ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

こちらの記事に書いたように、サブのペダルボードを作りました♪
↓↓↓

手軽なので、最近サブボードばっかり鳴らしてるんですが、音がすごくいい。
なんならメインボードよりいい。。。
載ってるエフェクターが違うから音も違って当然なんですが、エフェクターを全部OFFにしたバイパス音もメインよりサブの方がいい。。。
スイッチャーが無いから、ってことなんでしょうか。
ずっとスイッチャー使ってきたので「スイッチャー無しVer.の音」を全然聴いてなかったけど、実はスイッチャーって結構音を変えちゃってるのかもしれませんね。

とは言え、まぁぶっちゃけ細かいことはそんなに気にしてないんですけどね(笑)


さて、3月のライブのセトリの中にワウを使いたい曲があります。
原曲の音源を聴くと「ん〜ワウが聴こえるような聴こえないような」って程度なので別に無くてもいいんですが、僕の頭の中ではワウが鳴ってるのでそういうアレンジにすることにしました。
僕史上、ライブでの初ワウです(笑)
IMG_8231
先月ブログで買ったことをご報告してました、ジミヘンモデルminiクライベイビーJHM9です。
大きい(ていうか普通サイズ)のVOXのワウも持ってるんですが、サブボードにはサイズ的に載らないのでこのミニワウを載せることにします!(ワウはボードの外でもいいんですけどね)



IMG_8473
うん、ピッタリです
変にスペースが余ると埋めたい衝動に駆られるので、ボードはこれくらいが丁度いいのかも(笑)


ちなみに、これだけエフェクターが隣接してるとワウを踏みながら隣のエフェクターのスイッチを踏んじゃうんじゃないか、と心配だったんですが、
IMG_8472
ワウは結構高さがあるので、やってみたら全然大丈夫でした(^^)


あと、サブボードに使っている充電式パワーサプライVital Audio VA-R8ですが、
IMG_8366
これを使うとナゼかアンプから「チーー・・・」という高周波が鳴り続けます。。。
昔のブラウン管テレビをつけた時みたいな音って言ったらわかりやすいでしょうか。
厄介なのはアンプの音量を上げるとこのノイズも一緒に大きくなってしまうこと。。。
ちなみに、ずっと愛用してるもう1つの充電式パワーサプライ(Rockboard Power LT XL)に繋ぎ替えるとノイズは出ません。

初期不良かもしれないので、販売店様を通じて代理店様でチェックしてもらうことになりました。
僕の不注意で購入明細書も保証書も紛失してしまったんですが、先日買ったばかりということもあり履歴が残っているため、特別に見ていただけることになりました。販売店様、代理店様、よろしくお願いします!!

結果が出たらまた報告します!



対バンの馴染みのギタリストさん達の足元を見てると、ライブバーなど小さいステージで演る時や、多くのエフェクターを必要としないセットリストの時のために簡易的なサブボードを用意している人が結構多いです。

一方僕は、TPOに合わせていちいちペダルを入れ替えたり組み直すのが面倒臭い(ただの怠慢)ので「どこに行ってもこのボードがあればOK」という万能なボードを目指してきました。

・・・とは言え。
たまにお声がかかる1曲だけのサポートの時だと、いつものボードを持って行くのは億劫。

いや、その1曲の晴れ舞台のために全身全霊かけてきたボーカルさんのことを想うと「億劫」なんて言ったら怒られそうですが、でもふと冷静になると「今日はエフェクター2台しか使わないのに、なんで俺はこんな重いボードを持ち運んでるんだろう?」と思ったりする訳です(笑)
演奏でしっかりサポートすればいいのであって、重い荷物を持って苦労してる姿を見せることが誠意ではないのです!(そこまでは思っていないw)

という訳で、前置き長くなりましたがサブボード製作です!
テーマは「メインボードと同じような音を出せるのに小型軽量」です!


