ファズフェイスとワウを組み合わせる時はインピーダンスのマッチングを間違えるとワウの効果が半減したり発振したりする。っていうのはよくジミヘンの機材話の時に出てくるので、僕も聞いたことはあったんですよ。

はい、どっちも起こりましたよね。。。

5965956
このボード。
今まで歪みが入ってたところ(ワウの直後)にそっくりそのままファズを入れました。
それまでは普通に問題無くワウを使ってたので何の疑いも無くファズに入れ替えたんですが、リハ前の自宅練習でワウを使ったらポーーーって鳴るし掛かりは悪いし(苦笑)

そこで冒頭のジミヘン話が頭に浮かび、ワウとファズの順番を入れ替えたら直りました。。
IMG_2494
さらに言うと(僕もよくわかってないので教えていただきたいのですが)ファズフェイスなどはハイ入れの設計になっているので、ローインピーダンスで入力するといろいろ不都合があるそうですね?だからファズフェイスを使う時は前段にバッファードのチューナーを繋いでもダメとか、いろいろ制約があると聞きますもんね。

具体的にどういう不都合の事例があるのかは僕もほぼ未経験なのでわかりませんが、実際自分で体験したところではコンステレーションの前段にチューブスクリーマー(勿論バッファード)を繋いだだけで「シャーーー」というノイズが増大しました。歪みも増したので、つまりはノイズだけが増えたんじゃなく全体のレベル自体がブーストされてたっていうことなのかなと。

・・・普通「音量が下がる」っていう話はよく聞きますけど、逆に上がるってことはむしろこっちが正しい使い方なのだろうか?と一瞬思ったまま今でも答えがわからずです(汗)
でもまぁ冷静に考えたら「前段に絶対なにかを繋がなきゃいけないエフェクター」なんて聞いたことないですもんね

まぁとりあえず時間が無いので昨夜のリハはこのまま行きましたけれども(^_^;)


で、昨夜のライブリハ。
数年前のライブでこの曲を別のギタリストさんがサポートした際にも一緒にやったキーボードさんが突如「あの時〇〇さんは曲のエンディングで気分が高揚して弾きまくって全然曲が終わらなかったんだよー!」なんて言ってくるもんだから「ん?これは最後コード弾きをループするだけじゃなく何か弾けと?」と解釈し(笑)、初めてアドリブというものを “ 実戦 ” で弾きました!
手前味噌ですが(センス云々は抜きにしてw)16小節弾き切れたのは最近ずっと続けてるアドリブ練習の賜物だと非常に嬉しかったし、コンストレーションのゲインMAXのファズサウンドと相まってめっちゃ気持ち良かったです!

まぁでも本番では真っ白になる気しかしないので(汗)、ある程度のネタは揃えておこうと思います^m^