弟のように可愛がっておりまして、、、
このように見守ったり、ついて歩いたり、チョイチョイ手を出したり^m^



IMG_4235
で、充電が切れて充電器に戻ると、ずっと見てるんですよ
ゴンちゃんが急に動かなくなるので心配なんでしょうね(笑)
最近ではどんちゃんがスイッチを覚えてしまい、押して勝手に作動させてしまうので、充電器に戻ったら主電源スイッチをオフにしなきゃいけません(^_^;)
なんかカワイイけど面倒臭いという(笑)




たくさんの動物と暮らしていると、それだけたくさんの別れもやってきます。
IMG_8042
2月6日にアメリカンカールのピース(通称ピーちゃん)が亡くなって1か月が過ぎました。
ぴーちゃんは晩年は認知症にもなり何かと世話がかかる子になってしまいましたが、なんだか「子供に戻る」という表現もわかるような気がしましたね。

最期は家族全員で看取ることができました。
我が家の子供たちは何度も動物たちとの別れを経験してきましたが、やはり成長するほど感受性が豊かになるので悲しみも大きいでしょうね。。


IMG_8023
最期の日の朝。
ピーちゃんお気に入りのベッドを暖かいヒーターのそばに置いてあげると、みんなワラワラと集まってきました(^^)
みんながそばにいると安心するね。


ピーちゃんは、我が家の猫チームの中では もう亡くなったプンちゃんやオッシー君に次ぐ古参メンバー。結婚してすぐの十数年前からいた初期メンバーが、これでみんないなくなっちゃいました。寂しいですね。。。


子供たちが幼少期に使ってたバンボによく座ってたんですよね(^^)
この姿、ほんとかわいかった

認知症になって急にフレブルのぷっちょ君のトイレを使うようになったピーちゃん。
ネコなので用を足したあとは手でカリカリしますから、ぷっちょのペットシーツがいつもぐちゃぐちゃにされました。
なぜかジーナのケージ内で用を足すことも多くなり、ジーナがその上に座ってしまうこともありました。
それらを「もぉ〜」って言いながらいつも片付けてたんですが、その作業をしなくてもぷっちょのペットシーツがキレイにピシっとしてると「あぁ、ピーちゃんもう居ないんだな」って実感が沸きます。。


ピーちゃん、いままでありがとう!
たくさん幸せや笑顔をもらったよ(^^)
いつか虹の橋でまた会おうね!



以前、右目を摘出したドンちゃん。
IMG_6055
術後に左目まで目ヤニが出始めて焦った時期がありましたが、病院に行って数日目薬をさしたらすぐに良くなり、今は手術跡もすっかりキレイになって元気に暮らしています(^^)


ところが・・・
先日、クルの目が急に白く濁っていることに気付いたんです。
すぐに病院に連れて行ったところ、その白濁した目が見えていないし光も感じていないということがわかりました・・・
目薬をさした次の日には白濁は治っていたんですが、黒目はずっと大きいまま。いつもお世話になっている病院では目に強い獣医さんのいる病院を紹介され、「急になったなら治る可能性もあるかも」と言われました。

明日専門の病院に行ってみようと思います。
ドンちゃんに続いてクルちゃんまで・・・(T_T)



今年のお正月に我が家にやってきた最年少のドンちゃんに、アクシデントが、、、
ツイッターにも書いたようにハッキリとした原因はわからないんですが、ウイルスが目に入ってしまいしばらく治療をしていたんですが、結局良くならずに摘出しましょうということになってしまいました。

IMG_4878
目を失う前に2ショット撮っておきました(^^)
手術頑張れ、ドンちゃん!


