ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

最近ペダルを多少入れ替えたのですが、新導入したペダルが既存のペダルと相性が悪いせいか、高周波ノイズのようなものが出るようになってしまいました。

おかしいですねぇ
使ってる某充電式パワーサプライは「オールアイソレート」という触れ込みなんですが。
実はこの某充電式パワーサプライ。以前も組み合わせによってノイズが出てイヤになって手放したんですが、そんな経緯を忘れてまた買ってしまったのです。でも大丈夫だったのでしばらく使ってたんですが、やっぱ相性次第ではダメみたいです(汗)
見事に、同じ轍を踏みました。


で、新たに導入したパワーサプライがコチラです!
IMG_E4611
FREE THE TONEPT-3Dです!
想像してたより一回りくらい小さくてビックリしました!
ヘアライン加工された筐体も高級感があっていいですねー。


早速、いつものペダルボードROCKBOARD DUO2.2に設置!
IMG_4612
いやぁ、設置場所がピッタリなのもさることながら、


IMG_4613
IMG_4614
アダプターの入力端子もちょうど穴が開いてる所にあるので、まるで専用かのようです(笑)
たまたま偶然ですが、これはいいもの選びました

気になっていた高周波ノイズも完全に消えました!!
これだけで大満足なんですが、それ以外のノイズも全体的に小さくなりました(゜o゜)
大袈裟な言い方かもですが、僕のシステムは本来はこんなにノイズが少なかったんだなと…!
PT-3Dはアイソレートされているのは出力8口のうち2口だけですからね。
こうなるといよいよ某充電式パワーサプライのオールアイソレートとは一体・・・(汗)

あと、心なしかハイが良く出るようになったような、歪みの質が細かくなったような、そんな感じもします。ほぼ同時期に同機種を使い始めたデリさんも同じ感想を言っていたので、あながち間違えていないと思います。


という訳で、ペダルボード2021秋、完成です!
IMG_E4616
前回のライブで使ったまま載せっぱなしになっていたフランジャーを外した他、コンプレッサーと入れ替えでTricolorsのBlue Magpieを導入。


IMG_E4617
新導入した一番右のBlue Magpieは歪み物ですが、ほぼクリーン設定にして常時オンにしています。ブーストはしてませんが、位置付けとしてはEPブースター常時オンみたいな感じと言えばわかりやすいですかね。でも歪み物ですから、ゲインを上げて歪ませて使うことももちろん可能です!

Tricolorsブランドで固められた歪みセクションは今まで通りです。
ここはめちゃくちゃ気に入ってるしライブで何回も使ってて信頼しまくっているので、よほどのことが無い限りは変わらないと思います。


IMG_E4618
このCBM535ARというクライベイビー
自動でペダルが戻るオートリバース式なので強力なバネが入っており、新品で買った時からそのバネがギコギコと大きい音を発してたのですが、バネにクレ556を吹きかけてみたら一瞬でギコギコ音が消えてくれました(笑)
新品購入時から出てた音だから、そういうもんなんだと思っちゃいますよねー(^_^;)


IMG_E4620
ボード向かって左側はSuproトレモロBOSSハーモニストZauber Pedalsディレイです。


IMG_4619
忘れてはならない、ノラネコぐんだんフィギュアも鎮座。


IMG_E4621
フリーザトーンのパワーサプライでノイズ問題も想定してた以上に解消されたし、ペダルボードも最近は大幅な入れ替えがほとんど無くなって微調整程度で洗練していってる感があります!
まぁそれには「直結で最高なクリーンが出るアンプがある」という土台ができていることも、非常に大きいですけどね!


