久々にピロさんデリさんと3人揃ったのでスタジオで遊んできました!
この日は大雨で、スタジオにいる間ずっとスマホの警報音が鳴りっぱなし。。。
我が家の方に避難勧告が出てたので、たまに家に安否確認LINEをしながらのスタジオ遊びとなりました。


この日は皆のストラトを持ち寄ってストラト会と相成りました。
やっぱりストラトってこうして色違いが並ぶとカワイイですよね。
いろいろ集めたくなっちゃいます^m^

内訳は、左からデリさんのBacchus BST64Vフィエスタレッド、デリさんのBacchus BST64Vレイクプラシッドブルー、僕のFender custom shop グレッグフェスラー、ピロさんのFender Japan、そして僕のKanjiです!

ちなみに、、、
全然気づいてませんでした(笑)


さて、どうして皆のストラトが一堂に会したかと言いますと、アイマスクをしてどのストラトか当てる利き酒ならぬ利きストラト大会をするためです\(^o^)/
(デリさん発案による)
これがまた想像以上に盛り上がったというか難しい!!
クリーンだと皆そこそこ正解できるんですが、ちょっと深めに歪ませたら「なんとなくこれかな」という予想を立てることすら困難でほぼ当てずっぽうに・・・
弾いてる本人には結構違いがわかったりするんですけどね。。。
でも耳しか頼りが無いので、こんなに感性を研ぎ澄ませた状態でギターを聴いたのは初めてかもしれません!だからと言って正解率が高いか否かは別として(苦笑)

で、非常に興味深かったのが、デリさんのBacchus BST64Vフィエスタレッドを皆が満場一致で「良い音だ」と評価したこと。目隠ししての評価なので間違いないです。そしてフィエスタレッドは唯一リアハムだからタップしてテストしたのに、目隠しすると皆がタップの音だと気付けなかったこと。。。
「タップした音は純粋なシングルコイルの音とは違うよね」とか思ってましたけど、結局先入観や目から入ってくる情報に惑わされちゃってたんですかね。。。もちろんこのSuhrのハムが素晴らしいという理由もあると思いますが!

実に楽しかったです!!


さて、今回のもう一つの目玉は、デリさんが最近集めてらっしゃる中華ブランドペダルの試奏会
ダダーっと載せます。


てか書いてて気付きましたけど、上記2つってブランドが違うのに筐体が同じ物ですね。
同じ工場で作ってる筐体を複数の中国メーカーで流用してるんですかね?



何度も踏み踏みしてもスイッチは大丈夫なんだろうか?とか、中国メーカーの物は耐久性の低さが囁かれるのでそういう点での心配はあるかもですが、サウンド面ではもはや安かろう悪かろうの時代では無いですね
感想は上のツイッターに書いてる通りです。ハッキリ言って全部欲しいですね!
だってこれら全部3000円くらいで買えちゃうんですよ!


IMG_5664
これらが載った、デリさんのサブボード。
中華ペダルに混じってしっかり信頼性と実用性のあるペダルも混ざってるとこが実戦仕様ですね!


こちらはピロさんのペダルボード。
IMG_5663
前回のスタジオの時は違うスイッチャーでしたが初期不良があって更に交換してもらった代替品にも同じ不具合があったそうなので、返金してもらってこのHOTONEのスイッチャーに買い替えたそうです(^^)
僕このHOTONEのスイッチャー、見た目がすごい好きです
でも今回は目隠しプレイと中華ペダル試奏ですっかり時間を使ってしまい、スイッチャーを試させていただく時間が無くなってしまいました


さて3時間のスタジオはあっという間に終わり(時間足りなかった)、
恒例のリサイクルショップ巡りへ。
IMG_5678
雨もあがってキレイな虹が出ていました
特に掘り出し物には出会えませんでしたけど、ある店にあったmomoseの25周年記念テレキャスターがめちゃくちゃ鳴って3人で驚愕したのは良い思い出となりました(^^)