ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

ペダルボード2021年春バージョンの記事、先日書いたばかりなのですが・・・↓↓↓


今回、エフェクターのラインナップは変わらないもののボード自体を新調しました(^^)
IMG_0157
これまでも愛用してきたRockboardというブランドの、
今回新たに導入したのはDUO2.2というボードです!
なぜかDUO2.2は日本に正規に入って来てないようなので、Zauber Pedalsさんに海外から取り寄せていただきました!ありがとうございました!
こちら、横幅61センチ、奥行15センチくらいです。

めっちゃキレイにベルクロ貼ったでしょ^m^


これが前回組んだボード。
IMG_9534
リハで使ってみて、BOSSのハーモニストがめっちゃ踏みにくいことに気づきました(汗)
次回のライブでハーモニストはここぞの時にONするので、踏み損じは避けたい。
元々ボード上でエフェクターを2列に並べるのはあまり好きじゃないので、最低限よく踏むエフェクターだけでもどうにか1列に並べられないかと考えたところ、前述のRockboard DUO2.2というボードがあることを知ったのです


Zauber pedalsさんに取り寄せていただき、さっそく組み替え。
よくボード組み替える人はベルクロはロールで買っておくのがオススメです
まとめ買いでお得になるかは店次第ですが、いちいち買いに行くのも面倒ですからね。

直列ボードなのでそんなに時間もかからず完成!
48564546323
ボリュームペダルは乗らないだろうと思ってたんですが(実際上下は結構ハミ出てるものの)一応ソフトケースのファスナーも閉まりました(笑)
常時かけっぱなしのコンプと、踏む頻度の低いトレモロだけは2列目にしましたが、あとは全て1列に並べることができました!


IMG_0147
ノラネコぐんだんの座る場所も確保!


9621562862
裏面の配線もキレイにまとめました
一応これで次回のライブ仕様ボードは完成!・・・なのですが今日北海道にも緊急事態宣言の発令が決定。ライブはどうなることやら。。。




仕事が忙しければ忙しいほどブログを書いてしまう僕です。
現実逃避っていうヤツですかね^m^

前回から約4カ月の間隔が開きましたが、来月ライブです。
このコロナ禍でも、ライブハウスの方々、主催者さん、演者、そしてオーディエンスの皆さん1人1人がしっかり対策をすることでこうしてライブができることに感謝です。

さて、ライブ前ということは恒例のペダルボード組み換えです(^^)
特に大きな変更という訳では無いんですが、今回どうしても入れたかったペダルがこれ。
IMG_9536
BOSS Harmonist PS-6です。
実はこのハーモニスト、買うの3台目です・・・w
こういうエフェクトって、しょっちゅう出番がある訳ではないじゃないですか。なのでライブで使い終わるたびにしばらく経つと「もう出番は無いな」と思って売ってしまう、、、っていうのを2回繰り返し、このたび3回目の使用機会が訪れたという訳です(笑)


ちなみに、これが唯一残っていた過去にPS-6を使った(自主練の)動画。
もう4年前くらいです。

1:07あたりからPS-6をONにしてハモらせてます。ライブ本番の動画じゃなくてスミマセン。

気持ちいいハモりですね!
もう売らない!!決めた!!(ほんとか)

PS-6は、ギター1本でハモらせる機能、オクターブ上や下を足すオクターバー的機能、デチューンによる “ 揺れないコーラス ” 機能、ワーミー的なピッチの下降・上昇機能などあってほんと多才なヤツです。特にデチューンなんて妙な中毒性がありますね!

