ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

本来ベース用のペダルなんですけど、ギターで使用したレビューを書きます
IMG_7213
E.W.SBMC2(Bass Mid Control 2)です。
その名の通り、ミッドコントローラーです。
ミッドブースターって言った方が伝わるんでしょうけど、ブーストだけじゃなくカット方向にも働きます。で、ミッドの帯域だけじゃなく総合的なレベルブースト&カットもできますし、インプットゲインを上げるスイッチもあります。

冒頭で「ギターで使った」と書きましたが、なぜわざわざベース用を選んだかといいますと単純にサイズが小さいからです。ギター用にもいろいろミッドブースターはありますが、このサイズ感ので見つけることができませんでした(^_^;)
(きっと存在はしてるんでしょうけどね)

あと、可変させられるミッドの帯域がギター用ミッドブースターと同じような帯域だったから「ギターで使ってもいいじゃん」と思いまして。真ん中の一番大きいFrequencyというツマミで帯域を選ぶんですが、取説によりますとこういう周波数帯域になってます。
IMG_7660
MXRの6BAND EQ(ギター用グライコ)とほぼほぼ似たような範囲の帯域ですね(^^)
僕はギターソロの時に600〜800Hzを持ち上げるという目的で買いました。

・・・まぁお察しの通り、このようなイコライジング系のペダルは良くも悪くも特に書くことは無いですね(汗)。「ミッドブースト&カット」という目的においては何の不満も無く、いい仕事してくれます。それ以上でもそれ以下でもないです!(笑)

あ、あくまでも聴感上での感想ですけど、ミッドブーストした際の山は鋭角に持ち上がってる印象(周辺の帯域にあまり干渉してなさそう)です。なので結構大袈裟に持ち上げると帯域によってはワウ半踏みみたいな特殊な効きになりますね。

レベルブーストに関しても変なキャラを加えること無く素直に増幅してくれる印象ですよ





どうでもいいけど「ラブペダル」っていうブランド名、なんかムズ痒くないですか?(^_^;)
ラブペダルプレキシ800です。
正直、だいぶ前に使ったことあるような無いような…っていう感じですがブログには書いた形跡が無いので今回せっかく入手した機会に書きます!

これはもう難しいこと抜きに、ONにした途端にカッコいいMarshall系の歪みが鳴ってくれるペダルですね!ハイゲイン系のペダルってコンプレッション感が強すぎたりコモったりするのが多くて、意外と僕的には扱いが難しいんです。けどこのPlexi800はもう踏むだけでOK!っていう感じで、感触はすごくアンプっぽいです

ゲインチェック動画を撮ってみました。
ゼロの時点でかなり歪んでるのがわかると思います(笑)
そこからゲインつまみを上げても正直あまり変わらなくて(汗)、最後の1目盛りで一気に歪みが増しますね。上の動画でも最後の1目盛りあたりで「ジーー」というノイズが急に目立ちだすのがわかると思います。

FreQというツマミはいわゆるフリクエンシーっていうことでしょうか。
一般的なTONEつまみと違ってゼロにしたらコモるという感じでは無いので、どの帯域に山を作るかという作用なのかもしれません
FreQゼロでも普通に使える音でした。

という訳でPLEXI800は、ちょっと歪み過ぎな感はあるけどAC/DCみたいな音が簡単に出せるペダルでした!とにかく弾いてて気持ちいいの一言に尽きます





先日入手したばかりのグレコ LG120
IMG_7023
レスポール用のピックガードを当てがってみたらいい感じだったので、モントルーのピックガードを購入して付けてみました

IMG_7185
素敵になりました(^^)
紫がかった青にゴールドパーツの組み合わせという ともすればケバいというか厨二的に見えるギター(汗)なので、少し “ 普通のレスポール ” 寄りなルックスになってくれるのは僕的にウェルカムです^m^

