ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

今さら感ありありですけど、アイバニーズTSミニを買ってみました!
IMG_2545
小さくてカワイイですね!
デザインから察するにTSはTSでも808の小型版なんですかね?中身まではよくわかりませんが、我が家には現在TS808じゃなくてTS9(1stリイシュー)しか無いので、それと比較してみます!

まず音を出した瞬間にわかる違いとして、TS9よりTSミニの方がサラっとしてるというか、実音感が弱いというか。スッキリしているといったレビューはよく目にしていましたが、TSの真骨頂と言える耳に近い美味しいミッドは弱めな印象です。

TSでストラトの3弦を強くピッキングして大きいビブラート掛けた時の「スコーン」と中抜けしたような独特の超絶気持ち良さも、ミニだと3割減くらい。
あと、普通のTSはゲインゼロでクリーンブースター的(どクリーンにはならないけど)に使うとコンプ感のある太いクリーントーンが作れるんですが、そういう使い方でより顕著に違いを感じますね。

目隠ししても「TS系」と当てられるくらいのThat's TSサウンドなんですが、大まかな音のキャラだけじゃなく細かいニュアンスや弾き心地の違いまで踏襲されているかどうかは、やっぱり動画見るだけじゃなく実機を触ってみなきゃわからないですよね。
ただ、この小さなサイズでこのお値段で日本製っていうのは嬉しいですよね!

僕的には、普通のTSをminiで代用!…とはいかないかな?っていう感じの感想でした。
TS9でもなくTS808でもなく “ TS miniとして ” の良さを見つけるのが良い気がします!





次回のライブはギターケースのポケットにワウ1個だけ入れて行けばいい予定だったんですけど、でもやっぱりペダルチューナーは置いておきたいし、ソロパートを与えられたので歪み物を1個用意しておきたいし、そうなるとパワーサプライも必要だし・・・と考えたら「結局小さいボードに全部載せた方がラクだな」という結論に。

IMG_2533
幅31.5センチという超小型のRockboard DUO2.0というエフェクターボードに乗りきりました
(ちなみにディレイは先日のブログにも書いた例のブツと入れ替わる予定です。ニヤリ)

ただやっぱりファズってどうしても万能ではなくて、今後もライブやる上で「普通の歪み(語彙力)が欲しい」っていう場面が多々あると思うんですよね。スタンダードな歪みが出せるペダルを1個増やせばいい話なんですけど、今手元にあるミニペダル(←ここ重要)でなんとかならないかなーと考えました。


IMG_2539
後段にXotic EP BOOSTERを接続してみました。
(前段に置くとファズとインピーダンスがミスマッチングになるので置けません)
当たり前ですけど最終的な出音として色濃く特徴が出るのは後段のペダルですから、ファズのジリジリした攻撃的なハイをEPブースターが良くも悪くもプリンと丸く面取りしてくれます。
ファズサウンドが、いわゆる汎用性のあるフツーの歪みに!(笑)
って言うとファズの良さを殺しているようにしか聞こえませんがめっちゃ使えるサウンドですし、That'sファズサウンドが欲しい時はEPブースターをオフればいいだけの話。これは良い!!


ていうかタイトルにも書きましたが、EPブースターが合わない場面ってあるんでしょうかね?

音を太くしたい時。
グッと前に出したい時。
ゲインアップしたい時。
音量アップしたい時。

あらゆる場面で期待以上の仕事をしてくれる気がします。
逆にペッチペチのチープな音を作りたい時には合わないんでしょうけど、幸い今のところそういった音を欲する場面に出くわしたことは無いです(笑)
どっちかと言うとギュム!っと凝縮させた太い音を作るのが得意なペダルなので、「スイスの湖のように澄み渡った鈴鳴りサウンドはそんな得意じゃないでしょ」っていう気もしますが、前期型EPブースターなら内部DipスイッチのBASS側を切ってBright側だけオンにすれば結構キラリとした音も出せるんですよねー(^^)

クリーンブースターとして人気の双璧を成すMXRのマイクロアンプも僕は大好きで、いつも弾き比べるたびに「あっちも良いこっちも良い」と嬉しい悲鳴をあげているんですが、最終的には「小ささ」でEPブースターを選ぶ場面が多いです!



