ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

少し前に入手してたペダルなんですが紹介していませんでした。

IMG_6418
J.ROCKETT AUDIO DESIGNSTouch Overdriveです。
イラストがおしゃれですね(^^)
いわゆるミニペダルよりちょっとだけ大きいくらいのサイズ感です。

公式からは「TS系からプレキシ系」という紹介のされ方をしていますが、この触れ込みを読まず事前情報ナシでこのペダルを鳴らしたら、僕はきっとプレキシ系とは感じなかったと思います。
僕的にはThat's TSで、それもすごくいい感じのTS系です。

本家以外のいわゆる「TS系」と呼ばれるペダルって、欠点の排除や扱いやすさを追求するほどにTSの良さが削がれている物が多い気がするんですよ。あと妙にバカ高いとか。。。
Touch ODも乱暴に言うとトーン幅を広くとったりゲイン幅を上げたりしたTSっていう印象なんですけど、本家の美味しさをしっかり感じるんですよね!ストラトのフロントで鳴らすと「レイヴォーンの音だ」って思うタイミングがバンバン来るタイプです。

TONEは、下げれば高域が落ちて 上げれば高域が増すっていうタイプじゃなく、ピークの位置が移動するようなタイプだと感じます。だから最低まで下げてもコモらないし最大まで上げてもキンキンしません。ローミッドからハイミッドへピークが移る感じですかね〜。トーン上げ方向にいくとたしかにプレキシっぽいニュアンスになるかもですが、VintageのプレキシMarshallを持ってた僕としては「言われてみれば」という程度のものかなーっていう。TS系と思った方が素直に受け入れられると思います(^^)

あと、本家TSに対して「低音がもっと出てくれたら」って思っている向きの人は、Touch ODでも同じように思ってしまう気がします。「低音がスポイルされるあの感じだからこそTSのあのサウンドになっている」と “ 長所 ” として受け入れられる人ならバッチリかと

総じてこのペダルは非常にオススメです!
これぞオーバードライブのお手本!っていう感じですね(^^)
仮に今は使わなくても長いギター人生で絶対使うタイミングは何度か来る、っていう(笑)


J.ROCKETT AUDIO DESIGNS Touch OD 【オーバードライブ 】

価格:18,150円
(2020/12/16 11:44時点)




あまりファズを語れるほど多くのモデルを使用してきた訳では無いんですけど、今まで使ってきた中ではいわゆるビッグマフ系(「系」じゃない本物も含む)よりもファズフェイス系のサウンドや使い心地が僕は好きでした
ギターのボリュームを絞ると鈴鳴り感のあるクリーン〜クランチに落ちてくれるのがいいですね!
と言いつつ僕は本家ファズフェイスはリイシューも含めて使ったことはありません

IMG_2308
以前使用していたこのCrazy Tube CircuitsConstellationが、
今思い返してもめちゃくちゃ好きなんですよねー。



これはファズフェイス系だけに留まらず、トーンベンダー系やレンジマスター系の音をスイッチで切り替えることができます。トーンベンダー系の音もすごく良かった。。。
一度ライブでも使い、1曲の中でクリーンから激歪みまでをこれ1台でギターボリュームだけで操作するという使い方をしたんですが、敏感に反応してくれるのでめちゃくちゃ使いやすかったです

・・・ただ、ファズフェイス系を使っている人にとってはついて回る問題なんでしょうけど、接続する位置やワウペダルとの関係が厄介で、他のオーバードライブやワウと一緒にボード上に共存させるのが僕の環境では難しく、泣く泣く手放してしまいました。。

それからも常にファズフェイス系のペダルは物色したりしてまして、
その末に入手したのが今回紹介するFormula Bのminifuzz2です!
IMG_5969
商品名通り、非常にミニなファズです(笑)
これもいわゆる「ファズフェイス系」で、Fのつまみ(ゲインみたいな役割)は最大がデフォルトという感じ。そこからギターのボリュームで操作するという定番の使い方です(^^)

