タイプ2タイプ1の記事はコチラです↓↓↓




※試させていただいたのがタイプ2→タイプ1という順だったので記事の順番もそうなってます。

僭越ながら僕の意見も取り入れていただきながらJUNTONEさんが作られた、ハムバッカーサイズのシングルコイル「F/G」。エフ オン ジーと読みます。
直流抵抗値が一番高いタイプ3が完成したということで、試させていただきました\(^o^)/


IMG_0242
相変わらず美しいですね。。。
FENDER等のシングルコイルと同じくポールピースがマグネットになっている構造で、ポールピースの高さ調整はできません。世にはフェンダービンテージタイプのスタッガードが多い中、3・4弦のポールピースが指板Rに合わせて少し高くなってるタイプです。SUHRのMLなんかもそうですよね(^^)
ちなみにタイプ1〜3共通で、ニッケルシルバーとゴールドが用意されているようです。


今回は、フロントがハムバッカーでリアがシングルコイルという、いわゆるテレキャスターカスタム風のレイアウトで試してみました!タイプ3はリア用を想定しているようで、シリーズ中一番パワーがあるということなので、ハムバッカーとのバランスをチェックする意味も込めてこのレイアウトにしました
フロントのハムはDimarzioのPAFなので、ハムの中でもパワーは控え目な方ですけどね。
IMG_0243
まず音量差ですが(もちろん各々適切な高さ調整をした上で)リアシングルがガクンと落ちるようなことも無く、とても扱いやすいバランスです!

音質的なところでいうと(テレキャスターカスタムもそうですが)ただでさえキャリっとしがちなリアシングルと ただでさえモリっとしがちなフロントハムの組み合わせですから、音質的なバランスをイメージ上の理想値(フロントでこれくらいの高域ならリアに切り替えたらこれくらい高域が出るんだろうな、という想定)にするためには、リアのF/Gの1弦側と6弦側の高さ調整が重要になってきます!

今までJUNTONEさんのピックアップをいろいろ試させていただいた上で 共通して “ 実音感とアタックの強さ ” “ 目の前で鳴ってるような近さ ” を僕は感じているのですが、そこが柔らかいハムと組み合わせた時のちょっとした設定のシビアさに繋がっているかもしれません。が、単純に僕がフロントハム&リアシングルという組み合わせに慣れてないというオチかも (^_^;)

ただこれはあくまでもフロント・リア単体でのことであって、ミックスで鳴らした場合はテレキャスターカスタムにも通ずるあのミドルが抜けたようなチャリーンとした鈴鳴りが非常に気持ちいいです
これぞ、このレイアウトの真骨頂ですよね!

タイプ1〜3に共通することですが、いくらF/Gの構造がストラト等のシングルコイルと同じとは言え、載せるギターがレスポール系(メイプルトップ、マホガニーバック)だと、ちゃんとレスポール系のニュアンスも音に現れてくるのが非常に面白いです!!クリーンで鳴らした時のギュム!っとしたコンプレッション感はあのボディ構造から来るものだったのかー!と認識させられますね(^^)
ピックアップの色に染め上げるんじゃなく、ボディ特性をちゃんと活かしてくれるあたりF/Gのポテンシャルの高さがうかがえるようです


という訳で、JUNTONE F/G タイプ3のレビューでした!
最後にJUNTONEさんの販売サイトとツイッターとインスタを載せておきます\(^o^)/







ピックアップの素晴らしいデモ動画もアップされてますので、ぜひ!!