ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

ツイッターに「#ペダルボード2022秋」のタグでペダルボードをアップしようとしましたら、まだこのタグでアップしてる人が1人しかいらっしゃいませんでした(汗)
北海道民の僕にとってはすっかり秋という感覚ですけど、北海道以南の人達にとってはまだまだ夏っていうことでしょうか(笑)


というわけ(どういうわけ?笑)で、ペダルボード2022秋バージョンです!
…と、その前に。
皆様どれくらいの頻度でエフェクターのジャックやパッチケーブルのプラグを洗浄してますか?
僕は半年に1回くらい、またはボードを組み替える時に気が向いたらという感じです。

洗浄と言っても、接点復活材をしみ込ませた綿棒でジャック内をグリグリするのと、同じく接点復活材を含ませたウエスでプラグを拭くだけ。全然大した作業じゃないんですけど、いざやろうとなるとバラす必要に迫られていないボードをバラさなければいけないので、案外面倒に感じるものです(笑)

ジャックとプラグの接点が軽く汚れてたり酸化したりしてるだけで、ペダルを踏んだ時の振動で軽い接触不良が起こって「ガサッ…」っとノイズが出ることがありますからね。「スイッチの調子が悪いのかな」と思ったら原因はジャックとプラグの接点だった!それもパッチの方では無くDCケーブルの方だった!みたいなこともあります。


IMG_E5359
洗浄も無事にすべて済み、ペダルボード2022秋バージョンの完成です(^^)
…と言っても夏バージョンからペダルは1つも変わってません。
変わったところは、ジャンクションボックスを1個増やした点ですね


IMG_5362
ペダルボード内のセンドリターン(エフェクトループ)として、僕はZauber Pedalsさんにオーダーしたジャンクションボックスを使っています。

例えば「普段はフランジャーなんてほとんど使うこと無いのに、次のライブでは1曲だけフランジャーを使う」みたいなシチュエーションありますよね。そういう時にフランジャー1台のためにわざわざボードを組み替え、ライブが終わったらまたボードを元に戻すのは面倒…。
なので、「これらは僕の中では不動だ」というペダル達だけでまずボードを組み、歪みの前と歪みの後ろにそれぞれジャンクションボックスを繋いでおき、、
IMG_E5361
このようにジャンクションボックスにイレギュラーなペダルを臨機応変に繋いでいるのです(^^)

これだとボードを大きくする必要が無いですし、せっかくキレイに配線したパッチケーブルをバラす必要も無いですオススメ!!

ジャンクションボックスとして市販されている物ならどれでもいいとは思いますが、僕がZauber Pedalsさんにオーダーしたジャンクションボックスは上面のジャックがスイッチ式になっているので何も挿さない時は自動で信号が通過していくようになってます。なので何もペダルを繋がない時にわざわざ短いパッチケーブルで入口と出口を繋いでおく必要が無く、せっかくの札幌JCTのデザインが隠れてしまうことも無いのです^m^

僕の場合、今までライブをやってきて単発的にイレギュラーなペダルを使ったと言えば、思い出す限りだとワウ、ファズ、オクターバー、ピッチシフター、フェイザー、フランジャー、コーラスといったところ。ペダルボードに入る前(最前段)、ジャンクションボックス ▲献礇鵐ションボックス◆▲撻瀬襯棔璽匹鮟个晋紂丙埜綯福砲箸い4か所にペダルを繋げられると考えたら、よっぽどのことが無い限りはボードを組み替えなきゃいけないシチュエーションは無いです(^^)

すみません、ペダルボードじゃなくジャンクションボックスの紹介になってしまいました(汗)


ペダルボードの信号の流れは上のツイッターに書いた通りです。
ちなみに最後段のディレイですが、モジュレーションとミッドブースターも兼任しているという優れ物となっております

ジャンクションボックス以外のペダル達に関しては、入れ替える日なんぞ来るのだろうかと思うくらいに信頼しているしサウンドも好みのペダルです!




8月も末に差し掛かり、札幌は夜はすっかり涼しくなりました(^^)
今年は札幌市内ではハネナガキリギリスの鳴き声がほとんど聴かれないまま秋が来ようとしていますが、昨年は酷暑だったのでハネナガキリギリスが子孫をあまり残せなかったんですかねぇ??