ギターボリュームとFつまみを最大にした状態でもそこまで太さや音圧は強くなく、ちょっと拍子抜けする感は正直ありました。ただ、この方が汎用性はあるのかもしれないなと考えると「たしかに」と納得させられる感もあり(笑)
この手の物としては歪みの質感は結構粗めな印象でした。
前述したConstellationと比べると、ギターボリュームに対する反応もそこまで良くはないかな。もうちょっと落ちてほしいというところから更に下げると、クリーンはクリーンなんだけど鈴鳴り感が犠牲になってくるみたいな。

んー、、、なんとなく中途半端な感じがしてしまいました。
扱いやすさを追求していくとこういう感じのところに落ち着くのかもしれないですけど、ファズフェイス系の美味しさまで中途半端になってしまっているように感じてしまいました。



今日は気分が乗ってるので、立て続けにアップしますよ
IMG_6165
エレクトロハーモニック2ループセレクターSwitchblade PROです!

これを買う前は、歪みとクリーンを一括で切り替えるマスタースイッチ(要はBOSS PSM-5的な物)を買うつもりだったんですが、その手の物で他になにか無いかなーと探してたらこのエレハモのスイッチブレードプロを見つけてしまいました。
スイッチブレードプロは端的に言うと2ループのセレクターなのですが、その接続バリエーションが非常に充実しています!

両ループの一括オンオフ!
各ループの個別オンオフ!
というのは他のセレクターにも見られますが、さらに
各ループの接続を直列か並列か選択可能!
直列の場合は接続順の入れ替えも可能!
そしていずれの際もバイパス音をミックス可能!そして
ループA・B・バイパス音という3種類の音量(mixバランス)を個別につまみで調整可能!
また、どんな設定の際もどちらかのループを常にONにしておくよう設定可能!なので、コンプのように常時オンしておきたいペダルをそこに入れればマスタースイッチをオフってもコンプは常にかかってる、みたいな使い方もできます!

・・・いやぁ、すごいですよね。
このシンプルな筐体のどこにそんな機能詰まってるの?って感じです。。。
しかも値段は新品で税込17,000円ほど。プログラムスイッチャー使うほどではないという直列派の人にもぜひオススメしたくなります(^^)


ちなみに、僕はこんなボードを組んでみました!!
IMG_6164
キレイに収まりました

信号の流れはこうなっております↓↓↓
IMG_6172
原始的な表示方法ですみません

スイッチブレードの2つのループには各1台ずつ歪みペダルを入れており、
その前段のトレモロはコチラの記事に書いた通りファズ精製マシーン(笑)として使うとして、
「クリーンと歪み」というベーシックサウンドのバリエーションとしてはザっと以下のものが思い浮かびます。

・クリーン

・クランチ1(トレモロ)
・クランチ2(歪み 
・クランチ3(歪み クリーン並列)

・ドライブ1(歪み◆
・ドライブ2(歪み◆クリーン並列)
・ドライブ3(歪み 歪み∧体鵝
・ドライブ4(歪み 歪み◆クリーン並列)

・ファズ1(トレモロ→歪み…称鵝
・ファズ2(トレモロ→歪み直列)
・ファズ3(トレモロ→歪み、歪み直列)
・ファズ4(トレモロ→歪み□歪み…称鵝
・ファズ5(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ6(トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ7(トレモロ→歪み、歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ8(トレモロ→歪み□歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ9(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)

・ディストーション1(歪み、歪み直列)
・ディストーション2(歪み□歪み…称鵝
・ディストーション3(歪み、歪み直列&クリーン並列)
・ディストーション4(歪み□歪み…称鵝クリーン並列)

という(何か忘れてなければw)計21種類ものサウンドが、スイッチブレード・プロのおかげで鳴らせることになります!そこにワウやディレイを適宜加えたり、ディレイのモジュレーションだけ抽出してコーラスとして使ったり、トレモロを素直にトレモロとして使えば、もう音色数は無限大・・・(笑)
僕は1つのループに1台のペダルしか入れてませんが、もちろん複数台を直列に入れることもできるのでもっともっと広げることも可能ですね!

