先月リサイクルショップ巡りでGETしてきた、P-90が3発載ったストラトモデル。

4730円という安価で売られていたこともありほとんどメンテされていない状態で、僕が特に気になったのはナットの高さでした。
僕はギターのメンテはできることは自分でやっちゃいますが、ネック回りはトラスロッド調整くらいしか自分ではやりません。ナットやフレットに関してはプロのリペアマンにやっていただいた方がプレイヤビリティの面でもサウンドの面でも圧倒的に有利だとわかっているからです!

おそらく「安いギターにメンテや改造でお金を掛けるのは勿体ない」という考えの方はいらっしゃると思いますし僕もそれは否定しませんが、でも「安くても手をかけてやれば化けそう」というポテンシャルを感じる個体もありますからね(^^)

で、お世話になっているエレキ堂さんへ。

・牛骨でナットの作製。
・ヘッドの塗装が剥がされてムラになってるのでヘッドリフィニッシュ。
・エレキ堂さんで中古販売されていたペグの購入とその交換。
・ナットを交換したことでもしフレット擦り合わせが必要になるなら、それも。

というメニューでお願いしてきました。
で、時は流れ完成のご一報をいただいたので受け取って参りました!
申し訳なくなるくらいの価格でやっていただき、ありがとうございました!


IMG_E2618
久々の再会ですがやっぱカワイイですコイツ。

ちなみにフレット擦り合わせは必要ナシだったとのこと。
もともとネックやフレットの状態は良く、指板Rがフラット気味なことも相まって弦高を結構下げられるギターだったんですが、12フレット1弦で0.5ミリという驚異のベタベタ弦高でチョーキングしてもほぼビビリや音詰まりゼロという素晴らしい状態で帰ってきました!

とは言えやはりそれなりに弦高は確保した方が張りのあるサウンドになるので、適正くらい(あくまでも好みですけどね)まで上げてバッチリに。


IMG_E2620
ストラトタイプなのにナットの取り付けや形状はギブソン方式という謎仕様のギター(コピーしきれていなかった古い日本のギターによくありますよね)なのですが、ナットは細い形状にしていただきました(Rickenbackerを意識してみました、とエレキ堂M店長談)。ローフレットがめちゃくちゃ弾きやすくなり、ピッチも安定しました(^^)

ヘッドのリフィニッシュもしていただきましたよ!
ちなみに、リフィニッシュ前のムラ有り状態がコチラ↓↓↓
IMG_1942
M店長は「俺は塗装は専門じゃないから、指板やヘッド裏の色とはまったく同じにはできないよ」とおっしゃってましたが、いやいや初めの状態から比べたら大満足ですよ


ペグは、エレキ堂さんにストックされていた中古パーツから選ばせていただきました。
IMG_E2621
6連のクルーソンタイプ
形状などから判断するに決して高価なものでは無いと思いますが、元々ついていたイヤになるくらい精度の悪い純正ペグよりは10000倍くらい良いです(笑)


サウンドですが、生音の時点でいい感じになりましたね!
元々悪くなかった(というか結構好き)な生鳴りだったんですが、元来持っていたジョリン感に少し重心の低い帯域が加わった感じ。まぁ1か月弱ほど手元を離れていたので、脳内上位補正アリかもしれませんが^m^

アンプ通した音を撮ってみました。
(ちょっとiphone置く位置を誤って高音を録りきれなかったです。すみません)
このギターを買う時点で「元のオーナーはSUGIZOファンだろうな」とわかる仕様だったので、LUNA SEAのI FOR YOUのイントロ弾いてみました。
このイントロが流れてくると金城武と深田恭子の顔が浮かびますねぇ。

アンプはYAMAHA THR100HD。
キャビはMarshall 1974CX。
スギゾーパートがLEADモード。エフェクトはTHR内蔵リバーブのみ。
イノランパートがCLEANモード。エフェクトはTHR内蔵リバーブと、外部ディレイ&BOSS PS-6のデチューン(コーラスみたいなヤツ)です。

P90特有の巻き弦がブロロロォォォンって鳴る感じが非常に気持ちいいです。
この動画はフロントPUしか鳴らしてませんが、リアの太さやパワー感なんてある意味「ストラトのリアPUはP90がもう一つの答えと言ってもいいんじゃないか」と思わされるくらいに扱いやすいですね!
ぶっちゃけセンターは僕にはちょっと使いどころがわからないので、ダミーにしてフロントとリアのミックスにしようかなと考えてますが^m^


IMG_E2617
エレキ堂さんのおかげでますます愛着の湧くギターになったので、近々電装パーツやピックアップなどを交換して遊んでみたいと思います!