まずは肝心のエフェクターボード
嬉しいことに、ブログの読者さんからプレゼントしていただいたボードを使わせていただきます。
ありがとうございます!!
IMG_8387
ROCKBOARDDUO2.1というペダルボードです!
サイズは横幅が46センチくらい、奥行が15センチくらいです。
これより小さいタイプになると高さが低いのが多いので、裏面にパワーサプライを収納できなくなっちゃうんですよね。


さて、ここに載せていくエフェクターですが、主に家にあった物からチョイスして足りない物をいくつか買い足しました。
その買い足した物が届いてから、ちょちょいと1時間くらいで完成
(数台程度の直列のボードは組むの簡単ですねw!)
IMG_8371
信号の流れは、

ギ タ ー
  ↓↓
Ibanez チューナー BIG mini
  ↓↓
Guernica Poral Star Gain Booster
  ↓↓
Maxon Dual Booster DB10のVintageチャンネル
  ↓↓
Simble Overdrive
  ↓↓
Guyatone Micro Digital Delay MD3
  ↓↓
Maxon Dual Booster DB10のCleanチャンネル
  ↓↓
ア ン プ

です!
新しく買い足しました、アイバニーズのBIG miniという「デカいんだか小さいんだかハッキリしろ」とツッコミたくなる名のチューナーですが、表示も見やすいですし反応も良くて、めっちゃ気に入りました(メインボードのチューナーもポリチューンからこっちに買い替えたい)
同じく今回のために買い足した(前からずっと欲しいと思ってた)グヤトーンのディレイMD3は、余計な味付けがほぼ無く原音をそのまま返してくれる、デジタルディレイのお手本のようなディレイですね!


IMG_8373
裏面はこんな感じですね。
直列なのでパッチケーブルが少ないとこんなにスッキリするんだ!と感動(笑)
メインボードはスイッチャーがあるのでケーブルの数が倍近いですからね


IMG_8366
新導入の充電式パワーサプライ、Vital AudioのVA-R8です。
本当はメインボードの方で使っているROCKBOARDの充電式パワーサプライにしたかった(小さいから)んですけど、サウンドハウスに注文してから数か月、いまだに入荷の目処が立たないらしいです。こいつはフルアイソレートされてるらしいです!


IMG_8370
さて、このボードの横に開いています丸い穴。
きっとパワーサプライの電源ケーブル等を外に引っ張り出すための穴なのでしょう。
現行バージョンにはこの穴は無いみたいなんですが、なにかに使えないかな?


と思いましたら、
IMG_8369
パワーサプライVA-R8のUSB出力がちょうどいい位置に(笑)
という訳で、


IMG_8378
スマホの充電もできちゃうし、USB照明を灯したり、最近よくライブで見るタブレットで歌詞や譜面を表示させる人にも良さそう ^m^


メインボードとの比較は、こんな感じ。
言うまでも無く、上がメインボード、下がサブボードです。
IMG_8377
横幅はほぼ同じですけど、奥行は半分弱ですし、なにより重量は1/3くらい
なんだか、サブボードがメインに逆転する日も近いんじゃないかと思わされます(笑)


IMG_8364
音的にも十分満足できるものが出来ました!
クリーンサウンドはゲルニカ掛けっぱなしで大好きなクリーンができますし、歪みもSimble ODは元々メインのShinos Naughty Brainと入れ替えようかなと一時期思ってたくらい好きな音ですしね(^^)
コチラの記事で紹介したMAXONのデュアルブースターも、思惑通りすごく使いやすいです!



蝶ネクタイをトレードマークにしてる芸能人はうさん臭く見える。
こんにちは、ジナパパです。
さて、

↑↑こちらの記事に一緒に書ければよかったんですけど、たしかこの記事を書いた翌日に入手したエフェクターがありますので、今回はそれを紹介したいと思います。


マクソンデュアルブースターDB10です。
IMG_8355
はい、最近ブースターにドハマリ中です。
デュアルの名の通り1つの筐体の中に異なる2つのブースターを搭載している2in1モデル。
しかもその2つのブースターそれぞれにinputジャックとoutputジャックを備えています!

一般的な2in1ペダルはinputジャックとoutputジャックが1つ(共通)なのが多いので、
IMG_8356
このようにエフェクト,肇┘侫Дト△鷲ず連結することになってしまうのですが、

DB10のようにエフェクト,肇┘侫Дト△修譴召譴妨鎚未離ぅ鵐廛奪箸肇▲Ε肇廛奪箸あれば
IMG_8357
このようにエフェクト,肇┘侫Дト△隆屬吠未離┘侫Дターを繋ぐこともできる訳です!
この図はあくまでも一例ですけど、なんだか考えただけでいろんな使い方が想定できてワクワクしてくるエフェクターです

「ジナパパの図が下手すぎる上にややこしくてよくわからない」っていう方のために簡単に言いますと、要は完全独立のブースターが2台あるのにスペースと電源は1台分だけで済むっていうことですね!この線を引いた部分がギタリストには大切です!