このPS-6をボードに入れようと思うと今まで使ってた小型ペダルボードでは乗り切らず、やむを得ず以前使ってた一段階大きなRockboard TRES 3.1というボードに変更しました。
IMG_9534
丁度いい感じに収まりましたよ(^^)
PS-6を足しただけだとボードに隙間が多すぎたので、ボリュームペダルも復活させました。
なんだかんだボリュームペダルはやっぱりあると便利です。


信号の流れは、こうです↓↓↓
IMG_9542
ペダル9つ直列!なのですが、先日導入した先頭のPolytune 3 miniに内蔵されているバッファのおかげでキラっとしたクリーンが保たれてる気がします。あとBOSSのボリュームペダルにも実はZauber Pedalsさんによる「ボリュームを落としてもハイが落ちない特別なチューン」が施されています^m^


IMG_9538
今回PS-6を置いたスペースは、ライブで演る曲に応じてペダルの入れ替えを前提としたスペースという位置付けにしましょう(^^)


IMG_9537
ボード向かって右側の、いつも通りのドライブセクション。
クランチ担当がTricolorsのCaper Mollyで、メイン歪みが同Eugene the Jeep。ここは大のお気に入りなのでよっぽどのことがない限り入れ替えはそうそう無いと思いますが、好きなコンプに関してはやっぱりいろいろ試したくなっちゃうので案外入れ替わりあるかもです^m^


IMG_9540
IMG_9539
IMG_9541
ノラネコぐんだんフィギュアの位置もしっかり確保してニューボード完成です!


先日の、超ペイペイ祭グランドフィナーレに入手しました^m^
IMG_9149
TC electronicのペダル型チューナー、Polytune 3 mini noirです。
長年これの「2」を使ってきたんですけど、このたび「3」に買い替えです。
別に2に不満があった訳でもなければ3を狙ってた訳でもないんですが、冒頭に書いた超ペイペイ祭で新品がほぼ半額くらいで買えるような計算だったので、急に思い立ってポチりました。

2からの変化は、主に「ディスプレイが見やすくなった」「バッファ搭載になった」「チューナーの常時表示が可能になった」の3点だそうです。
ディスプレイは2で既にめっちゃ見やすかったのでこれ以上どう変わるんだ?と思ってましたが、たしかに2より見やすいです(笑)
チューナーの常時表示は僕はオフにしてます。チューナーをミュートスイッチとしても認識してる僕にとっては「チューナーが表示されていればミュート状態」と視覚的にわかった方が都合がいいからです。

あと、

それより僕が感動したのはバッファですね!
本体横のスイッチでオンオフできるバッファですが、オンにするとあからさまにキラっと輪郭の立った音になります。音が変わる以上、人によって好き嫌いあると思いますが僕は好きな変化でした!

衝動的なポチりでしたが、いい買い物でした(^^)


そういえば正式名称を知らないので、ここでは「真空管ブースター」とします
IMG_8031
いつもお世話になっているZauber Pedalsさんの、真空管ブースターです。

3wayのトグルスイッチで低音の出方を変更できる他は、単純にレベルの上げ下げのみ。
非常にシンプルで迷いようの無いペダルです。

これ、実は結構前から持ってるんですが、僕的にちょっと変更して欲しい点があったのでザウバーペダルスさんにお伝えしてモディファイしてもらったらめちゃくちゃ良くなって帰ってきました


IMG_8178
なのでボードのスタメン入りです(^^)
ただ480mA消費するので充電式パワーサプライのバッテリーの減りが早いです ^m^
まぁリハやライブ本番は持つので、日常的にはマメに充電すればいいだけの話なんですけどね。
電流をたくさん食うっていうことはそれだけ強い電気で真空管を駆動させてるから良い音になるんだと思います!←テキトー


ブースターといっても僕は常時ONで、
コンプ兼エンハンサーみたいな目的で使用しております。
特にストラトのクリーンカッティングなどで音量が揃うようコンプを使ってきたんですが、この真空管ブースターでも「音量が揃う感じ」と「真空管アンプらしいクリーンのプリっと感」が付加されるんです(^^)

でもコンプみたいに低いレベルを上げる訳じゃないのでノイズも増えちゃうようなことは無いですし、むしろ「コーー、ホーー」という帯域のノイズが無くなります。ローミッドあたりが落ちるようなチューニングがされてるのかな?と思ったんですが、ギターの原音のみを注意して聴いてもローミッドが減るような感じはほとんど受けません。不思議。でもそこがお気に入りポイントです


僕は元々普段から真空管アンプを使っているので「真空管らしさ」が加わってるかどうかという意味ではよくわからないですが、今度スタジオのジャズコなんかでも試してみたいと思います!