なんと言っても、バイパス音(クリーン)を歪みに並列でブレンドするというケンタウルス的な鳴らし方ができるというのが素晴らしくて、クランチとクリーンを並列ミックスしたカッティングやアルペジオはかなり使えます

プログラムスイッチャーではないので、上記21通りのサウンドを記憶させてワンアクションで呼び出すといった使い方は当然できませんが、曲ごとに使うパターンをしっかり覚えておいて曲間で切り替えておけば、ライブ中でも数種類のサウンドを足の操作だけで行き来できるので十分です★

欲を言うならもうちょっとスイッチ間隔が広い方がありがたいな、というところはありますが、これは本当に素晴らしい機材だと思います!!
電話で聞いたところ札幌市内の楽器屋さんはどこも在庫してなかったし、デジマートやネットショッピングサイトにも現状在庫してるお店は無さそうな感じ(R2.12.6現在)なんですが、もっともっと普及して欲しいなと思うくらい僕の中ではヒット商品です


ELECTRO-HARMONIX Switchblade Pro スイッチングシステム

価格:16,830円
(2020/12/6 12:37時点)




今年もあと僅かですが、2020年も締めくくりのこの時期に素晴らしいペダルを入手しました!
IMG_6082
老舗アンプメーカーとして有名なスプロのエフェクター、トレモロです!
アンプメーカーらしく、トランス内蔵型です!
実はずっと気になってて、中古が出てくるのを虎視眈々と狙っていました(笑)

これは読んで字の如くトレモロエフェクターなのですが、僕がかねてから注目してたのは
「GAIN」つまみです!
つまり歪み物が内蔵されているんですねー。デプスとスピードをゼロにすればトレモロは効かなくなり、完全に歪みペダルになります。しかもGAINを上げると同時に上がってしまいがちな音量(レベル)を自動で調整してくれるという機能付きです!賢い^m^
・・・とは言え、バイパス時よりちょっと音量は落ちるかな?って感じはあります。


IMG_6083
このGAINつまみで作る歪みは、まぁ「トレモロのついでに歪みのバリエーションが1つ増えるなら儲けモンかな」程度にしか思ってなかったんですが、これが使ってみたら使えるのなんのって大喜びですよ

まず単体で使うといなたくて潰れるようなニュアンスのオーバードライブ。
ツイードクランチ系とか、それこそSUPROの古いコンボアンプを連想させる歪みですね。
クランチでコードを鳴らすと気持ちいい感じで、オケに馴染みそうな歪みです(^^)

しっかし、これが他の歪み物と直列で繋いでやると、どんな歪みエフェクターもファズに変えてしまうマシーンへと変貌します!!
グシャっと潰れる感じの歪み方、いい意味で中域をスクープさせたキャラ、ハイの暴れ感、ブリブリとした巻き弦。これらがいつもの歪みエフェクターに加わることで、良くも悪くも下品過ぎないフェズフェイス系な音になるんです!
GAINの位置で 歪み量はもちろんサウンドキャラも変化するので、意外と微調整も効きます
そしてギター本体のボリューム操作でキラキラしたクランチやクリーンまで落とせるところもファズフェイス系のファズを彷彿とさせてくれます

↓この動画は、いつもの歪みペダルの後段にトレモロを繋いでいます。
(ギターはたしかES330だったはず)
これ1台買うだけで、トレモロとオーバードライブとファズの3台を手に入れた気分(笑)
Suproのエフェクターはヘアライン加工された筐体が高級感あってカッコいいし、なんだかいろいろ集めたくなってしまう魅力があります

・・・え、肝心のトレモロ機能はどんな感じかって?
それについては語れるほどの知識を持ち合わせていないので、youtubeとか観てください






今回はコチラです!
IMG_5620
Jetter GearGOLD STANDARDです。
製造時期の違いなのか名前が途中で変わったのか知りませんが、僕の個体はGOLDとしか書いてなくて「STANDARD」の表記が無いタイプです。きっと中身は同じです。

向かって右側がいわゆるダンブル系の歪みで、向かって左側がトランスペアレント系OD
個別にオンオフすることも、同時にオンすることもできます
同時オンした際の接続順は、右チャンネル→左チャンネルですね。
右チャンネル側についてるミニトグルスイッチですが、大雑把に言うとGOLD側の方がSHIFT側よりハイが良くでるようになります。

