モデファイにモデファイを重ねてきた愛すべきYAMAHA Pacifica PAC312
ライブで使った時の仕様(2シングル)でしばらく落ち着いてたんですが、GIBSONのバーストバッカーを安く入手することができたのでリアをハムバッカーに戻しました(^^)

IMG_9244
STシェイプにカバードハムはカッコいい
基本的に僕はセンターPUは単発もハーフトーンも使わないので、センターPUは外してます。
フロントとリアのハーフトーンは大好きで良く使いますけどね。

ちょっと前まではシングルとハムが混在してるギターはPU間の音量差があって使いにくいと思ってたんですが、最近はむしろデメリットよりも音の守備範囲が広いというメリットを強く感じるようになりました(^^)
・・・って、大半のギタリストさんは疾うの昔に気付かれてたことなんでしょうけど


IMG_9263
やっぱギブソンのハムバッカーは安定のギブソンサウンドですねー。
他社のリプレイスメントPUはいろんな味付けがあってそれはそれで楽しいですけど、耳に馴染んだギブソンサウンドを狙うならやっぱり無難にギブソン製が手っ取り早いと感じます。

一応ざっと主な改造個所を書きますと、
フロントPU : Suhr ML
センターPU : 無し
リアPU : Gibson Burst Bucker
ブリッジ : Super Vee Blade Runner
っていうところですね!

あと、ポットは貧弱な小さいヤツが純正だったので日本製の普通のヤツに交換して、たしかジャックとスイッチも交換したようなしてないような・・・
フロントPUは現在はSuhrですが、じきにJUNTONEさんが僕のために巻いてくれたシグネーチャーPUに交換します。前に載せてた時パシフィカのキャラによく合ってたんですよねー!


image0
税抜き1500円で買ってきた安いパシフィカですが、ルックスも大好きですし、めちゃくちゃ使えるし愛着のあるギターです