パート1はコチラです。

ジャズコは素晴らしいアンプなんですよ。大好きです、所有してるくらいですし。
ただ、お借りしたFenderのチューブアンプと並べてスタジオで比較してしまったらやっぱフェンダーの方がいいなぁって思ってしまったんですね。特にペダルで歪ませた時のサウンドが。
あくまでも僕の好みですよ。
・・・そんな悩みを吐露したのが、パート1。

それを見たお友達のがちゃさんが「こんなペダルはいかが?」とたくさん見繕って送ってくださいました!!本当に感謝感謝の雨あられです(T_T)
ツイートしましたら「これはレアな○○じゃないですか!」とか「これは高価ですよ!」などリプをいただきましたが、そんなこと全然知らない予備知識ナシの僕がこんな貴重な物をお借りして果たしてバチがあたらないでしょうか。。。

まぁ、「これは高い!」とか「これはレア!」とか事前に知ってしまうと、僕のことだから「高いなら音が良いに違いない!」とか「レアだからいい音がする気がする!」とか邪念が入ってしまうので、予備知識が皆無なことも決して悪いことではないと言い聞かせる(爆)


という訳で、これだけの台数ですからじっくり検証するとなるとかなり時間はかかると思いますが、まずはサラっと一通り試させていただきました
IMG_3364
ギターは僕の不動のメイン、Kanjiのストラトモデル
お借りしたペダル達はどれも『最後段』つまりジャズコの直前に繋いで鳴らしましたよ。ゲインブースターとしてではなく、あくまでも『クリーンなアンプ』に見立てた想定での使用だからです。なのでまずゲインを絞るとクリーンになることが大前提なのです。

その結果、ファーストインスピレーションで特にビビっと来たのはこの3台。
IMG_3357
まずはVERTEX LANDAU BOOST。マイケル ランドウのシグネーチャーですが、後に発売される通常版BOOSTも回路的には同じだそうです。
こいつはツヤ感が増し、音がグッと前に張り出してきます。「どこの帯域がどう」っていう感じじゃなしに全体的に幕が1枚剥がれたような明るさを感じますね


続いては
IMG_3352
TBCFX MEP。これはおそらくバージョン1のスイッチ増設オプション版だと思われます。
これも前述のVERTEX同様にツヤ感と音の張り出しが魅力なんですが、こっちの方がより自然で、濃さや豊潤さが1枚上手な感じ。乱暴に言っちゃうとVERTEXより太い
ハイも持ち上がるんですが、あまり痛くない所が持ち上がるので使いやすいですね。


続いては、
IMG_3358
Aleatorik Operation1です。
これは上記2台で言うとVertex BOOSTの方に似たハイの「キラッ」とした成分があるんですが、トーンコントロールがあるのでより細かい音作りができます。さらにあまり深くは歪みませんがゲインつまみがあるので普通に歪み物としても使えますので、汎用性はこの3台の中では1番ですね!BOSSのスイッチャーに組み込めばパッチによって接続順を変えることでプリアンプ的に使ったりゲインブースターにしてみたりとかなり役立つでしょうね!!


僕のペダルボードに入れると考えた場合、お気に入りのEMMAのコンプがハイがパキっとしたキャラなので、上記3台ならTBCFX MEPがバンドに混ざった時にバランスが良さそうな感じ
勿論VERTEXも良いんですけど、ここまでキラっとしてなくてもいいかな?
あとOperation1に関しては激レアなので欲しくても買えねーよっていう悩みが(汗)


という訳で全機種ざっと簡単に試した上でのファーストインスピレーションですが、一応備忘録もかねて書いておきました。なんせ19台のペダルをガシャコン!と繋ぎ替えては鳴らし、繋ぎ替えては鳴らし・・・の繰り返しなので、数台鳴らした頃には「さっきのヤツはどんな音だっけ?状態」なので
スタジオで大きな音で鳴らしたら印象もまた違ってくるんでしょうしね〜。
嬉しい悲鳴です(^^)