ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ペダル関係

中華ブランドのペダル…正直、安かろう悪かろうだった時代もたしかにありましたが、今はサウンドに関してはもう全然普通に使えるレベルになっていますよね。ただやっぱり耐久性や信頼性においては僕的にはまだ半信半疑なところがあり、ライブ本番で使うのは正直トラブルが怖いという思いは拭い切れないですし、現に先日もリハで壊れましたし…。

でも意外とマニアックなラインナップがあったりデザインが面白かったり、そして何より価格が安いということもあり、弥が上にも気になってしまう。そんな存在でもあります(笑)


IMG_1860
という訳で今回は、RowinTAPE DELAYをご紹介します!
この記事を書いている現在、アマゾンでは3000円台くらいで買えるようです。僕もそれくらいの値段で購入しました。

僕が低価格帯の中華ペダルを買う時は、実用性とか音の良さなどは正直気にしません。なのでYoutubeで音をチェックしてから買ったり、他の競合ペダルと比較して選んだり…みたいなことはせず「まぁ安いしネタの1つにでもなれば」くらいの気持ちで買っちゃいます。仮に実用性が無かったとしても、安いので懐のダメージは小さく済みますから(笑)

でも今回のこのペダルは買って正解でしたね!!


IMG_E1864
TAPE DELAYという名が示すように、テープエコー系のローファイなディレイサウンドです。
そのローファイ具合を3段階で切り替えるのがFILTERというスイッチ
あとはFEEDBACK(やまびこの回数)D TIME(ディレイタイム)MIX(原音とディレイ音のバランス)というオーソドックスなツマミ類に加え、BOOSTつまみは原音も含めた全体のマスターボリュームとなります。
BOOSTは、飛び道具として使う際に目立つよう音量を上げるとか、ギターソロで音量を上げるみたいな時に便利そうです


サウンドの前にまず原音の音ヤセについて。中華ブランドなどの安いペダルを買う人はきっと「繋いだだけで音がやせるのは当たり前」という ある意味 “ 諦め ” のような感情を持っていると思う(笑)のですが、このペダルに関しては「繋いだだけで」というほどの劣化は無いと感じます。
ただONにすると原音のザラっとしたハイの帯域が持って行かれてクリンと丸くなるのは実感としてわかります。
とは言えそもそもがローファイなディレイですからギリ許容範囲かなと(私感)。


IMG_1863
続いてディレイ音(ウェット音)について
ローファイで余韻がどんどん劣化していく(歪んでいく)ようなテープエコー系のディレイが好きな人なら普通に受け入れられるサウンドだと思います。前述しましたように一応ローファイ具合を選ぶ3段階スイッチはありますが、どのポジションにしてもデジタルディレイのように原音通りの音が返ってくることはありませんw
まぁテープエコー系ディレイの使い処をしっかり理解なさってる人なら「なんじゃこりゃ」ってことにはならないだろうと思います(笑)


さて、僕がこのRowin TAPE DELAYを買って良かったと感じたポイント、
それは発振の素晴らしさですね!!
なにはともあれ動画を見てみてください。
宇宙と交信できそうな素晴らしい発振サウンドです!
FEEDBACKつまみを1時過ぎたあたりくらいから「あ、発振し出すかな」っていうくらいにヒュンヒュン言い始めます(笑)

発振させたままギターを置いてステージから去る、というライブパフォーマンスをしたくなりますよね!^m^

今回はワウペダルです!
IMG_E1457
JOYOMULTI MODE WAH(マルチモードワウ)WAH-02です。

先週末のライブでは友人からお借りしたクライベイビーを使ったのですが、でもやっぱり自分のが欲しいなぁと思って物色してたところ、コイツを見つけました。決め手は、使っているエフェクターボードに乗るサイズだったからです(笑)


IMG_1455
本体横にいろいろコントロールが装備されてます。

一番右から、ワウの周波数設定(RANGE)切り替え。これは6段階です。
単純に、高い周波数から低い周波数に切り替わる感じですね。

続いてQUALITYノブは、ワウの掛かりを鋭い感じからソフトな感じに調整するノブ。

続いてMIN VOLノブは、ボリュームペダル使用時の最小ボリュームを設定するノブ。

そして一番左のトグルスイッチは、純粋にワウとして使うモードと、ワウOFF時にはボリュームペダルになるモードの切り替えです。
これが「マルチモードワウ」なる所以ですね。


ただこのスイッチはL型プラグ使用時には要注意で・・・
IMG_1458
ご覧のように、プラグがクルっと上向きになるとスイッチやノブに当たるんです。
なので、意図せず切り替わってしまうことがあります!!
リハの時、いつの間にかスイッチがボリュームペダルモード側に切り替わってしまい、急に音量が小さくなって超焦りました。。。