さて、このLG120ですが先日のライブで早速デビューさせました!
録音環境がよくないですが、粘りのあるいい音が作れたんじゃないかと思います
ちなみにアンプは箱のJCM900のクリーンチャンネル、
ペダルボードはこちらです↓↓↓
IMG_7109
歪みはTRICOLORSのCaper Mollyと、同Eugene the JEEP。
コチラの記事でも紹介してますようにEmpressのディレイTape Delayにはクリーンブースターが搭載されているのでディレイ掛けると同時に音量を上げることができる(もちろん逆に下げることも可)んですが、ハイミッド〜ハイあたりの帯域も上がって割と輪郭がハッキリした音になってくれるので、ホントにギターソロ向けで重宝することを今回再確認しました(^^)





「重いアンプほど音がいい」なんて言われていた時代もありましたが、時代はなんでも小型軽量化が進んでいますね。非常に良いことだと思います!特に僕みたいに首にも腰にも椎間板ヘルニア持ってるギタリストとって「荷物が軽いことは正義」なのです(笑)

4年前くらいまでは、大きなペダルボードを持ち歩いていました。
94c811d2
158672a7
当時はまだ今ほど頻繁にライブをやっていなかったので必要なエフェクターなんてたかが知れてたはずなんですが、だからこそ逆に「いつか必要になる日が来るかもしれない」「これは用意しておいた方が良さそう」などと理由をつけてはあれこれ買ってボードが巨大化していきました(^_^;)

しかし年間5〜6本ほどステージに立たせていただくようになると、気付いてくるわけです。
「俺のボード、使わないエフェクターばかりじゃん」と(笑)

それでもやっぱり基本的には機材好きなのでいろいろ載せたくなっちゃうのは仕方ないんでしょうし、自分の足元にたくさんのエフェクターがキレイに鎮座しているのは気分がいいんですけど、今はそれよりも
「どうせライブで演奏中に何個も同時に踏み分けできないし」
「充電式パワーサプライのバッテリーがすぐ切れちゃうじゃん」

と、現実を見てしまうのです。。


という訳で特にここ1年ほどはボードの小型化を着々と進めていたわけですが、2021年を迎えたこのタイミングで一区切りとも言える(ゴールとは言ってないw)ボードが完成しました!!
IMG_7099
めっちゃ小さくなりました!!
RockboardDUO2.0というペダルボードを使用していて、これは横幅約32センチ奥行約14センチという小ささです!!今までDUO2.0は遊びで組むサブボードにしか使っていなかったんですが、まさかメインボードがこのサイズになる日が来るとは・・・!


ギターからの信号はまずチューナー(TC Electronic Polytune 2 2mini)に入り、
そこからコンプレッサーに行きます。
IMG_7101
WAMPLERmini EGOです。
これはバンド仲間たちから本当に評判がいいコンプですね!ちょっとわざとらしいくらいのセッティングにしてもBLENDツマミでバイパス音を大きめにミックスしたりできるので、筐体は小さいけど結構サウンドを追い込めます
あのピートソーンさんが「3つだけペダルを選ぶなら?」の企画でこのコンプを選んでるのが一番のポイントですね(笑)


続いてはトレモロに行きます。
IMG_7103
SUPROのその名もTREMOLOです。
トランスが入ってて背が高いため、ボード後列に置いても踏みやすいです(笑)
トレモロとして非常に気持ちいいのはもちろん、これに搭載されているGAINツマミを上げて他の歪みと組み合わせることで “ ファズ精製マシーン ” と変化し、これがとてもいい音するんです


次に歪みセクションへ行きます。
IMG_7100
右が主にクランチ用のTRICOLORS Caper Mollyで、左がメインの歪みのEugene the jeep。
そしてギターソロなどガツンと行きたい時には2台同時オンです。
大大大好物の歪みなんですが、現状では市販されてる物ではないので、あまり書いても仕方ないのでこれくらいで^m^


最後にディレイに行きます。
IMG_7102
EmpressTAPE DELAYです。
ディレイとして優れているのはもちろん、これは極短ショートディレイにしてモジュレーションを入れると普通にコーラスとして使えるし、クリーンブースターが入ってるのでディレイONと同時に音量をガツンと上げることができるのでギターソロに最適!(なんならディレイレベルをゼロにすればクリーンブースター単体にもなる)という素晴らしいペダルです。そしてそれらの音色を記録しておいてスイッチで瞬時に呼び出せるという・・・自分で書いてても改めて「すげー」となります!