さて、最近はペダルボードに変化が無いので久々になってしまいましたが、ペダル検証です!
IMG_E4997
向かって右が、ARIONのOCTAVE。向かって左が、MXRのBass Envelope Filterです。
これらは、RickyさんとAssHさんのコラボ動画内で紹介されていた2機種です。あまりにカッコいい音を出されていたので、マネして揃えました(笑)
↓↓↓

もちろん、ペダルはマネできても、腕は到底マネできないですけどね(涙)


まずはARIONOCTAVEです。
IMG_E4995
アリオンというとコーラスやそれをモディファイした物なんかが有名どころですかね。僕も過去に所有してたことがあります。
このオクターバーはセカストで3000円くらいだったと記憶してます。プラスチック筐体で元々高い物ではありません。…が上の動画でAssHさんが紹介したためか、ヤフオクの落札履歴を見るとちょっと値段が上がってるっぽいです。

このオクターバーは、「原音」「1オクターブ下」「2オクターブ下」をそれぞれ音量調整するだけという、いたってシンプルなオクターバーです。
個人的にはオクターバーは何種類も試してきた訳では無いんですが、意外と機種によってウェット音の音質が違うモノですよね。このアリオンのオクターバーは、1オクターブ下も2オクターブ下もどちらもカッコイイ音質です(抽象的な言い方でスミマセン)。歪ませると結構ロックなキャラだと思います。以前使っていたmicro POGよりもロックな音質だと僕は思います。「ちゃんとギターっぽい」っていうんですかね!オクターバーってウェット音がいかにも「作られた音」っぽいヤツもありますからねー。

あと、レイテンシーの遅れを全然感じないのが、安いのに凄いなぁと。前述のmicro POGは僕の印象だとちょっと遅延が気になりました。

ただ、繋ぐだけでかなり音やせします。常に繋ぎっぱなしなら音やせすること前提で音作りをすればいいんですけど、気になるならループセレクターで信号ごとオンオフした方がいいかもしれないですね!


続いては、MXRBASS ENVELOPE FILTERです。
IMG_E4996
商品名でわかるように本来はベース用です。
一応分類としてはオートワウになるんですかね??違ったら教えてください。

一般的なワウペダルは「ワ」と「ウ」の塩梅を足で自ら操作するわけですが、これはそれをオートでやってくれるため、それらの挙動を各ツマミである程度 指示します。各ツマミの役割は理解しておくに越したことは無いんでしょけど、頭と理屈で音作りするできるようなペダルではない気がします(笑)。なので結局はグリグリいじってみて直感的にカッコイイ掛かり方になるポイントを探るのがいいでしょうね(^^)

上の動画でAssHさんもおっしゃってますが、このペダルは原音をミックスできる点がすごく良いですね!!ためしに原音レベルをゼロにしてウェット音だけを出力してみると、ツマミをどういじっても音が軽いというかキンキンした感じが目立ってしまいます。まぁこれは本来ベース用の物をギターで使ってるせいもあるのかもしれませんが、でも原音をミックスすればしっかりと芯のある音になるし、原音を混ぜた方がライブでしっかりギターが抜けるだろうな、と思わされますね!


では最後に音を載せておきます!


冒頭にも書いたように、AssHさんのペダルはマネできても腕までは到底マネできませんが、とにかく弾いてて非常に楽しいし気持ちいいです!(^^)
こういう機材って使う人間のセンスが問われますけど、いつかライブでも使ってみたいですね!