IMG_1459
こういうストレートプラグなら大丈夫です。
とは言え、モード切り替えスイッチはこういう大き目なトグルではなく、筐体内に引っ込んだ小さなスイッチにするべきでは?と思う訳です。なかなか心臓に悪いスイッチですよ(汗)
この点はAmazon(だったかな?)のレビューでも触れてる方がいらっしゃったので、メーカー様にはぜひ改善していただきたいところ。


ワウサウンドとしては、レギュラー品のクライベイビーと比べてちょっとだけ音のドッシリ感や太さが劣る感じはしますが、全然普通に使えるサウンドですね(^^)
まぁ僕はこれまでワウペダルは5〜6個ほどしか買ったことが無いし、それらを思い出せるほど使用頻度は高くなかったので、深い比較レビューはできないんですけどね(笑)
IMG_1456
こういう奥行きの無いスノコタイプのボードに載せるため、クライベイビーミニも2機種買ったことがあります。あれは小さいが故にペダルの角度がかなりキツくて操作感がかなり独特なのですが、このJOYOはそれなりにサイズがあるのでそこまで踏み難さは感じないです。
とは言え、一般的なサイズのワウペダルの方が当然踏みやすいので、操作感の好き嫌いは分かれるところでしょうねー。

あ、オンオフスイッチはそこまで体重を掛けなくても切り替わるので、その点は僕的にクライベイビーより好きでした。あと、オンを知らせるLEDが筐体右側にも左側にもついてるのは非常に見やすいのでグッド(^^)

という訳でJOYO MULTI MODE WAH WAH-02でしたー。


ライブ前日リハにて、、、
MOOERのPITCH STEPがお逝きになれらました、、、
ライブ前日なので修理も間に合わないし、代替品を探しに行く時間もありません。
もう、コイツで出す予定だったサウンドは無かったものとするしかないですね…
自分の中ではちょっとした見せ場的な感じで使う予定だったので、残念。。。

※ちなみに、壊れてしまったMooer Pitch Stepはこういうペダルでしたー↓↓↓



中華ペダルは信頼性や耐久性の面ではやはり不安がありますね(汗)
まぁ前向きに「壊れたのが本番中じゃなくて良かった」と思うべきですね!笑

・・・あぁー!ケチらずにデジテックのワーミー買うべきだったー!!

最近メインで愛用しているアンプ、Egnater Tweaker 15
IMG_0019



↑コチラの記事ではクリーントーンの動画を載せ、



↑コチラの記事ではRATで歪ませた動画(アンプはクリーン)を載せました。


そしてこのたび、Tweaker15のアンプの歪みで動画を撮りました(^^)
BRITモードで撮ったつもりですが、もしかしたらACモードだったかもしれないのでそこはご了承ください…
(アンプ紹介動画として撮ったわけではないため、あまりセッティングを覚えていないのです)


アンプの歪みプラス、Tube Screamer TS-9で少しブーストさせてハイゲインにしています。
やっぱりチューブアンプの歪みは生々しくて良いですね!(語彙力)
僕みたいにサポートミュージシャンとして活動してるギタリストにとっては、クリーンアンプを歪みペダルで歪ませるメリットももちろん大きいんですけど、やはりこういう生々しい歪みをステージで使いたいなぁという思いはありますねー(^^)


新たにパワーサプライを導入いたしました!
IMG_0719
Rockboard(by WARWICK)のISO Power Block V6です。
アイソレートされた9V500mAの出力を5口装備したパワーサプライで、筐体が小型なだけにアダプターのデカさがより際立ちます(笑)

これまではFree The Toneのパワーサプライ(PT-3D)を使ってきたのですが、なぜ買い替えたかと言うとフリーザトーンのパワーサプライは全8口中アイソレートされた出力は2口だけなんですね。

ここ最近ピッチを変化させる系のデジタルエフェクターをライブで使った(今後も使う)のですが、電源を他ペダルと混在させると「キーーーー…」という高周波ノイズが出てしまう物があり、アイソレートされていないパワーサプライに限界を感じ始めていたのです。。。

ちなみにこれまで僕が使用してきたエフェクターでは、
例えば、、、
5652524784789461
DigitechのFREQOUTや、


IMG_0182
MOOERのPITCH STEPなんかが、他と電源を共用するとキーーー…と鳴りました。。。


IMG_0181
リハではPITCH STEPは単独で電源を取りましたが、ライブ本番では手間が面倒だし転換タイムの制約等もあるのですべて1つのパワーサプライから電源を取りたいのです。また今までのライブを思い返すとこういうピッチ変化系エフェクターを使うことは今後もありそうなので、いっそフルアイソレートのパワーサプライに乗り換えた方がラクだろうなと(^^)