IMG_7104
電源は、充電式パワーサプライVital Audio VA-R8です。
充電式でアイソレートされているのは、おそらく現状これ1機種しか存在しないと思います。


IMG_7105
今まではピック入れの缶ケースをボード上に置いていたんですがスペースが無くなったので、本来ギターに貼るピックホルダーをディレイに貼りました。缶ケースよりこっちの方が断然取りやすいので、最初からこっち使っておけばよかったと思うくらいです(笑)


IMG_7106
ノラネコぐんだん(反省ポーズ)のフィギュア。
この子とも付き合いが長いので、結構使用感がでてきました^m^


IMG_7107
バックビュー。
この角度は最前列の観客からしか見えないし、最前列の人でもボードを気にして見てる人なんていないと思いますが、それでも見えるとこだからキレイにしておかなきゃと思ってます(^^)


IMG_7109
昨夜のリハで早速使ってきましたが、文句なしに使いやすかったです!!
今までやってきたライブを振り返ってみると、ここに無い物で過去に使った物というと覚えてる限りではワウペダルとハーモナイザーが思い浮かぶんですが、そういう単発で使う物が今後また出てきたならそれだけ別個に持って行くようにします(^^)




今まで使っていた充電式パワーサプライ(Rockboard Power LT XL)は小さくて非常に便利だったんですが、アイソレートされていないせいか一緒に繋ぐペダルの相性によっては「チーーー」という高周波ノイズが出ることが結構多く、電源を分けなければいけないという理由でPower LT XLを2台用意しなければいけないといった不満点もありました。

そこで導入したのがコチラ!
IMG_6841
Vital AudioVA-R8というこれまた充電式パワーサプライです。
こちらは公称ではオールアイソレート

実はこれ以前にも買ったことがあり、その時にはチーーーという高周波ノイズが出たためメーカーさんにチェックしていただきましたら「異常なし」とのことだったので、「これもPower LT XL同様にペダルの相性次第なのか」「でもアイソレートされてるなら相性は関係無いんじゃないの?」とか考えてるうちに萎えてしまって売っちゃったんです(^_^;)

という経緯があったにもかかわらず・・・

それをすっかり忘れてまた買った僕・・・

友達に指摘され、いやいやこれは買ったことは無いよ!と思ったけど一応過去のブログを見返したらしっかり書いてました。。。あまりに機材の入れ替わりが激しいもんで、自分でも何を買ったかもう覚えてないようです。。。

でも今回は変なノイズが出ることも無く、全ペダルの電源を共用することができました
過去のノイズの原因がわからないままなだけにスッキリしない感は否めないですが、まぁ現状大丈夫なのでヨシとします。


IMG_6835
昨夜はリハだったので、このボードを組んで持って行きました
(チューブスクリーマーはこの位置だと踏む時にTape Delayのレバーやツマミを動かしてしまうことがわかったので変えます(^_^;))

左奥にご注目。


IMG_6740
VA-R8のオンオフスイッチとバッテリー残量LEDに表面からアクセスできるよう設置しました!
Power LT XLの時はボード自体をグルっと引っくり返さなきゃいけなかったので超便利


Vital Audio POWER CARRIER VA-R8 充電式パワーサプライ

価格:12,628円
(2021/1/5 12:40時点)



ちょうど1年前くらいに入手して気に入っている、ゲルニカのPoral Star。



これは一応ブースターという括りになるんでしょうけど、僕はここぞという時にブーストさせるといった使い方はしていなくて、そのキラキラっとしたエンハンス効果と、僅かに歪んでるかな?という設定にして真空管アンプっぽいコンプ感とサチュレーション感を軽く加える、という用途がお気に入りです。
掛けっぱなしで「クリーントーンをワンランクUPさせる」みたいな(^^)

このゲルニカというブランド、すぐ無くなってしまったのかもう作ってないですし流通してる数もすごく少ないのですが、こんな物を見つけたのでゲットしてみました!
IMG_6630
GuernicaCrescent Moonです!
先ほどのPoral Starは名前に「Gain Booster」と付きますが、こちらには「Clean Booster」と付いているように “ 歪ませるクリッパーを挟まないバージョン ” だそうです。
Poral Starは「僅かに歪ませた時が真空管のサチュレーションっぽくて好き」と書きましたが、こっちはきっと音質は同じような感じだけど音量のみをブーストさせるというコンセプトなんだと思います。「6弦開放の僅か上の周波数からブーストするので巻弦がブーミーにならない」という説明もPoral Starと共通ですしね(^^)

