胃潰瘍&逆流性食道炎&十二指腸潰瘍が同時に発覚し「逆食はずっと付き合っていかなければいけない」と脅されてから早10年。近年はすっかり良くなってたので胃カメラは4〜5年ぶりでした。

ちなみに僕はいつも胃カメラは鼻からです(^^)
オェオェならないし、普通に会話もできるのでオススメです
(ダメな人もいるようですけどね)
ただ、鼻から入れる麻酔や薬などが検査後は小分けに口の中におりてくるので、半日くらいは不味い思いをしなければいけません

結果は軽い逆流性食道炎
これは2週間前から薬を飲んでいたので現状は回復傾向にあるけど、服用し始める2週間前はきっともっと酷かったであろうという診断でした。
あとは良性のポリープはあったものの、潰瘍などは見つからず
胃に一部真っ赤になったとこがあったのでその組織を採取し、その検査結果は次回に教えてくれるそうです。

パニック障害の方も、2週間前に薬を処方してもらってからは発作が出ていません!
いざという時のための頓服がお守り代わりになっているのも気持ち的には大きいようです(^^)

それとは別で、ちょっとドキっとしたのが血圧
いつも僕は120/70くらいなのですが、検査直前はなぜか下が100
自覚が無くとも胃カメラ前でかなり緊張してたんでしょうか?