今のところ前述のノイズが出ることも無く、なんの問題もなく快適に使用できています


さて、
パワーサプライをボードに載せるついで(?)に、ペダルボードを組み直しました!
IMG_E0732
今回は、横幅が約62cmのペダルボードを使用しました(^^)
Rockboard DUO 2.2というエフェクターボードです。

パワーサプライの出力は5口しか無いので、コンプと歪みの計4台は4分岐DCケーブルで1口から分け、チューナー、ピッチペダル、ディレイはそれぞれ1口ずつ使っています。


IMG_E0734
接続順で、、、
◇チューナー(TC ELECTRONIC polytune3 noir)
◇ピッチ変化系ペダル(Mooer pitch step)
◇コンプレッサー(Zauber Pedalsのビルダーさんがご自分用に作られた物)
◇ジャンクションボックス(Zauber Pedals オーダー)


IMG_E0735
◇歪み1(Ibanez TS9 Tube Screamer)
◇歪み2(BOSS BD2 Blues Driver Zanber Pedals mod.)
◇歪み3(PRO CO RAT2)


IMG_E0736
◇ジャンクションボックス(Zauber Pedals オーダー)
◇ディレイ兼リバーブ兼ミッドブースター(Zanber Pedals ABYSS mod.)

という構成です!
Zauber Pedals率が高いですねー(笑)


IMG_E0731
僕には絶大な信頼を寄せているクランチ用の歪みペダルがあるのですが、実は久々にボードに載せようと思ったらDCジャックの接触が悪くなってました(涙)
なので、これまた久々にブルースドライバーのモディファイ物(by Zauber Pedals)を引っ張り出してみたら非常に感触が良かったため、スタメン入りです!

このブルースドライバーZauber Pedals mod.については過去に記事を書いてますのでどうぞ!



IMG_E0733
MOOERのPITCH STEPは次回のライブが終わったら外すかもしれません(笑)
今回はボードに組み込んだものの、こういうイレギュラーなペダルをいつでも挿入できるようジャンクションボックスを設置しているので、使う時だけ繫げればいいかなと。


とりあえず今月のライブはこのボードでいきます
秋くらいに曲数が多いちょっと大きいライブの予定も入ってるので、その時にはガラっと変わってるかもしれませんけどね(笑)



中学時代からの友達が、エフェクターをプレゼントしてくれました!
IMG_E0614
RevoLCalm Blue Chorusというコーラスです。
爽やかでいい色ですね。見た目はかなり好みです!!


IMG_E0613
ツマミはオーソドックスなコントロールですね。取説を読まなくても迷いません
EFFECTツマミはウェット音の音量で、これはほぼフルでちょうどいいくらい。
TONEツマミは絞ると(良く言えば)ビンテージの揺れもののように、そして上げるとBOSS CE系のような爽やかなコーラスサウンドになります。


基本キャラは非常に扱いやすくクセの無いコーラスサウンドですね!
RATEやDEPTHをそれぞれフルにしてもそんなにエグい感じにはなりません(^^)
つまり実用的な範囲が広いということ。


では動画をどうぞ!
(この動画でのツマミの設定は、前出の画像の通りです)
透明感があって、涼しげなコーラスサウンドですね!多くのギタリストがコーラスと聞いてイメージするであろうサウンドが簡単に出てくれます(^^)

動画は撮っていないですが、歪みの後ろに掛けてもとてもいい感じです

あとAmazonではノイズの大きさに言及するレビューがいくつか見られましたが、少なくとも僕の個体はノイズはまったく気になりませんでした。

繋ぐだけで原音の高域が多少落ちる気はしますが、意識しながらじっくり聴き比べて気付く程度のレベルだと思います。アンプのTREBLEを1目盛りくらい上げれば十分でしょう(笑)


というわけで、RevoLのコーラスCalm Blue Chorusのレビューでした!