総じて上品な歪み方ですね。
ロックな(良い意味で)荒々しいサウンドというよりは、なんか都会的な雰囲気がします。
というのも僕の印象だと低域が上品なんですよね。グワー!とかゴン!とくる感じが無いです。
両チャンネルONにして強めな歪みやリードサウンド作りも狙ってたんですが、どちらのチャンネルも腰高な印象の音なので両方ONだとそれが助長されちゃいました。そういう意味ではもしかしたらハムバッカーの方が合うのかもしれませんね。
「これくらいハイが出てるままでローももっと足せられたらいいのに」っていうもどかしさを感じます。ちなみに低域に対するこの印象は過去に使ってた同社のGOLD45/100という歪みペダルの時にも感じたので、Jetter Gearさんの傾向だったりするのかもしれませんね?

という訳でジェッターギアのゴールドスタンダードのご紹介でした!!




T-rexのトーンバグシリーズは過去にオーバードライブとフェイザー(だったかな?)を所有していたんですが、同シリーズのディストーションを試してみました。
IMG_5588
歪み始めからして結構歪んでるディストーションです。
音質的にはザクザク系のThat's ディストーション!という感じです。ただTONEツマミがどこであれ常にワウ半踏みのようなコーコーしたニュアンスが見え隠れするので、モダンというよりはクラシックな感じのディストーションですね!
誤解を恐れずに言うなら、ギター本体のキャラを活かすタイプではなくどんなギターを繋いでもこのペダルの音にしちゃうようなタイプです(笑)

このトーンバグシリーズはOverdriveを筆頭に音も使えますし、見た目も非常にかわいくて思わずボードに並べたくなりますね(^^)
写真では小さく見えるかもしれないですけど、意外と横幅があってドッシリしてます






これはもう、発売前から「絶対買ってやる!」と狙ってましたね(笑)
IMG_5467
アーニーボールの、チューナー内蔵ボリュームペダルVPJR tunerです!!
チューナーとボリュームペダルが一体となっている製品は過去にもいくつか存在はしてたんですが、その中でもこれを買いたい!!と思ったのは、上のツイートに載せた動画のとおり現在のボリュームが数字で表示されるのがカッコイイからです!!
しかも動きがめっちゃヌルヌルしてて滑らかだと思いません?
「足を置いたら液晶見えなくなるじゃん」とか言っちゃダメです!
カッコ良ければいいんです!(笑)


IMG_5468
IMG_5469
薄暗いところでの視認性もバッチリ
ライブ中にモニターからの中音が聴こえにくい時もあるので、表示された数字を一定の目安にできるのは意外と強みになるんじゃないかと。


「カッコよければいい」とは言え、やっぱり音と使用感は気になりますよね。
まず踏み心地ですが「サイコー」です。トルク感も僕好みでちょうどいいですね。
音は総じて元気になる印象ですね!これはやはりアクティブなのでバッファーの影響でしょうか?


ただチューナーがイマイチ…ってところでしょうか。
もうすぐチューニングが合う(もうすぐ針が真ん中を指す)というあたりで、急に針がセンターにワープしちゃうんですよ。。。なので、まだ正確な音まで達してないのに針がセンターを指してしまい、実際はまだちょっとズレてる。みたいな現象が起こります。。。
IMG_5470
ドットがめっちゃ細かくて多いから針がすごくヌルヌル動いてくれるだけに、惜しい。。。
チューナーに関しては今まで使ってたTC Electronicのポリチューンの方が断然好きです。


あと、すごく気になることがありまして。。
IMG_5485
このセンドリターンの使い方がイマイチわからないんです
ここにペダルを繋いで試してみたところ、信号順としては、

インプット
 ↓
センドリターンに繋いだペダル
 ↓
ボリューム機構
 ↓
アウトプット

という順番になることがわかりました。
・・・しかしそれってこのボリュームペダルの前に直列でペダル繋ぐのと同じじゃないんですかね・・・?(^_^;)
例えばですけど、「ボリュームペダルはセンドリターン内に繋いだペダルだけに利いて、そのペダルを通らない信号はそのままの音量でアウトプットされる(例えばディレイを入れたならディレイ音量だけを調整できる)」とかなら「あーなるほど」と思うんですけど、そうではないんです。。。
これ、どういう用途を想定しているのかもしご存知の方いらっしゃいましたら教えてください