Free The Tone フリーザトーン PT-3D DC power supply【送料無料】

価格:20,900円
(2021/10/15 12:18時点)



コチラ↓↓で紹介しておりました、Zauber pedalsのディレイ「Abyss」のモディファイ品



ザウバーペダルスのレギュラー商品であるアビスというディレイに、僕の希望でミッドブースターを搭載してニコイチにしていただいた物です。ライブでギターソロの時、ディレイを掛けるのと同時にミッドブーストして抜ける音にしたいからです。

ザウバーさんと打ち合わせしながら脳内シミュレーションは完璧だった(笑)んですが、やっぱりこういう機材は実際に触って音を耳で聴いてみなきゃわからないものですよね。使うに当たってすぐに「もっとここをこうしたい」という欲求が出てきちゃいました。
ザウバーさんも「せっかくモディファイのオーダーなのですから満足されるまでやらせていただきますよ」と心強いことを言ってくださったので、僕もお言葉に甘えて希望をガンガン伝えさせていただきました!


IMG_E3471
アビスとしてのディレイの部分には不満は微塵もありません。
そもそもアビスが好きじゃないならミッドブースターを載せようなんて思わないですからね
改良していただいたのは「ミッドブースター」の部分。

まずこのミッドブースターは、某ハイエンドメーカーのギター本体に組み込まれているブースターを基にして作っていただいてます。ということは信号の流れ的には「最前段」にあることが前提で設計されたミッドブースターです。

しかし僕はこれをディレイに載せてもらいました。ということは信号の流れ的には「最後段」に来てしまうのです。

勘の鋭い方ならお気付きですかね。
EQは歪みの前だと自然に掛かりますが、歪みの後ろだと効きが強くなりますよね。本来前段にあることを想定して設計されたEQなら尚更です。つまり僕がディレイに載せてもらったミッドブースターは「効きすぎた」のです。

ローからミッドが膨らんで大袈裟に言うとボワボワになった音が、さらにディレイで繰り返されることによりボワボワにボワボワが加わる・・・という状態。

そこで大きく以下2点の改良をしていただきました!!
.潺奪疋屐璽好箸垢訛唹茲鯀澗療にハイ側に移動
原音だけミッドブーストし、ディレイ音はミッドブーストしない

です!

,離船紂璽縫鵐阿亡悗靴討魯競Ε弌爾気鵑離札鵐垢砲任せです!
△亡悗靴討蓮⊇祥萃未蠢澗里鬟潺奪疋屐璽好箸気擦蕕譴訐擇蠡悗┘好ぅ奪蘇佞!


で、完成したのがコチラです!
IMG_4139
ミッドブースター関連の2つのツマミは僕の希望で赤にしてもらいました(^^)
これ、デザイン的にはめっちゃ正解だったと自画自賛(笑)

まだライブで使ってはいないので実戦投入したらまた新たな欲求が出てくるのかもしれませんが、現状ではもう大満足です!!

ミッドブースターの帯域を上にズラしてもらったことで低域に干渉しなくなり、ボワボワ+ボワボワ+ボワボワ・・・といった現象がまず解消。これだけでほぼほぼ大満足!!
なのですが、内部DIPスイッチでミッドブーストを原音にだけ掛かるように切り替えてみると、いい意味でディレイ音の存在感が薄まって非常にちょうどいいです!これはそもそもアビスがビンテージテープエコー系で丸いディレイ音なので、さらにミッドを膨らませるような方向にはしない方が良かったと言うことなのでしょう!


この動画↓↓は別の記事にギター紹介として載せたものですが、Abyss mod.を使っているので改めてこの記事にも添付します。
最初はディレイもミッドブーストもOFF。
14秒からディレイとミッドブーストを同時ON。
29秒からディレイのみONでミッドブーストはOFF。
です。

いやぁーもう素晴らしいです!!(ジナパパ比)
ザウバーさん本当にありがとうございました!!!