ちなみに、DB10に搭載されている2つのブースターは「Vintage」「Clean」という2種類。
Vintageの方はハイ抑え目ミドルむっちり系ブースターです。
youtubeのデモ動画では気付けなかったですが、「サーーー」というノイズの音が「ホーーー」に変わるくらい なかなか顕著なミドルの変化っぷりです。
一方Cleanの方はフルレンジブースターです。
素直なままに増幅してくれます。

この2種のサウンドの差を利用し、
Vintageブースター ⇒ 他の歪みペダル ⇒ Cleanブースター
という接続順にして、「Vintage側をゲインブースター、Clean側を音量UPブースター」というのが僕は使いやすかったですね(^^)
※ もちろん逆も全然アリですよ!

いや〜、これは有りそうで無かった(あったらすいません)アイデア満載のブースターですね!
目から鱗です。
エフェクトループ付きのエフェクターもたまに見ますけど、それだと完全に別系統の信号経路になりますから、ループに入れたエフェクターはループ外では使えなくなっちゃいますからね。


ちなみに最初このDB10を見た時「スイッチ間隔が狭すぎてライブで踏み分けしにくいだろ」と思ったんですが、よく考えたらきっとこれは「敢えて2つのスイッチを同時に踏みやすくする」ことを想定してるんじゃないか、と思いましたね。ギターソロの時にゲインブーストと音量アップを同時にできるように、みたいな(^^)


前述したように、特にVintageブースター側のサウンドはなかなかにクセのある音なので好みはあると思いますが、ハマればDB10+お気に入りの歪みペダル1台だけでドライブサウンドは完結してしまうんじゃないか、と思わせてくれるブースターです!!



2020年一発目のライブ(と言っても1曲のみのサポート)が先日終わりました。
いろんな意味で「無事に」とは言えない内容だったかもしれませんが、これも経験。これも今後への糧となるでしょう
次回のライブは3月です(^^)

さて、2019年末から2020年1月現在まで、僕の中でブースターブームが到来してます!
IMG_8230
ちなみに「ブースター」とは言いましても僕の場合は歪みをゲインアップするというより、主に「踏みっぱなしでベーシックなサウンドをワンランクUPする!」という目的でのチョイスとなっていることを予めお伝えしておきます。


ちょっと並べる順番がバラバラでややこしいですが、まず真ん中のSimble Predriverから。
89565
ブースター兼コンプレッサー兼エンハンサーという、まさに僕の目的にベストマッチな謳い文句のペダル。ただこいつはつまみが無いため連続可変のレベル調整ができず、常に軽くクランチしてしまいます。惜しい。
音的にはフェンダーの小型ツイードを想起させるようなブリっとしたクランチになります。


続いて買ってみたのが一番左のGuernica Poral Star Gain Booster
489656216
ゲルマというワードに惹かれて購入(笑)。これは前述のSimbleよりもパキっと明瞭なキャラで、つまみがあるのでレベル調整ができます。これでかなり好みのクリーンが作れるようになりました
こいつで味をしめた僕は更にブースターの魅力にハマっていきます。


「定番と言われる物も試しておくべきだろう」ということで2019年最後に購入した機材が、おなじみのMXR MICRO AMPです。定番中の定番であるにもかかわらず、たしか記憶では一度も試した事が無かった
489256526145646526
これは何ていうか、すごく音楽的な音がしますね。派手にパッキーン!キラーン!とはならないので地味っちゃ地味なのかもしれないですけど、ギタリストが好きなところに音を持ってってくれる感じが文字通り「縁の下の力持ち」的な。定番になるのも納得です!
4000〜5000円で買えるっていうのはある意味すごいことかも。MXRサマサマですね!


続いて、MXR繋がりでこれも試しておかねば、ということで買ったMXRとCAEのコラボであるBOOST/LINE DRIVERです。
8521479562
マイクロアンプとの違いが気になって購入したんですけど、誤解を恐れずに言うならこっちの方がキレイめですかね。もうちょっとイナタイ方が僕的には好きです。
キラーンシャラ〜ンとしたクリーンを作りたい場合にはマイクロアンプより良い感じです。
ストラトよりレスポールの方が合いそうな予感。


