ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

先日ブログにも載せました、ペダルボード最新版↓↓↓
f491cbe0
もう何の不満も無くペダルボードいじりもこれでとりあえずの終息を見た感じだったんですが・・・いじる箇所が無くなると、途端に「なにかしたい欲求」に駆られるものです
病気か?って思いますけど、ギタリストは皆こういうもんだと信じたい。

で、この↑↑の写真のディレイ(Flashback2)とチューナー(TU-3)のスペース。
これをミニペダルに替えれば4台は置けるんじゃないか?と気付いちゃった訳です。


そんなこんなでディレイとチューナーをミニペダルに替えました(笑)
ディレイは最新モデルから古いヤツに替えたことになります。。。が、いいんです。
最新機種は僕にはオーバースペック過ぎました。僕にはせいぜいタップテンポだけあれば十分。
IMG_0880
今までボードの裏面に忍ばせていたHOFリバーブも前面に持ってきてあげました。
目論み通り4台は置けますね。ミニペダルあと1台いけます

・・・しかしあと1台、何にしましょう?
今、特に欲しい物がある訳ではないし、スイッチャーのループももう全部埋まってるし。。。


そんな時に目に入ったのがコレでした!!
575236_main_l_201804251854

Zahnrad(ツァーンラート)の3×2っていうプリアンプです。
Fenderアンプのマジック6(ボリューム6 / トレブル6 / ミドル3 / ベース2)のサウンドを再現したプリアンプで「あの定番アンプがFenderブラックフェイスの音に!」という謳い文句が踊ります。これって要はジャズコがフェンダーアンプに!ってことでしょ?ジャズコユーザーの僕は買うしかないじゃんこれ!
ちょうど最近、小型真空管アンプを物色してたところだったんですよ〜

で、サウンドですが、これがもう鳴らした瞬間「おぉー!!」と叫んでしまいました!
ツイッターには既出ですが、感想がコチラです。


巻き弦のはじけ飛ぶようなブライトさとゲロゲロ感が気持ちよすぎます。。。
ちなみに僕はペダルボードの最後段に繋ぎました。前段に繋いだいつもの歪みペダルの音もガツンと前に出てくるようになって、ほんと大満足です
これは繋ぎっぱなし決定ですね!!

ちなみにZahnrad 3×2はマジック6を再現してるだけあって、ブラックフェイスのボリュームを6にしてる程度には常に歪んでいます。ツマミはそのマスターボリュームという感じで、バイパスとほぼ同じような音量感にするにはツマミは3弱くらいになりますね。


という訳で、、、
IMG_0902
無事にボードもきれいに埋まりました^m^
音じゃなくサイズでペダルを選んでしまった訳ですが、これが結果的には運よく大正解となって良かったです(^^)

・・・って、あれ?
もう1台置けるスペースあるじゃんww



GW前半の日曜日、ピロさんデリさんとスタジオで遊んできました(^^)

久々の3時間コースだったんですが、この日は同じ部屋に3人居ながらもほぼ個人プレイ
と言いますのも
IMG_0620
いつもお世話になっているプロギタリストさんからまた歪みペダルを譲っていただいちゃったので、それを試したり他のペダルと比較するのに没頭して1人の世界に入ってしまいました
(新たに譲っていただいたのは白いペダルです)

あまりに没頭しすぎてこの日は写真を1枚も撮っていなかったので、ピロさんが撮った写真↑↑↑を頂戴しました^m^

新しいペダルは「ダンブル系」とのこと。
言うまでも無く僕は本物のダンブルのアンプは未経験なのでそれと似てるかどうかという観点での感想は全く述べられないのですが、このペダルは重心は低めでローミッドがふくよかですが上のザラっとしたところも良く出ています
以前ビンテージマーシャルフリークだった頃の僕は、爆音でビンテージマーシャルを鳴らした時に耳にブッ飛んでくるハイの痛い部分をなんとか抑えてローミッドをふくよかにさせたい、と試行錯誤してた時期がありましたが、その頃の僕が泣いて喜ぶようなサウンドです(^^)v


スタジオが終わってからピロさんと2人でファミレスで食事しながら2時間ほど話に花を咲かせました。2人だけでゆっくり食事するのはよく考えたらすごい久々なので、ついついゆっくりしすぎちゃいましたね

楽しい時間をありがとうございました!!