・・・で、実はさらにお気に入りポイントがあるんです。
IMG_E4140
なんと消費電流たったの34mA・・・!!
充電式パワーサプライを使っている僕にとっては消費電流は結構切実な問題なのです。だって、これまで使ってた某ディレイは消費電流270mAでしたからね(汗)




見つけてしまいました。マスターボリューム的に音量アップができるディレイを!
IMG_E4218
T-REXEmmiE DELAY/BOOSTです。

僕はライブでギターソロを弾く時、ディレイONと同時に軽く音量アップもします。そういう場合「ディレイとブースターを踏む」というのが一般的なんでしょうけど、そこに更に歪みエフェクターを踏む、とか、コーラスを踏む、といったアクションが増える曲ではスイッチャーがあるなら余裕ですが直列ボードだとなかなか厳しいです。

なのでここ数年はブースターが搭載されたディレイを探して選んできました。
ディレイを踏めば一緒に音量も上がってくれる、的な。
・・・が、そういう機種ってなかなか無いんですよねー(涙)


で、見つけましたのが今回のEmmiEです。
IMG_E4219
横にLEVELツマミが付いています。
2wayスイッチもあり、「NORMAL」の方がBOOST OFF状態でLEVELツマミは効かず、
「BOOST」の方がBOOST ON状態でLEVELツマミが効くようになります。

で、これ実際に使ってみてわかったことなのですが、このBOOSTは音量アップできるだけじゃなくサウンドのキャラそのものもかなり変化します。どう変化するかというと、ハイの角がとれて丸くなりロー〜ミッドをブーストしたような太いキャラになります

エコープレックス系のブーストを狙っているような意図を感じますねぇ。
これってまさにギターソロ向けチューニング

ギャリっとした帯域がもうちょっと残ってくれたらもっと好みだった気もしますが、現状でもかなり僕が求める「ギターソロの時に踏みたいディレイ」でした!
欲を言うなら、1曲の中でブーストON/OFFしたい時のためにトグルスイッチ式ではなくフットスイッチだったらなお良かったんですけどねー。


ブーストOFFの音にも触れておきましょう。
基本的には、ドライ音は原音に忠実で、ディレイ音は軽くシャリっとしています。
大別するとおそらくテープエコー系になると思うんですが、ディレイ音のピッチが変化していったり歪みが加わるといったところまでは行かず、軽く1段階くらいはピッチが微妙にズレるもののフィードバックの回数を経てもそれ以降はほとんど変化しないタイプです。
エイジド具合まで再現した忠実なテープエコータイプも好きですけど、僕が演るポップスや歌謡曲などで実戦投入するならこれくらいが丁度良いのかも、と思わされますね(^^)


そして音とは関係ない部分ですが、
IMG_E4221
LEVELツマミが動かないようにプッシュで本体に格納される仕様が親切設計ですね!




もう一週間前になりますが、デリさんとスタジオで遊んできました(^^)
IMG_3320
タイトルにも書きましたこのローランドのブルースキューブステージをデリさんが購入されたので、大きい音で試す機会に同席させていただいたのです。
いやぁ。デリさんとは付き合いが長いですが、デリさんがマイアンプをスタジオに持ち込まれるのは記憶する限り数年前のVOX Lil Night Train以来2度目でしょうか!


IMG_3349
このアンプに合わせて組んだというペダルボードと合わせて鳴らさせてもらいましたが、クリーンが非常に良い!!何をもって真空管アンプの音なのかって話なのでむやみに「真空管っぽい」とは言いたくないですが、でも言わせてください。真空管アンプっぽいですww

軽く歪み始めるくらいのクリーンとクランチの境目あたりが非常に美味しい!
基本的にはキラキラっとしてるというよりはブルージーな方向性だと感じます(さすが “ ブルース ” キューブっていうだけあって)。
でもブライトスイッチ的なスイッチをオンにすればシャキ!っとしたサウンドにもなります。
あと、ブーストスイッチは別にブーストさせる目的が無くともオンにしてた方が音の密度が増す感じがしましたよ(^^)

