またまた買ってしまいました・・・20年前くらいのパシフィカ312。
中古で1万円ほどでも買えちゃうPAC312はほんとコスパが高いギターだと思います。もちろん好みは人それぞれですが、僕に限っては買って後悔するような音の個体に当たったことはありません!

そんな訳でPAC312(やパーツ色違いの112)はいったい何本目か自分でもパっと思い出せないくらい買ってますが、今回は僕にとって初のメイプル指板・アッシュボディの312です!
IMG_3664
って、もうバラしてるじゃないかとつっこまれそうですが、うっかり届いた状態の写真を撮ってなかったようでカメラロールにありませんでした(汗)
PAC312M という型番のMはメイプル指板、兇アッシュボディを示すようです。
他はPAC312に準じた仕様ですが、パーツはゴールドじゃなくクロームメッキでした。


IMG_3665
ピックアップを見て「おっ」と思った人はなかなかパシフィカマニアですね!


IMG_3666
フロントとリアのシングルコイルがPAC312の物と違います。
手元の資料によりますと、PAC312の方はセラミックマグネット、そしてPAC312M兇諒にはアルニコマグネットが載っているそうです。
また、外観は同じに見えますがリアのハムバッカーもアルニコとのこと。
M兇諒がちょっとだけアップグレードという位置付けなのかな?と思ったら、当時の定価はどちらも同じでした。
まぁアルニコの方もプラスチッキーなボビンで決して高価な物でないことは想像できますが。


IMG_3668
PAC312を買うたびに思いますが、ザグリが本当キレイで気持ちいいです!


このパシフィカ、今まで買った歴代PAC312の中でもネックの木目がキレイです。
IMG_E3673
IMG_E3684
整ったトラではないですが、うねった感じの杢も雰囲気があっていい感じ(^^)


さて、現在のメインパシフィカはこちら。
IMG_1802
これに載っているアッセンブリーを、
ピックガードごとPAC312M兇飽椰してみることにしました


IMG_3669
一気に完成写真(笑)
同じギターを持っていると共通パーツがあるから載せ替えが簡単ですね!
・・・と言いたいところですが、このPAC312とPAC312M兇亡悗靴討魯團奪ガードの形状は同じもののネジ穴の数が違うのです。ピックガードで隠れる部分なので僕はまったく気にならないですが、ボディに新たなネジ穴を開けるのがイヤな人は要注意ですね。


IMG_E3686
ネックも取り付けて完成!
ちなみに指板は貼りメイプルで、軽くトラ目が出ています。
前述したネックの杢に合わせてちょっと良い指板材が選ばれたんですかね?^m^


IMG_E3678
なかなかポップでかわいらしい、女子受けしそうなギターに仕上がりました(笑)
40半ばの僕が持つのは憚られるくらいです(汗)


IMG_E3680
アッセンブリはメインパシフィカから載せ替えただけなのでコチラの記事にも記していますが、
フロント&センターPUはJUNTONEのジナパパシグネーチャーピックアップ
リアはDimarzioのスティーブヴァイシグネーチャーDark Matterです。
あと、ブリッジにはSuper VeeのBlade Runnerをチョイス。


IMG_E3679
サウンドは、メインパシフィカに比べてブライトでチャイミーです。
これはメインパシフィカがアルダーボディ&ローズ指板なのに対し、こちらはアッシュボディ&メイプル指板であることが影響しているのかもしれませんね!アンプに通さない生鳴りも、メインパシフィカの方が重心が低くてネバっとしてます。
メインパシフィカの方は、どっちかと言うと僕のFENDERストラトと似た方向性に向くようにイジってきたので、このようにキャラの違いが出るのは面白いかもしれませんね(^^)


しっかし、やはりこの20年程前のPAC312は良いギターだなと改めて思わされます!
IMG_E3685
中古で1万円台ならお財布にも優しいし、仮に気に入らなくてもヤフオクとかで売れば買ったような値段で売れるので、ぜひいろんな人に弾いてみていただきたいです(^^)