前回のスタジオでデリさんに中華ブランドのミニペダルをいろいろ試させてもらってから、僕も欲しくなっていろいろ集めちゃいました(^^)
新品でも3千円くらいで買えますし見た目も可愛くてコレクション欲をくすぐられます

一番右のチューナーは中華ブランドじゃなくてTC Electroicのヤツですが^m^
どうせならチューナーも中華ブランドで揃えたい。と思いつつもKORGのピッチブラックミニ等なら中古でたいして変わらない値段で買えるので、そこは敢えて中華ブランドに手を出す必要は無いのかな?とも思ったり。チューナーは精度と反応が大切ですからね。


さて、これらのミニペダル。一応僕的にテーマをもって揃えました。
そのテーマとは、「メインペダルにどこまで迫れるか?」です。
IMG_5943
「やっぱり中華ブランドはメインペダルには叶わないや」
となるも、
「結構いい線いってるじゃん!」
となるも、
結果的にはどっちもネタになるし楽しいじゃないですか(笑)

もちろん、過度な期待してはいませんよ。まず価格が全然違いますし
・・・とは言え、今は一概に安かろう悪かろうとは言えない時代ですからね!


IMG_5948
まず、メインのコンプMarshall ED-1に対するはRowin COMP
Rowinのコンプはハイがパキっとした明るいサウンドキャラです。トーンつまみも付いてるし何ならトレブルスイッチONで更に明瞭な音にできます。ただ中低域はちょっと薄いかな。


IMG_5949
メインのオーバードライブFREE THE TONE String Slingerに対するはDonner Tube Drive
この対決が一番価格差がデカイ(実売価格で10倍以上)ですね(笑)
Donnerはトーンの設定次第でブルースドライバー的な方向にもチューブスクリーマー的な方向にも行けますし、かなり深く歪ませることもできます。ここではクランチサウンド用&ゲインブースター用として使います(^^)


IMG_5950
メインのディストーションSHINOS Naughty Brainに対するはTom's Line PLEXIONです。
Tom's lineはプレキシ系の歪みモノで、SHINOSのNaughty Brainもマーシャル系なのでそれに合わせる形でこれを選びました。ブライトスイッチをONにすると、カーーンとしたハイミッドが出てきますね。


IMG_5951
HOTONE XTOMPに対するはDonner YELLOW FALLです。
ホットーンはディレイとして使っているので、それに合わせてDonnerもディレイです。Donnerは角の取れた丸いウェット音で、所謂「アナログディレイっぽい音」と言われる典型のような音です。が、実際アナログなのかデジタルなのかは僕にはわからないし調べてもいません(爆)

という4つの対決ですが、、
結論から言うともう笑っちゃうくらいに普通にいい音が出ますね、中華ペダル達は。まぁ何か名機をコピってるはずなので当然っちゃ当然なのかもしれませんが(笑)。もちろん細かいことを言うといろいろあるんですよ。でも1個3千円のペダルに「ピッキングのニュアンスが」とか「ボリュームの追従性が」とか言うのもまぁお門違いじゃないですか(笑)
信頼性や耐久性なんかは長く使ってみなきゃわからないですけど、音に関してはきっと中華ペダルの方が好きっていう人は絶対に居るはずですよ(優劣じゃなく好き嫌いの話)。

いや〜、期待よりいい音だったので、中華ペダルだけのボード組みたくなっちゃいました!
今度機会があったら動画載せますね!!