ただ、いくらキャラがPoral Starと似てると言っても「歪んでるか歪んでないか」の違いよる印象はかなり違ってくる(きっと倍音感とかコンプ感など結構違いますよね)もんで、単純に「Poral Starの歪まない版」とはならないですね〜。こちらは素直な印象です!

Poral Starを歪みの前段Crescent Moonを歪みの後段
という繋ぎ方がいい気がしますね


ところで余談ですけど、、、
IMG_6629
Crescent Moonは「三日月」っていう意味ですよね。
Poral Starは「北極星」っていう意味・・・と思いきや、
北極星のスペルってPoralじゃなくて「Polar」なんですよね。

・・・間違えちゃったのかな?(゜o゜)





僕がペダルボードで愛用している電源は、
RockboardPower LT XLという充電式パワーサプライです。
アダプターが無いことによるフットワークの軽さや、ライブの転換のスムーズさ
そして何より電源由来のノイズの影響を受けないのが超お気に入りです
(あくまでも電源由来ですよー)

ただ、充電式なので当たり前ですけどバッテリー残量は気にしなきゃいけません。
今まではたまに充電する程度で全然持ってたんですが、最近すぐバッテリーが切れる。。。
残量メーターが半分あるからまだ大丈夫だろう、と思ったその日に切れるなんてことも。

最近増えたエフェクターで、電気を喰うヤツがいるんでしょう。
たしかに心当たりは大いにある。。。
という訳で、いつものTRUETONE mA meterで消費電流を計測してみました
まず、きっとたくさん電気食うだろうなと容易に想像がつくコチラから。
IMG_6609
Ernie Ballのチューナー内蔵ボリュームペダル、VPJR Tunerです。
こんな大きい液晶画面がある上、画面がオフになることなく常に表示されてますから
152mAという数字も頷けます。。。
この影響はデカい。
一般的なチューナー(例えばTC Electronicのポリチューン2ミニ)だと、
IMG_6612
この程度で済みますからね・・・。


あと最近増えた物と言えば、
Electro HarmonixのSwitch Blade Proというラインセレクターです。

こいつがなかなか予想外な数値を叩き出しまして。。。
IMG_6610
まさかの171mAです。。。
一般的にラインセレクターは消費電流少ないどころかむしろ電源必要ない物も多々あるのであまり食うイメージは無かったんですが、よく考えたらコレは接続順を入れ替えたり、直列・並列を切り替えたり、バイパス音をミックスしたりと多機能なのでそのせいでしょうか


その他にも、最近ではなく元々使ってる物としては、
IMG_6611
270mAも食うEmpressのTAPE DELAYという強者もいます(笑)

普通にコンセントから電源とるならまったく問題ナシなんですけど、
充電式の便利さとノイズの少なさ(ジナパパ比)を味わってしまうと戻れる自信がないのでw
ちょっとなにか対策考えなきゃいけませんねー・・・





少し前に入手してたペダルなんですが紹介していませんでした。

IMG_6418
J.ROCKETT AUDIO DESIGNSTouch Overdriveです。
イラストがおしゃれですね(^^)
いわゆるミニペダルよりちょっとだけ大きいくらいのサイズ感です。

公式からは「TS系からプレキシ系」という紹介のされ方をしていますが、この触れ込みを読まず事前情報ナシでこのペダルを鳴らしたら、僕はきっとプレキシ系とは感じなかったと思います。
僕的にはThat's TSで、それもすごくいい感じのTS系です。

本家以外のいわゆる「TS系」と呼ばれるペダルって、欠点の排除や扱いやすさを追求するほどにTSの良さが削がれている物が多い気がするんですよ。あと妙にバカ高いとか。。。
Touch ODも乱暴に言うとトーン幅を広くとったりゲイン幅を上げたりしたTSっていう印象なんですけど、本家の美味しさをしっかり感じるんですよね!ストラトのフロントで鳴らすと「レイヴォーンの音だ」って思うタイミングがバンバン来るタイプです。