ERNiE BALL VPJR TUNER - BLACK 新品 チューナー内蔵ボリュームペダル[アーニーボール][ジュニア,Jr][ペダルチューナー][エフェクター,Effector]

価格:26,400円
(2020/10/31 12:51時点)




もはや今更感しか無いボスのブルースドライバーです!
実は二十歳くらいの頃に持ってました。20年ちょい前ですね。
ただあまり大きな声で言いたくはないですが、実はこのブルースドライバーを心から「良い」と思ったことはありません・・・。
弾いてる時は「このジョリン感が気持ちいいなぁ」くらいは思うんですけど、他の歪みペダルと並べて比べてみたり、または次の日になったりしたら「いやいやここまでジョリンジョリンしてなくても」ってなるんです。。。元々僕はちょっとスモーキーな歪みの方が好きっていうのもありますしね。

でもブルースドライバーはド定番と言われるくらい人気のオーバードライブ。プロギタリストのボードに載ってるのもたくさん見る。てことは僕の耳がポンコツなんじゃないか?くらいに思ったりした(←だからあまり大きな声ではいいたくない(汗))のですが、あれから20年経った今なら当時と感じ方も違うんじゃないか?とも思い改めて入手した訳です。


で、約20年ぶりのこの普通の(技クラフトじゃない)ブルースドライバーをば。。。

あれやこれやと弄ってみて1つわかったことがあります。それは「歪ませれば歪ませるほど苦手」ってことです(^_^;)
歪ませると「ジョワジョワジョワ…」という成分がなかなか消えずにサスティーンにもずっと乗りっぱなしなんですね。なのでシングルノートのリードなど弾くとひたすら実音感に乏しくて芯の無い音に感じてしまいます。これが軽快なコード弾きとかなら良いんでしょうけどね。

ただゲインを下げると、ピッキングのアタックはジョワっとするものの余韻はすぐにクリーンになるので、ここくらいまでですかね、僕が仲良くなれそうなのは(^_^;)
IMG_5353
セッティング的にはギリギリでこのくらいまで。
理想はゲインはせいぜい上げても10時くらいまでですかね。それ以上だとジョワジョワ成分がサスティーンにまで載ってきてしまいます。。
要はピッキングアタックにだけチリチリっとした成分を加える程度の「ほぼクリーン」
この使い方だと好きな感じではあるんですが、ただこういう使い方なら僕的にはマイクロアンプでいいやとも思ったり・・・w


約20年ぶりに弾いてみて改めて感じたのは、このブルースドライバーは用途を限定してそこに特化した使い方でこそ活きるペダルだということですね!バッキングからリードまでなんでもOK!というタイプではないなと思いました。
きっと20年前の僕はそこに気付けなかったんでしょうね?いや、いまだに僕が未熟なだけで腕のある人はオールマイティーに使いこなすのかもしれません(笑)

ちなみに上記のセッティングだと他の歪みペダルのブースターとして使っても良い感じでした


【IKEBE×BOSSオリジナルデザイン風呂敷プレゼント】BOSS 《ボス》 BD-2 (Blues Driver) 【数量限定!純正アダプターPSA-100S2プレゼント!】【oskpu】【あす楽対応】

価格:9,900円
(2020/10/28 11:29時点)





Zauber Pedalsさんからエフェクターをお借りして試させていただきました!
ありがとうございます!


IMG_3916
左はご存知Ibanez Tube Screamer(以下TS)。
右が今回お借りしましたZauber Pedals Acht-AchtというTS系ペダルです!
TS系っていうことで比較のため本家にもご登場願いました^m^


・・・ところで、ペダルを直列に繋いで比較してるユーチューブなんかでよく「前段のバッファが効いちゃうから正当な比較じゃない」「スイッチャーやルーパーを使うべき」などのコメントがありますよね。たしかに『比較』という意味ではその通りなんですけど、それくらいの差って実際にバンドで「せーの」で音出したらわかんないような差だと思うんですよね。もっと重視すべきとこがあるんじゃないかと。

