コチラに書きましたように、先日ジャンクで1620円(税込)で買ったヤマハのパシフィカ。
買って来た当初は、ステッカーがたくさん貼られて音も出ないという状態。↓↓↓
IMG_2332
それをレストアして使える状態にしたのがコチラ。↓↓↓
IMG_2355
前回はここまでだったんですが、毎日触ってるうちにこれがまたいい感じで鳴ってきまして
まぁ、買ってきた当初は指板にカビが生えてたくらいですから、もうしばらく弾かれてなかったんでしょう。それを僕に拾われてマメに弾かれるようになったもんですから「鳴ってきた」というよりは「本来の鳴りに戻ってきた」という表現が正しいんでしょうね(^^)

でも当時の定価37000円という低価格帯にしては、いい鳴りしてるんですよ
なんか、パーツ交換したら化けてくれそう的な?^m^

なのでいろいろ弄ってみました!
と言っても新たにパーツを購入する訳では無く、とりあえず家にあるストックパーツで。

まずはブリッジ交換
これが純正のブリッジです。↓↓↓
IMG_2587
普通のシンクロナイズドトレモロですが、安ギターによく載ってるイナーシャブロックが薄っぺらいタイプのやつですね。

これを、BLADE RUNNERに交換します!
IMG_2595
中古で買って以前はKanjiのストラトに載せてたんですが、最近は使ってなかったんです。
こいつはパッと見は普通のシンクロですが、構造が全然違うんですよね〜。
ここでは詳細は省きますので、詳しくはコチラをご参照ください。
こいつに交換したことによって、生鳴りはシャリ〜ンとした軽い感じから中身の詰まったような重ためな音に変わりました。まぁ元のブリッジが華奢だったせいもあるでしょうけど、これはなかなか顕著な変化ですね。


続いては改造の大定番、ピックアップ交換です。
GIFMENと書かれた謎の純正のピックアップから、JUNTONE ST60'sという手巻きのピックアップへとパワーアップです!
IMG_2594
IMG_2593
もともとはSSHのレイアウトだったのを3シングルにしました。
やっぱ僕はシングルコイルの音が好きなので(^^)
あと、ハムとシングルはどうしてもパワー差があるので、歪み具合や音質の違いは割り切れるとしてもクリーントーンの時の音量の差が僕には使いにくくてしょうがないんですよね。。。
Juntone PUに交換したことによる音の変化はもう言わずもがなですよね。カリっとした硬質なセラミックマグネット特有の音から、明瞭だけど柔らかくてエアー感も感じる音になりました。
・・・って難しいことは抜きにして、とにかく音がワンランクもツーランクもレベルアップしましたね!!←語彙力


という訳で、
IMG_2592
家にストックしてたパーツなのでお金はかかってないとは言え、ギター本体の購入価格1620円を軽く凌駕するパーツ代です^m^
いや〜でもほんと期待通り、モディファイにちゃんと追従してくれるポテンシャルを持ったギターでした!!・・・と、ここまで改造し終わってからコンデンサを交換し忘れたことに気付いたのですが、もう面倒くさかったので次の機会に^m^


あ、あと、
リアピックアップのキャビティがガラ空きだったので、スポンジを詰めて終了!!なんかこの素人セルフモディファイ感がまたいい感じ^m^

という訳で完成です!!
IMG_2608
パシフィカPAC312、ますますいいギターになりましたよ!!
僕、昔から安ギターの改造が好きでよくやるんですけど、大抵は改造が終わると満足しちゃってすぐ手放すのがオチなんですよね。でもこのパシフィカは寝室に転がしといて一番手に取る機会の多いギターの座を射止めています

いや〜、いいギターを買いました!
当然、個体差があることは大前提ですが、パシフィカおすすめです!!