もうかなり前ですが、僕のパワーサプライと遠藤さんのCALLAHAMイナーシャブロック&アームをばくりっこしたんですが、それをずっと保管していたのをすっかり忘れていました
Fender CS グレッグフェスラーストラトのアームバーがカタカタと遊びが大きいという不満があったので急に思い出したんです。


純正よりカラハムの方が7g軽いですが、これはまぁ誤差の範疇ですかね。
音などよりも僕のギター仲間たちが言っていた「弾いた時のテンション感の違い」、そしてアームバーの遊びが無くなることによる操作性の向上の方に興味があります(^^)


さっそく実装!!
ツイートしたように弦を09〜42から095〜44に換えてしまったので、イナーシャブロックの交換だけによるテンション感やら音の違いを判別できなくなるという凡ミスをおかしました(-"-)
でも狙い通りアームバーの遊びがほとんど無くなったので操作性がグンと向上!!


・・・あ、そうそう。
IMG_5499
IMG_4631
弦を太いのに交換した時に気付いたんですが、6弦ペグの弦を入れる穴に44のゲージを入れようとすると結構キツくて引っかかる感じがあったんですよ。これもし46のゲージを入れようと思ったら入らないんじゃないか?って思ったくらいなんですが、Fender純正のペグって基本42くらいまでのゲージを使うことを想定してるんですかね?それともグリグリすれば普通に入るのかな?