続いてはTC ElectronicのSPARK mini Booster
9632556
小型ワンノブ繋がりでXoticのEP Boosterと比べられることが多いみたいですね。EPは以前デリさんがお持ちの物を試させていただいたことがありますが、世評としてはTCエレクトロニックの方が明るいとかモダンだというレビューが目立つ気がします。
こいつの良いところは「踏んでる間だけブーストできる」という機能がある点ですね!
曲中でキメのワンフレーズだけ音を大きくするなどで重宝しそうです!まぁ僕個人としてはまだそういう使い方は実戦でやってないですけどね(笑)


続いてはZauber Pedalsの逆ブースター
4532196
これはZauberさんにオーダーして作っていただいた物なので市販品ではありません。
「逆ブースター」と呼んでる理由は、本来これはレベルを上げるのではなく下げることを目的としたペダルだからです。ギター本体のボリュームを下げると音質も変わるじゃないですか。それがイヤな時に3バンドEQで音を整えた上でレベルを下げることができます。1chのアンプやペダルで歪ませておいてクリーンにしたい時にオン、みたいな用途ですね。
とは言えレベルを上げる事も当然できるので、僕の場合はこの3バンドEQ付きのメリットを活かし、歪みの後ろに置いてギターソロ時の音量アップとミドルアップに使用しています。


最後は、謎の自作と思しきミニブースターです。
325854896
ハードオフで2000円ちょいだったはず。
FAT BOOSTとシールが貼ってあるので、きっとFULLTONEの同名ブースターのクローンなんじゃないかと想像してます。GAINツマミはあるものの上げても単体ではほとんど歪まないです。レベルつまみで純粋な音量を上げ、ゲインつまみでは更に倍音感も加えてるような印象を僕は受けました。これもなかなか良いですね〜。


という訳で最近ハマってるブースター7機種でした。
今度スイッチャーを使って比較してみたいと思います。


その他にも、年末年始でなんやかんや買ってる物がありまして・・・(^_^;)
IMG_8231
ハードオフで見つけた、クライベイビーのジミヘンminiワウ
踏む部分の縁取りがメタルでかっこいいので買いました。
これはぜひファズと組み合わせて使ってみたいですね!


IMG_8232
Fenderのピックアップ、Custom'69
これはアビゲイル・イバラさんのサイン入り。まぁサインが入っててもイバラさんご本人が手巻きしてるのかただ監修してるだけなのかは定かではないらしいですけどね。
ちなみに、前述のワウと この69ピックアップでジミヘンファンかと思われそうですが、実はジミヘンのこと全然わかりません


IMG_8233
最後がこれです。Lindy FralinのP92です。
以前JUNTONEさんに作っていただいたハムバッカーサイズのシングルコイルF/G(フロント用)があまりに好みなので、それと組み合わせるリアPUとして面白そうだと思い買ってみました。位置付け的には一応ハムサイズのP90っていうことになるんですかね??
※ 追記
これはレスポールタイプのリアに載せてみたんですが、ちょっと好みじゃなかったかな(狙いとは違ったかな)という感じ。もっと普通のストラトのシングルコイルらしさが欲しかったので、僕にはP92よりもTwangmasterっていう方が合ってたかもしれません。。


という訳で、2020年もスタートからなかなか飛ばし気味の僕なのでした(笑)




2020年もよろしくお願いいたします(^^)

昨年末はクリスマスイブに娘つぐちゃんがインフルエンザにかかり、うつされた僕は仕事納めの前日からインフルエンザにかかり、お正月休みの前半を寝て過ごすという そんな年末年始を過ごしておりました。そのせいもあり、あっという間に正月休みが終わってしまった感じがしますね。。。

そんなこんなですが僕はすでに2020年の仕事も始まり通常運転です!

さて、そんな年末に1通のダイレクトメッセージを頂戴しておりました。
内容は↓↓

「拝見していく中で、かなり凝ってこだわられていた機材関係を一新されて、比較的安価で手に入りやすいものに変遷されたのはどのような心境の変化であったのか疑問に思いました。もしよろしければそのような内容のブログもぜひ拝見したいです。これからも楽しみに読ませていただきます。」

↑↑という内容です(^^)
50代のT様、DMありがとうございます!!

たしかに以前の僕は我が家に「機材部屋」があり、たくさんのギターはもちろん、ビンテージマーシャルをはじめ真空管アンプやスピーカーキャビネットをたくさん積み上げておりました!