世間では大人気の歪みペダル、ボスブルースドライバーBD-2
IMG_5349
「オーバードライブと言えば何?」とギタリストに質問すれば上位5位にはきっと入るであろうワールドスタンダードなブルースドライバーですが、僕の駄耳ではなかなかその良さに気付くことができません(^_^;)
まぁ、ハッキリ言ってしまうと苦手なんですよね。。。
あくまでも個人的な好みの問題ですよ。

っていうことをツラツラとしたためたのがこの記事。

なんと言っても「ジョリンジョリン感」が苦手。
おそらく、コード感や音程感(から来る実音感)をあえて無くすことで「音の壁ぽっさ」というか「ザァァーっと波が押し寄せる感」を活かすような向き合い方がいいのかなー、なんて勝手に想像します。僕は通ってないのでよくわかりませんがナンバーガールっぽい感じ、みたいな?
(勝手な想像なので異論は歓迎ですw)

そんなBD-2ですが、
LEVELを上げるほどに実音感が増して使いやすくなる
ことに気付きました。
ただLevelを上げると音量がデカくなり、オン時とオフ時の音量バランスが悪くなる。

あと、
GAINを10時以下に下げればジョリン感もそこまで出てこない
ということもわかりました。
ただ、歪ませない設定でエンハンス効果を求めたりする使い方だけなら敢えて苦手なBD-2を使わなくてもMXRマイクロアンプ等でいいんじゃないか?

ていうようなことをZauber Pedalsさんと話してましたら、「過去にやったモディファイがジナパパさんの好みに合うんじゃないか?」とのご提案をいただきまして
そこに僕が「LEVELを2時以上まで上げたあとで適正音量まで下げる最終段マスターボリュームを増設して欲しい」と注文させていただき、ついに完成して手元にやってきました\(^o^)/


IMG_8030
2連ボリュームツマミがカッコいですねー
“ 外観的には ” そこしか変化していませんが、音的にはめちゃくちゃ好きな感じに!!

まず2連ボリューム。
僕が出した「LEVELを上げて音の実音感を増した上で、最終的に適正音量に下げれるマスターボリュームを」という希望を完璧に具現化してくださいました\(^o^)/

そして従来だとゲインを上げるほどに顔を出してくるジョリン感は、程良く残しつつ、程良く緩和しつつ、っていう絶妙なところ
ここに関してはまぁ突き詰めれば「ブルースドライバーのキャラを完全に消したいならそもそもブルースドライバー使うなよ」っていう話になっちゃう(苦笑)ので、すごく絶妙なチューニングをしていただけたなーと(^^)
こういうのって完全にZauber Pedalsさんのセンスですよね!
ブルースドライバーがついにブルース用になった!みたいなww


まぁ音に関しては各人の好みもあるし、そもそも冒頭に書いたようにブルースドライバーは世間一般的には愛されてるペダルですから、「ブルースドライバーのキャラを活かす方向にモディファイするか?逆にブルースドライバーの個性を薄める方向に行くか?」という選択は、モディファイする側もモディファイを依頼する側もどこかで「一線は越えちゃいかんだろう」みたいなリミッターはあるような無いような、ってところではある訳ですw

だから当然万人に受けるという物は無いわけなんですが、
とはいえ「これはみんな手放しで大歓迎でしょ!」っていう変化も!!
これはホント、素晴らしくないですか!?
手元のボリュームの追従性がハンパないペダルに変貌しました・・・!!
「追従性」っていうのはただ単純に「歪みがクリーンになる」だけじゃダメで、実用的な高域や低域がしっかり残った上で「使えるクリーンになる」ということが大前提。しかしそれが実現できるペダルって現実的には意外と出会えないですよね?
これは本当に感動レベルでした・・・!

