ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

カテゴリ:楽器 > ギター

楽器店でおもしろい物が中古で売ってたので、購入してみました!
642265146425625
SUPER VEEのBLADE RUNNERというトレモロユニットです!
エリックジョンソンも使っている、とか。
一見普通のシンクロナイズドトレモロと大差無い感じですが、取り付け部をギターボディに完全に固定させて、可動部とは板バネで接続されており・・・

・・・ってウマく説明できないのでこちらの動画をご覧ください



↑↑↑こういう動きをします。
この板バネが絶対に劣化しないし折れないらしい。本当かよって感じですよね(笑)


IMG_7324
Kanjiのストラトに載せてみました。

まず操作感ですが、けっこう特殊ですね。
アーミングのタッチがかなりヌル〜ンって感じで滑かになります。
アームバーとブリッジ本体に隙間(遊び)が無いのもいいですね!
ただ僕的にはちょっとアームバーが短いですね。一般的なシンクロ用アームバーは取付けできませんでした。残念。。。

チューニングが安定するというレビューもあるようですけど、その差は通常のシンクロとそんなに大きくはないですかね〜。そもそもシンクロのチューニングの狂いはトレモロ部分だけじゃなくナット部やストリングリテーナー部、そしてペグ部でも生じる訳ですからね。
通常のシンクロでも各所をしっかり調整してやれば、そんなにチューニングが狂うって訳では無いと思います。

僕的に一番差が出たと思うところがサウンドです!
明らかにサスティーンが伸びました。そしてサスティーンに倍音が乗って、コードの響きが豊かになった気がします!表現が適切かどうかわかりませんが全体的に『ハイファイになった』って感じですかね。結構好き嫌いが分かれそうな気もするサウンドですが、僕は好きです


IMG_7322
イナーシャブロックはサスティニウム(って読むのかな?)という教会の鐘にも使われるアルミ合金で出来ているそうです。量ってませんが、鉄ブロックの通常のシンクロより持った感じはかなり軽いです。


IMG_7323
という訳でSuper Vee の BLADE RUNNERのご紹介でした。
これは面白いですね!
実はカラハムのイナーシャブロックを遠藤さんから譲っていただいたんですが、それを試す前にブリッジ自体を交換してしまいました。遠藤さんすみません



最近、大好物だったコカコーラゼロを完全に断ちました!
『ゼロ』ならカロリーも糖質(炭水化物)もゼロだから体に悪くないだろうと思って飲んでたんですが、人工甘味料がかなり悪者だということをある知人から聞いたんです。それからコカコーラゼロではなく、炭酸水(全く甘くない)とお茶だけを飲むようにしています
それからというもの、低血糖にならないようになりました!
今まで僕は長い時間食べずにいると低血糖になって手が震えたり具合が悪くなっていたんですが、それが無くなったんです。きっと、今までは体が低血糖気味の時に甘いコカコーラゼロを飲んでいると、脳が「糖が入ってきた」と勘違いして「インスリンを出して糖を取り込めー!」と指示していたんでしょう。ところがコカコーラ『ゼロ』だから糖など入っておらず、上がってもいない血糖値がインスリンによって更に下げられてしまうことによって、低血糖になってたんだと思います。
まぁ難しいことは抜きにして、体調はすこぶる良くなりましたね

さて、本題です!

最近ブログに「ほにゃららが欲しい」と書くとお友達から「じつはもう買ってるんでしょ?」と言われます(笑)。いや〜、僕の生態を本当によくわかってくださってて嬉しい限りです!
・・・な〜んて、いや、さすがに「もう買ってる」ってことは無いですが、僕くらいになると常に『欲しい物だらけ』なので、それをいちいちブログに書いてたらキリがないです。そんな中ブログに書いた物は、「欲しい」を通り越して「買う!!」になってる物なんですね ( ̄∇ ̄)

最近「欲しい」と書いたものと言えば、ES-335試奏しに行ってきました!!
音ももちろん重要ですが、それより僕が重視するのは弾き心地。
ライブするようになってから特に、立って弾いた時の演奏性がそのライブの出来自体を結構左右することに気付いてしまったんです。だから、ストラップ持参での試奏です^m^