一方、歪みチャンネルは結構クセがありますね。ブーミーに潰れるような歪み方といいますか。
歪みペダルでブーストするとより顕著になるので、ある程度のゲイン量が欲しい時は歪みチャンネルをペダルでブーストするより、クリーンチャンネルに歪みペダルの方が汎用性が高い歪みになる気がします!もちろんペダルとアンプの相性が重要なのは言うまでもないですけどね。


ちなみにスタジオで写真は撮り忘れてしまったんですが、僕は、
IMG_2120
このYAMAHA THR100HDを持って行きました。一応、真空管アンプのモデリングという意味ではブルースキューブと同じような位置づけのアンプなので聴き比べてみよう!と思って持ち込んだのですが、これを繋ぐキャビがMarshall 1960Aしか無く、そのキャビとの相性が良くなくて
家でいつも気持ちよく鳴らしてるようなサウンドが全然作れませんでした。。。


あともう一つイベントがあり、それがこのBOSS SD-1とIbanez TS-9の聴き比べです!
IMG_3319
このツイートにも書いたように、
.痢璽泪襪SD-1
Jan Rayのオペアンプに交換したSD-1
5SD-1W
ぅ痢璽泪襪TS-9
Jan Rayのオペアンプに交換したTS-9

という5台の弾き比べを敢行!!

SD-1Wは見た目でSD-1Wだってわかりますが、他の4台はどれがノーマルでどれがジャンレイオペアンプに交換した物かは外観からはわかりません。そんな半ブラインドチェック状態でデリさんに弾き比べしてもらったんですが、なんとデリさん全問正解
やはり定番と呼ばれる2機種のサウンドは耳に焼き付いてるから、それが変化すると気付けるものなんでしょうか。にしてもさすが!凄い!

サウンドに関しては、当たり前すぎて言うのも憚られますがジャンレイのオペアンプを載せたからといってジャンレイの音には全然なりません(笑)
ちょっとはジャンレイっぽくなるね!・・・っていうことも全然ありません(笑)
面白かったのが、SD-1にジャンレイオペアンプを載せるとTS-9に似ました(゜o゜)
TS-9にジャンレイオペアンプを載せると・・・音が固くなってチューブスクリーマーらしさ(美味しさも含め)半減っていう感じでしたね(私感)。

実験としては非常に興味深かったし楽しかったですが、やはり歴史的名機たちの偉大な設計者がチョイスしたオペアンプのままで鳴らすのが一番素晴らしいということなのでしょうか
勉強になりました!!


あとこの日の収獲として、、、
IMG_3323
僕のGibson ES-330を弾いたデリさんに、帰る頃には「金策していつか330を買う」と言わせるまでドハマリさせたことでしょうかww




このブログの過去記事を遡って見てみると、エフェクターについて書くのは約4か月ぶりでした。
ここんところペダルボードが一切変化していませんでした。というのも、今のボードがめちゃくちゃ気に入ってるので変える必要が無かった上、あまりに満足してるのでエフェクターを買うことも無かったのです。

ただそんな中、実は水面下で着々と進んでいたあるプロジェクトがあったのでした^m^
それがコチラ!!
IMG_E3471
Zauber Pedalsさんに作っていただいたディレイ『Abyss mod.』です!
このアビスというディレイ自体はザウバーペダルスさんのレギュラー品なのですが、僕はそこにミッドブースターを搭載していただくようオーダーしました!

↑このツイートにも書いたように、僕はギターソロの時に
.妊レイをON
音量をアップ
ミドルをアップ

したいんです。それもスイッチ1つで一気に。

スイッチャーを使っていれば、ディレイ、音量ブースター、ミッドブースターの3つを繋いで同時にONするプログラムを組めばいいんですけど、直列派の僕はそれらを同時に踏まなきゃいけません(物理的にはなかなかに無理アリ)。

そこで、まず元々マスターボリューム(厳密にはインプットゲイン)が搭載されているアビスにミッドブースターを追加してもらい、ニコイチペダルにしていただきました!これで前述の´↓が全て解決という訳です!