TONEは、下げれば高域が落ちて 上げれば高域が増すっていうタイプじゃなく、ピークの位置が移動するようなタイプだと感じます。だから最低まで下げてもコモらないし最大まで上げてもキンキンしません。ローミッドからハイミッドへピークが移る感じですかね〜。トーン上げ方向にいくとたしかにプレキシっぽいニュアンスになるかもですが、VintageのプレキシMarshallを持ってた僕としては「言われてみれば」という程度のものかなーっていう。TS系と思った方が素直に受け入れられると思います(^^)

あと、本家TSに対して「低音がもっと出てくれたら」って思っている向きの人は、Touch ODでも同じように思ってしまう気がします。「低音がスポイルされるあの感じだからこそTSのあのサウンドになっている」と “ 長所 ” として受け入れられる人ならバッチリかと

総じてこのペダルは非常にオススメです!
これぞオーバードライブのお手本!っていう感じですね(^^)
仮に今は使わなくても長いギター人生で絶対使うタイミングは何度か来る、っていう(笑)


J.ROCKETT AUDIO DESIGNS Touch OD 【オーバードライブ 】

価格:18,150円
(2020/12/16 11:44時点)




あまりファズを語れるほど多くのモデルを使用してきた訳では無いんですけど、今まで使ってきた中ではいわゆるビッグマフ系(「系」じゃない本物も含む)よりもファズフェイス系のサウンドや使い心地が僕は好きでした
ギターのボリュームを絞ると鈴鳴り感のあるクリーン〜クランチに落ちてくれるのがいいですね!
と言いつつ僕は本家ファズフェイスはリイシューも含めて使ったことはありません

IMG_2308
以前使用していたこのCrazy Tube CircuitsConstellationが、
今思い返してもめちゃくちゃ好きなんですよねー。



これはファズフェイス系だけに留まらず、トーンベンダー系やレンジマスター系の音をスイッチで切り替えることができます。トーンベンダー系の音もすごく良かった。。。
一度ライブでも使い、1曲の中でクリーンから激歪みまでをこれ1台でギターボリュームだけで操作するという使い方をしたんですが、敏感に反応してくれるのでめちゃくちゃ使いやすかったです

・・・ただ、ファズフェイス系を使っている人にとってはついて回る問題なんでしょうけど、接続する位置やワウペダルとの関係が厄介で、他のオーバードライブやワウと一緒にボード上に共存させるのが僕の環境では難しく、泣く泣く手放してしまいました。。

それからも常にファズフェイス系のペダルは物色したりしてまして、
その末に入手したのが今回紹介するFormula Bのminifuzz2です!
IMG_5969
商品名通り、非常にミニなファズです(笑)
これもいわゆる「ファズフェイス系」で、Fのつまみ(ゲインみたいな役割)は最大がデフォルトという感じ。そこからギターのボリュームで操作するという定番の使い方です(^^)

ギターボリュームとFつまみを最大にした状態でもそこまで太さや音圧は強くなく、ちょっと拍子抜けする感は正直ありました。ただ、この方が汎用性はあるのかもしれないなと考えると「たしかに」と納得させられる感もあり(笑)
この手の物としては歪みの質感は結構粗めな印象でした。
前述したConstellationと比べると、ギターボリュームに対する反応もそこまで良くはないかな。もうちょっと落ちてほしいというところから更に下げると、クリーンはクリーンなんだけど鈴鳴り感が犠牲になってくるみたいな。

んー、、、なんとなく中途半端な感じがしてしまいました。
扱いやすさを追求していくとこういう感じのところに落ち着くのかもしれないですけど、ファズフェイス系の美味しさまで中途半端になってしまっているように感じてしまいました。



今日は気分が乗ってるので、立て続けにアップしますよ
IMG_6165
エレクトロハーモニック2ループセレクターSwitchblade PROです!