あ、もちろん私感ですよ。
まぁ僕も比較の時はスイッチャー使いますけど、それは製作者さんへの礼儀といいますか。
実戦ではペダルボード最前段で使うとは限らないわけですから、他のバッファの影響を受けてローインピーダンス入力になった時の音も聴いておくべきだと思いますしね


横道に逸れました。さて、本題です。

Acht-Achtは常に「ジャ行」の粒が輪郭を覆っている感じがします。ジャキン、ジョリンとした。トーンツマミを下げてもずっと残ってて、この成分により現代的な印象を受けますね!ポップス等のバッキングでバンドに馴染みそうです。これはVin-AntiqueのPPSE'79の時も似たイメージを持ちました。音が似てるっていう意味とはちょっと違って、用途や活きるポジションが似てそう、という意味です。腰の位置が上がった印象ですかね。うん、ブルース系ではないかな。

それに比べて本家TSはもっと輪郭がスモーキーにもかかわらず実音感があってリードに合うというか。言葉にすると難しいですけど、皆様よくご存知のあの音ですから僕が言うまでもないですね(笑)。独特のコンプ感も本家TSの方が強めです。

まぁTSと一口に言っても幅広いですからね。
Acht-AchtがどのTSを参考にされているかまでお聞きしていませんが、僕が比較に使ったTS-9ファーストリーシューとはそこまで似てる感じはしませんでした(^^)

TSに対しもっとジャキっとしたハイや、コンプ感弱めなオープンな感じが欲しいと思う人には良いと思います!
ストラトでブルースやってる人なら本家の方がハマる場面は多いかもしれませんね〜(^^)





今までジミヘンモデルのクライベイビーminiを使っていたんですけど、このたび買い替えました!

IMG_3612
Jim Dunlop CBM535ARです!
ワウ掛かり具合の切り替えやらブーストやらといった機能が付いたCBM535っていうモデルは元々あったらしいんですが、これはそこにオートリバース(型番の語尾のARですね)機能が追加されたモデルです。

オートリバースは、バネの力によってペダルをかかと側に下した状態に戻ってくれること。
かかと側に下りると自動でオフになり(オフになるまでの時間設定もできます)、逆につま先側に僅かでも踏めばオンになります!

今まで使ってたミニクライベイビーは、大きいワウ(てか普通サイズのワウ)に比べてオンオフする時に足の力の入れどころがなかなか慣れず、オンオフに失敗することが多々ありました。実際この前のライブでも失敗して何小節かオンになったまま弾いてしまいました
でもこれなら、足を乗せた瞬間からオンになり 足を離した瞬間にオフになるので、失敗のしようがありません!僕みたいになかなかミニワウのオンオフに慣れなかった人間には快適すぎます

思い付いた瞬間にオンできるので、足をペダルの上に置いておいて待機する必要も無し

あと、前述したようにオートリバースで勝手にかかと側に戻ってくれるので、つま先だけでワウワウできるっていうのも簡単でいいですねー!

ただ、勝手にかかと側に戻っちゃうので半踏み固定はできないですし、バネの力が強いので踏み心地が従来の物より結構固いです。そしてバネが軋む音もちょっと大きめです(^_^;)
その辺は気になる人は結構気になるように思いますねー。


ではちょっと今まで使ってたジミヘンモデルのミニクライベイビーと比べてみましょう。
IMG_3614
サイズはきっと同じだと思います。
ジミヘンモデルは踏む部分がメタル仕様なのでカッコイイですね。
CBM535ARの方はただの真っ黒です。


IMG_3613
CBM535ARは、ワウ効き具合を設定するコントロールや、ブーストスイッチがあります。

で、ここまでの写真でも既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、、
IMG_3615
CBM535AR(右)の方がつま先側に高く上がるため、ストローク幅が大きいです。
この差の影響が意外と大きくて、より普通サイズのワウのストローク幅に近づいてる気がします
僕的には意外と嬉しいポイントです(^^)


という訳でJim Dunlop CBM535ARの紹介でした!
僕がワウを使うのは「ここぞ!」という時なので、ここぞの時に失敗しないワウは良いです


Jim Dunlop CBM535AR CRY BABY MINI 535 AUTO-RETURN WAH(ご予約受付中)【ONLINE STORE】

価格:19,800円
(2020/9/8 13:20時点)




このページのトップヘ