結果的には。。。

IMG_7306
ウチにあるってことは、まぁ、買ったっていうことですよね(笑)。
2014年製のGIBSONメンフィスのES-335チェリーです!
大きいボディですが、懸念してた弾き心地は全然問題なしでした。

僕が弾き心地を重視するきっかけになったギターはテレキャスターシェイプのSuhr ALT Tなんですが、テレキャスボディはボディバックとエルボー部にコンターが無いため、右腕が前に張り出すような感覚になってしまい、ピッキングが狙った所にウマくヒットできない時があるんですよ
同じ心配を335にもしていたんですが、それが全然大丈夫でした!
ボディトップとバックにアーチがあるので、もしかしたらギターに対する右手の角度がストラト弾いてる時に近いのかもしれません(^^)v
まぁこれはあくまでも僕の個人的な感覚ですけどね!


ちなみに僕が買ったのは、メンフィスのレギュラーライン的な位置づけのモデルなんですが、試奏はもっと上のグレードのモデルもさせていただきました。価格は倍以上違います
が、正直、僕の耳には倍の価格差は感じませんでした。もちろん、わかる人にはわかる違いがあるんでしょうけどね。あくまでも「僕の耳には」です。
ただ、決定的に違うのは見た目のオーラ!!
↓↓↓参考までに、これは高いモデルのお写真。
489656615146554315


そして僕のはコチラ↓↓↓
IMG_7327
もう、チェリーの色味とか、木目の透け具合とかが全然ちゃいます
僕のは角度や光の当たり具合によっては塗り潰しにも見えちゃうし、なんかピンクっぽい
バインディングの質感も妙にプラスチッキーだし・・・(-"-)
まぁこれが価格の差なんだなぁと諦めるしかありません(笑)
レギュラーラインなら、チェリーよりサンバーストの方が見た目の高級感あるかもしれませんね。
思い切って塗装剥がしちゃおうかなぁなんて悪魔のささやきが。。。

まぁただミーハーなんで、ヘッドにGibsonって書いてるだけで気分はいいです(笑)



モチベーションが上がらないとグチをこぼしつつも、ちょっとず〜つちょっとず〜つ進めていた、冬休みの自由研究。。。
(今までの経緯はコチラをごらんください)

ブログに書いていましたように、仕事が早く終わった日限定で庭に出ては、日没までの僅か1時間くらい作業をしてきました。しかし北海道のこの時期の夕方ですから、寒いわ手がかじかむわで全然作業が進みません(苦笑)。そんなこんなしてるうちに雪が積もってしまい、とてもじゃないが外では作業できなくなり。。。かと言って、木の粉塵が舞うので家の中では作業できません。

これじゃあ塗装は来年の春以降になるなぁ・・・

IMG_7094
IMG_7095
とりあえずこんな状態まで木部加工はしました。
が、自分の中ではまだまだ完成ではなく中途半端な状態。
せっかくやるからには、コンターもヒールカットも思いっきりやりたいんです。

でも雪が解けて暖かくなるまで(5か月くらい)は作業ができないなぁ。
な〜んて考えると、ますますモチベーションは下がっていきます

しばらく放置プレイになっている最中「春まで放っておくのも可哀想だ」と思い、外してあるパーツを全部載せて “ とりあえずギターとして弾ける状態 ” にしてみました!

