ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

最近EWSのペダルにハマっていることで有名(?)なレコーディングエンジニアのE藤さんに代わり、近場のリサイクルショップで代理購入したペダルです!


IMG_1061
EWSのLittle Brute Driveです。
外観上はゲインつまみしかありませんが、小さな筐体の内部にあるトリマーでレベルとトレブルが調整できます!

遠Dさんにお送りする前に、試させていただきました(^^)
ありがとうございます!

全体的には明るく明瞭な歪みで、すごくコントロールしやすいところの倍音がよく出ますね!
なんだろう、単純明快でわかりやす過ぎるくらいにわかりやすい歪みが出せます!
ジャズコに繋いで鳴らしたんですが、歪みはこれでいいしょ!!っていう感じです。かなり歪むんですが、ゲインを12時より下げ気味のクランチにしておいて、前段に繋いだチューブスクリーマーでちょっといなたさを加えつつゲインブースト、っていうのも良い



彼が弾けばなんでも良く聴こえちゃうので参考にならないかもしれませんが^m^


・・・あ!ちなみに軽く歪ませたカラハムのゲインブースター(ゲインゼロでレベル上げ気味で)としても良かったです!そういう使い方でマーシャルなんかにも合うと思います。TSでブーストしたのとは違う、、、言うならば2203にDS-1を繋いでハードロックを演っていたゲイリームーアのサウンドに近いでしょうか



断捨離中の身でありながら、最近結構 買っているような・・・
いや、気のせいです。気のせいなはずです。

ただ一つ、気のせいなんかじゃなくリアルなこと。。。
それは、「断捨離中なのに買ってんじゃねーよ!」 と怒られるどころか、お友達からは 「同じ境遇の肩身の狭いパパ達に夢と希望を与えている!」 となぜか褒められているということです。。。
「新たな機材購入の口実とスペースを作るための断捨離でしょ?」 とか 「縦方向に増えるならOK」 と言った人もいたっけ・・・。まぁ要は皆さん、きっとこいつに断捨離は無理って思ってたんでしょうね

ここまでくると、もう 『断捨離失敗宣言』 出した方がいいんじゃないか?っていう気もしないでもないですが、でも実際のところは

image
かつては↑↑↑↑こんな風景だった我が魔窟が、、、
(ちょっと盛るために借り物が写ってる写真も使いましたww)



IMG_0565
今や↑↑↑↑これだけになっているんですから、僕の中では断捨離大大大成功のつもりなのですっ。
今でこそ気持ちもスッキリしていますが、涙も結構流しましたよマジで。


さて、そんな流れの中でなんですが、ペダル買いましたww(おいおい)

IMG_0702
Visual Sound の H2Oというペダルです!
ディレイとコーラスが1つの筐体に収まった、なんとも得した気分になれるニコイチペダル。
こいつを購入したことによって今までのディレイとコーラスを手放せばペダルの数は実質1つ減る訳ですから、ほら、ちゃんと断捨離に繋がってるでしょ?^m^


・・・あ、そうそう、このペダルを買ったことをお友達にご報告しましたら、、、
BlogPaint
セッ○ーさんから名言でました!!ww


さて、僕はあまりディレイやコーラスをたくさん試してきた訳ではないので しっかりとしたレビューはできず申し訳ないのですが、これはディレイもコーラスも明瞭でキラっとしているというよりは、ウェッティーで温かみのあるエフェクト音と言っていいと思います。
・・・まぁ、名前がH2O(水)ですからね(笑)。カラッと乾いた音だったら詐欺ってもんです。
ディレイはタップテンポとか細かい設定まではできませんが、リードやアルペジオ等に広がりを持たせる用途でしか使わないような僕には必要十分です(^^)



という訳で、ペダルボードの作り変え。
IMG_0706
アンプで歪ませる時は、H2Oはセンドリターンに。
ジャズコを使う時には、左上の59preampも含めた全3台を直列に繋ぎます。
59preampにはチャンネルリンク用のパッチケーブルが付属してくるんですが、I字型プラグで高さがあるためにエフェクターケースのフタが閉まらないので、フリーザトーンのソルダーレスケーブルで作りました。

・・・なんでこんなド真ん中にパワーサプライが?って思われるでしょうけど、、、

IMG_0707
TS-5の入出力&電源ジャックがそれぞれ近すぎるためにL字型プラグを挿せないので、TS5の上側にスペースを空けなきゃいけなかったんです
ペダルトレインとか使えば、もっと自由度も広がるんだろうなぁ〜(^^)
って、やば。欲しい物また一つ増えたww



