EPブースターだったりマイクロアンプといったワンノブのいわゆるクリーンブースターは文字通り「ブースト目的」で使うのはもちろんのこと、そこまでブーストしないで音色変化のために掛けっぱなしで繋いでる人も多いと思います(プリアンプ的使い方っていうんですかね)。

前述の2つはどっちも好きなんですけど、僕的には
・EP booster・・・音をモリッとさせる
・Micro Amp・・・音をシャコッとさせる

と認識しています(私感)。

ペダルボードの最前段に置くならEPブースターが好きで、最後段に置くならマイクロアンプが好きです。特にFenderのギター(シングルコイル)を使う際は、最後段のマイクロアンプを掛けっぱなしというのが僕の中でブーム(^^)
フェンダーの金属らしさ(?)が絶妙に際立つんですよね。

で、恥ずかしながら全然知らなかったんですけど、一応マイクロアンプの小型版的な位置づけのペダルが存在していたんですね!!?
IMG_2796
MXR Booster MINIというモデルです。

表面に出てるつまみのうちのVOLUMEっていう方がいわゆるマイクロアンプのVOLUMEだそうです。で、音色自体は実はエコープレックスプリアンプを模していて、そのレベルコントロールは内部トリムで設定する仕組みになっています。

ややこしいですが、つまりエコープレックス臭さをどれだけ強めるかを内部トリムで設定したあと、最終的な音量は表面のマイクロアンプVOLUMEで決める。という感じでしょうか。
ただ、内部トリムももちろん上げると音量自体も上がるため、ここをあまり上げ過ぎちゃうと表面のVOLUMEがゼロでもブーストしまくり状態になってしまいます。だから音量バランスも考えつつ内部トリムをいじらなきゃいけない。。。となると、これはもう下手にいじらずデフォルトのままが無難ってことなんでしょうか(笑)
注)表面のVOLUMEをゼロにしても音は出るけど内部トリムをゼロにすると音量もゼロになるという点から、回路的には最終的な音量を決めるのは内部トリムってことになるんですかね?ただ、物理的に普段いじることが出来ない場所にあるという意味では表面のVOLUMEで調整することになるでしょうけどね(^^;)

前述したように僕は「小型版マイクロアンプ」という認識で買いましたが、これはマイクロアンプとは全然違いますね。まぁ基本サウンドはエコープレックスプリアンプですから、当然っちゃ当然ですね
このサウンドがまた絶妙で、誤解を恐れずに言うなら「EPブースターとマイクロアンプの中間」みたいなサウンドです。EPブースターもエコプレ系ですからね。まぁ当然のなりゆきでしょうか(笑)

ボード最後段に繋げば、前段のドライブペダルをより実音感の増したROCKなサウンドにしてくれます!同じ要領でEPブースターを繋いだ時よりもソリッドな印象ですね。マイクロアンプよりは暑苦しさが小さじ1杯分ほど増します。

歪みの前に繋いでゲインブースターとした際は(内部トリムの設定次第でしょうけど)ミッドブースターの一歩手前くらいな感じにミドルが持ち上がって、ギターソロで際立ちそうな音になります。ただ低音がかなり出るため、歯切れのいいバッキング向きっていう音はちと厳しいですかね。

これは結構気に入りました!
歪みと組み合わせる以外にも、僕はEPブースターとマイクロアンプをどっちもツマミほぼゼロにしてクリーンで両方踏みっぱなしにするのも好きなんですが、このBooster miniならあわよくば1台でまかなえるかも、っていう^m^

ただ、前述のように設定はかなりシビアだと思います。
内部トリムは無いものと思って最初は使ってみた方がいい気がします。エコプレ強めキャラがいいなーと思って内部トリムを上げてしまうと、キャラ的には満足できても音量的には表面VOLUMEで下げきれないくらいにバカデカくなっちゃってる・・・というジレンマもありそうです。あと低音がかなり出るのでハムバッカーだと巻き弦がブーミーになりそう。

そういう意味ではやっぱりド定番となっているマイクロアンプとEPブースターは絶妙なチューニングなんだなぁと改めて感心させられますね!


あと1つ、、、
IMG_2797
僕、高輝度ブルーLEDは眩しすぎて苦手なんです(苦笑)