MXR M-82 bass envelope filter ベース用エフェクター

価格:20,500円
(2022/8/27 10:21時点)



約5か月ぶりのライブでした!
IMG_E3228
今回は某 昭和歌謡曲のサポートでステージに立ちました(^^)
やっぱり皆さん昭和歌謡大好きですよね!盛り上がってくれているオーディエンスを見ると、演奏するこちらのモチベーションもググっと上がります
そしてまた昭和歌謡のアレンジってカッコイイんですよー


IMG_3095
今回持って行ったギターは、
TOKAIのタルボザウルス(木製のタルボです)。
直近2回のライブはタルボザウルスを使っているんですが、このギターにはSSHの万能さを教えられました!これが1本あれば、と思わせてくれるくらいに今は絶大な信頼を寄せています(^^)
ピックアップがボディにダイレクトマウントになっている点がサウンドの大きなカギになっているのかな、という気がしています。


IMG_3132
今回のペダルボード(これはリハの時の写真です)。
今回は大きく分けて
.リーン
▲丱奪ングの歪み
バッキングの歪み+コーラス
ぅ蝓璽匹力弔
という4種類のサウンドを使いました。

手前味噌ですが、今回はその全てのサウンドを褒めていただきました!
「歪みが迫力あった」「音に説得力があった」「ギターソロになった瞬間にいきなり太くなった」などなど、もう1回言って?って頼みたくなる褒め言葉の羅列に気分も上々(笑)
もちろんお世辞も含まれていることは自覚してますよ?^m^
演奏後には初めてご一緒する対バンのギタリストさんとも機材談義に花が咲きました(^^)


おまけ
一時期はコロナで開催もできない期間が続きましたが、やっぱりライブは楽しいです!!
主催者さんには本当に感謝です!




さぁ、今夜はライブですよ!
前回1月のライブに続いて今回もTOKAIのTARBOSAURUSを使います(^^)
ところで皆さん、ライブ前の弦交換っていつします?
1週間前、3日前、前日、本番直前(!)など人によっていろいろですよね。ちなみに僕は絶対では無いですけど平均したら本番3〜5日前くらいに交換しますかねー(^^)


IMG_3113
久々に、ねこだまり工房の蜜蝋ワックスで保湿もしました
指板にとってはそんな頻繁にワックスを塗る必要は無いと思ってるので、せいぜい1年に1回塗るかどうか程度なんですが、やっぱり塗ったあとはオイリーになって気持ちいいですね!

あとこれは完全に僕の好みの問題なんですが、トレモロスプリングが鳴るのがあまり好きじゃないので、裏に薄いスポンジを入れて共鳴を抑えました。


今日のライブでは一部分でコーラスを使用するので、歪みとディレイの間にいれたジャンクションボックスにコーラスを繋いでいます(こちらの記事で詳しく書いています)。このシステムを実戦で使うのは今回のリハからが初めてですが、最高です!!めちゃくちゃ便利!!

さて、ではライブ楽しんできます


ねこだまり工房 自家製クリア蜜蝋ワックス

価格:2,200円
(2022/6/26 09:35時点)



4月以来、デリさんとスタジオで遊んできました(^^)
IMG_E3027
左が僕のProvision シンラインタイプ。右がデリさんのBacchus ストラトタイプ。


IMG_E3032
プロビジョンのThinlineタイプ。
フロントピックアップはJUNTONE F/G タイプ1。一見ハムバッカーですが、実は中身は普通のシングルコイルです。ホローボディ特有の、アタックがバキン!!と来るけどサスティンは早めに衰退する感じが、やはりコード弾きやカッティングに向きますね!


IMG_E3029
デリさんのバッカス BST-64V。
元々はFenderで言うところのレイクプラシッドブルーでしたが、ご覧のようなオリンピックホワイト風にリフィニッシュされています。テンション感が柔らかくて演奏にストレスを全く感じないところがすごく良いです!


続いてはペダルボードを。
IMG_3025
まず僕のペダルボード。
先日Zauber Pedalsさんにオーダーして作っていただいたジャンクションボックスを搭載

チューナー

コンプ

歪み

ジャンクションBOX

ディレイ

という信号の流れになっていて、例えば「次のライブで1曲だけフランジャーを使うんだけど、その一瞬のためだけにボード組み替えるの面倒」といった場合、簡単にジャンクションBOXにイレギュラーなペダルを挿し込むことが可能になってます(センドリターン増設という感覚)!