IMG_7092
うん、ナチュラルも悪くないじゃないですか^m^
ただこれ、無塗装状態なので、爪を当てたりピックが擦れたりするだけで木部に直にキズがついてしまいます。ぶつけるなんて、もってのほか。
後々塗装することを考えたら、今木部にキズを増やすのは得策ではありません。

・・・やっぱり放置しとくしかないか・・・orz


・・・って考えたら、こうしてギターの形になっていて、木部加工も失敗していないうち(爆)に売ってしまうのも1つの手ではないか?と思い始めてきました。。。
そもそもモチベーションは低いままだし、先日Gibson J-45を衝動買いしてしまったので懐も寒い状態だし。。。


という訳で、
冬休み自由研究はここで急きょ終了!!ww

ていうか無理矢理終わりとし、「わたしの役目はここまでだ。グフッ・・・!」と自分に言い聞かせて出品(笑)。僕の生態をよく知っているお友達や、僕のヤフーIDをアラート設定しているお友達にソッコーでバレつつ、こんな状態でもなかなか良い価格で売れてくれました

という訳で、完成編というか放棄編というかっていう感じで無理矢理終わった(終わらせた)自由研究ですが、この作業を通じて改めてわかったことは、
僕は計画してる時が一番盛り上がっていて、その後はどんどんモチベーションが下がっていき、出来上がったらもう満足しちゃって使わないってことですね!キリッ


・・・ちーん・・・
お恥ずかしい限りですわ。
せめてもの救いは、落札者様にめっちゃ気に入っていただけたことですかね (* ̄∇ ̄*)エヘヘ


ずっと気になってたペダルを、おそらく最安値で見つけたので思わず飛びつきました!
IMG_7290
フリードマンBE-ODです。
フリードマンアンプのフラグシップモデルBE-100をペダルで再現したモデルということですが、僕はBE-100は未体験なので似てるかどうかはわかりません。
NAKEDなら持っていたんですけどね〜。

サウンドですが、かなーりドンシャリだと感じます。
僕の好みとしては、もっとミドルがムチっと出てくれた方が・・・って感じですね。
右下のTightっていうツマミを下げるとローミッドあたりがブワっと持ち上がってくれるのですが、同時に低域がブーミーになるというかルーズになってしまうので、ちょっと使いにくいです。低音のタイトさはそのままにローミッドだけが出てきてくれるなら良かったんですが。。。
逆に、Tightを上げて「ドン!!」というタイトな低音にしておき、トレブルとプレゼンスを下げ気味にすると、まぁ僕の好みに近づくかな?という気はします。僕的にはプレゼンスはゼロでもいいくらい。ですが「はたしてこれってBE-ODの良さを活かせてるか?」という疑問も

そもそも、こういう音って僕は使わないんですよね。。。

っていう話をLINEのグループチャットで話しましたら「ヘビーな音を求めて買ったんじゃないの?www」って言われちゃいましたが、そもそも僕、フリードマンってこんなにメタルな音だと思っておりませんでした。改造マーシャル系との事なので、70年代のJMPなどをモディファイして使っていた80'sあたりの古臭くも泥臭いハードロックサウンドを想像してたんですよね。。。勉強不足でした

ただ、これはあくまでも僕の好みでの話。
普通にモダンハイゲインなディストーションペダルとしてはすごく優秀なんだと思います。ゲインを上げてもノイズは少ないと感じますし、Tightツマミでかなり歯切れの良い重低音が出せますから、ザクザク刻んだらめっちゃ気持ちいいです!
「『ザ行』の音がずっと鳴ってる」、そんな印象のペダルでした!

・・・いやぁ、こんな人気のペダルを「好みじゃなかった」って書いちゃって大丈夫でしょうか

来週の今頃はもう12月なんですね。
12月は、子供たちの誕生日やクリスマスと出費のかさむ時期であります(TДT)
それを乗り越えたら、今度はお年玉だしね。。。

さて、来年1月にまたセッションライブ出演のオファーがありました。
実は水面下でボーカルをやらしてもらう計画を進めているんですが、そっちが整う前にギタリストとしてオファーをいただきました。ありがたいですがボーカルはお預けです。
ボーカルの女の子は前にも一度Superflyで共演したことがあるんですけど、めっちゃ歌うまいんですよその時はジャズコ音出ない事件で僕は不甲斐ない演奏をしてしまったので、汚名?を挽回するチャンスです^m^


IMG_7250
久々ブログ登場のKanji。
でも1月のセッションではES-335みたいなデカいセミアコを使いたいんですよね〜。
曲が335の音を求めている!な〜んてカッコいいもんじゃなく、僕がそういうルックスを求めているだけです(笑)。そもそも335ってどういう音なのか知らないし。。思えば生まれて一度も触ったことすらないかもしれません(*´ -`)
169センチしかない僕には似合わないかな??



