我が家のエピフォンES-339(左)と、ギブソンES-330(右)。
IMG_6084
サイズ、構造、メーカー、年式、グレード・・・と挙げれば違いは多々あるものの、パッと見は似たような色味の親子みたいなギターです。ギターを知らない人に言わせれば「大きさが違うだけでしょ」っていうような違いなのかもしれませんね^m^
もちろん音のキャラも違うので僕の中ではしっかり棲み分けできているんですが、こうも似た雰囲気のギターを複数本持っているとどうしても漠然と「好きな方」ばかり手に取ってしまいがちなもんです(私感)。

音的にはどうしてもビンテージES330の方に分があるので、エピフォンES339の方は
ついつい持ちたくなるルックスのギター」を目指しましょう

という訳でパーツ交換をするのですが、
うっかりパーツ単体の写真を撮り忘れたのでもう完成写真です


IMG_6105
↑ビフォー  ↓アフター
IMG_6115




IMG_6107
↑ビフォー  ↓アフター
IMG_6108
交換したパーツは、ピックアップカバーと、ノブと、あと地味なところですが各ノブにポインターを付けました(^^)
かなり雰囲気が変わりました!
良く言えばポップに、悪く言えば安っぽ・・・ゲフンゲフン

ピックガードも白(クリーム)にしたくてカジノ用ピックガードも買ってあったのでそれを切って使おうと思っていたんですが、ドッグイヤー用のピックガードをソープバーのギターに付けると隙間だらけになってしまうことが発覚したので断念しました(T_T)

一応どなたかの参考になるかもしれないので書いておきますが、モントルーのポールピース間隔10ミリのソープバー用カバーが無加工で装着できました
ただカバー自体の形状がちょっと違います(モントルーの方が角が立ってて四角い)。



IMG_6111
んー、、、好み次第なんでしょうけど、なんか色味に締りが無い気が。。。
という訳できっと似合わないだろうなと思っていた純正ピックガードを付けます


IMG_6120
おっ、全然いいじゃないですか!
ゴールドノブとブラックピックガードの組み合わせが高級感すら感じさせます(笑)
なんかジャズギターみたい(^^)



IMG_6122
IMG_6126
なかなかいい感じ
むしろ白ピックガードだともっと挿し色が欲しくなっちゃってたかもしれませんね(^^)

実は交換するつもりでピックアップも用意してあるんですが、箱物のピックアップ交換は作業が大変なので重い腰が上がらず、またの機会に(^_^;)