さらにミッドブースターに素晴らしい工夫が!(これはZauber Pedalsさんからのご提案)
ミッドブースターって欲しいところまでミドルを上げると相対的にハイやローが凹んでしまいコモったり腰高に聴こえたりする嫌いがあるので、ミッドブースターを通していない原音を鳴らした上でそこにミッドブースターを通った音を並列にブレンドしていく、という回路になってます!
ミッドはギターサウンドに非常に影響が大きい帯域なので、ちょっとでも上げすぎるとキャラ自体かなり変わります。その点この並列でブレンドされていく仕様は原音を活かした上でさり気なくミッドを加えていけるのでかなり良いです!

もちろん、ミッドブーストしないでディレイだけONもできます
刺さる人は多くは無いかもしれませんが、僕のスタイルとしてはかなりライブユースなディレイを作っていただけて大満足です!
Zauber Pedalsさん、いつもありがとうございます!






Zauber Pedalsさんからペダル3機種を試させていただきました!
ありがとうございます!

まずは、歪み物のScream Queenからです!
IMG_0314
「スクリーム」という名前から想像できるようにTS系の歪みだそうです!
僕はオーバードライブとディストーションの境界線を未だによくわかってないんですが、こちらはディストーションと呼んでも差し支えないくらいに深く歪みますね!
で、パンチーなゴリっとしたハイミッドが出てきて、歪みの質もフェンダーのツイードアンプ的というか、スピーカーがバリバリと割れるような感じ(特にローゲイン設定の時)というか。
正直TSの要素はあまり感じることができなかった(汗)んですが、これはこれでハマる人にはハマるんだろうなーという印象です。


続いても歪み物のIgelです。
IMG_0315
こちらも結構深くまで歪むディストーション的な歪みで、ゲインを上げるほどに低域がモリモリっと増してくる感じはまさにRATを彷彿とさせます!でもIgelは2バンドEQに加えてコンツァーでミドルの具合も調整できるので、かなり痒いところに手が届く感じがしますね!
RAT実機はローゲインにすると低域が弱くなってしまい、逆にハイゲインにすると要らない低域が出てきて邪魔な時がありますから、このEQコントロールはありがたいです!
基本的にかなり主張の強い音なのでギターソロに良さそうですが、バッキングではコンツァーでドンシャリ気味にすればオケにも馴染みそうです(^^)


最後はディレイのAbyssです。
IMG_0316
デラックスメモリーマン的な、テープエコーっぽいディレイです!
温かみのあるディレイ音のピッチがどんどん不安定になっていくような感じって言えばいいんですかね。それに加えてなかなかにクセの強いモジュレーション(コーラスorヴィブラート)を付加できるんですが、基本の音質が温かくて馴染みがいいためかMODつまみ9時くらいまでは意外とどんな場面にも使えるようなモジュレーションの掛かり方をしてくれます。
で、ディレイと原音の音量バランスの他に「全体のレベル調整」もできるので、ギターソロの時にディレイをオンすると同時に音量もアップさせる、みたいな使い方ができます!これが僕がディレイに求めるすごく大きい要素で、めちゃくちゃポイント高いです!しかもレベルを上げた時の音質もちょっとキラっとしてすごくいい感じです
これはたぶん買います(笑)


各ペダルをオンオフしながら、思い付きでサラっと弾いた動画をアップしておきます!