これを買う前は、歪みとクリーンを一括で切り替えるマスタースイッチ(要はBOSS PSM-5的な物)を買うつもりだったんですが、その手の物で他になにか無いかなーと探してたらこのエレハモのスイッチブレードプロを見つけてしまいました。
スイッチブレードプロは端的に言うと2ループのセレクターなのですが、その接続バリエーションが非常に充実しています!

両ループの一括オンオフ!
各ループの個別オンオフ!
というのは他のセレクターにも見られますが、さらに
各ループの接続を直列か並列か選択可能!
直列の場合は接続順の入れ替えも可能!
そしていずれの際もバイパス音をミックス可能!そして
ループA・B・バイパス音という3種類の音量(mixバランス)を個別につまみで調整可能!
また、どんな設定の際もどちらかのループを常にONにしておくよう設定可能!なので、コンプのように常時オンしておきたいペダルをそこに入れればマスタースイッチをオフってもコンプは常にかかってる、みたいな使い方もできます!

・・・いやぁ、すごいですよね。
このシンプルな筐体のどこにそんな機能詰まってるの?って感じです。。。
しかも値段は新品で税込17,000円ほど。プログラムスイッチャー使うほどではないという直列派の人にもぜひオススメしたくなります(^^)


ちなみに、僕はこんなボードを組んでみました!!
IMG_6164
キレイに収まりました

信号の流れはこうなっております↓↓↓
IMG_6172
原始的な表示方法ですみません

スイッチブレードの2つのループには各1台ずつ歪みペダルを入れており、
その前段のトレモロはコチラの記事に書いた通りファズ精製マシーン(笑)として使うとして、
「クリーンと歪み」というベーシックサウンドのバリエーションとしてはザっと以下のものが思い浮かびます。

・クリーン

・クランチ1(トレモロ)
・クランチ2(歪み 
・クランチ3(歪み クリーン並列)

・ドライブ1(歪み◆
・ドライブ2(歪み◆クリーン並列)
・ドライブ3(歪み 歪み∧体鵝
・ドライブ4(歪み 歪み◆クリーン並列)

・ファズ1(トレモロ→歪み…称鵝
・ファズ2(トレモロ→歪み直列)
・ファズ3(トレモロ→歪み、歪み直列)
・ファズ4(トレモロ→歪み□歪み…称鵝
・ファズ5(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ6(トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ7(トレモロ→歪み、歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ8(トレモロ→歪み□歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ9(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)

・ディストーション1(歪み、歪み直列)
・ディストーション2(歪み□歪み…称鵝
・ディストーション3(歪み、歪み直列&クリーン並列)
・ディストーション4(歪み□歪み…称鵝クリーン並列)

という(何か忘れてなければw)計21種類ものサウンドが、スイッチブレード・プロのおかげで鳴らせることになります!そこにワウやディレイを適宜加えたり、ディレイのモジュレーションだけ抽出してコーラスとして使ったり、トレモロを素直にトレモロとして使えば、もう音色数は無限大・・・(笑)
僕は1つのループに1台のペダルしか入れてませんが、もちろん複数台を直列に入れることもできるのでもっともっと広げることも可能ですね!

なんと言っても、バイパス音(クリーン)を歪みに並列でブレンドするというケンタウルス的な鳴らし方ができるというのが素晴らしくて、クランチとクリーンを並列ミックスしたカッティングやアルペジオはかなり使えます

プログラムスイッチャーではないので、上記21通りのサウンドを記憶させてワンアクションで呼び出すといった使い方は当然できませんが、曲ごとに使うパターンをしっかり覚えておいて曲間で切り替えておけば、ライブ中でも数種類のサウンドを足の操作だけで行き来できるので十分です★

欲を言うならもうちょっとスイッチ間隔が広い方がありがたいな、というところはありますが、これは本当に素晴らしい機材だと思います!!
電話で聞いたところ札幌市内の楽器屋さんはどこも在庫してなかったし、デジマートやネットショッピングサイトにも現状在庫してるお店は無さそうな感じ(R2.12.6現在)なんですが、もっともっと普及して欲しいなと思うくらい僕の中ではヒット商品です


ELECTRO-HARMONIX Switchblade Pro スイッチングシステム

価格:16,830円
(2020/12/6 12:37時点)




このページのトップヘ