67年製のGibson ES-330TD
IMG_6532
いつもアコギでお世話になってるラムジーズさんでフレット擦り合わせをしてもらい、1か月ぶりに我が家に帰ってきました!ハイポジションでちょっと音詰まりしてたので。
いや〜めちゃくちゃ弾きやすいです!やっぱりネック〜フレット周りはプロにお願いするに限りますね。全然違います


で、話は変わって 前回のスタジオ で試したLOVEPEDALTCHULA(チュラ)。
IMG_6397
真ん中に写ってる、黒い方のTCHULAです。
がちゃさんからお借りしている物で、この黒いバージョンはゲルマニウムダイオードが使われている仕様で「ブラックマンバ」というらしいです。

これがね・・・やべぇくらいに良いんですよ・・・

スタジオでも良さは実感できたんですけどなんせ時間制限があるもんで、あらためて家でゆっくりブラックマンバと向き合ってみました。
いつものエフェクターボードの最前段にブラックマンバを繋ぎます。
IMG_6431
まず基本的にブラックマンバはオンにした時点で音量がグッと持ち上がるしクランチします
じゃあどうやってクリーンを作るかと言えばギター本体のボリュームを7〜8くらいに下げる訳なんですが、そのクリーンサウンドがめちゃくちゃ良いんですよ
パキっとしたクリーンが欲しい時、ギターのボリュームを下げると音が丸くなる(コモる)っていう印象を持ってるんですが、ブラックマンバがあればそんな心配は皆無!
そういう意味で僕的には、ブラックマンバをオンにするとギターのボリュームの最大値が10から12くらいになるイメージです!

もちろん良いのはクリーンだけじゃなく、ブラックマンバの後段に繋いだ歪みペダルもめっちゃイキイキしますよ
ギター本体のボリューム操作がこんなに楽しく感じるペダルは初めてですね!

冒頭に登場したES-330を使い、ギター本体のボリュームを変えながら動画を撮ってみました。

※ 顔を隠してるピザは、使用した動画編集アプリにはこんなポップな絵しか用意されておらず仕方なく使った物なので気にしないでください(笑)

もう全てが使える音で、なんならブラックマンバも歪みペダルも全て常時ONで あとは手元のボリュームだけでクリーンからリードまでイケるんじゃないかと思わせてくれます
もちろんストラトでも最高の音です!

・・・ただブラックマンバは物が無い!!本当に無い!!
見つけたかたは即買いをオススメします!!
・・・いや、ウソです!買わずに僕にご一報ください!!ww