もうハッキリ言ってこのBD-2 Zauber Pedals MODとあとディレイだけあればちょっとしたステージはこなせるんじゃないか?っていう気さえする、素晴らしいペダルになりました!!
Zauber Pedalsさん、本当にありがとうございました!!\(^o^)/




IMG_7249
GREENCHILDK818というペダルです。
通常売られている物とはデザインが違うんですが、こっちは初期型みたいです。
プロトタイプと書いてるyoutube動画もありましたが、とはいえ、特にこっちの方が貴重だとか高価だとかいうことは無いと思います(^^)

歪みモノの2in1ペダルで、
向かって右側がケンタウルス向かって左側がMAXON OD-820を参考にしてるそうです。
片側ずつオンにすることも、同時にオンにすることもできます。
同時にオンした場合は、右→左の順で直列になります。

左側(OD-820側)はいい感じですね!ゴリっと迫力のある歪みで、高音〜低音のバランスも非常に取りやすいです。汎用性が高いと言ってしまうと無個性に聞こえてしまうかもしれませんが、幅広く使える歪みで非常に好感が持てます

ただ右側(ケンタウルス側)が僕的には「ケンタってこんなんだったかな…」という感じ。
ケンタは本家2台にコピー物数台使ったことあって、それらは総じてもっと前に張り出すようなミドルが出ていて「かっこいいロックな音」という記憶があるんですが、このペダルは結構大人しめかなと。「なんか調味料1つ入れ忘れた?」という料理みたいな物足りなさ(笑)
単体で使うんじゃなく、割り切って「左チャンネルのゲインブースター」として使うのもいいかもです。


実は最近書いてるペダル検証の記事はすでに手放してて手元に無いペダルを備忘録的に書いてるんですが、このK818を持ってた時はペダルボードの省スペース化を考えてツインペダルをいくつか試してた時期だったんですね。
ツインペダルの内訳として1つのチャンネルはクランチ、1つのチャンネルはメインの歪み、2つのチャンネル同時オンでリードサウンド、という使い分けを想定していろいろ物色していたんですが、このK818は僕的には左チャンネルはすごく好みだっただけに右チャンネルの音が惜しかったな〜という感じでした。。


厳密には「ペダル」ではないですけど、、
IMG_7242
E.W.SSubtle Volume Controlです。
アンプのセンドリターンに入れて、プリアンプとパワーアンプの中間で音量コントロールするという主旨の物ですが、ペダルボードの最後段に入れてもオッケーということなので、要はローインピーダンスのボリュームペダルの「ペダル」ではなく「つまみ」バージョンという感じなのでしょう。パッシブなので電源不要です。

僕はセンドリターン(エフェクトループ)が付いてるアンプを持っていないので、ペダルボード最後段で試してみました。

ペダルボード最後段からスイッチャーに繋ぎ、そのスイッチャーでSubtle Volume Controlをオンオフしてみたんですが、ユニティボリュームにした際の音質変化はほとんどわからないレベルです。厳密に言うと違いはあるんですが、バンドに混ざってしまえば全くわからないであろうレベル。価格を考えてもこれはすごいですねー!

あと、音量の可変カーブが好きです。
ボリュームペダルって最初の一踏みで一気に落ちる物が多いように思うんですが、これはカーブが緩やかというか自然なので微調整が効きますね。しかし足で「踏む」んじゃなく「回す」という動作になるので、そういう意味では慣れるまでむしろ微調整は難しいとは思います

一般的なボリュームペダルより断然小さいので、ボード内で場所を取らないのが良いです!
演奏中にちょくちょくボリュームペダルを踏んで調整する人はきっとペダルの方が操作性は良いと思いますけどね(^^)

本来ベース用のペダルなんですけど、ギターで使用したレビューを書きます
IMG_7213
E.W.SBMC2(Bass Mid Control 2)です。
その名の通り、ミッドコントローラーです。
ミッドブースターって言った方が伝わるんでしょうけど、ブーストだけじゃなくカット方向にも働きます。で、ミッドの帯域だけじゃなく総合的なレベルブースト&カットもできますし、インプットゲインを上げるスイッチもあります。