それが今や機材部屋は無くなり、寝室の片隅にメインで使うアンプ1台とエフェクターボードを置き、ギターはスタンドの数より増やさないという自己ルール(たまに破るが増えた分はすぐ売るので帳尻が合うw)を課しています。


文章じゃピンとこないかもしれませんので、写真で表現しますと、
8cbd4f09
b3579b88
以前はこんな感じだったのが↑↑↑

今はこんな感じです↓↓↓
IMG_6200
だいぶ小さいシステムになりました^m^

変化した大きな原因は2つあります。

1つ目は、機材部屋を子供部屋にしたということ。
子供2人がある程度大きくなってきたので、それぞれに子供部屋を与えるためには機材部屋を潰して子供に明け渡す必要があったんですね〜。つまり物理的にアンプ達の置き場所が無くなったという訳です

2つ目は、バックバンドという形で雇ってもらうようになったということ。
(ちなみに部屋に大型のアンプを並べていた頃の僕は一切のライブ活動をしていません)
自分のバンドじゃ無いので「次のライブはこれこれこれ(曲)を弾いて」とオファーをもらう訳ですが、曲はロックやポップスはもちろん、昭和歌謡やそれこそ演歌まで幅広いジャンルを演ります。そのぶん使うギターの音色数も多く「Marshallアンプの歪みにブースターだけでイケる」っていうようなシチュエーションは・・・まず無い!(^_^;)
なので、現場のアンプが何であろうとも数々の音色をエフェクターで切り替えられる状態にしておいた方が僕的には勝手がよかったのです(^^)
だから、アンプではなく足元を充実させるという思考に変化しました。

そんな状況下に置かれた時、ふと「高価な真空管アンプをたくさん持っていても今の僕にとっては宝の持ち腐れだ」と気付きました。もちろん自己満足という理由だけで所有しておいてもいいんですが、前述のようにちょうど機材部屋が無くなってアンプの置き場所も無くなるタイミングで、思い切ってドバっと放出しました!

後悔は一切無く、むしろ僕はタイミングが良かったと思っています。

というのも、丁度そんな頃からNUTUBEを使った小型アンプなどが台頭してきたり、各社からアンプシミュレーターがたくさん出て我々ユーザーも非常に選択肢が増えました。モデリングのクオリティもかなり上がり、ヘッドフォンを繋いでの練習からPCに直接繋いでのレコーディング、そしてそのままの設定でライブまでイケるという機材も相当増えてきました。小さいペダル型の真空管プリアンプも流行りましたね。「なんでもできます系」のあまりに複雑な機材は苦手ですが、それでも僕もかなりそれらの機材の恩恵にあずかりました。
それに伴ってか、高出力で大型の真空管アンプなどの中古相場はかなり下がりました。
「一昔前に比べればこんなに安いのにまだ売れ残ってるんだ…」っていうのが今は結構ありますもんね。。。僕はギリギリで以前までの相場で処分できた世代だと思います。

とは言え、やっぱり今でもスタジオで大きな真空管アンプをガツンと鳴らすと「やっぱりこれだわ!」と思うことは多々あります。結局、耳や体に馴染んでいる音はデカい真空管アンプから発せられる音だったりしますからね!
でもライブをやればやるほどに「重要なのは音の良さじゃなく演奏だ」と痛感します。オーディエンスにとってはアンプが真空管かソリッドステートかなんてどうでもいい。かつての僕はそれこそプラシーボレベルの細かい音の違いにも執拗にこだわってきましたけど、バンドで「せーの」で音を出した瞬間そんな小さいこだわりは無残にも掻き消され、ひたすら演奏の良さを求められます。そして、演奏が良ければ音も良く聴こえるし、逆に演奏が悪ければどれだけ素晴らしい機材であってもいい音には聴こえません。
なーんて偉そうに言ってますけど、リアルな話、他のサポートギタリスト仲間や先輩方などに比べて僕の演奏力はまだまだなので、今は機材にうつつを抜かしている場合じゃないと自分に言い聞かせてるんですよ

もちろん、だからと言って「機材なんて何でもいい」とまでは言いません。でも今の時代 普通にお店に売ってる機材であれば「なんじゃこの音ぜんぜん使えねぇ」っていう粗悪な商品はありませんからね!好みはあれど(^^)

かなりカッコいい書き方をしましたけど(笑)、そういう意味では機材熱はかなり下がったと思います。まぁ、あくまでも「以前の僕に比べれば」っていうことであって、通常レベルから見れば今でも結構な機材厨だとは自認してますけどね・・・^m^
機材の中でも興味の対象は変化しましたよね。

こんな感じで回答になりましたでしょうか?(^^)
いずれ子供が自立して部屋が空いたら、また機材部屋が復活して大型アンプが所狭しと並んでいるかもしれませんけどね ^m^