ピロさん・デリさんとスタジオに行き、ある機材に衝撃を受けてしまいました。。。

IMG_2502
デリさんのこのボードに載っている、丸で囲ったエフェクター。
エンプレスのテープディレイという名のディレイなのですが、これがもう僕がディレイに求めているものすべてが網羅されていました!!

,泙塞當未縫董璽廛┘魁七呂離妊レイとして最高な音!
▲轡隋璽肇妊レイ+モジュレーションにすれば質の良いコーラスペダルのように使える!
最終的なアウトプット音量設定ができるのでギターソロ時に音量を上げられる!
い修鵑併箸ぞー蠅良く素晴らしいサウンドを3種まで保存しておける!


・・・いやぁもう最高以外の言葉が出てきませんでしたね。。。
僕のボードのディレイと入れ替えて自分のシステムにも組み込んで試させてもらったんですが、自分の拙いプレイでさえ恍惚の表情をしてしまうくらい最高の音でした!!


ちなみに、その「僕のボードのディレイ」というのが現状はコレです。
48563298456
FREE THE TONEFF-1Y-Kです。
ちなみにこのディレイもかなり高性能で、前述したEmpressの良い点は実はこのフリーザトーンにもほぼ全て網羅されてるんです。
しかしフリーザトーンは変えたいパラメーターのボタンを押して液晶画面に一旦呼び出してからツマミで数値を変えるという、言わば僕の苦手なマルチエフェクター系の操作なんですよ。一方エンプレスの方は普通のエフェクターのように弄りたいツマミを回すだけでOK。
どちらもライブ前にプリセットしておけばいいとは言えど、本番中に急遽「やっぱりここの数値を変えたい」と思った時にツマミの指す位置を見てすぐパっと回せる方が、僕的には都合がいいんです。これは完全に僕の好みの問題に過ぎないので、決してフリーザトーンが悪いということではないですよ!


最後におなじみピートソーンさんの動画を載せておきます!








ファズフェイスとワウを組み合わせる時はインピーダンスのマッチングを間違えるとワウの効果が半減したり発振したりする。っていうのはよくジミヘンの機材話の時に出てくるので、僕も聞いたことはあったんですよ。

はい、どっちも起こりましたよね。。。

5965956
このボード。
今まで歪みが入ってたところ(ワウの直後)にそっくりそのままファズを入れました。
それまでは普通に問題無くワウを使ってたので何の疑いも無くファズに入れ替えたんですが、リハ前の自宅練習でワウを使ったらポーーーって鳴るし掛かりは悪いし(苦笑)

そこで冒頭のジミヘン話が頭に浮かび、ワウとファズの順番を入れ替えたら直りました。。
IMG_2494
さらに言うと(僕もよくわかってないので教えていただきたいのですが)ファズフェイスなどはハイ入れの設計になっているので、ローインピーダンスで入力するといろいろ不都合があるそうですね?だからファズフェイスを使う時は前段にバッファードのチューナーを繋いでもダメとか、いろいろ制約があると聞きますもんね。

具体的にどういう不都合の事例があるのかは僕もほぼ未経験なのでわかりませんが、実際自分で体験したところではコンステレーションの前段にチューブスクリーマー(勿論バッファード)を繋いだだけで「シャーーー」というノイズが増大しました。歪みも増したので、つまりはノイズだけが増えたんじゃなく全体のレベル自体がブーストされてたっていうことなのかなと。

・・・普通「音量が下がる」っていう話はよく聞きますけど、逆に上がるってことはむしろこっちが正しい使い方なのだろうか?と一瞬思ったまま今でも答えがわからずです(汗)
でもまぁ冷静に考えたら「前段に絶対なにかを繋がなきゃいけないエフェクター」なんて聞いたことないですもんね

まぁとりあえず時間が無いので昨夜のリハはこのまま行きましたけれども(^_^;)


で、昨夜のライブリハ。
数年前のライブでこの曲を別のギタリストさんがサポートした際にも一緒にやったキーボードさんが突如「あの時〇〇さんは曲のエンディングで気分が高揚して弾きまくって全然曲が終わらなかったんだよー!」なんて言ってくるもんだから「ん?これは最後コード弾きをループするだけじゃなく何か弾けと?」と解釈し(笑)、初めてアドリブというものを “ 実戦 ” で弾きました!
手前味噌ですが(センス云々は抜きにしてw)16小節弾き切れたのは最近ずっと続けてるアドリブ練習の賜物だと非常に嬉しかったし、コンストレーションのゲインMAXのファズサウンドと相まってめっちゃ気持ち良かったです!

