ジャンクで購入した、ヤマキのR-60(詳細はコチラ)。

音はいいと思います。気に入ってます。ただ現在比較対象が無いのでわからない
昨日は夕方ずっと弾いてました(^^)

ジャンクなので要所要所に大小様々な問題点があるんですが、その中の1つが白濁
まぁヤマキにとって白濁はある意味お約束(失礼)みたいなところがあるんですけど、無いなら無いに越したことはない。


ヘッド。
IMG_1920
全体的に白濁してますが、特に1〜3弦ペグ側のエッジのあたりがわかりやすいでしょうか。
ロゴも霧で霞んでるかのように見にくくなってるでしょ。


サウンドホールあたり。
IMG_1921
ロゴ同様にロゼッタが霞んで見えるので、白濁してることがわかってもらえると思います。


IMG_1922
IMG_1930
サイドやバックもこんな感じです。
ヘッドもそうですが、ローズウッドの方が木の色が濃いだけに白濁してるのが目立ちますかね。

これら白濁を除去したいわけですが、ネットで調べると、濡れたタオルをあててスチームアイロンで熱すると白濁が無くなる!と読んだので真似してみます

・・・が、
IMG_1923
白濁が消えないばかりか、ピックガードが白く変色してしまいました(ToT)
なんてこったい。。。。。


(弦張ったあとの写真ですが)ヘッドは、
IMG_1928
んー、なんか最初の写真と比べるとロゴが幾分見やすくなってるような??
・・・いや、角度の問題ですね

アイロンをあてる時間が短かったんでしょうか?
でもギターがめっちゃ熱くなって怖くなってきたのでこれ以上は気分的にできませんでした
熱で接着剤が緩んでブレーシングが外れたりしたら元も子もないですからね。
という訳で失敗です(-"-)

いずれ気が向いたら塗装全部剥がしてリフィニッシュでもしましょうかね〜。


そんなこんなしながら、さびさびだったフレットを磨き、カラッカラに乾いていた指板を保湿。
IMG_1924
いや〜しかし吸う吸う(笑)
ほどほどにしておきましょうかね。


IMG_1926
ブリッジはまるで車のウッド調ダッシュボードのように(笑)ピッカピカになりました
これ、ブリッジ塗装されてるのかな??


マーチンのカスタムライトを張って、完成!
IMG_1929
IMG_1927
結局、白濁は消えませんでしたが、これくらいの距離で見れば大して目立ちませんね^m^

弦を交換したことによる音の変化は当然ですが、みなさん、フレットを磨いたら音が明瞭になる気がしませんか??僕はそう感じます。やっぱり実際に弦が触れてる部分が錆びてるかピカピカかで弦鳴りの響き方や木部への伝達も変わりそうですもんね!
こういうのはアコギで特に顕著な気がします
日によって機嫌が変わるのもエレキより顕著な気がしますけど(汗)だからこそカワイイっていうのは確実にありますよね(^^)