実はイシバシ楽器の渋谷店さん(だったかな?)に気になるギターがありまして、でも遠くて試奏に行けないので「moving」という購入前に全国のイシバシ楽器から最寄りのイシバシ楽器へお取り寄せして試奏可能なサービスを利用させていただきました!


モノはこれです!
IMG_4564
フェンダーのマスタービルダー、グレッグフェスラー作のストラトです
グレッグフェスラーさんと言えば僕が大好きなkenさんのストラトを作っているマスタービルダー。しかもkenさんのと同じくラージヘッド期のリイシューです(^^)
このギターは、マスタービルダーが「自分が欲しくなるギターを作る」的なコンセプトのシリーズなので、グレッグさんはラージヘッドのストラトがお好きなんでしょうね〜


レリックもたまらんです。。。
IMG_4559
IMG_4562
札幌のイシバシさんから「入荷しました」と連絡いただた当日、急遽デリさんに連絡して試奏にお付き添いいただきました。
僕以外の評価も聞きたかったのと、暴走して買いそうになったら止めてもらうため^m^

しかしまぁ結果的には2人でぶっとんでしまいました。。。

IMG_4568
記憶する限りマスタービルダーのストラトを弾くのは初めてだったんですけど、もう物が違う感じですね。一言じゃとても表しきれないんですが、まず生音の鈴鳴りが凄い!ハイが本当に煌びやかです!そして「これくらいハイが出てるなら相対的にローはこれくらいだろうな」っていう想像をかなり超えてくるローが出てます!これによって僕は、今まで弾いてきたハイが良く出ると思わされたストラトは「ハイが出てる」というより「ローが出てないからハイが出てるように感じる」ものがほとんどだったんだと思い知らされました。。。
ハイはジョリンジョリンした帯域じゃなく芯を感じる部分なのでバンドでもしっかり抜けてきそうと思わされるものですし、ローは歪ませて6弦を鳴らしても非常にタイトなのが好印象でした!

僕はどっちかと言うと、安いギターの中から良いギターを探し出す、または安いギターを改造して良くしていくことにロマンを感じるタイプなんですが、これだけハッキリと違いを見せつけられると脱帽ですね

僕のメインギターであるKanjiのストラトも持ってって比較したんですが、僕のKanjiはミッドが粘るキャラなのでこのグレッグとは棲み分けがハッキリしそうです
・・・って買うテイで話してるようですがまだ買ってませんからね!!(笑)
いやまぁ実際買わずに帰ってくるのがやっとでしたね。。。

実はこのギターがまだ渋谷店にある時にレコーディングエンジニアの遠藤さんが僕の代わりに試奏に行ってくれてたんですが、僕が試奏しに行く前に「買う買わないは別として “ kenはこういうギターを使っているんだ ” と知る意味でも試奏はしてみるべきですよ」と言ってくださってたんですが、本当おっしゃるとおりでした!めちゃくちゃいい経験になりました


さて、そのあとは急遽スタジオ入り。
デリさんのBacchus BST64Vフィエスタレッドの出張PU交換をさせていただきました!
IMG_4545
いやぁ、いつ見てもフィエスタレッドって素敵ですね・・・
あ、ちなみにリアにはSuhrのハムバッカーが載っているんですが、フロントとセンターにもこのたびSuhrのシングルコイル「ML Classic」を載せます!


IMG_4581
2つPUを交換するだけなので簡単な作業なんですが・・・
作業が終わっていざ音をだすとリアとセンターのハーフトーンがフェイズアウトしてる


IMG_4547
僕が今やったフロントとセンターの配線は間違ってないはず。リアのハムはリペアマンが結線してるのできっとプロなら間違わないでしょう。てことはセンターの黒と白の線が+−逆なのか!?センターの位相がリバースになってるかどうかも関係あるのかも!?でももうそろそろスタジオの残り時間も危ういぞ
って感じでかなりテンパりながら素人の僕が考えるよりもプロに聞いた方が早いし確実だと思い、急遽リペアマンさんに電話。ここのスタジオは圏外なので外まで出なきゃ電話できないのが痛いしかしリペアマンさん電話に出ず・・・。お詳しいお友達セッキーさんに電話していろいろ解決策や調べ方をお聞きしてさぁスタジオに戻ろうと思った時にリペアマンさんからも連絡いただいたので更に話をお聞きし、よしこれでイケるはず!と勇んでいざ作業再開!!

・・・治りました(ToT)
よかった。。。

今まで載ってたセンターは逆磁極じゃないタイプだったようでそれに見合ってリアの4芯PUがリペアマンによって結線されていたんですけど、今回新たに載せたSuhr ML Classicのセンターは逆磁極なのでリアの4芯ハムのプラスとマイナスを今までとは逆に結線し直さなきゃいけない、ということだったようです。いやぁ、4芯ハムの配線をしたことがほとんど無かったのでいい勉強になりました!


・・・で、そうそう、肝心の音ですよね。
これがめちゃくちゃ良いです!
僕のKanjiにはML Standardが載ってるんですけど、それよりもClassicの方がローパワーで繊細なんだけどデリさんのようなお上手なプレイヤーが弾くと本当に表情豊かに鳴りますね!デリさんはPU交換後はずっとハーフトーンでクリーンのカッティングを弾いていたんですが、まさにそういうプレイを自然と呼んでしまうようなサウンドでした
動画も撮ったんですよ。デリさんの許可が出るなら載せたいくらい良い音(^^)
僕のKanjiにもいつかClassicの方を載せて音の違いを確かめてみたいですね〜


IMG_4551
記念撮影(^^)


あ!そうそう!!
IMG_4550
このヘッドについてる「おもり」知ってます??
僕は全然存在を知らなかったんですけど、Fenderが発売している物で商品名は知らないんですが「ヘッドにおもりを付けることでギターのトーンを変える」っていう物です。デリさんが持って来てくれました。たしかにペグでもグローバーとクルーソンでは重さが違うから音も違うって言われてますもんね!
取りつける位置によっても音が微妙に変わるみたいなのですが、写真の位置に取りつけた印象は「ブーン」ではなく「ズン!」という帯域のローが出てきてタイトになりました!!(゜o゜)
正直ここまで変わるとは思わなかったですね!
面白いもんですね〜。まだまだ日々発見です!


という訳でスタジオを出て2人で晩ごはんを食べ終わった頃にはもう23時だったので解散。
この日はすごく得るものが大きかった1日でした!
高価なギターやそれこそ興味が無いギターなんかもそうでしょうけど、自分には縁の無い物だと敬遠せずに弾いて体感してみることはとても大切ですね!自分が持っているギターや機材だけで満足できることも幸せですけど、違う物を知ることで視野が広がりますし自分が目指すものの指標になることもたくさんあると思いました

僕のギター人生の中でかなり大きな1日になりました!!