札幌も(気象台発表では)積雪が無くなり、すっかり春めいてきました(^^)
積極的に外に出たくなる季節ですけど、今は自粛自粛で家にこもりがちになってしまいますね。
そんな時は家で機材いじりです!

Zauber Pedalsさんのご厚意で、3機種を貸していただきました!ありがとうございます!
ザウバーペダルスさんには以前からお世話になっていて、スイッチャーやペダルなど数台オーダーさせていただいたり、Modや修理などしていただいてるものの、よくよく考えたら販売されているレギュラー製品を1つも弾いたことがありませんでした
すみません(^_^;)


まずはこちらです!
IMG_9791
Zauber Pedals OVER LOADです!
プレキシマーシャル系ということですね!

実は僕、マーシャルのアンプは大好きなのに「マーシャル系」とか「プレキシ系」って謳われているペダルで良いと思った物に正直あまり出会ったことが無いです。もしかしたらビンテージMarshalを使っていたからついハードルを上げてしまうのかもしれませんが、コンプ感がわざとらし過ぎたり、汎用性を高めたいのかデフォルメし過ぎてまぁ普通だよねっていう物が多い気がするんですよね。
その点このOverLoadはまずコンプ感がわざとらしくないのが良いです!
本来プレキシなどビンテージマーシャルって、コンプ感のコの字も無いくらい全然マケてくれないアンプ。それが難し過ぎたりバンドで使いにくかったりするから、先人たちは皆TSなどを噛ませていい感じに上と下を削ってまとめた上でコンプ感を足して扱いやすくするんですよね。そういう扱いやすい音を狙って作っちゃうせいでプレキシ系ペダルはコンプ感が強すぎるのが多いのかもしれないですね〜(勝手な想像)。
でもそこは気を利かせてくれなくていいから!TSは自分で用意するから!だからあの扱いにくくも魅力的なプレキシの音だけを再現しといてくれ!って言いたくなるペダルが多いんですけど、その点OverLoadはすごくいいです!ガラスを叩き割ったようなズッシャーーン!っていうプレゼンス成分もうまく再現してます!
あ、でもやっぱり実機よりは当然使いやすいですよ!


続いてはコチラ。
IMG_9792
Zauber Pedals HEXEです!

これはお借りした中で一番汎用性が高いというか、いろんな場面でメイン張れる系の歪だと思います!僕の第一印象はトランスペアレント系のゲイン幅が広めな感じで、Jan Rayのイナタさを薄くしてモダンにしたような印象でした!
・・・が、Zauber Pedalsさんがおっしゃるには、イメージとしてはSuhrのRIOTをチューブっぽい柔らかいニュアンスにしたイメージだそうです。恥ずかしながら全然見当違いでしたが、僕RIOT弾いたこと無いんですよね(←言い訳ww)


最後はコチラ。
IMG_9790
Zauber Pedals BEDRAMです!
これはBIG MUFFラムズヘッドの73年製のタイプらしいです。

本家ビッグマフには無いMID(だったかな)のコントロールがついてて、すごい扱いやすい感じになってます。「扱いやすい」っていう表現はファズにおいては褒め言葉じゃないんでしょうけど(笑)、でもやっぱりなんだかんだ言ってエッジを加えられたりハイミッドあたりの張り出し感をコントロールできるのは便利です!ツマミの設定次第ではオリジナルのビッグマフの音ももちろん出せますしね!

ちなみに僕が所有しているビッグマフは76年製で、まぁラムズヘッドの中でもあまり評価されてる年の物ではないんです(苦笑)。だから初期(それこそ73年とか)のラムズヘッドってどんな感じなのか非常に気になっているんですが、実機では無いにしろこうして73年をモデルとしたペダルを体感できたのは良かったです(^^)
最近ビッグマフがメインの歪みになっていることもあって、BEDRAMめちゃくちゃ好きです
ただ、ここはどうしようも無いんですが、やっぱりビッグマフってあのデカさと無骨なデザインが所有欲を満たすっていうのは確実にあるんですよね。同じ音が出るとしてもその筐体が足元に無いっていうのは一抹の寂しさを感じますよね、正直(笑)。


という訳で、ザウバーペダルスさんからお借りした3機種でした!!
まずBEDRAMをオーダーさせていただくことは自分の中で決定してるんですが、「ジナパパさんが持ってる76年の回路に変更もできますよ」というザウバーペダルスさんの一言でどういう仕様にしてもらおうかめっちゃ悩み始めちゃいました(^_^;)
73年の音ももちろんいいし、でも自分が所有してる76年製の音は慣れ親しんでるので音作りのしやすさも含めて魅力だし・・・!