先日入手して、すっかり気に入ってしまったTS-5

IMG_9788
Maxon / Ibanezのプラスチック筐体ペダルと言うと、数年前に気に入って使っていたMaxon OD-F1というオーバードライブが懐かしく思い出されます(^^)


・・・OD-F1とこのTS5に共通する泣き所・・・それは


ON/OFFスイッチの接触の悪さですね
この動画では20回押して、6回しか成功していません。成功率3割ほどですね。


治してみましょう。
IMG_9795
こんな心許ないスイッチが付いているのです。。。
接点復活材をシュっと吹きかけ、溢れた分はしっかり拭き取ります。
本当は綿棒でチョンチョンと患部だけに付けてあげたいところなんですが、こんな小さいスイッチ、バラすこと自体が僕には不可能と判断しました


IMG_9794
ちなみに、オペアンプはTA75558Pという物が載っていました(^^)
だから何?と言われても 何も言えませんが。



さて、しっかり治ったでしょうか!?


バッチリです!成功率100%になりました!\(^o^)/
今後はメインブースターに昇格しそうなので、たくさん愛でたいと思います


・・・しかし、このTS-5といい、Bad monkeyといい、OD-F1といい・・・僕がメインで使うくらい気に入るオーバードライブはどうしていつも安いモデルばかりなのでしょうか?(笑)

あ、高いオーバードライブが買えないから
安いのしか試してないだけか\(^o^)/オワタ



左から
・Digitech Bad Monkey
・Boot-Leg Dr.Mid Rich
・Ibanez Tube Screamer TS-5


IMG_9734
バッドモンキーは僕が長年愛用している、メインのゲインブースター。
あとの2つは、ここ数日で手に入れました^m^
ここでは、クランチ設定のアンプの前段にゲインブースターとして繋いだ場合のレビューをさせていただきます!

バッドモンキーに関してはブログに何度も書いてるので割愛します。

まず、昔持ってて実はこれが3台目となるDr.Mid Rich
(これに関しては過去にもペダル検証としてアップしています→コチラ
フレケンシー的なつまみがあって、Midと言ってもローミッドからハイミッドまでいじれる感じですね。ちょっと高いところのミドルを上げると、キョワッ!というピッキングアタックとギラつきが出てきて、問答無用にかっこいいROCKなサウンドになります!やっぱこれ、いいわ〜
バッキングにもリードにもいけるので、用途に応じて2台繫げたくなります(笑)。

続いてTS-5
ゴキブリやカブトムシと形容されるその見た目で敬遠されがちなものの、サウンド的には結構評価されている(らしい)、チューブスクリーマーの中でもちょっと異質なヤツです。僕の印象だと、ローミッドはあるもののハイミッドの主張が少ないので サラっとした肌触りの良い音になる気がしますね。あまりTSっぽくない感じが・・・。TSらしさを出すならTONE下げ気味になるんでしょうけど、それでもやっぱりちょっと違いますかね。・・・って書くとなんかガッカリしてるように見られるかもしれませんが、僕これ、めっちゃ好きな音です
結構ザラっとしているので、低音弦のパームミュートの刻みがカッコよくキマりますね!
ただちょっと低域は持っていかれます


この3台、どれもいいですよ!!


先日までsessionさんからレンタルしていた2つのペダルのうちの1つ。
IMG_8825
Jetter gearのGold45/100というドライブペダル。
コチラにファーストインプレッション的なことは書きましたが・・・いやぁ、これ超好きですわ。。。

実は返送する直前に 「ゲインブースターとして使ったらどうなんだろう?」 と思い立ち、マーシャル2203のハイインプットで軽くクランチさせた状態にコイツでゲインブースト。セッティングは上の写真参照。
アンプをクリーンにして歪みモノとして使った時は ハイを上げると全体的に腰高になるのがちょっと気になったんですが、ブースターとして使ったらハイ上げ気味でもしっかりと芳醇で重量感のあるミドルがあるのです!これは文句なしに大好きなサウンドでした(^^)
しっかりと中身が詰まってる感じ。それもほどよく筋肉質ですね!

ぶっちゃけ、いつも愛用しているBad monkeyでも大まかなキャラ的には近い音は作れるんです。でも、バッドモンキーよりマッチョでHOTで生々しい!という感じですね。

・・・か・・・買わなきゃこれ・・・!



