中華ブランドのペダル…正直、安かろう悪かろうだった時代もたしかにありましたが、今はサウンドに関してはもう全然普通に使えるレベルになっていますよね。ただやっぱり耐久性や信頼性においては僕的にはまだ半信半疑なところがあり、ライブ本番で使うのは正直トラブルが怖いという思いは拭い切れないですし、現に先日もリハで壊れましたし…。

でも意外とマニアックなラインナップがあったりデザインが面白かったり、そして何より価格が安いということもあり、弥が上にも気になってしまう。そんな存在でもあります(笑)


IMG_1860
という訳で今回は、RowinTAPE DELAYをご紹介します!
この記事を書いている現在、アマゾンでは3000円台くらいで買えるようです。僕もそれくらいの値段で購入しました。

僕が低価格帯の中華ペダルを買う時は、実用性とか音の良さなどは正直気にしません。なのでYoutubeで音をチェックしてから買ったり、他の競合ペダルと比較して選んだり…みたいなことはせず「まぁ安いしネタの1つにでもなれば」くらいの気持ちで買っちゃいます。仮に実用性が無かったとしても、安いので懐のダメージは小さく済みますから(笑)

でも今回のこのペダルは買って正解でしたね!!


IMG_E1864
TAPE DELAYという名が示すように、テープエコー系のローファイなディレイサウンドです。
そのローファイ具合を3段階で切り替えるのがFILTERというスイッチ
あとはFEEDBACK(やまびこの回数)D TIME(ディレイタイム)MIX(原音とディレイ音のバランス)というオーソドックスなツマミ類に加え、BOOSTつまみは原音も含めた全体のマスターボリュームとなります。
BOOSTは、飛び道具として使う際に目立つよう音量を上げるとか、ギターソロで音量を上げるみたいな時に便利そうです


サウンドの前にまず原音の音ヤセについて。中華ブランドなどの安いペダルを買う人はきっと「繋いだだけで音がやせるのは当たり前」という ある意味 “ 諦め ” のような感情を持っていると思う(笑)のですが、このペダルに関しては「繋いだだけで」というほどの劣化は無いと感じます。
ただONにすると原音のザラっとしたハイの帯域が持って行かれてクリンと丸くなるのは実感としてわかります。
とは言えそもそもがローファイなディレイですからギリ許容範囲かなと(私感)。


IMG_1863
続いてディレイ音(ウェット音)について
ローファイで余韻がどんどん劣化していく(歪んでいく)ようなテープエコー系のディレイが好きな人なら普通に受け入れられるサウンドだと思います。前述しましたように一応ローファイ具合を選ぶ3段階スイッチはありますが、どのポジションにしてもデジタルディレイのように原音通りの音が返ってくることはありませんw
まぁテープエコー系ディレイの使い処をしっかり理解なさってる人なら「なんじゃこりゃ」ってことにはならないだろうと思います(笑)


さて、僕がこのRowin TAPE DELAYを買って良かったと感じたポイント、
それは発振の素晴らしさですね!!
なにはともあれ動画を見てみてください。
宇宙と交信できそうな素晴らしい発振サウンドです!
FEEDBACKつまみを1時過ぎたあたりくらいから「あ、発振し出すかな」っていうくらいにヒュンヒュン言い始めます(笑)

発振させたままギターを置いてステージから去る、というライブパフォーマンスをしたくなりますよね!^m^