あまりファズを語れるほど多くのモデルを使用してきた訳では無いんですけど、今まで使ってきた中ではいわゆるビッグマフ系(「系」じゃない本物も含む)よりもファズフェイス系のサウンドや使い心地が僕は好きでした
ギターのボリュームを絞ると鈴鳴り感のあるクリーン〜クランチに落ちてくれるのがいいですね!
と言いつつ僕は本家ファズフェイスはリイシューも含めて使ったことはありません

IMG_2308
以前使用していたこのCrazy Tube CircuitsConstellationが、
今思い返してもめちゃくちゃ好きなんですよねー。



これはファズフェイス系だけに留まらず、トーンベンダー系やレンジマスター系の音をスイッチで切り替えることができます。トーンベンダー系の音もすごく良かった。。。
一度ライブでも使い、1曲の中でクリーンから激歪みまでをこれ1台でギターボリュームだけで操作するという使い方をしたんですが、敏感に反応してくれるのでめちゃくちゃ使いやすかったです

・・・ただ、ファズフェイス系を使っている人にとってはついて回る問題なんでしょうけど、接続する位置やワウペダルとの関係が厄介で、他のオーバードライブやワウと一緒にボード上に共存させるのが僕の環境では難しく、泣く泣く手放してしまいました。。

それからも常にファズフェイス系のペダルは物色したりしてまして、
その末に入手したのが今回紹介するFormula Bのminifuzz2です!
IMG_5969
商品名通り、非常にミニなファズです(笑)
これもいわゆる「ファズフェイス系」で、Fのつまみ(ゲインみたいな役割)は最大がデフォルトという感じ。そこからギターのボリュームで操作するという定番の使い方です(^^)

ギターボリュームとFつまみを最大にした状態でもそこまで太さや音圧は強くなく、ちょっと拍子抜けする感は正直ありました。ただ、この方が汎用性はあるのかもしれないなと考えると「たしかに」と納得させられる感もあり(笑)
この手の物としては歪みの質感は結構粗めな印象でした。
前述したConstellationと比べると、ギターボリュームに対する反応もそこまで良くはないかな。もうちょっと落ちてほしいというところから更に下げると、クリーンはクリーンなんだけど鈴鳴り感が犠牲になってくるみたいな。

んー、、、なんとなく中途半端な感じがしてしまいました。
扱いやすさを追求していくとこういう感じのところに落ち着くのかもしれないですけど、ファズフェイス系の美味しさまで中途半端になってしまっているように感じてしまいました。