蝶ネクタイをトレードマークにしてる芸能人はうさん臭く見える。
こんにちは、ジナパパです。
さて、

↑↑こちらの記事に一緒に書ければよかったんですけど、たしかこの記事を書いた翌日に入手したエフェクターがありますので、今回はそれを紹介したいと思います。


マクソンデュアルブースターDB10です。
IMG_8355
はい、最近ブースターにドハマリ中です。
デュアルの名の通り1つの筐体の中に異なる2つのブースターを搭載している2in1モデル。
しかもその2つのブースターそれぞれにinputジャックとoutputジャックを備えています!

一般的な2in1ペダルはinputジャックとoutputジャックが1つ(共通)なのが多いので、
IMG_8356
このようにエフェクト,肇┘侫Дト△鷲ず連結することになってしまうのですが、

DB10のようにエフェクト,肇┘侫Дト△修譴召譴妨鎚未離ぅ鵐廛奪箸肇▲Ε肇廛奪箸あれば
IMG_8357
このようにエフェクト,肇┘侫Дト△隆屬吠未離┘侫Дターを繋ぐこともできる訳です!
この図はあくまでも一例ですけど、なんだか考えただけでいろんな使い方が想定できてワクワクしてくるエフェクターです

「ジナパパの図が下手すぎる上にややこしくてよくわからない」っていう方のために簡単に言いますと、要は完全独立のブースターが2台あるのにスペースと電源は1台分だけで済むっていうことですね!この線を引いた部分がギタリストには大切です!


ちなみに、DB10に搭載されている2つのブースターは「Vintage」「Clean」という2種類。
Vintageの方はハイ抑え目ミドルむっちり系ブースターです。
youtubeのデモ動画では気付けなかったですが、「サーーー」というノイズの音が「ホーーー」に変わるくらい なかなか顕著なミドルの変化っぷりです。
一方Cleanの方はフルレンジブースターです。
素直なままに増幅してくれます。

この2種のサウンドの差を利用し、
Vintageブースター ⇒ 他の歪みペダル ⇒ Cleanブースター
という接続順にして、「Vintage側をゲインブースター、Clean側を音量UPブースター」というのが僕は使いやすかったですね(^^)
※ もちろん逆も全然アリですよ!

いや〜、これは有りそうで無かった(あったらすいません)アイデア満載のブースターですね!
目から鱗です。
エフェクトループ付きのエフェクターもたまに見ますけど、それだと完全に別系統の信号経路になりますから、ループに入れたエフェクターはループ外では使えなくなっちゃいますからね。


ちなみに最初このDB10を見た時「スイッチ間隔が狭すぎてライブで踏み分けしにくいだろ」と思ったんですが、よく考えたらきっとこれは「敢えて2つのスイッチを同時に踏みやすくする」ことを想定してるんじゃないか、と思いましたね。ギターソロの時にゲインブーストと音量アップを同時にできるように、みたいな(^^)


前述したように、特にVintageブースター側のサウンドはなかなかにクセのある音なので好みはあると思いますが、ハマればDB10+お気に入りの歪みペダル1台だけでドライブサウンドは完結してしまうんじゃないか、と思わせてくれるブースターです!!