まぁでも本番では真っ白になる気しかしないので(汗)、ある程度のネタは揃えておこうと思います^m^





メインボードがいい感じに完成すると、今度はサブボードを組んで遊びたい欲求がフツフツと燃焼してくるのはギタリストあるあるでしょうか ^m^

IMG_2473
僕にとって「歪みがファズしか入っていない」という今回のメインボードはなかなかの冒険であり挑戦でもあるので、サブボードの方は思いっきりトラッドなロック〜ブルースを “ 安心して ” 弾ける構成にしようと(笑)
で、上の写真のようにいろいろと繋ぎ替えながら久しぶりに
・ストラトキャスター
・チューブスクリーマー
・フェンダーCHAMP ii

という組み合わせを改めて鳴らしたところ、、、めっちゃいい。。。
先日スタジオでレスポール+マーシャルを久々に鳴らしたら「これこれ、これだよ」という説得力に改めて脱帽したのですが、同じ意味でコッチの組み合わせの説得力もハンパないです。。。
良いとか悪いとか好きとか嫌いを超越した『なにか』があります!
そして、
「この王道の組み合わせで良い音が出せないならそれはお前の腕のせいだ」と、なんだか挑戦状を叩きつけられているような気すらします。。。

ふと、メインボードのコンステレーション(ファズ)で手元のボリュームを絞ったクランチにTSを組み合わせたらめっちゃ良さそうという妄想が・・・
いやー、尽きないですねホント(笑)





コチラの記事↓↓↓で紹介しました、Crazy Tube CircuitsConstellationというファズペダルを早速ボードに載せてみました。



5965956
ラムズヘッドの時にもすごい感じましたけど、ファズって単体もいいですけどブースターと組み合わせることで、なんていうかすごい “ 使える音 ” になりますよね!
ファズに対して使える音って言うとなぜか褒め言葉に聞こえないですが(苦笑)、でも実際ステージで使うことを想定してある程度の汎用性も求め出すと、ブースターやODとの合わせ技はかなり有効な気がします
という訳で僕もZauber Pedalsさんに作っていただいたブースター(ペイントしちゃいましたw)との合わせ技が超お気に入りなサウンドです。


IMG_2309
このコンステレーションに搭載されている6種のファズ(内1つはブースター)はどれもエッジが立っていて鋭く、ハイが暴れるような荒々しいサウンド。オーソドックスなOD〜DSのサウンドに比べると常にジリジリした成分が基音に纏わりついてるので、いわゆる甘くてクリン!とした歪みが欲しい時にはギター本体のトーンをいじるようになってきました
恥ずかしい話、ギターのトーンってただコモるだけみたいな印象しか無かった時期が非常に長かった(汗)んですが、ピッキングのバイト感やコンプレッション感などの変化に気付いてからは「これ操作できるようになったら武器になるんだろうなー」ってずっと思ってはいたんですよね^m^
ただ、まだ全然使いこなせてはいないです。。。
ライブで演奏中となると、もっと弄れないでしょう。。。w


さて、エフェクターボードの写真を載せたので、ついでに裏面も。
9631456321486
電池ボックスを載せました!
コンステレーションは極性が逆なのでパワーサプライを他と共有できないためです。
電池ってインプットジャックからケーブルを抜かなきゃどんどん消費しちゃうじゃないですか。でもボードに組み込んでるとコンステレーションをボードからいちいち取り外さなきゃケーブル抜き挿しできないんですよね。なので、オンオフスイッチ式の電池ボックスを外付けにしました(^^)

バッテリースナップ【 DC9V乾電池用BOX ON・OFFスイッチ付 】L型 DCプラグ付

価格:1,680円
(2020/7/8 17:15時点)