僕は今、モーレツ感動 しております
IMG_7067
HOTONEXTOMP
こんなに便利で楽しくて音も良いペダルに、かつて出会ったことがあったでしょうか。。。

スマホの専用アプリから好きなアンプやペダルのシミュレーションを選んでボタンをピッとするだけで、XTOMPにそのアンプやペダルがインストールされちゃいます!
簡単すぎる。。。
僕、スマホやPCを繋ぐ機器はすごい敬遠しちゃうんで正直これも心配だったんですが、まったくの杞憂に終わりましたね。


にせものチックな感じで名称は微妙に変えてあるんですが、筐体のルックスは似せてデザインされているので「あー、アレだな」とニヤニヤしながらアプリを見るのもまた楽しいです^m^
IMG_7073
こんな感じ。
この辺は、さすが中国のメーカーって感じで得意分野?(笑)


ちなみにこちら、いろんなアンプやエフェクターが入れられるものの、2種以上の同時使用はできません。1度に1種ずつしかインストールできないんです。
IMG_7072
(↑このように、あらかじめコンビネーションされたプリセットから選ぶことはできますが。)
マルチエフェクターのように考えてた人から見れば「ダメじゃん」ってことになっちゃうのかもしれませんが、そもそもXTOMPはそういうコンセプトではありません。感覚的には、LINE6のM5や、イーブンタイドのH9に近いですかね!

僕がXTOMPを導入した目的は、セッションライブで使用するため。
セッションライブでは、この1曲のこのフレーズのためだけにこのエフェクトを使いたい!っていう場面が多々あります。しかし、そのためだけにエフェクターを買っていてはキリがありません。そんな時こそ XTOMP ですよ!!
XTOMPなら、ある時はファズ、ある時はタップディレイ、ある時はフランジャー・・・等と自由自在に中身を入れ替えられますコンセプトが素晴らしい!!
で、僕は液晶画面を見ながら設定やパラメーターをいじるマルチエフェクターの操作が苦手なので、普通のコンパクトエフェクターのようにツマミで操作ができるXTOMPはその点でも僕にとって最高なのです


さすがにまだ全部試してませんが、音はどれも特徴を掴んでていい感じですよ
ちょいとiphoneで音を録ってみました。

ZEN DRIVEのシミュレーションです。
本物は先日がちゃさんにお借りしたばかりだったので音は覚えてますが、結構いい線いってます

とは言え、僕の演奏よりもっと参考になる動画がyoutubeにたくさんあるので貼っておきます!








という訳で、
IMG_7068
ペダルボード完成です



街はもうクリスマスムードですね。
流行語のノミネート作品や紅白の司会が発表されたり、クリスマスケーキやお節料理の予約や年賀ハガキの発売が始まったり、もう世間は年末年始に向かってまっしぐら!
IMG_7037
そんな中、久々に8日ほどブログ更新を休んでしまいました。
別に体調が悪かった訳ではありません。まぁネタが無かったというか(^_^;)
・・・いや、ネタはあるんだけどブログ書くモチベーションが無かったというか、わざわざ書くほどのもんでもなかったというか。
そんなこんなでいつの間にか8日経ってました。時間経つの早すぎワロス!!


という訳で、やっとネタにできる出来事が。
先週末に2日間行われた札幌ギターフェスタに行ってきました
IMG_7029
僕が行った中では過去最高のギター展示数だったんじゃないかな?ってくらい多かったです!
今までと同じ感じならどうせ10分ちょいで見終わるだろう、と読んで奥さんに「すぐ出てくるからこのへん車でグルグルしながら待ってて」と言い残して会場内へ入ったんですが、いやいや、なかなかの見応えでしたよ
今までは正直ちょっと大きい楽器屋を見てる程度のものだったんです(ゴメンナサイ)。
普段はヒスコレ(今はトゥルーヒストリックって言うのかな)も全然数がない北海道で、ここまでギターを集められた主催者さんや楽器店さんの努力に感謝ですね!!目の保養あざます!!