手術が終わって3日ほど入院して帰ってきました。

IMG_4965
痛々しい姿になって。。。涙
でも手術前から本人は別に痛がりもしないし気にする素振りもほとんど無かったんですよね。
辛そうではなく元気いっぱいなのが救いです。

約2週間後に抜糸です。
毛も生えてきたらきっと手術跡も目立たなくなっていくでしょう(^^)



IMG_3272
いとこからいただいた旬のメロン
北海道には美味しいメロンがたくさんありますけど、道民にとってもやっぱりメロンはいつの時代も高級品でなかなか食べれるもんじゃありません(^^)


IMG_3271
息子そうちゃんはメロンが大好きです。
つぐちゃんは・・・果物は好き嫌いが多いかな。
それでも昔に比べればだいぶ食べるようになりましたけど、基本的に初めて見るものは「食べない」っていまだに言いますね(^_^;)
冒険せず、自分が美味しいとわかってる物しか食べようとしないところは完全に僕に似ました


IMG_3304
フトアゴのレンちゃんも美味しくいただきました
このあと、ロシアリクガメのカメっちもいただきましたよ。


この日は、毎年恒例の町内の夏祭り。
IMG_3299
浴衣と甚平に着替えて(^^)

僕と奥さんは出店の店員さんをやってきました。
奥さんはジュース屋さんで、僕はフランクフルト屋さん。
接客も焼くのもケチャップとマスタードかけるのも1人なのでピーク時は超忙しくて、交代の時間になっても帰ると言い出せなくて結局全部売り切るまでやりました
でも地元の子供たちの楽しそうなお顔をいっぱい見て元気もらいましたよ
ギャラは、焼き鳥2本とおにぎり1個です(笑)

この日の最高気温は25℃くらい。
風が気持ち良くて火の近くにいても暑すぎずちょうどいい陽気でした(^^)


IMG_3292
子供たち、実は隣の町内のお祭りに行ってます
うちの町内より隣の町内の方が仲のいいお友達が多いと言うことで(^_^;)
で、僕もフランクフルト売り切ったら隣の町内のお祭りへ。
その頃雨が降り始めてきて、盆踊りは中止になってしまったそうです。残念。


その後、みんなでうちの町内のお祭りに戻ってみたんですが、雨のため前倒しになった花火ももう終わってしまったようで後片付けしてました
タイミングわる〜
IMG_3296
町内のみなさん、お疲れ様でした〜。
店番含め5時間ほど外にいて疲れ果てました。。。
40代になって体力落ちてきたなぁ



日本中が酷暑ですが、ここ北海道も4日間猛暑日が続いたのは11年ぶりのことだそうです
なまら暑いっす!!
でも昨日あたりからちょっと暑さが弱まってきました(^^)
暑いなら暑いで文句言うし、暑くなきゃ暑くないで「夏らしくない!」とか文句言うし、人間ってほんと勝手なモンですね(笑)
でもホント冗談抜きで熱中症には気を付けたいですね。


IMG_3181
ロシアの干物女ジーナもぐったり。
最近ケージの中のマットを替えたらあまり好きじゃないみたいで、よくソファーを陣取られます
ケージ大好きっ子なんですけどね。


IMG_3208
メイちゃんは長毛なので暑いでしょうね
女の子(年齢的にはおばあちゃん)なのに、はしたない格好^m^


IMG_3200
ドンちゃんはこうして自分で腕枕したり、腕を前にダラ〜ンと伸ばして寝ます。
なんか人間っぽいんですよね(笑)


IMG_3218
ムー子と、しょうきち人形。

ところで我が家、猫チームの中で風邪菌が順繰りしてます。。。
この子が治ったと思ったら次はこの子、みたいな。
暑いと思ってクーラーを炊いてやったら、猫種によってはちょっと寒すぎたりしたんでしょうか


IMG_3213
昨日の仕事帰りの夕焼け。すごいキレイでした。
日の出が早い代わりに暗くなるのも早い北海道。
19時過ぎるくらいにはぼちぼち暗くなり始める季節になりました。
なんか北海道の短い夏が終わってしまうようで寂しくなります。
・・・って、まだお盆も来てないんですね^m^
なんかずっと暑いのでもう夏は十分満喫した気分です(笑)