IMG_3026
デリさんのペダルボード。
僕と同じようにTRICOLORSブランドのペダルが載せられていますが、同じモデル名でも僕所有の個体とは回路が少しずつ違うので、音にもそれが現われています(^^)


IMG_E3023
今回持って行ったアンプは、ヘッドがDV MARKのRaw Dawg EG(エリックゲイルズモデル)に、キャビネットがMORGANの12インチ1発
先月バンド仲間ケンちゃんとスタジオで遊んだ時もDV MARKは持って行ったんですが、その時はスタジオのMarshall 4発キャビで鳴らしました。なのでDV MARKを自前のモーガンキャビで爆音試奏するのは初めてだったんですが…ヤバかったです…!

アタックの鋭さやバッキーーン!と突き抜けてくる感じが、ほんとエリックゲイルズのライブ映像で聴くようなあの感じ!家音量ではこの感じは出てこないので、やはり大出力アンプだけあってそれなりの音量で鳴らしてナンボだなぁと痛感…。

今回もスタジオ常設のマーシャル4発キャビでも鳴らしてみたんですが、モーガンは1発ならではの音像のストレートさやインピーダンスの違い(モーガン8オームに対しマーシャルは16オーム)もあってか、モーガンの1発キャビの方が音量のデカさも音圧も数段上でした!

4発キャビより1発キャビの方が音圧があるって、軽く脳内バグりますね。。。

実は、先日作ったVOX AC30 6TBヘッドの横幅に合わせて大きめのキャビに買い替えようかと考えてたんですが、この日のこのサウンドを聴かされたらそんな思いはどこかに吹っ飛びました(笑)
このアンプとキャビは本当に買って良かったです。現状では最強のコンビです!!


ちなみに・・・
デリさんのリクエストに応えて持って行ったVOX AC30 6TBヘッドですが、DV MARKがあまりに良すぎたせいで「今日はVOXはいいや」っていう気分になってしまい、結局車から降ろされることはありませんでした(笑)





普段は全然使わないけど、次のライブで1曲だけフランジャー使う。
みたいなこと、結構ありますよね?

一瞬しか使わないペダルのためだけにペダルボードを組み替える。そしてライブが終わったらまた戻す。…みたいなことを以前はマメにやってたんですが、なんせ面倒臭い!
あまりに面倒臭いので、ライブが終わってもしばらくボードに載せたままに(使わないのに)。
これ、どうにかできないかなー?と実はずっと考えていました。

で、思い付きました。

大抵、イレギュラーにペダルを足したり引いたりするのは歪みモノとディレイの間。
ということは、歪みモノとディレイの間にジャンクションボックスを繋いでおいて、冒頭に書いたように例えば「1曲だけフランジャーを使う」となった時はそのジャンクションボックスにフランジャーを繫げればいいじゃないかと。
ペダルボード内にセンドリターンを増設する的な発想ですね!


「今さら思い付いたの?」っていうくらい前から実践してる人ももちろんいるんでしょうが、僕は思い付いた瞬間は「天才なんじゃないかな」って思いましたね(笑)


という訳で早速いつもペダル関係ではお世話になりっぱなしのZauber Pedalsさんに相談
ジャンクションボックスは音が劣化する(単純な構造の市販品でも生産効率化のために基板が入ってたりしますからねぇ)なんて言われますから その点も相談しつつ、せっかくなので筐体のデザインを描きたいということも相談させていただきました(^^)


そして、先日ついに完成しました!!
IMG_E2948
おー!めちゃくちゃ可愛く仕上げてくださいました!
おもちゃ感、レゴブロックっぽさが、すごく良いです(^^)

デザインは「ジャンクションボックス・・・ジャンクション・・・高速道路のジャンクション!」という発想から、札幌ジャンクションの標識にしました(笑)
筐体と印刷の色に合わせて、ジャックとナットも緑と白を用意していただきました。いやぁー、これがもし普通に黒いジャックとナットだったなら、こんなポップな仕上がりにはなっていなかったはず!提案して下さったZauber Pedalsさんに感謝です!


IMG_E2947
筐体デザインの印刷はトップ面にしか入れられないということなので、ブランドロゴのステッカーはサイドに貼っていただきました!


皆さんのご反応も上々です^m^
ちなみに、前述しました「音質劣化」の件ですが、Zauber Pedalsさんイチオシの良い配線材を使っていただくことでかなり改善されるとのこと


実はよくある市販のジャンクションボックスとは違う点があります!