今週末からいよいよリハが始まるので、このボードを試すのが楽しみです





例えば「クリーンや軽いクランチでバッキング」「深い歪みでギターソロ」など1曲の中で歪みの深さを変える際、複数の歪みペダルを用意して踏み分けるよりも1つの歪みモノのまま手元のボリューム操作だけで歪みの深さを操る方が自由度が高い気がします。かつて僕も使用していたプログラムスイッチャーはもちろん便利なんですが、プリセット内だけを行き来するっていうのは ライブ中に直感で微調整するとなると逆に制約を感じたり。

そこで、ボリュームの追従性が良くて、なおかつ絞った時にしっかり “ 使えるクリーン ” になってくれる歪みペダルを最近探していましたところ、これだ!という物に出会えました\(^o^)/


IMG_2308
Crazy Tube CircuitsConstellationというファズです!
コンステレーション(星座)という名前と、星空のようなデザインが素敵です。
「真空管座」も描かれていますね(笑)

おそらく現段階でまだ日本には正規には入って来てないと思いますが、なんで気になったかというと、おなじみピートソーンさんが「これを踏んでボリュームを絞った時のクリーンが最高だ」的なことを動画で言ってたからです^m^



非常にグラッシー&チャイミーで魅力的なクリーンだし、なんと言っても手元のボリュームの追従性がとても良さそうで、この動画を観た瞬間に「これは買わなきゃいけないヤツだ」と思いました(笑)


IMG_2309
この真ん中のツマミで、6種類の音を切り替えます。
ff → ファズフェイス
vtb → VOXトーンベンダー
3/2 → トーンベンダーmk1.5
2 → トーンベンダーmk2
rm → レンジマスター
rmff → レンジマスター+ファズフェイス
という6種類です。
ちなみに僕は部品のことは正直よくわかりませんが、マニュアルによるとNOSのゲルマニウムトランジスタが使われているとのことです。

ファズというとBig Muffのラムズヘッドが好きなんですが、ラムズヘッドはボリュームの追従性がそんなに良くないんですよね。絞るとモコる傾向にありますし。
ファズフェイスは絞ると鈴鳴りのクリーンになるというのは良く聞いてましたが、実際に実機を使ったことはありません。いきなり本物では無いシミュレーター的な物から入るのもどうかとは思いましたが、前述のピートソーンさんの動画を観ちゃったらもう買わずにはいられませんでした

一言でいうともう最高です。
期待してた通りの音と使い心地で、なんの文句も見当たりませんね!
いや、きっとファズフェイスやトーンベンダーを使ったことある人なら「なにを今さら」的な感じなんでしょうけど、この世界を今まで知らなかった僕は結構な衝撃です。

ボリューム10で飽和したファズサウンド。
ボリューム9で少しタイトに落としたディストーション。
ボリューム8でブリティッシュロック〜ハードブルース的なオーバードライブ。
ボリューム7で切れ味鋭いクランチ。
ボリューム6でクリスタルクリーン。

みたいな感じです(私感)。
グシャグシャに歪ませてもボリューム6でもうクリーンになっちゃうのは衝撃的でしたね。。
(もちろんボリュームポットのカーブにもよりますけどね)
純粋なハムバッカーが載ったギターは持ってないので試せてませんが、ストラトとES-330ではどちらでも上記のような音の変化が楽しめました
rmff(レンジマスター+ファズフェイス)はレスポールで気持ち良さそうだなと思わされます!


では最後に、上記のものとはまた違うピートソーンさんの動画を載せさせていただきます!









久しぶりのライブが “ 一応 ” 決まりました!
コロナ禍でまだ制約が付くでしょうし状況によってはいろいろ条件も流動的なのでしょう。けどまずは約半年ぶりに目処が立ったというだけでも非常にありがたく思います
ライブハウス関連で残念な知らせもあった中、いつもライブさせていただいてる所がこうして存続してくれていること、そして配信ライブなどで繋いでくれていたアーティストさん達、ご自身のことだけでも大変な中で準備してくださる主催者さんやスタッフさんには感謝しきれません!

