少し前に入手してたペダルなんですが紹介していませんでした。

IMG_6418
J.ROCKETT AUDIO DESIGNSTouch Overdriveです。
イラストがおしゃれですね(^^)
いわゆるミニペダルよりちょっとだけ大きいくらいのサイズ感です。

公式からは「TS系からプレキシ系」という紹介のされ方をしていますが、この触れ込みを読まず事前情報ナシでこのペダルを鳴らしたら、僕はきっとプレキシ系とは感じなかったと思います。
僕的にはThat's TSで、それもすごくいい感じのTS系です。

本家以外のいわゆる「TS系」と呼ばれるペダルって、欠点の排除や扱いやすさを追求するほどにTSの良さが削がれている物が多い気がするんですよ。あと妙にバカ高いとか。。。
Touch ODも乱暴に言うとトーン幅を広くとったりゲイン幅を上げたりしたTSっていう印象なんですけど、本家の美味しさをしっかり感じるんですよね!ストラトのフロントで鳴らすと「レイヴォーンの音だ」って思うタイミングがバンバン来るタイプです。

TONEは、下げれば高域が落ちて 上げれば高域が増すっていうタイプじゃなく、ピークの位置が移動するようなタイプだと感じます。だから最低まで下げてもコモらないし最大まで上げてもキンキンしません。ローミッドからハイミッドへピークが移る感じですかね〜。トーン上げ方向にいくとたしかにプレキシっぽいニュアンスになるかもですが、VintageのプレキシMarshallを持ってた僕としては「言われてみれば」という程度のものかなーっていう。TS系と思った方が素直に受け入れられると思います(^^)

あと、本家TSに対して「低音がもっと出てくれたら」って思っている向きの人は、Touch ODでも同じように思ってしまう気がします。「低音がスポイルされるあの感じだからこそTSのあのサウンドになっている」と “ 長所 ” として受け入れられる人ならバッチリかと

総じてこのペダルは非常にオススメです!
これぞオーバードライブのお手本!っていう感じですね(^^)
仮に今は使わなくても長いギター人生で絶対使うタイミングは何度か来る、っていう(笑)


J.ROCKETT AUDIO DESIGNS Touch OD 【オーバードライブ 】

価格:18,150円
(2020/12/16 11:44時点)