当記事は、一応コチラ↓↓の続きってことで書かせてもらいます。


微熱があるまま予約してたインフルエンザの予防接種に行きましたら案の定「7度5分以上あるので打てません」と言われてしまい、それどころか2時間待ってインフルエンザの検査を受けて帰ってくるという予想だにしない展開に・・・(結果は陰性でしたが)。
師走で多忙な中、移動含めて半日仕事に穴を開けた代償はあまりに大きかったです。。。
まぁ、体を壊したままだともっと穴を開けてた危険性もあるので、
結果オーライとしましょうかね(笑)


さて、上のリンク先に書きましたようにSimble Predriverという良いペダルに出会った訳ですが、実はずっと僕の心の片隅に鎮座し続けるペダルが。
IMG_6397
まんなかに写ってます、LOVEPEDALのTCHULA(チュラ)です。
チュラの中でもゲルマニウムが使われているという「ブラックマンバ」と呼ばれるバージョンですね。これがもう掛けっぱなしのプリアンプとして最高なんですよ。オンにした時点で歪んでるので、どクリーンを作るにはギターのボリュームを7〜8くらいまで下げることになるんですが、そうやって作るクリーンがまた素晴らしい!!

・・・ただ、ディストーションからクリーンまでフレキシブルに手元で操作するタイプの人なら良いんでしょうけど、僕みたいに歌謡曲やポップスをやってて瞬時にクリーンからディストーションを行き来する必要のあるスイッチング人間(笑)にとっては、やっぱり歪まないでいてくれた方がなにかと勝手がいいんですよね。歪みは要らない、ブラックマンバのその音質だけをくれ!みたいな(笑)

そういう訳で、何か代わりになる物はないかなーといつものようにデジマートを見ていたら、気になるペダルが目に入りました。
IMG_7426
GUERNICA(ゲルニカ)のPoral Starというブースターです。
なんで気になったかと言うと、これもブラックマンバと同じくゲルマニウムを使っているらしいということで。知識が無いもんでそんな安易な理由です5500円と安かったというのも理由ですね^m^

で使ってみましたら、これがまた素晴らしい
誤解を恐れずに言うなら、歪まない設定にもできるブラックマンバみたいな感じ!こいつもギターのボリュームを下げてもハイが落ちるのが気になることは無く、またストラトでハーフトーン時に音が引っ込まないのがとても好印象です

あと低音が素晴らしい!!説明には「6弦の周波数に被らない低域」的なことが書かれていまして、そのためかどうかはわかりませんが「ボワ」っとしたブーミーな低音がまったく無くて「ズン!」という歯切れのいい重低音がしっかり出てくれます!!

これを入手してから僕はギターのボリュームとトーンは8〜9くらいがデフォルトになりました。それを基準に音を作って、ハーフトーンの時やガツンと行きたい時のために10まで上げる余裕を残しておく、みたいな考え方ですね(^^)
なのでギターのボリュームを10にした時は敢えて「強く弾けば軽くクランチする程度」にツマミを設定しています。ブラックマンバのデフォルト値よりも少し低いゲインっていう感じですね。また、バンドの中だと、どクリーンではなく軽く歪んでるくらいが抜けますしね。


さて、このPoral Star。
良いし安いし予備が欲しい!っていう運びになる訳ですが、なにやらこのブランドのエフェクターはデジマートやヤフオク等で検索しても全然ヒットしないのです。日本の下町のブランドってことなのですが、もう無いのでしょうか。。。
そんな時、デリさんがデジマートに出てきた直後に教えてくれたので無事に2台目GET
デリさん、ありがとうございました v(^^)v


というわけで「続・ペダルボード2019冬」です!
IMG_7477
完成した感があります!!
って言っても当たり前のようにどんどん変わるんでしょうけどね(笑)
読んでくださっているかたもきっと1カ月後くらいには1〜2個くらい入れ替わってても不思議じゃないと思ってるはずです^m^





すっかり冬景色になりました札幌。
1週間以上前から治らない風邪に悩まされ続けたまま、これから予約してたインフルエンザの予防接種に行ってくる前のちょっとした空き時間にブログ更新です。この体調(微熱あり)で予防接種打ってくれるんだろうか・・・??

