みなさん、どんな環境でギター練習されてますか?
かの成毛滋さんは「真空管アンプで練習するべき」と提唱していましたね。

僕は基本的にギターはできる限り大きい音で鳴らすのが好きです。だって、その方が気持ちいいじゃないですか!ただ、それはあくまでも「ギターを鳴らして気持ちよくなりたい時」や「サウンドチェック」の時。
こと “ 練習 ” となると大きい音は鳴らしたくないです。
特に新しい曲の練習中なんてまだちゃんと覚えてなくてたどたどしい演奏を聴かれるのってイヤじゃないですか?

そこでヘッドホンの登場ですよ。

IMG_9705
僕は今までVOXamPlug2 cleanというヘッドホンアンプを使っていました。こいつをペダルボードの最後段に繋ぐわけです。
僕はヘッドホンでギターの音を聴くという行為をamPlug以外でやったことがなかったので「ヘッドホンだと音はこんなもんなのかな〜」と受け入れつつも決して満足はしていませんでした。

ところが、

IMG_9706
そういえば前から持ってるHOTONE XTOMPにはスピーカーキャビネットのシミュレーションが入ってるじゃないですか。と思い出し早速Marshall 1960のシミュレーションでヘッドホンを鳴らしてみると・・・

amPlugと全然違う・・・!!

結構な衝撃でしたね。。。
いや、皆様にとっては「今更?ww」って感じなんでしょうけど、アンプシミュレーターとかキャビネットシミュレーターとかその類のデジタル機器をまったく使ったことが無かった僕にとっては結構な衝撃でした。ヘッドホンでも充分いい音で練習できるんじゃん!!って

ここでamPlugの音を再び聴くと・・・シャリッシャリで聴けたもんじゃないです。
言い方悪くてゴメンナサイ。
でもまぁamPlugって2000〜3000円くらいの物ですもんね。
それを同じ土俵に上げちゃいけませんね。


で、スピーカーシミュレーターに魅力を感じた僕は、
IMG_9704
mooer Radarを購入。
安いのに評価が高いのでポチろうかと思ってたところ、丁度運良く中古に出会えました!

こいつはキャビネットの種類を選べるだけじゃなく、パワー管の種類、マイクの種類、マイクの位置、イコライザなど設定できる項目が多いです。僕はこういう「いろいろできます系」の機材を使うとすぐ迷子になる傾向があるんですが、これはややこしい名前や数字が出てくる訳じゃないのでちょっと弄ってたらすんなり受け入れられました

そして肝心のサウンドもめっちゃ良いです!!
いや〜、もっと早くこの手の機材のことを知るべきでした。。。
あ、そうそう、こいつは「IR」っていうのに対応してるので、Radar自体に入ってるシミュレートだけじゃなく無償でいろいろ取り込むこともできるそうです(いまだによくわかってない…)。そこまでいっちゃうと今の僕にはチンプンカンプンですが、まぁいずれってことで(^^)

これで音に不満を感じる事なく練習に集中できる環境が整いました