すっかり涼しくなって、札幌ではないですが北海道では初雪が観測されました。
夏の終わりというのは、いくつになっても切ないもんですね^m^

さて、ゴールデンウィークあたりにジャンク品として1万円で買ってきた
タコマDM8Cというアコースティックギター。



ジャンクたる所以は上のリンク↑↑をご参照いただくとして。。
まぁ、かろうじて弾ける状態にはしたんですが、そこから何を血迷ったかトップを塗装してペイントを施そうなどという暴挙に出てしまいまして・・・(^_^;)

まぁ当然ながら失敗しましたよね(-"-)

ただ塗装とペイントに失敗しただけならまだ良かったんですが、トップの塗面を仕上げるために水研ぎをしましたら、トップ材とバック材がどんどん剥がれてきましてね・・・。水で濡らしたのがまずかったんでしょうか。こんな簡単にメリメリ剥がれてくるとは予想だにしませんでした・・・
IMG_2766
この写真はまだ良い方です。このあと、どんどん剥がれていきます。。。

その旨をツイッターにあげましたらばアコギのリペアマンさんが「直しますよ」と声を掛けてくださいました!いやぁネットの力って時に本当にありがたいですね。
そのリペアマンさんはツイッターに楽器屋さんからの修理依頼(主にビンテージアコギ!)のお写真をいつもアップされていて、素人見にすごく難しそうで「こんな大破したのも直せるもんなんだ!」っていうものまで修理されていたので、きっとすごいお方に違いない!と、お願いさせていただくことにしました
しかも、僕が塗って失敗したトップの塗装も剥がしてナチュラルに戻してくださるとの事!!


ギターをお送りしてからほんの僅か。1週間も経ってなかったでしょうか。
IMG_3057

IMG_3058

IMG_3059

IMG_3270
トップ材やバック材のみならずブレーシングも剥がれていたという現状報告写真(上3枚)をいただき、そしてそれとほぼ時を同じくして「接着して直りました」とのご報告(下1枚)が!
いやいや、早すぎるでしょ!!感動 (T_T)

それに気を良くした僕は、塗装もお願いできませんか?と(笑)
リペアマンさんは二つ返事で了承してくださったんですが、上の写真でおわかりいただける通り、僕の塗ったトップの黒が頑固すぎてスプルースの導管に残ってしまってるのです
それでも「まぁ塗ればごまかせるでしょう!」とのことだったので、、、



IMG_3333
わざわざ木に塗って送ってくださった色サンプルを拝見した上で、を指定させていただきました!
ところが、、、



IMG_3580
「やはり頑固な黒が透けてきてしまいます」と (^_^;)
いやぁ、、、僕がその辺の缶スプレーでぼってりと塗ってしまったせいで本当にお手間を取らせてしまいました。。。

という訳で、結局ブラックでお願いしました!
僕が塗った厚ぼったい黒を剥がしていただき、赤を塗って、でもそれも剥がすこととなり、最後に黒を塗っていただき・・・と本当に申し訳ありません(T_T)

ツイッターに載せてらっしゃるすごい貴重なビンテージギターの修理の合間に、ハードオフで買ったジャンクギターの修理〜塗装をしていただいてると思うと、なんだか妙に申し訳ない気持ちがよぎります。。。


そんな紆余曲折ありましたが、ついに帰ってきました!!
お送りしていたのはボディだけだったので、自分でネックを組み込んで弦を張って完成させた写真がコチラです!
IMG_5181
Rockなルックスが本当にイメージ通りでかっこいいです(T_T)
こうしたかったんですよ、僕も(笑)



IMG_5179
この個体はブリッジがかなり退色して明るい茶色になってるんですが、それゆえにブラックとのメリハリがついて非常にいい感じです



IMG_5183

IMG_5184
光が当たると道管が透けるので、塗膜がかなり薄いのがわかると思います!
ギブソンの60sのアコギなど、ピックガードの厚みでも音が変わりますから、トップ面の塗装の厚みはかなり音に影響を及ぼすと想像します。



IMG_5185
当たり前すぎて言うまでもないですけど、買った時にトップが剥がれていて僕が自分で接着した部分も、僕がやるより数千億倍もキレイです(笑)



IMG_5182
実は、ヘッドも黒く塗ってマッチングヘッドにしたらもっと端正な印象になるのでは?なんて考えていたんですが、絶対このまんまの方がいいですね^m^


IMG_5201

IMG_5200
ブレーシングの剥がれによってトップを押すとギシギシ鳴っていたのも治まり、サウンドも修理前よりばっちり締まって変なガランゴロン感も無くなりました。
このアコギ、本当に良く鳴ります!
あまりお上品な鳴り方じゃないんですが、音はデカいしドンシャリ気味で、ギブソンのアコギ(特にJ45等のマホガニーサイド&バックのアコギ)の鳴り方に近いイメージですね!
パーカッシブでめちゃくちゃ好きな音です(^^)

リペアマンさん、本当にありがとうございました!!!


・・・さて、
こういう素晴らしいお仕事を僕のブログに書くと「そのリペアマンを紹介してほしい」等のコメントや直メッセージをよくいただくのですが、、
リペアマンさんにお礼と共に「ブログに載せてもいいですか?」とメッセージしましたら、「ジナパパさんくらい影響力のある人に宣伝してもらっても、今は楽器店からの修理依頼の仕事がいっぱいで一般のお客様からの依頼を断らなきゃいけない状況なので、名前は伏せてください」と言われてしまいました。なので、残念ですがお名前は伏せさせていただきます。

こっそり(笑)ヒントを言うと、東京にいらっしゃるリペアマンさんで、当時書いていた僕のツイッターを遡ると「直しますよ」と声を掛けてくださったリプもまだ残っているはずです^m^
とは言っても、現状ではご多忙で依頼できない状況みたいです(2019.09.19現在)。