連日30℃以上の日が続いている札幌です。
暑い!!!
・・・なんて、この程度で言ってたら内地の人に笑われちゃうんでしょうね^m^


さて!
sessionでレンタルしたペダルが昨日届いた訳ですが、昨夜は帰宅してからホーマック行ったりヤフオクで売った物を梱包したりしてたら遅くなっちゃったので、今朝開封しました!
IMG_8739
中の箱にもsessionのロゴが入っててカッコイイ


1つ目はコチラ!
IMG_8741
free the toneの奥田民生モデル OT DRIVEです!
民生さんの機材はよく参考にさせていただいているのでこのペダルももちろん欲しかったんですが、限定100台だったためアッという間に市場から消えてしまいました たまに中古で出てきてもとんでもない値段になっているため、sessionで貸し出されてるのを見つけて飛びつきました\(^o^)/

sessionのペダルレンタルって、いろんな利点があると思うんですよ。

・気になっているペダルを買う前に試奏する
・買うほどではないけど一度は試してみたかった

↑↑これくらいなら楽器屋さんでの試奏でもいいんですが、

・自分のギターと自分のアンプに繋ぎ、自分の部屋で試せる
・スタジオに持って行って自分のバンドとのアンサンブルを試せる
・ライブやレコーディングのタイミングに合わせて借りれる
・高すぎて買えない物やレアで入手困難なモデルを借りれる
・最短でも5日間も手元に置いておける


↑↑これは楽器屋の試奏じゃ到底無理!
楽器屋で小一時間ほど試奏して「いいな」と思って買ったのに、いざ自分のギターや機材に繋いだら「あれ?」ってこと、よくありますからね(^_^;)

しかも、規定以上のレンタル料に達すれば往復の送料をsessionが負担してくれますし、万が一の故障の時の保証料金もレンタル料に含まれています!
・・・そんなユーザーにとってのメリットを用意してくれてるからこそ、逆に運営さん側にとっては盗難や輸送事故、故障、無断改造やパーツ盗り(「取り」じゃなく「盗り」ね、敢えて)など様々なリスクが想定されると思います。それでもこの価格で貸していただけることに我々ユーザーは感謝しなきゃいけないな!と強く思いました!!
運営さん、素晴らしいサービスを本当にありがとうございます\(^o^)/


・・・と、ちょっと横道に逸れてしまいました
OT DRIVEはもうお目にかかれないと思っていたので、まさか試せる日が来るとは思いませんでした!
民生さんご本人と同じように、僕もMarshall(2203)のゲインブースターとして試してみました。ローの厚みは必要以上に稼がず、ローミッドあたりはスッキリ、ハイミッドのギラッとした部分にガッツを与えるようなトーンを持っていますね!ブースターとしての増幅量は必要十分。ソロの時に踏んで存在感をアップさせるような使い方にベストマッチだと思いますね!
ブースターは、チューブスクリーマーよりもSD-1の方が好き、という人に向くような気がします(^^)
ギターのボリュームを絞ってクリーン〜クランチを作った時のコードの分離の良さも非常に好印象でした
・・・ただ僕はやっぱTS派かな〜w



2台目はコチラです!
IMG_8740
Jetter gearのGold45/100です!
これは、Marshall JTM45/100のサウンドを狙ったモデルです。すなわち、、、
ec560f36
僕が持っているコヤツ↑↑↑の音を再現している、ということでずっと気になっていました!

アンプ(カラハム)をクリーンにして繋いでみました。
JTM45/100の4inputをリンクした時の HighTrebleボリュームとNomalボリュームのミックス具合を、ツマミ1つで賄っています。乱暴に言うと、トーンツマミのような働きですね。右側に回すとHighTreble強め、左側に回すとNomal強め、という感じで動くんですが、ツマミを2時以降に上げていくとJTM45/100特有の 「ズシャッ!!」 と潰れるかのように鳴るハイがこれでもかと現れてきます!再現度はかなり高いように感じますね!ただこのツマミが1つしか無いために、このハイを保ったままNomalボリュームのミドルやローを同時に足していく・・・というような使い方ができないので、この時点で結構音の重心が上がっちゃってます。あまり上げ過ぎは良くない感じですかね。でも上げた方がハイの再現度は高い。ん〜、ちょっともどかしい(笑)。まぁでも、「JTM45/100の再現」 ということではなく、単純に歪みモノとして評価するのであればこのツマミ下げ気味でも十分に素晴らしい音です!下げてもハイが無くなってコモるということは無く、ミドル〜ローがより強くなってくる。なので最小にまで下げても使えます(^^)

Driveは上げていくとコンプレッション感が強くなってしまうので、僕的には12時より下に抑えておいて、
IMG_8742
このように前段に繋いだペダルでゲインブーストするのが吉だと思います(^^)
この方が実際にアンプ(JTM45/100)にバッドモンキーを繋いでる感覚に近いです。
Bad monkeyとの相性はバッチリでしたよ!