さて、Simble Predriverのご紹介です。
IMG_7428

Mad Professor Simble Predriver FAC プリアンプ/ブースター/コンプレッサー/エンハンサー ギターエフェクター

価格:24,640円
(2019/12/4 12:31時点)

デザインを見てお察しのようにマッドプロフェッサーが販売しているようですが、ブランド名はシンブルというようです(素性はよくわからん・・・)。

公式の説明を要約すると、
こいつはコンプレッサーでもあり、ブースターでもあり、エンハンサーでもある
とのこと。

・・・いやいやちょっと待って。

僕が真空管アンプのクリーントーンに求める「ちょっと歪んだ感じから生まれるチューブコンプレッション感と、キラっ!としたクリーン」がこれ1台で作れるってことじゃありませんか!?

これは買わねば!と思っていたところ、実はがちゃさんがこれをお持ちだという情報を入手しまして(笑)、早速ご本人にお願いしてお借りしました^m^
いつもありがとうございます!!

使ってみた感想としては、なかなかいい感じですね!
たしかに真空管アンプのパワー管が軽く歪み始めたあたりのサウンドをよく再現していると思います。僕の印象としては、フェンダーアンプの、それもツイードのブリっとした歪み方をしてるように思います。要はシャキ!キラキラ!っとした音じゃ無いです(エンハンサーって書いてるのにね)。なのでハムバッカーで使うとちょっと低音がブーミーになるのは否めないですね。どっちかと言うとストラトに合うと思います。

完全なクリーンにするにはギターのボリュームを下げることになるのですが、その場合はこれまたがちゃさんからお借りしているLOVEPEDALのTCHULA(のブラックマンバ)の方が積極的にボリュームを弄りたくなる音をしてますね〜。あくまでも比較したらの話ですよ。

僕は、ギター単体で1人で弾いてる分にはブライトでシャキっとした音にしがちですけど、バンドでは「要らない帯域」「必要な帯域」っていうのが最近だんだんわかってきて、そういう意味ではこのSimble Predriverはきっとバンド内でのギターに必要な美味しいところがグっと出てくるだろうなっていう感じがします(^^)

という訳で自分でも早速購入して、ボードにIN!・・・したのですが、
なんとここで伏兵が登場!!
それに関しては改めてブログにします。カミングスーン!!

・・・病院いってきます。


※2019.12.10追記
続きはコチラ」です!





最近お友達のおかけで様々なペダル達を試す機会に恵まれ、ペダル熱がふつふつと燃え上がっております。ゴールなど無いですしね。ペダルの数だけ夢とロマン(と沼w)がありますからね!

ちなみにこれが、11月頭のライブ時のペダルボード↓↓
必要最低限に収めた、ここ数年ではもっともシンプルなボードと言ってよいでしょう
IMG_6772
重量も軽いし、音も良いし、大満足!!
・・・なのですが、冒頭に書きましたように ちょうど同時進行でお友達からたくさんのペダルの名機たちをお借りして試していたので、実は心の中で「あれも載せたい、これも載せたい」という候補はあったんです(^_^;)

そういう訳で完成した、ペダルボード2019冬バージョンがこちら↓↓↓
IMG_7211
組んだ自分でも気持ちいいくらいにピッタリ
パズルのように詰め込まれているのですごく増えたように感じると思いますが、実際の数としては2台増えただけです。ビッグマフがデカすぎるせいもありますね^m^

増えた物1つ目は、ボード最前段に繋いだSimble Predriverです(オレンジ色っぽいやつ)。
最近、ライブではハイファイでレンジの広いサウンドよりも、ある程度ローファイな方が好きというかバンドの中で扱いやすいと感じてるんですが、そんな僕にこのSimble Predriverはいい仕事してくれるんですよ。これについては改めてブログに書きます。

Mad Professor Simble Predriver FAC プリアンプ/ブースター/コンプレッサー/エンハンサー ギターエフェクター

価格:24,640円
(2019/11/24 12:12時点)


2つ目は何と言ってもビッグマフのラムズヘッド
これはもう本っ当に気持ち良くて、ラムズヘッドを鳴らした後にいつものディストーションやオーバードライブを鳴らすとめちゃくちゃ物足りなく感じてしまうという 凄まじい中毒性をもったサウンドです・・・!

ELECTRO-HARMONIX Ram's Head Big Muff Pi ファズ ディストーション エフェクター ラムズヘッドビッグマフ

価格:13,200円
(2019/11/24 12:13時点)

↑ちなみにこれは最近出たリイシュー。

IMG_7212
余談ですが、しばらく怠けていたプラグやジャックの清掃も同時にやりました。
気付いたらジャック部分で接触不良を起こしかけててガサゴソ言うことありますからね!