ストラップを買い、会場内をひとしきり見たあと、周辺を車でグルグル廻りながら待ってるであろう奥さんに「終わったから会場前に迎えに来て」と連絡。
すると「近くのお店に入ってるからもうちょっとかかる」と言われたので、もう一度会場内に戻って再びギターを見てましたら・・・


IMG_7030
ビビっとくるチェリー?ワインレッド?のJ-45発見 ( ̄∇ ̄)
奥さん来るまでまだ時間あるし・・・ってことで試奏をお願いしました。
・・・が、周りでエレキギターを試奏してる人が多すぎて、音がよく聴こえない
ただ、それでもわかるのは、低音弦の響きがすごい気持ちいいことと、めっちゃ弾きやすいこと
そして『あと30分間は20%OFF』だということ
そう、時刻はギターフェスタ終了30分前だったんです。
明日からは店舗で通常価格に戻ってしまうらしい・・・
もうちょっと音がハッキリ聴こえる場所で試奏したい。。。しかし値段は魅力的だ。。。
しかもピックアップ搭載なので、そのままライブで使える!
今までは生ギター買うたびにライブ前にPU載せてきましたからね

なんて悩んでる間に奥さんから「着いたよ」と連絡がΣ( ̄ロ ̄|||)
あーもう悩んでる時間は無い!!(; ̄Д ̄)

ってことで・・・


IMG_7057
買ってきちゃいました(笑)。
正式名称はよくわからないんですが、おそらくGIBSON CUSTOM SHOP 1960's J-45 Limited Editionっていうヤツだと思われます(自信ナシ)。60年代後期のリイシューらしく、Gibsonのロゴ入りラージPGが特徴ですね!
でも、ナローネック期の再現のはずがナット幅が44ミリもあったり、ブリッジがアジャスタブルではなかったりと、微妙にアレンジされたリイシューではあります(^_^;)


IMG_7060
2016年製(の中古)なので、まだ1歳です。
音は正直、古いYamaha FGと比べても音量は出てないし、高域のキラキラ感(ギブソンだからジャキジャキ感と言った方がいいかな)もまだまだ成長途上という感じ。FGが大味だからそう感じるっていう噂もあるが(苦笑)。ただ、試奏時にも感じたように5〜6弦の巻き舌重低音(ドゥロロロロ〜〜ンって感じ)がめっちゃ気持ちいいです

ここ2日間ほどガシガシ弾きまくってたら、だいぶ鳴るようになってきました!
やっぱりJ−45はストロークが気持ちいいですね\(^o^)/
これからいっぱい鳴らしていきたいと思います



水面下でコツコツと進めていたペダルボード構築が、やっと完成を迎えました
イェーイドンドンパフパフーー


2017-11-06-12-35-58
・ペダル7台
・チューナー
・ボリュームペダル
・プログラムスイッチャー
・ジャンクションボックス
・パワーサプライ
これらが載ってる割には、かなりコンパクトにスッキリ収まったと自負しております!

・・・って、
「ペダル7台じゃなく6台じゃね?」って気付かれた方はどれだけいらっしゃるでしょうか??


2017-11-06-12-39-22
実は裏にこっそりとリバーブが
1ノブだし、常時オンと考えたら、見えるところに出す必要は無いんですよね〜フフフ。

・・・ていうのは後付けであって、本当は裏に載せるなんて考えもしなかったんです。
image
買ってきた直後、サイズ的にここにハマりそうじゃね?って思ってハメてみたら、あまりにピッタリだったのでこの案採用と相成りました( ̄▽ ̄)
でも真似されるなら気を付けてください!あまりにピッタリすぎるので、リバーブ側にもペダルトレイン側にもキズがつきます


2017-11-06-12-38-15
もしリバーブの効きを変えたくなったら、ここから一応操作は可能です(^^)


あらためまして・・・
2017-11-06-12-35-58
「コンプ」クリーンの時にオン。
クランチ用のThe BLASTと同時に掛けると、めっちゃ気持ち良いブルージーなサウンドに!