僕としましては、HighTrebleボリュームとNomalボリュームのミックス具合をツマミ1つで賄うのではなく、それぞれツマミを用意してくれた方が音作りの幅がかなり広がるし、JTM45/100の再現度という意味でも大きくアップするのではないかな?と感じました!
でもこのペダルは、Flying teapotの59preampほどではないものの 4input Marshallのサウンドや操作性をなかなか良く再現してくれているので、普段マーシャル使いだがジャズコしか無いっていうシチュエーショの時にめちゃくちゃ重宝しそうです\(^o^)/



ということで、今回はsessionのおかげで Jetter GearのGold45/100というお気に入りを1つ見つけることができました(^^)
もし安い中古を発見できたら買いたいと思います^m^

8月5日までレンタルできますので、時間が許す限りいろいろいじってみたいと思います!






と言っても、簡単なアドリブすらロクにできない僕が初めてセッションに参加してきました!
・・・とかそういう話である訳がなく、、、

BlogPaint
初めてSESSIONを利用させていただきましたっていう話です^m^
SESSIONはエフェクターをレンタルでき、そのレビューを投稿・閲覧したり、会員の愛機紹介を投稿・閲覧したり、会員の音楽活動を投稿・閲覧したりetc・・・と、とにかく我々ギター好きや音楽好き達のための新たなコミュニティです!!(と僕は認識しております(^^))

今回、僕が以前からずっと気になっていた2種類のペダルがレンタルされていたので、飛びつきました!!
早く試したいです\(^o^)/


昨日はデリさんと、健康的に朝からスタジオINです(^^)
デリさんが先日買われて調整が済んだBacchus BST-64と、僕のTokai STニコイチ(ST-60&ST-80)を、大音量で試すのが今回の目的です


IMG_8488
デリさんのバッカス。
レイクプラシッドブルーのボディにローズ指板が特徴です(^^)・・・か、かっこいい・・・


IMG_8489
僕のトーカイ
こちらは2TSのボディに丸型リテーナー付きメイプル指板という、54〜55年仕様のコピー。

ちなみに、撮影にご協力いただいたこのアンプは、スタジオで借りたFenderツインリバーブリイシューです。もちろん、撮影に使っただけじゃなくしっかり鳴らしましたよ^m^


・・・で、今回はストラトに集中する!というテーマなのでアンプは持って行かず、
IMG_8498
このFlyingteapotの59preampと、いつものバッドモンキーだけ持って行ったんですが、、、
これが凄すぎました!!\(^o^)/スゴスギワロス

まずは ストラト+59preamp + ジャズコ で試したんですが、「え?これがジャズコ?」っていうくらいマーシャルになります。マーシャル、それも1959ですね。ピッキングの追従性やスピード感が、もうペダルの域を超えてますねこれ・・・(とは言ってもフットスイッチは無しなので「ペダル」と呼んでいいかは微妙ですがw)。
「マーシャルになる」 とは言いましたが、マーシャルに似てる似てない以前にまず歪みモノとしてのクオリティが高すぎです!今回はストラトで鳴らしましたが、ハムバッカーのギターでもまた大音量で試さなきゃ!
マーシャル系・プレキシ系と呼ばれるペダルは過去にいろいろ鳴らしましたが、僕の中では59preampが10馬身差で圧勝ですね・・・!(((( ;゚д゚)))
家で鳴らしてる時から十分すぎるくらいの素晴らしさは感じていましたが、スタジオで大音量で鳴らしたらもっと凄かったです(^^)

・・・あ、そうそう。
この後で ストラト+59preamp + ツインリバーブ も試したんですが、ジャズコに比べてタイトで重量感のある低音とミドルの艶っぽさが加わって、僕はこっちの組み合わせの方が好みでした



IMG_8487
で、ストラトですよ、この日のメインイベントの。
デリさんのバッカスは、中低域の粘っこさや色っぽさがあって、知ったかで恐縮ですがローズ指板のストラト!っていう感じ。一方僕のは、ハイの鈴鳴りと 「ゴン!」 という硬質で重い低音が特徴的で、知ったかで恐縮ですがメイプル指板のストラト!っていう感じ。
以前50年代と60年代のストラト(メイプル指板とローズ指板)等の弾き比べ大会をした時(コチラ)の印象に、傾向としてはかなり近いものがありました(^^)

いや〜、結果大満足です!!
弾き心地やルックスなんかも含め、2人とも何の不満もなくホクホクでスタジオをあとにしました(^^)
デリさんのバッカスと僕のトーカイを調整してくださった、K&Mギターズラボの今野リペアマンにも感謝感謝です!!頼りにしてます!