下手なりにもギターを弾いてきた正味18年ほどの年月の中、
「ファズ」というカテゴリーの機材を買ったのは記憶だと1回だけ。
しかし僕には使いどころがわからず、すぐ手放した記憶が。。

ところが最近、デジマートなどを見ていると

Electro Harmonix 《エレクトロ・ハーモニクス》 Ram's Head Big Muff Pi【あす楽対応】

価格:13,570円
(2019/11/21 11:20時点)

↑ 最近リイシューが出たようで、この「ラムズヘッド」がよく出てきます。
なんとなく動画を観てみると、リードサウンドはメロウで色っぽいし、僕がファズに抱いていた
「ブリブリに潰れる」「ブチブチ切れる」ということは全然無くコード弾きでも「太くて音圧のあるディストーション」っていう感じがして好印象

・・・まぁ、ファズに対してディストーションみたいと言ってる時点でファズのことをわかってないとお叱りを受けそうですが

そんな時、たまたま市内のリサイクルショップで出会ってしまいました。
IMG_7185
ラムズヘッドです。それも最近デジマートでよく見るリイシューではなくビンテージ!ファズに明るくない僕でも普通は7〜8万円、状態次第では10万超えたりするのは知ってました。
・・・が、つけられた値段は前述のリイシューに毛が生えた程度! (゜o゜) ラッキー

すぐセブン銀行に行ってお金おろして買いました^m^

ところが「轟音」と言われるラムズヘッドなのに音が小さい。
なんならバイパス音よりも小さい。
これはおかしいということでZauber Pedalsさんに診ていただきましたら「出口のコンデンサを1個交換しただけで完了」ということで瞬殺で直していただきました!


GVMH1791
という訳で無事に直していただいたラムズヘッド。
ちなみに1976年製。僕の2歳上です。
トランジスタは2N5087が載っていますね。
音は、ほんと「轟音」です・・・!!
アンプの前に音の壁ができるたかのような普通にコード弾きするだけでも気持ちいいし、やっぱりリードを弾いてもメロウで艶やかなサウンドがすごくいい感じです!ローゲインでも思ってたより使える音です(^^)

さっそくボードに載せようと思います!・・・が、デカい(笑)




近年のディレイって、すっごい高性能ですよね。
数パターンのディレイサウンドをプリセットできて、しかも外部スイッチャーに繋いでMIDI制御できるとか当たり前の世界ですもんね。タップスイッチとかモジュレーションスイッチとかが付いてるだけで「おおー!」とか言ってた時代が懐かしい。。。w

VHLR4370
JHS Lucky Catです。

JHS PEDALS Lucky Cat Delay

価格:33,440円
(2019/11/20 13:04時点)

たぶん人生で通算4台目くらいのディレイです。
このペダル検証シリーズがもう111回目を迎えた中で8〜9割くらいが歪みモノというところからも、いかに空間系やモジュレーション系なんかを僕が後回しにしてきたかが伺えるようです。

とは言ってもディレイに目覚めたっていう訳ではなく、ただ単に猫の絵がかわいいディレイを見つけてしまったというのが購入理由だったりします(笑)
かわいい。。。
IMG_7128
いくらネコがかわいくても、今まで使ってたディレイと機能も音も変わらないならわざわざ新調する意味はありません。このたび見つけたかわいい猫ちゃんのディレイには、タップスイッチがあったり、ヤマビコが徐々に歪んでいくテープエコーモードがあったり、テンポに対してヤマビコが返ってくる音符の長さを選べたりっていう「必要に迫られた訳では無いけど あったらきっと使えるんだろうなっていう機能が搭載されてるが 決して多機能すぎて難解ではない」というのが気に入ってポチりました。
冒頭に書いたようなMIDI制御とかプログラミングとかそういう機能はありません。

ディレイの音なんて僕にとってはどうでもいいっていうか、正直、何が良くて何が悪いかなんてよくわかってないんです、はずかしながら

僕はライブでも、ディレイはギターソロやアルペジオで広がりを加えるような使い方くらいしかしないんですが、せっかく付点8分とか選べる機能があるので、付点8分ディレイというのをやってみました。
前半がオフで、後半がオンです。



いやー、
簡単なアルペジオでも複雑なプレイをしてるように聴こえるので得した気分になりますねww
これは楽しめそうです!



このページのトップヘ