決まったライブに向けて、という訳ではないですが新たにペダルボードを組み直しました!
IMG_E1996
どんどん小型化していきます(笑)
重さはきっと過去一番軽いんじゃないかという3.5キロでした。ストラト程度 ^m^

チューナー(TC Electronic Polytune2 mini)
 ↓
バッファーブースター(Zauber Pedals オリジナル)
 ↓
ワウ(Cry Baby ジミヘンモデル JHM9)
 ↓
メイン歪み(Shinos Naughty Brain)
 ↓
ボリュームペダル(BOSS FV30L Zauber Pedalsモディファイ)
 ↓
ディレイ(Free The Tone FF-1Y-K)

必要最小限に収めたという感じです!
ビッグマフ(ラムズヘッド)は音は好きすぎるんですけど、筐体がデカくて場所を取るわりにライブでは当面使いそうにないので、降りてもらいました。。。(ToT)/~~~

IMG_2002
RockboardDUO2.1という、今までサブボードを組む時に使っていた小型で横長なボードを使用しています。横幅46センチ、奥行14.6センチです(^^)


IMG_1998
この無地の白いペダル。Zauber Pedalsさんが作ってくださったブースターです。

クリーンの存在感をアップさせる常時ONのバッファーブースターが欲しくて、EPブースターやマイクロアンプなどの定番機種からちょっとマイナーなゲルマブースターまでいろいろ試してきました。でもワンノブブースターって意外と好みにビシっ!と合う物が無いんですよ。極々僅かに歪んで欲しいなーと思ってもそこまで上げる頃には音量もデカくなり過ぎたり、逆に理想よりも歪み始めが早かったり・・・。そんな僕の試行錯誤を見ていたZauber Pedalsさんが僕に合いそうな物をと密かに作ってくださっていた逸品です。
2ノブはなんだかんだやっぱり便利です

贔屓目でも何でもなく、どクリーンではなく多少歪んでるかなっていう位のギュムっとしたコンプ感とエンハンス効果がなんとも言えず気持ち良いのです。しかもこれ、上げていくとそこそこ歪むので普通にオーバードライブとして使ってもめっちゃ気持ちいい
あと決め手はサイズですね。小型ボードなのでサイズは重要事項です!


IMG_1997
他はいつも通りのスタメン選手たちですね〜
シノーズのノーティーブレインに至ってはかれこれ3年間ずっとメイン歪みです(^^)
今までリードを弾く時はオーバードライブも一緒に踏んでたんですけど、ノーティー単体を強めに歪ませておいてギターのVolでリードからバッキングまで操作します。その方が今の僕にはフットワークが軽い気がします。前述のバッファーブースターが繋がってるので、しようと思えばブーストできますけどね!


IMG_1999
お約束(?)のノラネコぐんだんフィギュアも載りました
使いたいエフェクターを載せるのは大前提ですが、僕にとっては最後にこのノラネコのスペースを確保できてやっと「完成!」という気持ちになるのです(笑)

あと、ghsのFAST-FRETピックケースもですね!
別々にしちゃうと僕はすぐ忘れ物をするので、絶対に持ち運ぶペダルボードに常時載せておけば忘れずに済むという訳です


最後にふたたび全体像を。
IMG_E1996
軽いってやっぱり素晴らしいですね(笑)
腰と頚椎のヘルニアが年々悪化してる今、機材に一番求めるのは音より「軽さ」かもしれませんw





カッコよく「機材部屋」と呼んでいた僕の趣味の部屋を、子供部屋にするため明け渡してから早2年半。その日からギター置き場は廊下、アンプ置き場は寝室の片隅となっています。アンプの置き場はかなり限られるので基本的にデカい物は置けないですし、腰と頚椎のヘルニアが年々悪化してるので買いたいとも思わなくなりました。ギターは廊下に設置した5本分の壁掛けスタンドに納まる本数以上は増やさない、と決めたはずだったんですが・・・


IMG_1829IMG_1831
IMG_1830
自分でも気付いてたんですよね、最近の俺ちょいちょい買ってるな、と・・・

まぁでもピークの時に比べたら全然かわいいもんですし、「俺に比べりゃまだまだ甘いよ」という強者もたくさんいらっしゃるでしょう。と自分に言い聞かせていたんですが、毎度のことながらふと冷静に考えると実際に使う物って限られます。僕、使わない物が部屋にあるのって性格的に許せないんです。こういう風に考え出すと止まらなくなるんですよね、整理したい欲求が。