良さが伝われば幸いです(^^)





ペダルボード2021年春バージョンの記事、先日書いたばかりなのですが・・・↓↓↓


今回、エフェクターのラインナップは変わらないもののボード自体を新調しました(^^)
IMG_0157
これまでも愛用してきたRockboardというブランドの、
今回新たに導入したのはDUO2.2というボードです!
なぜかDUO2.2は日本に正規に入って来てないようなので、Zauber Pedalsさんに海外から取り寄せていただきました!ありがとうございました!
こちら、横幅61センチ、奥行15センチくらいです。

めっちゃキレイにベルクロ貼ったでしょ^m^


これが前回組んだボード。
IMG_9534
リハで使ってみて、BOSSのハーモニストがめっちゃ踏みにくいことに気づきました(汗)
次回のライブでハーモニストはここぞの時にONするので、踏み損じは避けたい。
元々ボード上でエフェクターを2列に並べるのはあまり好きじゃないので、最低限よく踏むエフェクターだけでもどうにか1列に並べられないかと考えたところ、前述のRockboard DUO2.2というボードがあることを知ったのです


Zauber pedalsさんに取り寄せていただき、さっそく組み替え。
よくボード組み替える人はベルクロはロールで買っておくのがオススメです
まとめ買いでお得になるかは店次第ですが、いちいち買いに行くのも面倒ですからね。

直列ボードなのでそんなに時間もかからず完成!
48564546323
ボリュームペダルは乗らないだろうと思ってたんですが(実際上下は結構ハミ出てるものの)一応ソフトケースのファスナーも閉まりました(笑)
常時かけっぱなしのコンプと、踏む頻度の低いトレモロだけは2列目にしましたが、あとは全て1列に並べることができました!


IMG_0147
ノラネコぐんだんの座る場所も確保!


9621562862
裏面の配線もキレイにまとめました
一応これで次回のライブ仕様ボードは完成!・・・なのですが今日北海道にも緊急事態宣言の発令が決定。ライブはどうなることやら。。。




仕事が忙しければ忙しいほどブログを書いてしまう僕です。
現実逃避っていうヤツですかね^m^

前回から約4カ月の間隔が開きましたが、来月ライブです。
このコロナ禍でも、ライブハウスの方々、主催者さん、演者、そしてオーディエンスの皆さん1人1人がしっかり対策をすることでこうしてライブができることに感謝です。

さて、ライブ前ということは恒例のペダルボード組み換えです(^^)
特に大きな変更という訳では無いんですが、今回どうしても入れたかったペダルがこれ。
IMG_9536
BOSS Harmonist PS-6です。
実はこのハーモニスト、買うの3台目です・・・w
こういうエフェクトって、しょっちゅう出番がある訳ではないじゃないですか。なのでライブで使い終わるたびにしばらく経つと「もう出番は無いな」と思って売ってしまう、、、っていうのを2回繰り返し、このたび3回目の使用機会が訪れたという訳です(笑)


ちなみに、これが唯一残っていた過去にPS-6を使った(自主練の)動画。
もう4年前くらいです。

1:07あたりからPS-6をONにしてハモらせてます。ライブ本番の動画じゃなくてスミマセン。

気持ちいいハモりですね!
もう売らない!!決めた!!(ほんとか)

PS-6は、ギター1本でハモらせる機能、オクターブ上や下を足すオクターバー的機能、デチューンによる “ 揺れないコーラス ” 機能、ワーミー的なピッチの下降・上昇機能などあってほんと多才なヤツです。特にデチューンなんて妙な中毒性がありますね!

このPS-6をボードに入れようと思うと今まで使ってた小型ペダルボードでは乗り切らず、やむを得ず以前使ってた一段階大きなRockboard TRES 3.1というボードに変更しました。
IMG_9534
丁度いい感じに収まりましたよ(^^)
PS-6を足しただけだとボードに隙間が多すぎたので、ボリュームペダルも復活させました。
なんだかんだボリュームペダルはやっぱりあると便利です。


信号の流れは、こうです↓↓↓
IMG_9542
ペダル9つ直列!なのですが、先日導入した先頭のPolytune 3 miniに内蔵されているバッファのおかげでキラっとしたクリーンが保たれてる気がします。あとBOSSのボリュームペダルにも実はZauber Pedalsさんによる「ボリュームを落としてもハイが落ちない特別なチューン」が施されています^m^