欲しいなぁと思っていたボリュームペダルをこのたびGETしました
IMG_0487
Shin's Music Baby Perfect Volumeです!
中古で9000円。使用感はあるけど、まぁ安く買えたんじゃないかと思います。


音の評判はもちろんですが、僕が欲しいと思っていた理由は、、、
IMG_0497
僕のボードの、ボリュームペダルスペースにピッタリなんです ^m^
各社のいろんなボリュームペダルのサイズを調べて、このShin's Musicのヤツがピッタリだと知ってから、探してたんですよね〜

今まではHOTONEのVow Pressを使ってたんですが、やっぱりこれくらいのサイズがあった方が踏んだ時の安定感は全然いいですね。


IMG_0496
かなり収まりが良くなりました!!(^^)
こうなると左半分の隙間が妙に気になります
まぁ埋めればいいってもんじゃないですけどね(笑)



ライブ活動も当面休止したので立派なエフェクターボードは必要ないんですが、でもやっぱり唯一の趣味として納得いくまでトコトンいじって自己満足を満たしたいっていう欲求は常にあるので、コツコツと組みました(^^)

この感覚、レースになんて出ないのに足回りをイジる車好きの人に似てるのかな? ← あまりわかってない

IMG_0474
ペダルを並べるだけ並べたものの配線作業が面倒くさくてすぐ取り掛かれなかったんですが、いざやり始めるとサクサクっと出来るもんですね^m^
何度もボードに組み込む作業をしてると結構ウマくなってきたと自画自賛


信号の流れは、、、

ギター

EMMA コンプレッサー

BOSS ES-5 スイッチャー ⇔(歪み3台・XTOMP・Tc Electronicディレイ)

ボリュームペダル

アンプ

です。


IMG_0483
今までボード裏にTC ElectronicのHFO mini(リバーブ)を忍ばせていたんですが、現状で電源が足りないので外しました。・・・まぁアンプ(ジャズコ)にリバーブが搭載されてるので、要らないっちゃ要らないんですけどね


IMG_0475
これまで極薄クランチやクリーンにしか掛けていなかったコンプですが、スイッチャーから外して常時ON状態になったので コンプありきで歪みサウンドを作ったんですが、これがまたどれも気持ちいいサウンドができて大満足です



最近譲っていただいたペダルを新たにペダルボードに入れるべく、ボードを再構築。
・・・ちょっと前まではボード組み直すの楽しかったんですけど、今やもう配線のことを考えたら億劫で仕方ないです。。。

IMG_0452
コンプレッサー・歪み3台・XTOMP・ディレイ・リバーブ(の計7台)はスイッチャーES-5の5ループには入りきりません。なので、コンプは常に掛けっぱなしにするとしてスイッチャーの前段に入れることにしました。リバーブは相変わらずボードの裏面にこっそり忍ばせて、スイッチャーのループには入れず最後段に接続します。
歪みにコンプを掛ける予定では無かったんですが、コンプありきで改めて歪みの音作りをしてみると非常に満足できる音ができたので結果オーライです

あとは配線するだけで完了なんですけど、ボリュームペダルをShin's MusicのBaby perfect volumeにしようか検討中。。。高いのですぐは無理ですが


さて、前からギターを欲しがっていた娘つぐちゃんにミニギターを買ってあげました(^^)

HIDEモデルのミニギターですが、本人はHIDEなんて知らないので、ただ「ハート柄のかわいいギター」っていう認識みたいですね^m^
520ミリスケールでチューニングなどちょっと危ういですが、大人がフルサイズのギターを持っているサイズ感をそのままスケールダウンしたようなバランスなので、これにして良かったと思います

あとはオブジェにならないことを願うばかりです^m^



ペダルではないですが、ペダル関連ということで。
Revolのパワーサプライ、EPS-01です!
IMG_0380



これの驚くべきところは、なんたって値段!!
アダプターはもちろん、DCケーブル9本というフルセットで、新品で3980円!!安い!
ポート1つは12ー18V(100mA)対応で、9Vの8つのポートは合計2000mAまでいけちゃう(専用アダプタ使用時)ので歪みモノに空間系にスイッチャーの電源まで十分とれますね
サイズが小さいのも特筆モノです。
まぁ、詳しくはコチラをご覧ください。