こちら↓↓↓で紹介していました、EgnaterTweaker15という小型真空管アンプ。



上のリンク先の記事ではクリーンサウンドのみの動画を載せていたんですが、このたび歪みの音も撮ったので載せようと思います。
…歪みと言ってもアンプで歪ませているのではなくRATなんですけどね…w

アンプの設定はACタイプ(所謂VOX)で、MODERNモード
RATのGAINは、低域がモリモリっと出てき始める手前くらいです。

ジュディマリのTAKUYAさんっぽい音を狙って、ちょっとガシャガシャしたサウンドを作ってみました。まぁTAKUYAさんの場合は音作り云々よりもピッキングだと思うのでそこを意識して弾いてみるのですが、当然ながら僕が弾いてもTAKUYAさんのようなアバンギャルドでカッコイイ雰囲気は出ませんね


IMG_0017
このアンプはギター単体で弾きながら聴いてると音がちょっと固めな印象なんですが、撮ってみると非常に「わかりやすい音」がします。言語化するのが難しいんですが、聴き取りやすい音っていうのとは似て非なるもので、僕の感覚ではやっぱり「わかりやすい音」っていう表現がしっくり来るんですよね(笑)

今度は、アンプ単体での歪みサウンドも撮ってみようと思います。


※2024.5.8追記

アンプの歪みで撮った動画はコチラです↓↓↓



先日のリハに合わせて導入したペダルです!
IMG_0182
中華ブランドMooerPitch Stepです。
簡単に言うとペダル型のピッチシフターで、つまりDigitech Whammyの簡易版みたいな物。
踏み込み具合によってピッチをリニアに変化させられるのがペダル型ならではの特徴です。
ウェット音だけじゃなく、ウェット音+原音を同時に鳴らすこともできるので、ハーモニスト系ペダルとも言えますね。

ハーモニスト系とは言っても、あらかじめ「ハモリのキー設定」や「±〇度に変化させる(加える)」等の細かい設定はできません(使う人の足次第ww)。とはいえペダルを途中で止めるといった高度な操作をしないならば「つま先側」と「かかと側」それぞれ最大まで踏みこんだ時の音程は設定しておけますけどね。
なので、アーミングのように徐々に音程を上げ下げさせる物という認識が良いと思います

ちなみに僕はワーミーの代用として導入しました。
つま先側に踏み込んだ時に1オクターブ上まで上昇するよう設定はしてるものの、次回のライブでは音程感の無いノイジーなプレイの時に使う予定です。


まぁとりあえず動画を見ていただきましょうか!
TRICERATOPSのGOING TO THE MOONのリフを弾きました。
( ↓ ちなみに前述の「ライブでノイジーに使う」というのはこの曲ではないですよ)
この動画のようにリズムにピッタリ合わせて踏むプレイをすると、弾いてる本人は踏み始めてから音程が変化し始めるまでがビミョーに遅れることに気づきます。これはもしかしたらレイテンシーの問題ではなくペダル自体の「物理的な遊び」によるせいかもしれません。なのでちょっと走り気味にペダルを踏むというテクニックも必要になります(笑)
これは個体差もあるかもしれませんけどね。まぁすぐ慣れると思います。


あくまでも私感によるレビューでしたが、ここまで読んでいただくと「シビアな演奏には向かなそうだな…」と思われたんじゃないでしょうか?
いやいやぶっちゃけオクターバーやピッチシフター、ハーモニストとして売られている有名メーカーの機種もレイテンシーはどうしても気になりますので、取り立ててコイツの性能が悪いってことは無いです!ある程度速いフレーズにもしっかりついて来てくれますしね!

ていうか最近久々にBOSSのPS-6を改めて使ったのですが、比較するとむしろレイテンシーの面ではmooerの方が優秀でした!(^^)

でもやっぱりこいつは飛び道具的に捉えて使うのが正解なのでしょうね!


いやぁー最近(てか以前からですが…)つくづく思うんですが、スタジオ常設のチューブアンプの音ってホントまちまちですよね…汗
たとえば同じMarshall JCM2000を使っても、状態のせいなのか繋ぐキャビネット(と中身のスピーカー)のせいなのか、同じツマミの設定で同じ音が出てくれる方が稀!

もちろんマーシャルに罪は無いですし、全部屋の全機材を完璧な状態にメンテしておくのは難しいというスタジオの事情も当然わかりますけどね(むしろ僕らが快適に使用できるよう尽力してくださっているスタジオ様には頭が下がる想いです)。

それに比べれば比較的安定しているジャズコが重宝されるのもわかりますよねー。


さて、そんな訳でリハでした。
IMG_0181
次回のライブではワウを使うのですが、僕は現在ワウを所有していないので友人にお借りしています。一般的なクライベイビーです。
これまで自分で所有してきたワウは、ボードの収まりを優先させてミニサイズだったのですが、やっぱりフルサイズの方が圧倒的に踏みやすいですね。これでON / OFFを示すLEDがあれば最高なんですが、一般的なレギュラー品にはナゼいまだにLEDが無いんですかね!?