IMG_E2954
スイッチ式ジャックを使用しているので上面のジャックに何も繋がなければ 側面のインからアウトへ信号がスルーされるのです!
何もペダルを繋がない時は、上面の2つのジャック間を短いパッチケーブルで繋いでおかなければいけないものだと思っていました〜。おかげで札幌JCTのデザインが良く見えます(^^)

ちなみに市販の白いジャックはスイッチ式になっていないので、Zauber Pedalsさんがスイッチ式に改造してくださいました…!


IMG_E2958
イレギュラーなペダルを使う場合は、このようにペダルを接続するだけでOKです!
いやぁーこれはめちゃくちゃ便利です!ボードを大きくしなくて済みますし、いちいちペダルボードを組み替える必要もありません!

僕と同じように直列派の方々には超オススメです!


↓↓Zauber Pedalsさんのサイトはこちらから↓↓




僕が所有する歪みエフェクター全種をギタ友デリさんにお貸ししていたんですが、それが全部帰ってきました。それをきっかけに改めて家にある歪みペダルを全部鳴らしてみたのですが、アイバニーズのチューブスクリーマーTS-9の良さに改めて気付き、ペダルボードに載せることに


IMG_2082
という訳で、ペダルボード2022初夏バージョンです!
・・・実は先日もブログにペダルボードを書いたばっかりなのですが(汗)、今回は来月のライブに向けた実戦用も兼ねたボードということで改めて書きます。

先日書いた記事はコチラです↓↓↓

↑↑この記事に書いたペダルが今回もたくさん登場する(ていうかほぼカブってる)ので、それらはこの過去記事を見ていただくとして今回は詳細は省きます。


IMG_E2082
冒頭に書いたようにIbanez TS-9 Tubescreamerが加わっただけの変化ですね。

一応、機種と接続順くらいは書いておきます。
TC Electronic Polytune mini 3 noir
Zauber pedalsビルダーさんが昔自作されたコンプレッサー
Tricolors Caper Molly
Ibanez Tube screamer TS-9
Tricolors Eugene the Jeep
Zauber Pedals Abyss mod.


IMG_E2084
チューブスクリーマーって鳴らすアンプや用途によって印象が結構変わる、意外と難しいペダルだと僕は感じてます。ド定番な割にはね。
以前ビンテージマーシャルをメインで鳴らしていた頃は所謂「ゲインブースター」として使っていたんですが、その後フェンダーアンプを使うようになってからは「単体の歪み物」として使うことが増えました(もちろん何にでも使えますよ)。


今の僕のセッティングの場合、TSは歪み単体としても、後段に繋いだディストーションのゲインブースターとしても、あと前段に繋いだオーバードライブでゲインブーストしてハードブルース的なものを弾いても、それはそれは良い音が鳴ってくれます(^^)

TS-9を1台加えたことによって歪みのバリエーションが3パターン増えたということですね。
2台のペダルそれぞれの歪みは良くても、組み合わせた途端に相性が悪くて使いにくい歪みになってしまう場合も往々にしてありますからね。そこはさすがチューブスクリーマー!

チューブスクリーマーを加えてからの音を撮ったので、載せておきます!
チューブスクリーマーを踏んでることはもちろん、アンプがDV MarkのRaw Dawg EGエリックゲイルズモデルなので、今までの音とはちょっと違うと思います(^^)


IMG_2090
ちなみにこの状態で基本サウンドは網羅できているものの、ライブによっては「一瞬だけフランジャーを使う」とか「この曲だけピッチシフターを使う」ということがこれまでも結構ありました。そういった場合 今まではボードをいちいち組み替えてきたんですが、今後はこの基本ボードのままでスポット的に必要なエフェクターを追加できるよう改良するプランを計画中です!
乞うご期待!




