最近、「いかにアンプを小さく軽量にするか」をMyテーマとしてやらせてもらってます。
IMG_9221
昨年から愛用している1968年製FENDER BANDMASTERヘッド
これは横幅61センチ重量は13キロ台
それなりの出力を確保している真空管ヘッドとしては十分小さくて軽い部類のアンプなんですが、決して若くない上に頸椎と腰椎にヘルニアを持ってる僕としてはもう少し軽いのが理想。。。


で、リサイクルショップ巡りで見つけたこんなアンプを買ってみたり。
これはMarshall DSL1CRというコンボアンプで、出力僅か1ワット。。
まぁ家で鳴らすなら1Wで十分だしライブで使う訳じゃないし…と買ってみたものの、やっぱり日常的にFenderのビンテージアンプを鳴らしてる身としては満足に足る音質ではな…ゴニョゴニョ 汗


で、次に買ったのがこれです。
IMG_E1652

DV MARK DV RAW DAWG EGという小型アンプヘッドです。
フェンダーヘッドの上にちょこんと載ってるヤツがそれです。

いやーこれは良いですよ、ほんと。
詳しいことは上のリンク先に書いてるのでここでは割愛しますが、音が良いのはもちろんクリーンの領域が非常に広いので、ペダルで歪ませたり直列で空間系を入れたりする僕の環境ではとても扱いやすいです!
そして何と言っても横幅22.5センチ重量2.6キロというのが非常に魅力!
アンプを小さく軽くしたい!というテーマの僕には、うってつけのアンプです!


これでプロジェクト完了だな、と思ってたそんな時、
実は興味で買ってたジャンク品アンプが密かにあったのです。。。
それが今回のタイトルにもあります、VOXAC30 6TBです!
IMG_E1825
・・・いきなり全部バラしてある状態の写真ですみません(笑)

ちなみにジャンクたる理由は「ツマミがどこまでも回り続けて、効かない」といったもの。
しかし持ち帰って試してみると、ツマミがどこまでも回るのは単純にイモネジが緩んでポットに固定されてなかっただけ!
そのイモネジ1本を締めるという5秒の作業で普通に直ってしまいました(笑)

いやぁ これは嬉しい誤算と言うか、安く買えてほんとラッキーでした!

で、修理完了(笑)のAC30 6TBを純正のアルニコブルーで鳴らしてみたところ…めっちゃ良い!
さらに、MORGANキャビに繋いで鳴らしてみたところ…さらに良い!!
このアンプを所有するのは実は2回目なのですが、改めて良いですね!
※ ちなみに1回目の時の記事はこちらです



ただこのAC30 6TB。30キロ超える重量級のアンプです。。。
なので「ヘッド化して軽くしよう」と考えるのは必然的な流れ・・・!
お待たせしました。いや、お待たせしすぎたかもしれません。やっとタイトルに繋がります。
IMG_E1813
改めましてVOX AC30 6TBのシャーシ(アンプ部)のみです。
一口に「AC30」と言ってもいろいろバリエーションがあり、中でもこの6TBは「インプットが6個あるTB(TOP BOOST)回路のAC30」というモデルです。あまり細かく書いてもややこしくなっちゃうので簡潔に言うと、60年代から存在する所謂VOXといったらコレというAC30のリイシュー物です。

2001年製MADE IN ENGLANDですね。
ちなみにこの頃はご存知Marshall工場のOEMです。トランスだったり中に貼ってあるラベルだったりが当時のMarshallアンプと共通でなかなか興味深い^m^


・・・さて、このままだと真空管がむき出しです。
割れると危なくてスタジオなどに運搬できないので、なにか箱に収納しなければいけません

最初は木箱を自作して収納しようと考えたんですが、いいタイミングでいい物を見つけました。
IMG_E2028
GUYATONEのアンプヘッド(これまたジャンク品)です。
店員さんにメジャーを借りて内寸を測ってみたところAC30のシャーシが入るサイズだったため、購入してきました!
自作に必要な木材やトーレックス、ハンドル等を買い揃えるよりも安かったですし、なによりメーカー既製品の方が僕の自作品より間違いなくキレイですしね!


IMG_2030
グヤトーンのシャーシを取り出し、AC30を収納するのに邪魔な一部の木枠を外し、そして底面にアルミシールを貼った状態がコチラです。
あ、ゴツいプラスチック製のコーナーガードも好みじゃないので取り外しました。


そこにAC30 6TBのシャーシをINして底面からネジ留め!
IMG_E2032
おおぉ、ピッタリやないすか。。。
まるで最初からこういう状態で売られている既製品かのようです。。。
とはいえ、Marshallヘッドのようにこうしてフロント側にコントロールパネルが来るデザインのAC30ヘッドは実在しない(あったらスイマセン)ので、すごく新鮮でもあります…!


さあ、早速MORGANのキャビに積んでみましょう。
IMG_E2046
んー、仕方ないですが横幅が大きいので、キャビより出っ張ってしまいます。。。
ちなみにマーシャル等のヘッドと同じように横幅は75センチくらいで、重量は現在の状態で16キロ。まぁわかってたことなので想定内ですが、冒頭に書いた「いかにアンプを小さくて軽量にするか」というテーマからは完全に逆行しましたね(苦笑)


IMG_E2049
このアンプヘッド3台体制になってから毎日のように3台を鳴らし比べているんですが、サウンドはほんとどれも良くてとても1台に絞ることができません。。。
まぁサウンドで絞ることができなくてもサイズや重量を加味すれば答えは自ずと見えてくる気もするんですけどね。もしVOXをスタジオに持って行く日が来たら一瞬で「重い!イヤだ!」ってなるのかもしれませんし(^_^;)


IMG_E2047
IMG_E2040
という訳で、VOX AC30 6TBのヘッド化でした!
あとはフロントパネルを作って取り付ければ完成ですが、しばらくはライブのリハ等でバタバタしそうなので、これは夏休みの自由研究ですかねー(^^)