とても嬉しいご依頼をいただきました!\(^o^)/
大阪でハンドワイヤリングでピックアップを製作されているJUN TONEさんからの企業案件をちょうだいいたしました!

めちゃくちゃキレイですね〜
機材でもそうですが、見た目がいい物は音もいい!逆に言えば見た目を疎かにしている物は音もイマイチ!(完全なる主観(笑))なので、期待が膨らみます\(^o^)/

ちなみにいくつかバージョンがあるようで、僕がご提供いただいたのは60年代を模した「ST60's」というタイプ。60年代と言うと漠然と62年あたりのスラブボードのストラトサウンドかな〜なんて想像しますが、これはグレーボビンなので60年代中期以降な感じでしょうか?


せっかくなら大きい音で試したいので、スタジオで交換〜試奏です!




という訳でザザーっとツイッターを載せました^m^
まず、コイルの巻きつけもポッティングもとても丁寧で好感が持てますね!!大事です

細かい感想はJUN TONEさんに既に伝えさせていただきましたが、せっかくご依頼いただいたので僭越ながらここでも感想を書かせていただきます!!

まず第一印象は「ブライト」ですね!
イメージするところのいわゆるストラトらしいサウンドで、ジョリーン感と5・6弦のゲロゲロ感が気持ちいいですこれは特にセンターPUで顕著で、センターがこういうキャラなのでハーフトーンにした時に音が引っ込まずに前に出てきてくれます。「ハーフトーンは使わない」っていうストラトプレイヤーさんもよくいますが、そういう向きの方にもぜひ試していただきたいですね!
僕の印象では、60年代前半のスラブボードの粘りあるストラトサウンドというよりかは、やはりグレーボビンらしい60年代後半以降のサウンドですね「ブードゥー」とか「ジミなんちゃら」っていう名前が付きそうな感じって言えばわかりやすいですかね(笑)

ロックに合いそうな明るいサウンドですが、特にリアに関しては僕的にはもっと低音が出て粘っこい方が弾きやすくて好きかな〜。もちろんいい音なんですよ、あくまでも僕の好みです。弾き手の技量が試されるというか、きっとウマい人ならいい音出せちゃうんでしょうけど、僕にはまだちょっと荷が重いかなっていう
ガリ!!っと噛み付くようなバイト感などを求める人には良いはず
特に交換前のSuhr MLがストラトらしいブライトさがありつつも特に粘りや芳醇さを持ち合わせたキャラのピックアップなだけに、キャラの違いによってそう感じたのかもしれませんね。
ただ、JUN TONEさんでは今はリアだけパワーを上げたセットも出たようなので、そっちもぜひ試してみたいですね〜(催促している訳ではない(笑))


という訳であまり細かく書きすぎても迷子になりそうなので自分的には簡潔にまとめたつもりですが、ご参考になりましたでしょうか(^^)

もちろんJUN TONEさんにはもっと細かく感想を伝えさせていただきました。
せっかく僕の感想を求めてご提供くださったのですから、変にオブラートに包んだりせずにしっかり感想をお伝えすることが礼儀だと思ったからです。
そして不躾ながらも僕の好みなどをお話させていただいたところ「ジナパパさんのお好みのピックアップを作りますのでお時間いただけますでしょうか」と嬉しいお言葉をいただきました!僕なんかのためにお時間を割いていただくのは恐縮ですが、お願いさせていただきました!

とても素晴らしいかたで最後はお互いに人間性の褒め合いみたいになって笑ってしまいましたが(笑)、でも僕は機材選びの時、特に日本製の物に関してはその作り手さんの人柄に惹かれて買うことも多いので、僕の中ではすごい大事な要素なんですよ


という訳でJUN TONEさんのST60'sというシングルコイルピックアップのレビューでした!
僕、申し訳ないことにこのお話を伺うまではJUN TONEさんのことを存じ上げておらず、ホームページ等も拝見したことがなかったのですが、すごく良心的な価格なのですね!ハッキリいってこの価格で手巻きでこのキレイさっていうのはスゴイんじゃないでしょうか!?
感動

JUN TONEさん、本当にありがとうございました!!
最後にJUNTONEさんのサイトのリンクを貼らせていただきます。
JUNTONE ←←← クリック