「BP?なに言ってんの、EPでしょ?笑」
と聞こえてきそうですが、紛れもなくBP boosterなのです。。
パっと見はほぼXoticのEP Boosterですが、よく見るとEPじゃなくBPです。
昔のロッテならぬロッチのビックリマンシールを彷彿とさせます。
筐体そのもののデザインやフォントまで寄せてきてます。サイトの画像だけならEP boosterと間違って買っちゃう人もいるのでは。。。

以前、XP boosterっていうこれまた失笑なネーミングのペダルも持ってたんですが、それは意外とサウンドがイケてたんですよ。…ってパクりを褒めるのは決して本望ではないですけど。
さて、こちらBP boosterのサウンドは果たして、、、

いやぁこれはハッキリ言って僕的には最の悪ですね。。。
見た目や名前でEP boosterのサウンドを期待して買っちゃダメ、絶対。

まぁ各人の好みもあるので「良い悪い」には敢えて言及しませんが(言及してるようなモンだけど笑)、EPブースターと違ってBPブースターは低域がブーミーになります。「太い音」の意味をはき違えちゃったのかな?っていう(苦笑)
使ったことがある方ならご存知のように、EPブースターは音量をそのまま上げるだけじゃなくエレキギターの美味しい帯域を絶妙に持ち上げてくれます。それが「太さ」や「存在感」に繋がるのですが、BPブースターは僕の印象だと「太さを狙いすぎて低音ばかり膨らませすぎた」といった感じですかね。。
相対的に中高域がスポイルされて、むしろ音が引っ込む気すらしましたね。


上のツイートにも書いてますが、素直にEP BOOSTERを買うべきです。
ネタ目的で試してみるならいいとは思いますが、さすがにこのルックスとネーミングですから「EP boosterの代わりになり得るものを安く買えるならラッキー」という思いで買っちゃう人もいると思うんですよ。そういう目的ならば僕的にはオススメしません!(断言)




BOSSのチューナーTU-3sを入手し、我が家にチューナーが3つ揃ったので比較してみました!

まずは前述のBOSS TU-3s
IMG_E1408
見ての通り、オンオフのスイッチが付いていないモデルです。
主にスイッチャーに接続し、スイッチャー側でON/OFF操作することを想定したモデルですね。スイッチが無い分従来のBOSSペダルより小型で、ペダルボード上の省スペース化に貢献できるという訳です(^^)


続いては、TC ELECTRONICPOLYTUNE 3 mini noirです。
IMG_E1409
これは僕が常に自分のペダルボードに載せているモデルです。
小さくて、チューニング精度も良く、視認性にも優れている上、内蔵されているバッファ(オンオフ自由)の音質が好きです(キラっとする感じ)!


最後は、KORG GA CUSTOMです。
IMG_E1407
これは前2台のようにペダルボードに置くというよりか、練習時など使う時だけギターに繋ぐような所謂カード型とか呼ばれるタイプです。しかしペダルボードに置かないのはもったいないくらいに画面が大きいです(^^)


という3台を比較してみました!
レギュラーチューニングする過程を動画にしてみたので、ぜひご覧ください



ここからはあくまでも僕の私感による評価です!
精度に関しては3台どれも良く、優劣の差はハッキリ言って感じないですね!

表示方法は各人の好みがあると思います。
TCとKORGはLEDが真ん中に来ればチューニングが合ったことを表すアナログ針式のチューナーと同じ方式なので、慣れ親しんでてわかりやすいです。

一方BOSSはLEDが左右に流れる速度で判断する方式で、さらにチューニングが合ったことを知らせる表示が特に無いこともあり僕的には正直わかりにくいです。が、きっと使ってるうちに慣れるんでしょうね。

そもそもペダルボードに置くことを想定していないKORGはLEDが暗いので視認性で一歩劣り(特に青色LEDが見にくい)、ライブでは使いにくそうな気がします。まぁ想定されている用途が違う(ライブ用じゃない)ので比べるのはお門違いですけどね。膝や机に置いて使うなど本来の使い方ではまったくもって不自由無いです。


という感じですが、最後に番外編として。。。
IMG_1411
昔ながらのアナログ針のチューナー
僕ら世代だと案外「これが一番好き」っていう方もいらっしゃるのでは?(^^)
僕のコレ↑↑もめっちゃ古いですがチューニング精度は問題ないですし、針が微妙に揺れててビタ!っと止まってくれないので、むしろチューニングにシビアになりすぎないのが精神的に潔かったりもします(笑)

と言う訳で、チューナー比較でした!




