ツイッターに「#ペダルボード2022秋」のタグでペダルボードをアップしようとしましたら、まだこのタグでアップしてる人が1人しかいらっしゃいませんでした(汗)
北海道民の僕にとってはすっかり秋という感覚ですけど、北海道以南の人達にとってはまだまだ夏っていうことでしょうか(笑)


というわけ(どういうわけ?笑)で、ペダルボード2022秋バージョンです!
…と、その前に。
皆様どれくらいの頻度でエフェクターのジャックやパッチケーブルのプラグを洗浄してますか?
僕は半年に1回くらい、またはボードを組み替える時に気が向いたらという感じです。

洗浄と言っても、接点復活材をしみ込ませた綿棒でジャック内をグリグリするのと、同じく接点復活材を含ませたウエスでプラグを拭くだけ。全然大した作業じゃないんですけど、いざやろうとなるとバラす必要に迫られていないボードをバラさなければいけないので、案外面倒に感じるものです(笑)

ジャックとプラグの接点が軽く汚れてたり酸化したりしてるだけで、ペダルを踏んだ時の振動で軽い接触不良が起こって「ガサッ…」っとノイズが出ることがありますからね。「スイッチの調子が悪いのかな」と思ったら原因はジャックとプラグの接点だった!それもパッチの方では無くDCケーブルの方だった!みたいなこともあります。


IMG_E5359
洗浄も無事にすべて済み、ペダルボード2022秋バージョンの完成です(^^)
…と言っても夏バージョンからペダルは1つも変わってません。
変わったところは、ジャンクションボックスを1個増やした点ですね


IMG_5362
ペダルボード内のセンドリターン(エフェクトループ)として、僕はZauber Pedalsさんにオーダーしたジャンクションボックスを使っています。

例えば「普段はフランジャーなんてほとんど使うこと無いのに、次のライブでは1曲だけフランジャーを使う」みたいなシチュエーションありますよね。そういう時にフランジャー1台のためにわざわざボードを組み替え、ライブが終わったらまたボードを元に戻すのは面倒…。
なので、「これらは僕の中では不動だ」というペダル達だけでまずボードを組み、歪みの前と歪みの後ろにそれぞれジャンクションボックスを繋いでおき、、
IMG_E5361
このようにジャンクションボックスにイレギュラーなペダルを臨機応変に繋いでいるのです(^^)

これだとボードを大きくする必要が無いですし、せっかくキレイに配線したパッチケーブルをバラす必要も無いですオススメ!!

ジャンクションボックスとして市販されている物ならどれでもいいとは思いますが、僕がZauber Pedalsさんにオーダーしたジャンクションボックスは上面のジャックがスイッチ式になっているので何も挿さない時は自動で信号が通過していくようになってます。なので何もペダルを繋がない時にわざわざ短いパッチケーブルで入口と出口を繋いでおく必要が無く、せっかくの札幌JCTのデザインが隠れてしまうことも無いのです^m^

僕の場合、今までライブをやってきて単発的にイレギュラーなペダルを使ったと言えば、思い出す限りだとワウ、ファズ、オクターバー、ピッチシフター、フェイザー、フランジャー、コーラスといったところ。ペダルボードに入る前(最前段)、ジャンクションボックス ▲献礇鵐ションボックス◆▲撻瀬襯棔璽匹鮟个晋紂丙埜綯福砲箸い4か所にペダルを繋げられると考えたら、よっぽどのことが無い限りはボードを組み替えなきゃいけないシチュエーションは無いです(^^)

すみません、ペダルボードじゃなくジャンクションボックスの紹介になってしまいました(汗)


ペダルボードの信号の流れは上のツイッターに書いた通りです。
ちなみに最後段のディレイですが、モジュレーションとミッドブースターも兼任しているという優れ物となっております

ジャンクションボックス以外のペダル達に関しては、入れ替える日なんぞ来るのだろうかと思うくらいに信頼しているしサウンドも好みのペダルです!