Pro Coの商品ってRATシリーズしか知りませんけど、
RATだけで生計立ててる会社なのでしょうか?

という訳で今日は、ProCoのRAT比較です!!
IMG_1520
左が1991年製のRAT2。僕所有。
右が1986年製のRAT。がちゃさんからお借りしました。

がちゃさん、いつも本当にありがとうございます!!
っていうか、僕が試してみたいな〜と思った機材は大抵お持ちのがちゃさんって凄い (゜o゜)

ブログにちょこちょこ書いてますが、去年あたりから「定番なのにあまり試したこと無い機材をいろいろ試してみよう」という主旨(という理由付けw)で定番商品をいくつか買ってまして、その中の1つがこのRAT2でした。
・・・買ったもののほぼ放置してたのは内緒の話ですが。。。w


今回はこの2機種をいろんな角度から見ていきます!

まずは正面から。
IMG_1526
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
全体的に右の86年製の方がツルンとして光沢があります。あとわかりやすいところでは91年製はRATの『A』の文字のところにLEDが付き、Procoのロゴが無くなりますね。

あ、一応補足しておきますと、右の86年製の方はいわゆるラージボックスと呼ばれる初代RATの大きい筐体からスモールボックスと呼ばれる小さい筐体に変わったモデル。左の91年製の方はそれにLEDが付きましたという位置付けで名前も『2』が付いてRAT2となったモデルです。


裏面です。(お借りしてる86年製の方は一応シリアルを伏せておきます)
IMG_1523
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
シリアルが書かれたラベルの質感や書体なんかは91年製の方がむしろ古臭く感じますねw
あと電池ボックスの蓋が右開きと左開きで対称です。
86年製の方はリベットのような物も見えますね。


続いては手前側の側面
IMG_1524
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
ロゴマークはまったく同じっぽいですね。
他も特に目立つ違いは無し。


奥側の側面です。
IMG_1525
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
DCケーブルジャックのナットが、86年製の方は六角形ですね。まぁこういう小さい部品は交換されている可能性もあるので純正かどうかはわかりませんけどね。どちらもDCジャックはセンタープラスです。


続いて、電池ボックスの蓋を開けたところです。
IMG_1527
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
86年製の方は電池スペース的な空間がきちんと確保されていますが、91年製の方はズバーンと抜けてて基板が見えています。


続いては筐体の底面部分を外したところ
IMG_1529
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
86年製の底面部分にあったリベットのような物は電池スペース(電池ボックスと言っていいのかな)を留める物だったのですね。

あと細かいことですが、写真では伝わらないと思いますが86年製の方が筐体のエッジが角ばってます。91年製の方が面取りされてて滑らかですね。


続いて、電池ボックスの蓋とピン
IMG_1528
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
91年製の方は蓋自体が電池ボックスになっています。
86年製の方は別個で電池スペースが設けられているので、電池が動かないようにするスポンジが貼られているだけですね。
ピンはパッと見た感じでは同じですかね〜?


さて、お次は皆様一番ご興味がお有りであろう中身です。
ちなみに僕は中身のことはチンプンカンプンですので、画像を見て皆様独自でお楽しみください。
IMG_1530
左が1991年製のRAT2
右が1986年製のRAT
一応白状しておきますが、さっきから偉そうに「僕の91年製」とか言ってますが、この写真を撮るためにネジを開けてポットデイトを見るまでこのRATが1991年製だということすら知らずに買いました(笑)
基板のレイアウトは結構違いますね。
あと91年製の方は筐体底部にアースが落ちるように(?)ネジ穴部分の塗装が無いです。


一応アップも載せておきましょうか。
IMG_1536
こちらが1986年製


IMG_1535
こちらが1991年製です。

RAT2になってからも年式等によっていろんな仕様の違いや製造国の変化があるようですが、一番の違いというか好みが分かれる部分の違いというのがきっとオペアンプの違いなんでしょうね。
IMG_1534
こちらが86年製RATのオペアンプ。LM308N


IMG_1533
そしてこちらが91年製RAT2のオペアンプ。LM308N

デザインは違いますがどっちも〇に囲まれたMマークがあるのでモトローラという会社の物なんだと思います。他にもナショナル セミコンダクターという会社のLM308Nが使われている個体もあるらしいですね。(ネットの受け売りで書いてるので違ったら教えていただけると嬉しいです

もうちょい後年になるとOP07っていうオペアンプに変わるらしいですが、RAT好きの方々は皆さんLM308Nの音がお好きみたいでOP07をLM308Nに交換するModをする人も多いみたいですね。僕はOP07が載ったRATは試した事が無いので音の違いはわかりません。


という訳で最後に音のレビューです!(最初にも載せた画像ですみません)
IMG_1520
大まかな『歪みかた』としてはほぼ似たようなものですね!
ただ一聴してすぐに気付くほどの違いとしては、

86年製の方はDistortionつまみを下げても完全なクリーンにはならないが、91年製の方は完全なクリーンにまで落ちる。

91年製の方がハイミッドの押し出しが強くて元気なサウンド。86年製の方はそのあたりの帯域が柔らかくてイナタく、角が取れたような印象。

91年製の方がVOLUMEがデカくなる。

といったところでしょうか!
まぁ年式の差だけじゃなく個体差もあるでしょうし、電池の銘柄による違いもあるかもですw
僕の印象としては『結構違うもんだな!』と感じましたねー(^^)
定番と言われるモデルだけあって、正直どっちも良いですしそれぞれにフォロワーがいて然るべきサウンドだと思いますが 率直に僕が感じたのは、ギターソロ等で前に行きたい時は91年製の方で、バッキングでバンドに馴染みが良さそうなのは86年製の方かな、ということですね


PROCO RAT2 ディストーション エフェクター

価格:9,719円
(2020/6/2 12:47時点)