ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > 防音DIY

窓の防音のために自作防音カベ (今後は防音パネルと呼びます) を作ったのはブログに書いた通りですが、

もっと防音精度を上げるために何かないかといろいろ物色していたところ、

こんな物を見つけてしまいました。

onetouchwindow-01


詳しくはコチラ

窓にピッタリなサイズで作ってくれるそうです。あるんですねー、こういう製品が!

わざわざ作らなくても、これ買えば良かったんじゃん…

…と思ったら、値段が高い!!

うちの窓のサイズだと、価格52500円です…。

防音性能はいいのかもしれないですけど、価格を安く抑えるっていうのも素人DIYには重要事項ですからね。

これは残念ですが購入できませぬ(-"-)



****************************************************************************************************************************




さて、僕が作った窓用の防音パネルを、先日パワーアップさせました。

DSC_0203
50ミリ厚のロックウールを各1枚ずつ追加して、貼り付けてみたんです。

※ 窓枠に横にはめてある突っ張り棒は、防音パネルがこちら側に倒れてこないように支えるための物です。

※ 縦にはめてある棒については後述します。

吸音材や遮音材って、その重量や厚みによっても吸音・遮音できる周波数帯域が異なるらしいのです。

つまり、同じロックウールという材質でも、場所によって厚みを変えたり互い違いに貼り付ける事によって、

違う周波数の音に効果を発揮してくれるようになる、という事なのだと思います。

見た目は、これまでよりもさらにカッコ悪くなりましたが(笑)。





そして現在の問題点は、窓枠とパネルの間や、パネルとパネルの間などに、隙間がとっても多い事です。

DSC_0204

これが、防音パネルを付けていない状態。当然ですが、外の光が入ってきます。

ここに防音パネルをはめると…

DSC_0205
かなり部屋の中が真っ暗になりますが、パネルとパネルの隙間や、窓枠とパネルの隙間から

外の光が差し込んでしまっているのがわかると思います。

2枚上の写真を見ていただくとピッタリはまっているように見えるんですが、それは夜に撮った写真なので

太陽の光が無いからそう見えるだけなんです。。。

この隙間が、音を外に漏らしてしまう原因であり、隙間を無くすほど効果的な遮音が行なわれるのです。

まず、パネルとパネルの間の隙間を無くすため、突っ張り棒と防音パネルの間に縦に棒を入れてみました。

横の突っ張り棒と縦の棒で、防音パネルを押しつけて隙間を無くす作戦です。

DSC_0206
うん、かなり隙間が無くなりました★

しかし、この画像を見てもわかるように、窓枠と防音パネルの隙間から光がまだ差し込んできます。

特に、窓の左上の方(カーテンの裏側)が明るくなっているのがわかると思います。あそこが一番の難関です。

そこで…

DSC_0199
こういう、空洞になってるゴム製のクッションを貼り付けてみました。

しかし、ゴムクッションよりも隙間の方が大きかったようで、少ししか効果を発揮してくれませんでした…(-"-)

こういう柔らかいフニャっとした材質でピッタリと隙間を埋めるのはなかなか難しいですね…。

でも、ピッタリすぎる物を作ってしまうと、窓枠にはめ込む時に壁紙などが傷ついたり破れたりしそうですし。

どこかで妥協点を探すか、もしくは設計し直す必要があるかもしれません。




あ、そういえば、

DSC_0202
余ったロックウールと有孔ボードを、アンプのキャビネットの裏に置いてみました。

このキャビネットはオープンバックなので当然と言えば当然なのですが、

うしろから回り込んで来る音を遮断し、音が前だけに出てくるような感じになりました。

ちょっと、こじんまりとしてしまったような感じも…(^^ゞ

でも、壁に伝わる音や振動はかなり軽減されたと思います。






ギターを弾く人間は皆、「自宅でも思いっきりデカい音でギターを弾きたい」と一度は思うのではないでしょうか。

僕ももちろん、そう思います!!

スタジオに通えば大音量で弾けますが、小さい子供の育児で大変な奥さんと子供達を家に置いて

休日に 「ちょっと遊びに行ってきます…」 とはなかなか言いにくいモンです(苦笑)。

我が家には防音設備などは無いので、当然 爆音でエレキギターを鳴らすなんて不可能。

でも 「真空管アンプは爆音にしなきゃ真価を発揮せんのじゃ」 という呪縛から逃れる事はできず(苦笑)、

なんとか自分でできる範囲で防音はできないものか と考えた結果、まずは

「窓の防音」

からチャレンジしてみる事にしました★

ちなみに、昨今の日本の住宅はかなり気密性に優れているため、壁ではなく 窓や換気口から

主に音が通過してしまうそうです。





まず、購入した材料はコチラ。

BlogPaint
50ミリ厚のロックウールと、遮音シートです。

ロックウールはグラスウールよりも吸音効果が高いというインターネットの言葉を信じて購入しました。

なんせ知識が無いもので(笑)。

こんな知識の無い僕ですが、いろいろ防音について調べるにつれ、防音には

「吸音」 と 「遮音」

があるという事を知りました。

「吸音」は音を吸収する事で、「遮音」は音を遮断する事だそうです。

今回の材料では、ロックウールが吸音で、遮音シートが読んで字の如く遮音ですね。

もうひとつ 「防振」 というのもあるんですが、ここではドラムやベースではなくギターの防音である事と、

自宅1階への防音ではなく屋外への防音を主にしたいために割愛しました。





まず、ロックウールがチクチクして痛痒くなってしまうので、厚手のビニール袋に入れます。

そして窓のサイズに合わせて2枚をドッキングさせたのが、コチラ。

CA392488
貼り合わせには、防水テープなる物を使用しました。

水を通さないって事は 音も通しにくいのだろう、という安易な考えで購入。





続いて、この2枚貼り合わせのロックウールの片面に、遮音シートを貼ります。

それがコチラ。

CA392489
ちなみに遮音シートって、やっすい合皮のソファーみたいな質感です。もっと弱いですけどね。

ところがこれが薄っぺらいのに結構重いんですよね。

遮音って質量が重要らしく、重ければ重いほど遮音できると言ってもいいようです。

もちろん、隙間が空いてては意味が無いんですけどね。

この自作防音カベを、合計2枚作りました。





そしてその2枚を窓枠にはめ込んだ状態がコチラ。

CA392490
柔らかい自作防音カベを ただはめ込んだだけなので、隙間が結構ありますが…。

遮音は隙間があっては意味が無いので、改善の余地かなりアリって感じですね。。。

それに見た目がいかんせん良くない。

しかし、こうして…

CA392491
カーテンを閉めればOKです (^^ゞ




さて、この隙間だらけで改善の余地ありまくりの自作防音カベ第一号ですが、効果のほどを動画に撮りました!

ヘタクソな演奏ですがそこは気になさらず、防音効果だけに注目してご視聴ください(^^ゞ

音量注意!!

0:00〜 室内のギター音
1:55〜 窓1枚へだてたギター音
4:05〜 窓1枚 + 防音カベをへだてたギター音
5:48〜 再び、室内のギター音のおさらい



結論から言うと、かなりの効果が確認できたと思います。

何度も言うように、隙間だらけの状態でこの効果ですから、もう一度 しっかりと隙間をなくすよう成形して

ピッタリはまるように作れば、もっと高い効果が期待できそうです(^◇^)

設置したり外したりも簡単なので、これは初めてにしてはいい物を作れたと自負しております。

今後はもっともっと効果のある防音を少しずつやっていきたいですね〜





このページのトップヘ