ここのところ、ギター熱がなかなか上がってきません。
これまでは、ライブ前など練習モードの時は機材熱が下がり、逆にライブが終わって練習から解き放たれると機材熱が上がる、といった感じだったのですが、今はどっちも降下中。。

なのでペダルボードもあまり変化ナシなのですが、まぁ一応季節の節目ということで
2022年春バージョンのエフェクターボードを載せておきます!
(書いておくと自分用の備忘録としてものちのち結構役立つんですよ

IMG_E0881
まずは全貌から。
RockboardDUO2.1という、横幅約46センチのボードです。

プログラムスイッチャーもきっと使うことは無いと思いますし、あれこれとたくさん載せても実際ライブ中にタップダンスを踊るように踏み分けられるほど器用ではないので、現状これくらいのサイズが丁度いいです(^^)

ちなみに信号の流れはこういう順になっております。
IMG_0890
ギター
 ↓
Tc Electronic Polytune mini 3 Noir(チューナー)
 ↓
PUG COMP(コンプレッサー)
 ↓
Tricolors Caper Molly(歪み)
 ↓
Tricolors Eugene the Jeep(歪み)
 ↓
Electro Harmonix nano POG(オクターバー)
 ↓
Zauber Pedals Abyss mod(ディレイ兼ミッドブースター)
 ↓
アンプ 


まず向かって右側の歪みセクション。
IMG_0883
この歪みペダル2台の組み合わせは自分のなかでかなり定着してきたと言いますか、これ以外は考えられないと言っても過言では無いです(^^)
Caper Mollyは軽い歪みEugene the Jeepは深めの歪み両方同時ONでリードサウンド、というのが僕の基本の使い方です。ありがたいことに「ジナパパと同じ音を出したい」と言ってくれる近しい友人数名もTricolorsにオーダーしました。


向かって左は歪み以外のセクションです。
IMG_0884
まず黒いのがコンプレッサーです。
これはZauber Pedalsさんが数年前にご自分用に製作されたというコンプをお借りしたところめちゃくちゃ気に入ってしまい、無理を言って譲っていただきました(汗)
なのでZauber Pedalsブランドの市販品ではありませんし、パグのステッカーやPUG COMPという名前は僕の仕業です^m^
ハイが自然に上がり、また僕が今まで使ってきたコンプと比べてかなりノイズが少ないのがお気に入りポイントです!

続いてはエレハモnano POGオクターバーです。
これまでここのポジションはBOSS PS-6だったのですが、オクターバーとして使った場合PS-6はレイテンシーの遅れが気になったのでPOGに鞍替えしました(とは言ってもnano POGもレイテンシーはありますけどね)。まぁPS-6はハーモナイザーや揺れないコーラス(デチューン)としても使用できるので、その点では便利だったんですけどねー。
オクターバーは歪みの前に繋ぐのが一般的ですが、そうすると音が整いすぎると感じたので僕は歪みの後ろに繋いで、ピッキングの瞬間に軽くバサつく感じの音を狙っています。

そして最後がZauber PedalsAbyssディレイ兼ミッドブースターです。
レギュラー品として売り出されているAbyssは純粋なディレイなのですが、そこにミッドブースターの回路を入れてもらいました。僕はギターソロの時 存在感を増すために微妙にローミッドを上げたいので、ディレイを踏むと言うワンアクションで同時にミッドブーストもできるのは もう願ったり叶ったりの境地です!!


IMG_0887
僕のボードには欠かせない、のらねこぐんだんのフィギュアも鎮座。


IMG_E0885
直列なので、裏面もすっきりとしたもんです。
パワーサプライ、パッチケーブル、DCケーブルは全てFree The Toneで統一してます。


IMG_0888
という訳で、ペダルボード2022年春バージョンでした!
特別エフェクティブな音は使わないサポートのライブくらいなら必要にして十分ですし、かと言って妥協してペダルの数を抑えている訳じゃなく クリーンと歪みという基本サウンドは現状でこれ以上ないところまで来てるつもりなので、今の僕には最高のボードです!




このページのトップヘ