Revolは日本のキョーリツコーポレーションがプロデュース?した中国のメーカーと聞いたことがあります(真偽は不明)。そのためかセットで付いてくるアダプターはキョーリツの物。ちなみにこれと同じだと思われるキョーリツのアダプターは単体で2000円くらいで売ってます(笑)
DCケーブルも安いのだって1本300円くらいしますから、これ一体パワーサプライ本体はいくらなの??って心配になっちゃいます^m^

と、かなり安いこのパワーサプライですが、安かろう悪かろうでは仕方ありません。
これを購入した楽器屋さんの店員さんは「新製品なので長く使用した上での耐久性はまだ未知数ですね」とのこと。たしかにおっしゃる通りですね。でもまぁポジティブに考えるならば、一流メーカーでも製造は中国っていうのは多々ありますので、中国製だからってそんなに耐久性を心配することは無いんだとは思います(^^)
1年間のメーカー保証もついてますしね!!


IMG_0396
なにはともあれ、試してみましょう!
先日のスタジオでは、コンプと歪みペダルを最大8台繋いでみました。
特にノイズが大きいとか音が痩せるとか、そういう印象はありませんね。
ただ、ポッ・・・ポッ・・・ポッ・・・という断続的なノイズが出る時があります。これは家でもスタジオでも出る時があったので、環境ではなくペダル由来のものかもしれませんしパワーサプライ由来のものかもしれません(不明)。


IMG_0429
歪みと空間系を同時に繋いでみました。
空間系を入れたり外したり交互に試しましたが、音質の変化は特に感じません(^^)


上記「ポッ・・・ポッ・・・ポッ・・・」のノイズの原因がわからない以上は軽はずみなことは言えませんが、メインのペダルボードに入れるにはちょっと心配かもしれませんが、今回の僕のようにペダルのサウンド比較などに使う分には十分すぎるパワーサプライですね
なんたって新品で3980円ですしね (^^)



いつもお世話になっているプロギタリストさんが自作されていて、プロのお仲間からも絶賛されているという歪みペダルをこのたび譲っていただきました!\(^o^)/
本当にありがとうございます!!


それがこちらの2台。
IMG_0386
こちらはそんなにゲインの高くないオーバードライブ。TrebleとBassのツマミがあり可変幅が広いので、かなり追い込んだ音作りが可能です
このペダル、、、僕らの中では結構な衝撃で、もう素晴らしいという意見しか出ませんでした…!プロのお仲間から絶賛されているというのもほんと納得です!!
詳しくはまた別の機会があれば書きたいと思います!


IMG_0388
続いてはディストーションと言っていいのかな。結構ハイゲインな領域までイケる的な感じです
3バンドEQの可変幅がこちらも広くて、セッティング次第ではかなりジョリンジョリンな歪みから地の底からゴワァ〜っと唸るような歪みまで出せます!


という訳で、デリさん歪みペダル弾き比べ大会してきました!\(^o^)/
(直列で失礼!(笑))
IMG_0396
と言いますのも、デリさんも僕と一緒に上記のオーバードライブをプロギタリストさんにオーダーして作ってもらったんですそして時期を同じくしてデリさんはShinosのThe BLASTも買われたので、全部まとめて比較しに行きましょう!という流れ(^^)


結論からいうと、優劣なんて存在しません。どれも素晴らしくて参っちゃいます。できることなら全部ボードに載せたい・・・
ただ、使いどころというか「自分ならこういう場面で使いたい」っていうのが2人とも微妙に違ったりして、そういうのはやっぱりギターって面白いですよね
入手してたもののほとんど使っていなかったペダルの良さを再発見できたり、こうして並べて弾き比べることで今まで気付けなかった点にも気付けたり、とても有意義な時間でした(^^)



最近すっかりブログが置いてけぼりなジナパパです。
だって、Twitterの方が思い立ったらすぐ書けるし、動画もポンとアップできるし、リアクションもすぐいただけるし、それに対するお返事もすぐできるし・・・いいことばっかりなんですもん
なによりもスマホでできるのがいいですよね。このブログもスマホで書けるには書けますけど、ちゃんと書こうと思ったらパソコンじゃなきゃ勝手が悪いんです。

Twitterに書いたネタをあとから遅れてブログに書く・・・というこのスタイルだとあまり意味が無いので、こっちはこっちでちゃんと存在意義を見い出さなくては!!