冒頭で「ギターで使った」と書きましたが、なぜわざわざベース用を選んだかといいますと単純にサイズが小さいからです。ギター用にもいろいろミッドブースターはありますが、このサイズ感ので見つけることができませんでした(^_^;)
(きっと存在はしてるんでしょうけどね)

あと、可変させられるミッドの帯域がギター用ミッドブースターと同じような帯域だったから「ギターで使ってもいいじゃん」と思いまして。真ん中の一番大きいFrequencyというツマミで帯域を選ぶんですが、取説によりますとこういう周波数帯域になってます。
IMG_7660
MXRの6BAND EQ(ギター用グライコ)とほぼほぼ似たような範囲の帯域ですね(^^)
僕はギターソロの時に600〜800Hzを持ち上げるという目的で買いました。

・・・まぁお察しの通り、このようなイコライジング系のペダルは良くも悪くも特に書くことは無いですね(汗)。「ミッドブースト&カット」という目的においては何の不満も無く、いい仕事してくれます。それ以上でもそれ以下でもないです!(笑)

あ、あくまでも聴感上での感想ですけど、ミッドブーストした際の山は鋭角に持ち上がってる印象(周辺の帯域にあまり干渉してなさそう)です。なので結構大袈裟に持ち上げると帯域によってはワウ半踏みみたいな特殊な効きになりますね。

レベルブーストに関しても変なキャラを加えること無く素直に増幅してくれる印象ですよ





どうでもいいけど「ラブペダル」っていうブランド名、なんかムズ痒くないですか?(^_^;)
ラブペダルプレキシ800です。
正直、だいぶ前に使ったことあるような無いような…っていう感じですがブログには書いた形跡が無いので今回せっかく入手した機会に書きます!

これはもう難しいこと抜きに、ONにした途端にカッコいいMarshall系の歪みが鳴ってくれるペダルですね!ハイゲイン系のペダルってコンプレッション感が強すぎたりコモったりするのが多くて、意外と僕的には扱いが難しいんです。けどこのPlexi800はもう踏むだけでOK!っていう感じで、感触はすごくアンプっぽいです

ゲインチェック動画を撮ってみました。
ゼロの時点でかなり歪んでるのがわかると思います(笑)
そこからゲインつまみを上げても正直あまり変わらなくて(汗)、最後の1目盛りで一気に歪みが増しますね。上の動画でも最後の1目盛りあたりで「ジーー」というノイズが急に目立ちだすのがわかると思います。

FreQというツマミはいわゆるフリクエンシーっていうことでしょうか。
一般的なTONEつまみと違ってゼロにしたらコモるという感じでは無いので、どの帯域に山を作るかという作用なのかもしれません
FreQゼロでも普通に使える音でした。

という訳でPLEXI800は、ちょっと歪み過ぎな感はあるけどAC/DCみたいな音が簡単に出せるペダルでした!とにかく弾いてて気持ちいいの一言に尽きます





先日入手したばかりのグレコ LG120
IMG_7023
レスポール用のピックガードを当てがってみたらいい感じだったので、モントルーのピックガードを購入して付けてみました

IMG_7185
素敵になりました(^^)
紫がかった青にゴールドパーツの組み合わせという ともすればケバいというか厨二的に見えるギター(汗)なので、少し “ 普通のレスポール ” 寄りなルックスになってくれるのは僕的にウェルカムです^m^

さて、このLG120ですが先日のライブで早速デビューさせました!
録音環境がよくないですが、粘りのあるいい音が作れたんじゃないかと思います
ちなみにアンプは箱のJCM900のクリーンチャンネル、
ペダルボードはこちらです↓↓↓
IMG_7109
歪みはTRICOLORSのCaper Mollyと、同Eugene the JEEP。
コチラの記事でも紹介してますようにEmpressのディレイTape Delayにはクリーンブースターが搭載されているのでディレイ掛けると同時に音量を上げることができる(もちろん逆に下げることも可)んですが、ハイミッド〜ハイあたりの帯域も上がって割と輪郭がハッキリした音になってくれるので、ホントにギターソロ向けで重宝することを今回再確認しました(^^)





このページのトップヘ