結構思い切った断捨離を経て、アンプを買いました!
IMG_2760
FENDERBassman20というベースアンプです!
80年代頭、ポールリベラさんが設計した いわゆる「リベラ期」などと呼ばれる頃の物。
歴代のベースマン同様、このベースマンもギターに使っても良い音するって話です。


IMG_2744
15インチスピーカーって思ってた以上にでかいですね・・・(笑)
アンプ自体の横幅は43センチ程度なんですが、その筐体いっぱいいっぱい使ってます。


IMG_2751
一般的な12インチスピーカーと並べるとそのデカさに圧倒されます。。。
でもマグネットは12インチのCelestionの方がデカい(笑)


IMG_2747
スピーカーを抜くと、中は完全に密閉された個室になっています。


IMG_2748
ちょっと目を離した隙にキャットハウスにされました(笑)


IMG_2758
前述のようにスピーカー部は完全密閉型になっているので、コンボアンプと言えどアンプ部とは別空間になっているのが面白いですね。


音はカーーンと耳に痛い帯域にピークがある感じです。
ジョリ!っとしたロックなカッコいい荒さを演出する帯域が乏しいと言いますか。
トレブルつまみで調整できるのとは違う帯域ですね。
これがベースアンプ故なのか、15インチスピーカー故なのかを確かめてみるべく、、、
IMG_2752
12インチスピーカーで音を聴いてみます。
当たり前ですがネジ位置がまったく合わないので、ネジ1本だけでブラブラさせた状態でパッと聴いてパッと戻します(笑)

12インチだと不思議なモンで、音は聴き慣れたいわゆる「ギターアンプの音」になりますね!
変なピークも無く、耳が「やっぱコッチだな」と本能的に感じてます。
これはいずれ12インチスピーカーに載せ替えて使うことになるでしょう。

とは言えこのBASSMAN20のエンクロージャー。スピーカー部はバックパネルもバッフル板もネジ留めではない一体型なので、バッフル板だけ12インチ用に交換っていう訳にもいきません。こりゃ12インチ用アダプター作成になりますかね〜

ちなみにですが、15インチで口径がデカいからと言って低音がめっちゃ出るとか音がデカいとか、そういうことは全然無いですね。この辺はスピーカー毎の効率によりけりなんでしょうね。むしろ12インチの方が低音が出てるようにすら感じたのは、隙間がバスレフポート代わりになったせいだったりして(笑)


さて、音のことはこの辺にして、あとは各所見ていきましょう!
IMG_2765
コントロールはVolumeTrebleMiddleBass。愛用している同じくリベラ期のCHAMP2などのようにゲイン調整したりミッドブーストがあったりという機能は無いです。
低ワッターのワンボリュームだとヘッドルームはどれくらい広いんだろう?というのが気になるところですが、家ではとてもボリューム3以上にはできず、その時点ではストラトだと完全なるクリーントーンです


IMG_2753
IMG_2754
IMG_2755
真空管は、パワー管が6V6プリ管が7025(12AX7)です。
チャンプ2と同じ構成ですし、中身の回路的なものも遠からずっていう感じなのかもしれませんね?Musicmaster Bass Ampも中身はほぼChampと同じっていう話でしたし。


IMG_2757
バックビュー(見やすいようにバックパネルは外しています)。
前述しましたように、アンプ部とスピーカー部が完全に分けられています。
こういう構造ってベースアンプのコンボではよくあることなんですかね?
高さは60センチ以上あるので天板のハンドルを持つと床に引き摺りそうになっちゃいます(苦笑)


IMG_2762
ちなみに、さっきから何度も文中に出てきてるチャンプ2とは横幅がまったく同じなので、チャンプ2の10インチスピーカーが物足りない時はシャーシだけ入れ替えて使うこともできそうですし、スピーカーアウトをジャック式にすればベースマン20をキャビとして使うこともできますね!
これは夢が広がる ^m^

まだ大音量で鳴らせていないですが、チャンプ2のように大音量だと共鳴しちゃう…っていうことが無いことを祈ります