最近ES-330ばっかり弾くようになり、これまであまり所有すらしてこなかった箱物ギターに俄然 興味が沸いてきました(^^)
ただ330はフルアコだしハイフレットまで押さえられないので、決して万能では無いんですよね。
じゃあES-335はどうなのよ?
と考えるのは自然な流れと言ってよいのではないでしょうか ^m^
結構「335は万能」って言う人 多いじゃないですか。

実はGibsonの335は一瞬だけ所有したことがありますし、謎のコピーモデルも持ってました。
ただその時はなんとなく気分で買ったので、右から左へサーっと素通りしていくようにすぐ手放してしまったんですよね
でも330で箱物に足を突っ込みはじめた今なら当時とは違って感じるんじゃないかと(^^)

というわけで、
IMG_0293
本家Gibsonの335を買うのは僕の懐が許してくれませんでしたので、また謎のコピーモデルに手を出してしまいました!(^_^;)
果たして、こいつで本家335のフィーリングを少しでも感じることができるか、
はたまた安物買いの銭失いとなるかw


しっかし、、、
IMG_0301
雰囲気だけはめちゃくちゃ良くないですか??
1962年製のES-330(左)と並べてもまったく遜色ない古臭さ(笑)
チェリーの発色がね、いいセンスしてますよね。


MVIC8214
コピーモデルとか安いギターって特にバインディングがもろにプラスチッキーでイヤなんですけど、コイツはいい感じです(僕基準)。


IMG_0324
さて、どっちがビンテージでどっちがコピーでしょう? ^m^


IMG_0300
まぁ良く見ると木目がメイプル材じゃないっぽいとか、ネックが継ぎ足しのスカーフジョイントだったりとか、あ〜やっぱコピー品だねっていうポイントはちょいちょいあるのです(笑)


IMG_0322
そっと重ねてみました(笑)
サイズとかホーン形状とか、コピー度は結構高いと思われます。
中身の構造までちゃんと本家335を踏襲してるかは僕には判断できませんけどね。
本家335も年代によってセンターブロックの構造など違いがあるらしいですしね。

ちなみにピックアップはReverbで1個10ドルちょいで売られてるような安物でしたね(^_^;)



IMG_0315
という訳で、謎の335コピーの紹介でした!!
え、音ですか? 実はまだちゃんと鳴らしてないです(笑)
せめてピックアップをちょっとイイヤツに交換してからレビューしようと思います!