さてこの後は、苫小牧、千歳、恵庭、札幌市内とリサイクルショップ巡りをするも、特に掘り出し物には出会えず。夜にピロさんがお仕事終わってから合流し、またスタジオINです^m^



IMG_8508
ピロさんのいつものフェンジャパ。
僕らの中でストラトの音といえばこの個体の音を基準にさせてもらっていたので、デリさんと僕がこうして自分のストラトを入手して比較させてもらえたのは有意義なことでした(^^)


そして・・・
BlogPaint
ピロさんのいつものバスカーズ。・・・なのですが、


BlogPaint
ご自分でネックにカシュー塗装というのを施されたとのこと!
実は作業中にも一度だけチラっとお邪魔して見させてもらってたんですが、こんなにキレイに仕上がっているとは流石です\(^o^)/
もともとこのバスカーズのネックはバリトラなんですが、つやつやのグロスになったことでトラがより際立って高級感倍増でした!

・・・ちなみにヘッドのロゴは自主規制(笑)


という訳で、丸一日がっつりギター三昧で遊ばせてもらいました!
共通の趣味のある仲間と朝から晩まで語って、笑って、弾いて、
久々にストレス発散になりました\(^o^)/






ペダルって、その時使わないからと言って手放すと あとで後悔すること多くないですか?
ペダルはアンプやギターが変わると違う表情を急に見せ始めたりするので、よっぽど金欠じゃない限りは手放さない方がいいと思います。・・・と過去の自分に言ってあげたいですww

IMG_8299
みんな大好き(?)、BOSS SD-1です(^^)
何年も前にこれを愛用していた時期があったはずです(改造物だったかな?)。
結局今は他のブースターなんて考えられないくらいに Digitech BAD MONKEYに惚れ込んでいるのですが、今改めて試したらどう感じるんだろう?と思ってピロさんにお借りしました。ありがとうございます!


アンプのゲインブースターとして人気のペダルは他にTS系が有名ですが、SD-1はTS系に比べるとギラっとしたハイミッドあたりが良く出てると思います。TS系はどっちかと言うとローミッド寄りでしょうか。どっちが良いってことではなく完全に好み次第なんでしょうけど、ただ、僕的にはSD-1はちょっとコンプレッションが強いのが気になるかな?という感じです。・・・気持ち程度なんですけどね^m^


こうしてたまに他のブースターを使うと、改めてバッドモンキーの良さに気付かされます!
イコライザがHighとLowの2バンドに分かれている恩恵は絶大です(^^)




各店で売り切れ続出のFlyingTeapot 59preampをゲットしました!!



image
マーシャル系、その中でもビンテージの4inputタイプのプリアンプです。
マーシャル系・プレキシ系のペダルやプリアンプはたくさんありますが、本当にinputが4つあり しかもケーブルでリンクできる物はかつてありましたでしょうか!?さらにマーシャル風つまみにトーレックス貼り!これだけでもう音を聴く前から欲しくなっちゃいます(≧∇≦)
マニア心をくすぐるのがお上手です!!


・・・とはいえ、肝心なのはサウンド。

僕はマーシャルファンとして、マーシャル系・プレキシ系と言われるペダルはいろいろ試してきましたが、これはもうマーシャル風というより もろマーシャル、それも4inputのMarshall 1959を本当に操作し鳴らしているような感覚です!
音量や歪み具合だけではなくイコライジングも賄うラウドネスの操作感。そして高域を上げると『ズシャッ!!』 と潰れるかのように歪むハイ。
いや〜参りました。。。
操作性やルックス含め、今までのマーシャル系・プレキシ系とはちょっと一線を画しますね(≧∇≦)

ラウドネスのつまみをちょっと回しただけでキャラがグワッと変わるポイントがある(特にチャンネル1によるハイの成分)など 設定になかなかシビアな一面もありますが、その分 結構サウンドの幅は広いですし、リンクすることでチャンネル2のミドル〜ローの厚みも足していくことができます(^^)
チャンネル1がかなりブライトなキャラなので、僕的にはチャンネル2側でだいたいのベーシックなサウンドを作っておいて、そこにチャンネル1のハイを適度に足していくというやり方のほうが音作りしやすいかな?と思います
が、その辺は環境にもよるし もっと使い込んでみて検証、ですね。

今回はカラハムで試しましたが、今度ぜひスタジオのJCで試してみたいですね!(≧∇≦)


しっかし、とにかく驚かされました!
9V電源のエフェクターでここまでの物が存在するとは・・・
4inputマーシャルが好きな人には、ぜひ試してみていただきたいです!!


※追記
スタジオで鳴らしてきました!コチラです!




このページのトップヘ