「歪み3台」クランチ用、メイン歪み、ディストーションです。
ちなみにクランチ用のシノーズThe BLASTは、メイン歪みのNaughty Brainと同時に掛けてリード時のゲインブースターにもなってくれます!

「ハーモニスト」使う曲は限られますがデチューンモードにしてコーラスの代わりに使ったりもできます。この音がまた最高!

「ディレイ」Flashback2はスイッチ長踏みでも効果が得られるため、踏みやすいよう前面に設置しました。

「リバーブ」基本 常時ONのつもりなので、前述のように裏面に設置。


ちなみに、1台分あいてるスペースには、HOTONEのXtompを置くつもりです。セッションライブでは、常用はしないけど単発で必要になるエフェクトがよく登場するので、そういうエフェクト用としてコンパクトなマルチは重宝しそうですからね(^^)



金曜日の夕方から日没までという、1週間のうちで僅か1時間ちょっとくらいしか進まない自由研究(苦笑)。そして今更になって、塗装を伴う作業をなぜ『冬』にしてしまったんだろうという後悔が・・・。

と言っても話は進みません。
もしかしたら完成が「夏休み」になるかもしれませんが
前回までで
2017-10-27-16-53-00
ヒールレス加工は終わりました
なので、今回からはボディバックのコンター加工に入ります


IMG_6939
ヒール加工と同じように、まずは金ヤスリで粗く削ります。柔らかいマホガニーなので、うっかりするとやりすぎちゃうくらいにサクサク削れます
削り過ぎちゃうと、ボディの中に掘られたウェイトリリーフ加工の穴に貫通してしまうかもしれないので、気を付けなきゃ


IMG_6942
こんなもんかな?ってところで、あとはサンドペーパーで均します。
ストラト等に比べるとあまりに控え目なコンターですが、これだけで体のフィット感は全然違うもんですよ


IMG_6940
とは言え、せっかくやるからには、もっと大袈裟に加工した方が面白いかもしれませんね。今改めて見ると、ヒール加工も斉藤和義モデルくらいやっちゃってもいいかも




最近、クリーントーンで結構悩んでいました。
歪みに合わせてトータルの音作りをすると、そのままの設定で歪みをOFFった時にクリーンがちょっと引っ込んじゃうんですね。そんな悩みを抱えてた時にレコーディングエンジニアの遠藤さんからお聞きしたタイムリーな話題こそ『コンプレッサー』のお話
いやー、勉強になりました!
最近はネットでずっとコンプを物色する毎日でした^m^

「下手さがごまかせちゃうから使わない」とか、「俺はそんなのに頼らずにピッキングのコントロールでなんとかしてやるゼ!」みたいな話もチラホラ聞きますが(笑)、実はプロの現場でコンプは本当に重要な機材らしいですね

いつもお世話になっているプロギタリストさんのアドバイスもいただき、僕が選んだコンプはこちらです!
IMG_6821
EMMA TransMORGrifireです!
トランスモーグリファイヤーと読むそうです。リーザフラットジッツといいピスディヤウウォットといい、EMMAのペダルはほんと読みにくい


なにはともあれ、下手なりに頑張って撮った動画をまずはご覧ください!

「イヤラシくならないよう自然に」と「動画でも差がわかりやすいようキツめに」という気持ちの狭間でセッティングをかなり迷いました(笑)。
動画でどこまで伝わるかわかりませんが、各音のレベルが均一になって音の粒が揃うといった専門的なことは抜きにしても、音がかなりパキッ!として単純に弾いててめちゃくちゃ気持ちいいです
クリーントーンが引っ込むということも完全に無くなります!!

今まで正直、コンプってどういう時に使う物なのか、また、使ったらどう変わるのかもイマイチよくわかってなかったんですが これは買って良かったです!
動画には撮ってませんが、ストラトのハーフトーンのアルペジオも引っ込まずにすごくいい感じになりますね



このページのトップヘ