今朝、ちょっと早起きして家の周りの草むしりをしました!
ずっとやらなきゃと思ってたんですけど、暑さでなかなか気が乗らなくて

ビフォー↓↓↓
IMG_3225


アフター↓↓↓
IMG_3227
いや〜、スッキリしました!!超きもちー
今年は長雨のあとにこの暑さ続きですから、雑草にとって育成条件が揃ったんでしょうかね。例年よりも雑草が茂る勢いが強い気がします
ちなみにこの写真はごく一部で、しっかり家の外周グルーっと草むしりしましたよ
しっかし雑草が多いとやっぱ虫も結構多いですね

でも雑草の生命力ですから、1週間後にはきっとまた伸びてるんだろうな (ToT)/~~~


IMG_3214
子供たちも夏を満喫してます
昨日はお友達のママさんが子供たちを手稲プールに連れてってくれました。
前日も近所のプールのある公園で遊んだので、体中日焼けして黄金色です(^^)



滝野すずらん丘陵公園で、息子そうちゃんとヘビ講座に参加してきました!
息子の付き添い・・・じゃなく、僕が参加したくて息子に付き合ってもらったんですが^m^
ヘビは昔、アオダイショウやボアコンストリクターを飼っていました。

IMG_2542
顔の形や目の形、模様や鱗の数で種類を見分ける方法など教えてもらいましたよ


IMG_2539
冒頭に書いたようにそうちゃんが行きたいと言い出した訳ではないので初めのうちは「そうちゃん楽しんでくれてるかな」と不安でしたけど(汗)、クイズがあったりヘビを触ったりしてすっかり楽しんでるようで安心しました^m^

徳田龍弘先生のお話はとてもわかりやすくて、2時間はあっという間でした。最後に徳田先生が書かれた北海道の爬虫類・両生類図鑑を買って、サイン書いてもらいました(^^)
とても楽しくて勉強になりました!!


2c0108ac
こうして爬虫類の勉強をしてから改めてうちの子達を見ると、なんだかいつもとはまた違う風に見える感じがしておもしろいですね(^^)



ぷっちょにとって、兄貴分のぷぅちゃん。僕の姉のおうちのフレンチブルです。
あと数日で13歳を迎えるという先日、息を引き取りました。。

先月末から体調を崩していて「CT検査とその結果によって手術を」という予定になっていたんですが、結果的には麻酔に耐えることができませんでした。入院に立ち会った時には手術して元気に帰ってくるものだと疑いもしなかったのですが、、、残念です。


IMG_2485
これは2年前にぷっちょがお泊りさせてもらいに行った時の写真。右がぷぅちゃんです。
ぷっちょより5歳年上の兄貴分ぷぅちゃんは、弾丸のように落ち着かないぷっちょをいつも優しく見守っていてくれました。


IMG_7653
これは今年のお正月に撮った写真。
この時はまだ元気いっぱいだったので、僅か半年で・・・と信じられません。


IMG_2302
金曜日、ぷぅちゃんの火葬に立ち会いました。ぷっちょも一緒です。
姉と義兄はまだフレンチブルの姿を見るのは辛いかな?と思ったんですが「もちろん連れて来てあげて」と言ってくれたので、ぷっちょにもお別れを言わせてやろうと思って。


IMG_2304
ぷぅちゃんと苦楽を共にしてきた、ペキニーズのぺぇちゃん。
ぺぇちゃんは、ぷぅちゃんが体調崩してご飯を残すようになったら 一緒になってご飯を食べなくなってしまったそうです。ぺぇちゃんまで元気なくなったら困るから、寂しいだろうけどご飯はちゃんと食べてね。


IMG_2309
ぷっちょも、ちゃんとお別れできました。

ぷぅちゃんと5歳違いのぷっちょは、まだ8歳。若い若いと思っても8年なんてあっという間でしたから、いい歳になるのもあっという間なんでしょうね。
単純な年数で言えばワンちゃんの寿命は人間の5分の1以下。そう考えたらほんと、1日1日を精一杯生きなきゃ!ということを動物は身をもって教えてくれているようですよね。。。


IMG_2310
帰りの車で熟睡のぷっちょ。
ぷぅちゃんと一緒に走り回ってる夢を見ているのかな。。



このページのトップヘ