「1本しか持っちゃダメって言われたら、どのギターを選ぶ?」

って、ギタリストなら絶対一度は考えたり仲間との話題に上ったりしますよね。
好みとか演る音楽とかでちょこちょこ変わったりしますけど、今の僕なら330かな〜。でも330はフルアコだしハイフレット押さえられないから、やっぱりライブでも万能に使えることを考えたらストラトかなー。

なんて、きっと1本どころか最低5本くらいは残すクセにいろいろ考えたりする訳です。
極論を言うと趣味でやってる僕にとってギターはただの嗜好品ですから、無ければ生きていけない物ではないんですよね。でも日々を “ 豊かに ” 生きるためには絶対に必要な物。。。


とりとめのない話になってきましたので、この辺で(笑)






ホットケーキとパンケーキっていったい何が違うんでしょう?

IMG_1522
こっちのホットケーキとパンケーキの違いは一目瞭然ですが(笑)

今回のペダル検証は、
皆さんご存知HOT CAKEと、そのコピー(?)のPAN CAKEの比較をします!

まずオーバードライブとして有名なCrowther AudioのHOT CAKE
近年でこそ高価なペダルは沢山ありますが、一昔前はHOT CAKEも手軽には買えない高級ペダル的な認識でした。ヒューマンギヤが扱ってるんだからきっと只者じゃないんだろう的な。

ホットケーキは昨日紹介したRATに続きまた がちゃさん からお借りしました!いつも本当にありがとうございます!PAN CAKEの仕様からも3ノブ版ホットケーキと比較試奏するのが正しいのかもしれませんが、がちゃさんがお持ちの個体がトグルスイッチ式のオールドサーキット(っていうんでしたっけ?)のホットケーキだったので、この2機種での比較となっております(^^)


・・・って、
「さらっと話を進めてるけど、パンケーキってwwwwww」
って皆さん脳内で草生やしてる頃だと思います(笑)
IMG_1562
なんでも「福岡県のFunky Stomp Effecterというペダルショップのオリジナル品」ということなのですが、その店名をググっても情報がなにも無いです。謎。。。


なにはともあれサウンドですが、これがまぁ2台とも似たような音が出ますね!
本家ホットケーキのMID LIFTを右に倒すとハイミッド寄りの実音感強めな音になるんですが、パンケーキでそれに寄せようとするとPresenceツマミを4時くらいまで上げると似たようなキャラになりますね!
僕は中身を見たところで回路的にコピーなのか何なのか判断できる知識を一切持ち合わせていませんが、音的なことだけで言えば4000円で買った謎のペダルにしては結構再現度が高いなっていうのが率直な感想です。

なんとなく本家ホットケーキの方が色気があって豊潤な感じもしますが、相手がパンケーキっていうふざけたヤツ(失礼!)なだけに先入観というかプラシーボかもしれませんw


で、パンケーキのことばっかり書かれてもそんなのどこにも売ってないわ!って怒られそうなのでそろそろホットケーキのレビューをします。
IMG_1563
ローゲインだとパンチやガッツのあるオールドライクなオーバードライブという印象なのに、ゲインを上げていくと激変してファズっぽく潰れた歪みになるのが面白いですね。その際のブーミーさがハムバッカーだと助長されちゃうので、シングルコイルと組み合わせる方が好きな人が多いっていうのも頷ける気がします。
僕は圧倒的にローゲインで使うのが好きです。ローゲインだとブーミーさはまったく感じなくて、レベルを上げればむしろキレ味すら感じます。そう「レベル」がカギで、上げるとバリン!と張りが出てくるんですよ。音量が上がるだけじゃなくて。
他の歪みペダルの前に接続してゲインブースターとして使うと、ミドルがいい感じにモチっとするのがこれまた良いですね!TSとは違うミドルの上がり方です。
良くも悪くも古臭い歪み方で、すごく生々しいというか耳に近い感じがして好きです!


という訳で、パンケーキは現在スタメン入りです!
IMG_E1317
(先頭は流動的で、これはたまたまEPブースターを載せてる時に撮った写真ですが気分によってZauber Pedalsさんに作っていただいたブースターになったりコンプになったりもします)

まぁ、本当は(精神衛生的に)本家ホットケーキが欲しいのは言うまでもないですw
ただパンケーキも音的には満足だし、めっちゃ気に入りました!
Funky Stomp Effecterさんについて何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただけると嬉しいです(^^)






このページのトップヘ