で、ワウの隣にある赤いペダルですが、、、
IMG_0182
中華ブランドMooerPITCH STEPというペダルです。
いわゆるピッチシフターをペダル型で連続可変式にした物で、すなわち有名どころではデジテックのワーミーみたいなもの。これも次回のライブで使いたいなと思って導入したのですが、ワーミーではなくコチラにしたのはサイズ&価格の問題ですね。

ぶっちゃけ安物買いのなんちゃらが心配でしたが、十分戦力になりますね!ウェット音のレイテンシーは多少気になりますが、飛び道具としてノイジーに使う想定なので問題なしです
ちなみに僕は本家ワーミーは未経験なので、実機比較できないのはお許しを…。

このペダルのレビューは後日改めてアップしますね


僕は女性ボーカルさんのサポートで呼ばれることが9割以上なのですが、次回は珍しく男性ボーカルさんで しかもアップテンポで激しめの曲を演るのも久々とあり、新鮮な気持ちで楽しませてもらってます(^^)



※2024.4.24追記
この記事内に登場したMOOER PITCH STEPのレビューをアップしました


サポートギタリスト仲間のケンちゃんと、先日スタジオで遊んできました(^^)
IMG_0011
ケンちゃんのペダルボード
いつもライブで一緒なので改めてマジマジとボードを見ることは意外と無いんですが、こうして見るとなかなか高級機種で固められたボードですね^m^

中でも特に僕が感動したのが、Shin's musicのボリュームペダルです!!
これはPerfect Volumeという機種の今剛さんモデルらしいのですが、こいつのボリュームの変化がめちゃくちゃ滑らかで、音量0%から100%まで超小刻みに変化します!「段階式ではなく連続可変なんだから当たり前じゃないか」と言われるかもしれませんが、実際にいろんなボリュームペダルを使った経験のある方なら「ここを境に一気にボリュームが上がる」とか「90%を過ぎた時点でもうフルボリューム」とか「そもそもペダル動作が物理的に滑らかじゃない」みたいな挙動のボリュームペダルも意外と多いことはご存知のはず。そういう諸々のストレスがこれには皆無で、超スムーズで超一定なのが超感動でした!!踏み心地も最高です

モジュレーションや空間系はほぼストライモンで固められていますね!

歪みが多いですが、前段のJan Rayは常時ONでクリーンブースターのように使っているとのこと。他は、歪みの質やゲイン量によって使い分けたり同時に踏んだりもするそうです(^^)

なんか、音がプロっぽい人っているじゃないですか。ケンちゃんは演奏も超絶巧いのですが、サウンドもまさにプロみたいな音です
音だけ聴いてたら「自分には難しそうだな…」と感じてしまう音なんですが、ケンちゃんが弾くとめちゃくちゃいい音なんですよねー

ちなみに僕がこのボードで弾かせてもらっても、意外にもいつも通りの僕の音でした^m^
まぁツマミをいじりながら、無意識にいつものようなサウンドへと音作りしてしまうってのもあるんでしょうけど(笑)


続いてケンちゃんのギター。
IMG_E0013
grosh(ドングロッシュ)のストラトタイプです。
本来は3シングルのモデルなのですが、やはりケンちゃんも僕と同じサポートミュージシャンなので利便性を優先してリアハムに改造しています。
このギターはマジで良いギターで、数年前に初めて弾かせてもらった直後は結構本気で僕もgroshの中古を探したほどです!


こんな感じでケンちゃんに音を出してもらいながらボードの解説を興味津々で聞いてたら、半分くらいの時間が経過してしまいました


続いては僕のエフェクターボード
まぁいつも通りなのですが。。
IMG_0015
結局僕は自分のボードで1回も音出ししませんでした(笑)
ケンちゃんに弾いてもらったのですが、僕のボードでもしっかり「ケンちゃんの音」になるのが面白いですね。機材ももちろん大切ですがやっぱり最終的に音を作るのは「指」だなーと改めて思わされましたね!

「悩みまくっていろいろ揃えたのに、結局RATとTSでこの音が出ちゃうのは悔しい!ww」と言いながら弾くケンちゃん。人に弾いてもらって客観的に音を聴くと「自分のボードの良さ」に改めて気付けます


IMG_0014
最後に僕のギター。Zodiacworksです。

スタジオ後は場所を変えてコーヒーを飲みながら、ギターやバックバンドで演ることなど共通の話題で日付が変わるまで語りましたー。同じ立場でステージに立つ者同士なので、楽しいことはもちろんですが悩みやストレスに感じることなども共有できるので、こういう機会は大切ですね!

このページのトップヘ