今日は気分が乗ってるので、立て続けにアップしますよ
IMG_6165
エレクトロハーモニック2ループセレクターSwitchblade PROです!

これを買う前は、歪みとクリーンを一括で切り替えるマスタースイッチ(要はBOSS PSM-5的な物)を買うつもりだったんですが、その手の物で他になにか無いかなーと探してたらこのエレハモのスイッチブレードプロを見つけてしまいました。
スイッチブレードプロは端的に言うと2ループのセレクターなのですが、その接続バリエーションが非常に充実しています!

両ループの一括オンオフ!
各ループの個別オンオフ!
というのは他のセレクターにも見られますが、さらに
各ループの接続を直列か並列か選択可能!
直列の場合は接続順の入れ替えも可能!
そしていずれの際もバイパス音をミックス可能!そして
ループA・B・バイパス音という3種類の音量(mixバランス)を個別につまみで調整可能!
また、どんな設定の際もどちらかのループを常にONにしておくよう設定可能!なので、コンプのように常時オンしておきたいペダルをそこに入れればマスタースイッチをオフってもコンプは常にかかってる、みたいな使い方もできます!

・・・いやぁ、すごいですよね。
このシンプルな筐体のどこにそんな機能詰まってるの?って感じです。。。
しかも値段は新品で税込17,000円ほど。プログラムスイッチャー使うほどではないという直列派の人にもぜひオススメしたくなります(^^)


ちなみに、僕はこんなボードを組んでみました!!
IMG_6164
キレイに収まりました

信号の流れはこうなっております↓↓↓
IMG_6172
原始的な表示方法ですみません

スイッチブレードの2つのループには各1台ずつ歪みペダルを入れており、
その前段のトレモロはコチラの記事に書いた通りファズ精製マシーン(笑)として使うとして、
「クリーンと歪み」というベーシックサウンドのバリエーションとしてはザっと以下のものが思い浮かびます。

・クリーン

・クランチ1(トレモロ)
・クランチ2(歪み 
・クランチ3(歪み クリーン並列)

・ドライブ1(歪み◆
・ドライブ2(歪み◆クリーン並列)
・ドライブ3(歪み 歪み∧体鵝
・ドライブ4(歪み 歪み◆クリーン並列)

・ファズ1(トレモロ→歪み…称鵝
・ファズ2(トレモロ→歪み直列)
・ファズ3(トレモロ→歪み、歪み直列)
・ファズ4(トレモロ→歪み□歪み…称鵝
・ファズ5(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ6(トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ7(トレモロ→歪み、歪み直列&トレモロ並列)
・ファズ8(トレモロ→歪み□歪み…称鵝トレモロ並列)
・ファズ9(トレモロ→歪み…称鵝トレモロ→歪み直列&トレモロ並列)

・ディストーション1(歪み、歪み直列)
・ディストーション2(歪み□歪み…称鵝
・ディストーション3(歪み、歪み直列&クリーン並列)
・ディストーション4(歪み□歪み…称鵝クリーン並列)

という(何か忘れてなければw)計21種類ものサウンドが、スイッチブレード・プロのおかげで鳴らせることになります!そこにワウやディレイを適宜加えたり、ディレイのモジュレーションだけ抽出してコーラスとして使ったり、トレモロを素直にトレモロとして使えば、もう音色数は無限大・・・(笑)
僕は1つのループに1台のペダルしか入れてませんが、もちろん複数台を直列に入れることもできるのでもっともっと広げることも可能ですね!

なんと言っても、バイパス音(クリーン)を歪みに並列でブレンドするというケンタウルス的な鳴らし方ができるというのが素晴らしくて、クランチとクリーンを並列ミックスしたカッティングやアルペジオはかなり使えます

プログラムスイッチャーではないので、上記21通りのサウンドを記憶させてワンアクションで呼び出すといった使い方は当然できませんが、曲ごとに使うパターンをしっかり覚えておいて曲間で切り替えておけば、ライブ中でも数種類のサウンドを足の操作だけで行き来できるので十分です★

欲を言うならもうちょっとスイッチ間隔が広い方がありがたいな、というところはありますが、これは本当に素晴らしい機材だと思います!!
電話で聞いたところ札幌市内の楽器屋さんはどこも在庫してなかったし、デジマートやネットショッピングサイトにも現状在庫してるお店は無さそうな感じ(R2.12.6現在)なんですが、もっともっと普及して欲しいなと思うくらい僕の中ではヒット商品です


ELECTRO-HARMONIX Switchblade Pro スイッチングシステム

価格:16,830円
(2020/12/6 12:37時点)