という訳でTwitterに書いてないことを書きます。


さて、My ペダルボード 2018ですが、
IMG_8235
先日のライブの時、ステージが暗転したらスイッチャーのスイッチの位置が見にくいことに気付いたので、蓄光シールを貼ってみました
蓄光シールって、短いのに結構お高いのね。。。


IMG_8354
おお、めっちゃ見やすい!そしてなんかプロっぽい!!ww
なんか要塞チックだし工場の夜景みたいでカッコいいっすね^m^

数百円でできるドレスアップにおすすめです!!

・・・ドレスアップ???



先日のライブ動画を、いろんな方々に見ていただきました!

僕の知人や友人はとても耳の肥えた方が多いので、いただくご意見ご感想は自分が意識してなかったところを突いてこられることも多いので非常に参考になります
もちろん、お世辞で言ってくださっている面もあるかと存じますが^m^

よく考えたら、いつもプロの音を録ってらっしゃるレコーディングエンジニアさんやプロギタリストさんに、ド素人のライブ映像をお見せするなんて失礼もいいところですよね でも、いつもお世話になっているプロのギタリストさんから「歪みもクリーン(厳密には極軽いクランチ)も凄く良い音。前回のライブから何か変えました?」と言っていただけたのは素直に嬉しかったです


IMG_8204
そう言われて「何か変えたっけなぁ??」と考えると、ギターもアンプも歪みペダルもそのまんまだけど そういえば前段にコンプを繋げるようになったのは今回のライブが初でした!
コンプ(EMMA transMORGrifier)はピッキングアタックを少し強調するようなセッティングにしてあり、音が全体的にパキっとして前に出てくるようになります。ギター単体で聴く分にはそんなにわざとらしい効き方するセッティングじゃないんですが、このさり気なさでも実はバンドに混ざると威力があることに気付かされます!今回はピアノもキーボードもいるバンドでしたが、ギターの音量が小さい時でも埋もれずにしっかり抜けてくれるんです

つい最近まで「コンプって何のために使う物なの??」「カッティングする時だけ使えばいいんでしょ」っていうレベルの僕でしたが、地味だけど縁の下の力持ち的な必要不可欠なエフェクターとなりました



先週末、今年1発目のライブが終わりました!
またデリさんに素敵な写真を撮っていただきましたよ(^^)
IMG_8128
IMG_8129
来てくださったみんな、ありがとう!!
今回もそんなに緊張せずに楽しく演奏することができました
動画を観てくださった仲間からも嬉しいご感想をいただきました。パッチごとの音量差については直前ギリギリまで悩んで調整したので、バンド内での音量バランスの良さを褒めていただけたのは特に嬉しかったです


今回のライブで強く思ったのは、ボードをペダルトレインにして良かったなぁということ
記憶ではたしか前回エレキギターで参加したライブの時は まだボードがPULSEだったはずなんですが、PULSEだとこういう持ち方でステージに行くんですね。
IMG_8200
(↑写真ではペダルトレインを持ってますが、パルスだと思ってください)
パルスは持ち手が無いので お盆を持つように持たなければならず、両手が塞がります。するとギターのネックを支える手が無いので、楽屋→舞台袖→ステージという移動の過程でヘッドをガンガンぶつけちゃうんですね 特に下り階段なんて最悪(苦笑)


ところがペダルトレインだと、
IMG_8170
格子フレーム状になってるので手を入れる所がたくさんあり、片手で持つことができます するともう片方の空いた手でギターのネックを支えることができるのです(^^)
こういう一見小さなことが、前後のバンドとの転換をスムーズに行なうための大きな違いになるもんです それにライブはできる限り演奏に集中したいので、余計なところに気を遣いたくないじゃないですか^m^

やっぱり小さなペダルトレインにして良かったと思います
ただボードに関しては今回気付いてしまった難点(?)もあります。それは新規導入したスイッチャーBOSS ES-5のスイッチ間隔が狭いこと。。大雑把に踏んだり、手の動きが止まらず(特に左手)にスイッチングする場合、意図しないスイッチまで踏んでしまうんです。この点はES-8の方がよかったなぁと思いますけど、買ってしまったからには慣れなきゃいけませんね



このページのトップヘ