IMG_9538
今回PS-6を置いたスペースは、ライブで演る曲に応じてペダルの入れ替えを前提としたスペースという位置付けにしましょう(^^)


IMG_9537
ボード向かって右側の、いつも通りのドライブセクション。
クランチ担当がTricolorsのCaper Mollyで、メイン歪みが同Eugene the Jeep。ここは大のお気に入りなのでよっぽどのことがない限り入れ替えはそうそう無いと思いますが、好きなコンプに関してはやっぱりいろいろ試したくなっちゃうので案外入れ替わりあるかもです^m^


IMG_9540
IMG_9539
IMG_9541
ノラネコぐんだんフィギュアの位置もしっかり確保してニューボード完成です!


先日の、超ペイペイ祭グランドフィナーレに入手しました^m^
IMG_9149
TC electronicのペダル型チューナー、Polytune 3 mini noirです。
長年これの「2」を使ってきたんですけど、このたび「3」に買い替えです。
別に2に不満があった訳でもなければ3を狙ってた訳でもないんですが、冒頭に書いた超ペイペイ祭で新品がほぼ半額くらいで買えるような計算だったので、急に思い立ってポチりました。

2からの変化は、主に「ディスプレイが見やすくなった」「バッファ搭載になった」「チューナーの常時表示が可能になった」の3点だそうです。
ディスプレイは2で既にめっちゃ見やすかったのでこれ以上どう変わるんだ?と思ってましたが、たしかに2より見やすいです(笑)
チューナーの常時表示は僕はオフにしてます。チューナーをミュートスイッチとしても認識してる僕にとっては「チューナーが表示されていればミュート状態」と視覚的にわかった方が都合がいいからです。

あと、

それより僕が感動したのはバッファですね!
本体横のスイッチでオンオフできるバッファですが、オンにするとあからさまにキラっと輪郭の立った音になります。音が変わる以上、人によって好き嫌いあると思いますが僕は好きな変化でした!

衝動的なポチりでしたが、いい買い物でした(^^)


そういえば正式名称を知らないので、ここでは「真空管ブースター」とします
IMG_8031
いつもお世話になっているZauber Pedalsさんの、真空管ブースターです。

3wayのトグルスイッチで低音の出方を変更できる他は、単純にレベルの上げ下げのみ。
非常にシンプルで迷いようの無いペダルです。

これ、実は結構前から持ってるんですが、僕的にちょっと変更して欲しい点があったのでザウバーペダルスさんにお伝えしてモディファイしてもらったらめちゃくちゃ良くなって帰ってきました


IMG_8178
なのでボードのスタメン入りです(^^)
ただ480mA消費するので充電式パワーサプライのバッテリーの減りが早いです ^m^
まぁリハやライブ本番は持つので、日常的にはマメに充電すればいいだけの話なんですけどね。
電流をたくさん食うっていうことはそれだけ強い電気で真空管を駆動させてるから良い音になるんだと思います!←テキトー


ブースターといっても僕は常時ONで、
コンプ兼エンハンサーみたいな目的で使用しております。
特にストラトのクリーンカッティングなどで音量が揃うようコンプを使ってきたんですが、この真空管ブースターでも「音量が揃う感じ」と「真空管アンプらしいクリーンのプリっと感」が付加されるんです(^^)

でもコンプみたいに低いレベルを上げる訳じゃないのでノイズも増えちゃうようなことは無いですし、むしろ「コーー、ホーー」という帯域のノイズが無くなります。ローミッドあたりが落ちるようなチューニングがされてるのかな?と思ったんですが、ギターの原音のみを注意して聴いてもローミッドが減るような感じはほとんど受けません。不思議。でもそこがお気に入りポイントです


僕は元々普段から真空管アンプを使っているので「真空管らしさ」が加わってるかどうかという意味ではよくわからないですが、今度スタジオのジャズコなんかでも試してみたいと思います!

このページのトップヘ