まだまだ30℃越え予報の日があるようで、今年はなかなか秋にならない北海道です。
とは言え、来月にはきっと初雪の便りも届くんですよね。。。ヤダヤダ

さて、コロナの影響で2020年はまだ2回しかライブできていないんですが、それでも相変わらず足元の方はコロコロと変わったり戻ったりしています^m^

IMG_3652
コンプはやっぱりWamplermini EGOに戻りました。
このコンプはしばらく僕の中で不動となりそうですねー。

Wampler Pedals Mini Ego Compressor 【特価】

価格:23,870円
(2020/9/3 13:12時点)



で、ワウは今までジミヘンモデルのミニクライベイビーを使ってたんですが、先日発売されたばかりのCry Baby CBM535ARにアップデート!

Jim Dunlop CBM535AR CRY BABY MINI 535 AUTO-RETURN WAH(ご予約受付中)【ONLINE STORE】

価格:19,800円
(2020/9/3 13:10時点)

バネの力で踏んでも戻る仕様(オートリバース)になっていて、足を乗せたらオンになって足を離せばオフになります!小さいクライベイビーって足の力の入れどころが難しくて、僕はオンオフに失敗することが多かったんです
その点これはオンオフに絶対失敗しないっていうのが最高です!w
バネのせいで踏み心地は固くなるし、半踏みで止めておけないなど仕様なりの制限はありますけど、慣れればこれはめっちゃ便利!


IMG_3653
歪みセクション。
King Tone SOLOISTSHINOS Naughty Brainという順です。
メイン歪みのノーティーブレインは、いつも他に軽く浮気しては結局ここに戻って来てしまう本妻ペダル(笑)なんですが、今回もやっぱりノーティーに戻りました(笑)
ソロイストは基本TS系なんですが、しようと思えばハイゲインにできるしスイッチでギラギラ!ジョリン!っとしたハイを加えることもできるので結構懐が広いです。
ギターソロ等でロングトーンが欲しい時は両方をオン。またその状態でギターのボリュームを絞って歪み具合を調整するのも、基本どのポジションでも使える歪みになってくれるので最高です


IMG_3654
ディレイはEmpress Tape Delayです。
普通にテープエコー系ディレイとしての音質が良いのはもちろん、例えばギターソロ時に全体の音量を上げたり、コーラスペダルとして使ったり、そしてそれらをプリセットしておけたりと、僕の中で大ヒットのディレイペダルです!「今後ディレイを買い替える日なんて来るのかな?」って思うくらい気に入ってます!


IMG_3656
もちろん、お決まりのノラネコぐんだんフィギュアの場所も確保!!



IMG_E3651
かねてからバックバンドとして雇っていただいてるライブの方ではロック・ポップス・歌謡曲・演歌・etc…といろいろ演奏するのでギターの音色数もそれなりに使い分けるんですが、最近はもうこれだけあればカバーしきれるようになってきましたし、これくらいの方が演奏にも集中できるような気がします(^^)