「激安ギターを弄るということ。」

それは「激安ギターでも手(とお金)をかけてやれば高いギターに迫れるかも」というロマンの追求であり、同時に「いや 何をどうしても所詮は激安ギターじゃないか」という思いとの葛藤。

当たり前ですが、仮に5000円のギターに10万円の改造費を費やしたところで定価10万円のギターにはならない訳です(木材自体は変わらないからね)。

・・・とはわかっていても、弄ってしまう。
ひとつ僕が声を大にして言いたいのは「弄ったら良いギターになりそうなポテンシャルを感じるから 弄るのだ」ということです。何の将来性も感じないギターになけなしのお金をつぎ込むほど僕はバカではないのです(本当か?)。

前置きが長くなりましたが、という訳で、、、

IMG_E2376
先日の記事でも紹介しました、Photogenicのレスポールもどきです。
もちろん本家のカスタムショップやらマーフィーなんちゃらと比べてしまうと雲泥の差ですが、レギュラーラインとなら遠目に見ればそんなに引けを取らないのでは…?なんて、怒られてしまいそうなことを言いたくなるくらいには雰囲気のいいギターだと思ってます(笑)

今回はこいつを改造していきます!!
ちなみに、去年所有した1本目のフォトジェニックレスポールもどきもそれなりに手をかけてやると結構良いギターになってくれまして、ライブでも全然なんの問題も無く使えたどころか むしろ大活躍してくれました。
対バンギタリスト氏との会話でも
「やっぱレスポールはズ太い音でいいですねー!」
「いやでもこれフォトジェニックなんですよ」
「ええぇー!?(マスオさん風に)
みたいなやりとりがあったり。
だからこそ、この2本目にも期待を寄せてしまうのであります!!

モディファイ前の、最後のオリジナルの姿を撮影。


IMG_2676
ストラトタイプはちょこちょこ弄るので慣れたものなんですが、レスポールタイプはそんなに場数を踏んでいないので「よし今日やるぞ!」と気持ちが乗った日じゃないとなかなか重い腰が上がりません。。。


IMG_2677
一気に飛んで、丸裸にされた図です。


965189496156
963214789656
大まかにはNCルーターでザグられていると思われるんですが、なぜか塗装後の仕上げに人の手(ノミか彫刻刀で雑に…)が加えられたキャビティです。昨年所有した1本目のフォトジェニックも同様でした。無駄に人件費をかけて雑に仕上げるという(謎)。ハンドメイド感を醸し出したかったのでしょうか(謎)。

まず電気系統は以下のように交換しました!
.團奪アップ → 某個人ビルダー(僕は存じない人でした)が手巻きしたというハムバッカー
▲櫂奪 → ALPHA製
トグルスイッチ → スイッチクラフト製
で枩材 → BELDENの4芯シールド線
ゥ灰鵐妊鵐 → 詳細不明…
Ε献礇奪 → Pure Tone製

IMG_E2691
IMG_E2690
ところで僕ずっとALPHAのポットって日本製かと勘違いしてたんですが、台湾製なんですってね?ついでに言うとCTSのポットってずっとUSA製かと思い込んでたんですがこれも台湾製なんですってね?(ネット情報)


続いては、ヘッド周りです!
IMG_2684
IMG_2683
これが純正ペグを取り外した状態のヘッド。
パッと見は普通のクルーソンタイプかのような純正ペグ(床に転がってるヤツ)ですが、実はシャフトは細いですし それに倣ってブッシュ径も小さく、つまりはちゃんとしたクルーソンタイプのペグを付けるためにはヘッドの穴を拡張しなければいけません


IMG_2704
一気に飛びまして、ヘッドの穴を拡張してクルーソンタイプのペグ(日本製)に交換した図。
激安ギターのペグは大抵精度が悪い(特に遊びが多い)ので、交換はマストだと思います。

ちなみにこのトラスロッドカバーにもひと手間加えてまして、
このようにカバーのエッジにテーパーをつけて(カッターでカンナのように)、白い層が正面から見えるようにしてやるとグッと雰囲気が増します。この加工は昨年の1本目のフォトジェニにも施しておりました


IMG_E2867
IMG_2868
トグルスイッチのリングとノブも交換しました。
バインディングに比べて、ちょっと白さが目立ちますね(汗)
リングはモントルー。ノブもモントルーだったかな…失念しました。。


で、最後にピックガードとエスカッションを交換(メーカー等は不明ですが純正よりはちょっと雰囲気が良い物)して完成です!!
IMG_E2711
この写真、手前味噌ですがめっちゃカッコ良くないですか?
光の当たり具合と角度が織り成す奇跡の1枚だと思いますが、この写真を見ていただくと僕が冒頭で「レギュラーラインのレスポールになら引けを取らない」と暴言を吐いたのもわかっていただけるかな、と…(笑)
実際のところ、ボディトップはエッジに向かって反り上がるようなカーブ(いわゆるディッシュカーブ)になっていて、非常に雰囲気は良いギターだと思います


さて、サウンドを聴いていただくため、いつものように動画を載せたいところですが実はまだ撮っていなかったです(汗)。撮りましたら追記で載せます!
手巻きのピックアップのおかげでしょうか?サウンドはハムバッカーとしてはクリスピーで小気味良い明瞭さがあり、普段シングルコイルやP-90を使っている僕にもかなり扱いやすい音です!
レスポール然とはしてないのかもしれませんが、これはこれでめっちゃ気に入りました!!