リサイクルショップで、遠目に見ても「おっ!」と目を引くレスポールモデルが1本。
たまにありますよね、ビビっとくる個体。
ラッカーっぽい奥行きやツヤ感のある塗装。古いトーカイLSのようにボディエッジに向かって反り返るトップのカーブが、照明を反射した時に色気を醸し出します。

ヘッドロゴを見てみるとビックリ。まさかのフォトジェニックでした(゜o゜)
フォトジェニですからご想像通り値段も安いし、いいオモチャになりそうなのでGETしました


IMG_9236
なんちゃってGIBSON形状なヘッド。
Photogenicロゴはいわゆる旧ロゴ?初期ロゴ?と言われてるタイプです。
初期物は作りや音がいいとか言われてるという話もチラホラ聞きますが、僕には全くわかりません。フォジェニックを年代別に並べて弾き比べたことは無いので。

このペグの精度がもうイヤんなるくらい悪いです。。。w
思わずププっと笑ってしまうこういう箇所こそ “ 安ギターの和みポイント ” と言っても良いでしょうね(笑)
ここで一切笑わずに怒ってしまう人はそもそも安ギターに手を出すべきじゃないです。


IMG_92227
そして僕が店頭でビビっときたボディがコチラ。
写真でどこまで伝わるか疑問ですが、冒頭に書いたように塗装の質感がニトロセルロースラッカーみたいな奥行き感とツヤなんです。・・・いや、写真じゃ伝わらないですよね。悔しい。。。


IMG_9234
ボディトップのカーブは、古いトーカイLSに似たエッジ部分が反り返るような形状です。
これが妙な高級感?色気?を醸し出してるんですよね〜
「フォトジェニックに何言ってるんだか」って言われそうですが、ほんと、ちょっと只者じゃなくない?って思っちゃうような質感なんです。
お気付きとは思いますが、トグルスイッチが折れてます。交換しなきゃ。



IMG_9230
ただ、ボディ材は謎の木材の継ぎはぎボディです(笑)
トップとバックはおそらく同じ材。近年のフォトジェニック・レスポールコピーはトップにメイプル?シカモア?の化粧板を貼ってるみたいなんですが、コイツはそれすらもされていないです。
継ぎ目が弦と平行に貼られていないので、すごい違和感をおぼえます(^_^;)


IMG_9235
こちらがボディバック
パット見は3〜4ピースなんですが、ボディを横から見ると部分部分によってボディ厚に対して5:5や7:3などバラバラの比率で貼り合された材が、たくさんツギハギされているのがわかります(^_^;)
もう、ピースやプライを数えるのもバカバカしくなるような感じです(笑)
ただまぁ昔のミルフィーユ構造のベニヤボディよりは精神衛生的には良いかな。ソリッドボディであることに変わりは無いので^m^

あ、ネックはローフレット側でスカーフジョイントされたメイプルです。
一応セットネック。


IMG_9241
ピックアップだけ交換(JUNTONEのビンテージタイプPUに)したのですが、やはりと言いますか、鳴りの乏しいギターにはそれを補うオラオラ系PUの方がいいですね(^_^;)
ちょっとドンシャリ傾向なハイパワーPUを載せてみたいところです。
他はもう、いじりたいところだらけで挙げたらキリがないです(笑)
しばらくコイツで遊んで行こうと思います!!


※その後ちょっとモディファイしました!コチラです。