紅葉の最盛期を迎え、市内の山も初冠雪を観測し、もう冬が目前に迫っているここ札幌。
明日の予想最高気温は10℃だそうな。。。

ということは、そろそろ
冬休み自由研究テーマを考えなければいけません!

思い返せば1年前は、Marshallの4発キャビを真っ2つにぶった斬ったっけ。。。
IMG_1552

IMG_1544

IMG_1557

IMG_1567

IMG_1607

BlogPaint
今、思い返しても、よくやったと思うわ(笑)
電動丸鋸まで買ったんですよね〜。
まぁ、ぶっちゃけ今年はもうこんな大掛かりなことをやるモチベーションは無いです

でも、なにかやりたい。
冬の便りが、僕にそう思わせるのでしょうか?

という訳で入手した素材はコチラ!
まぁタイトルにも書いてますのでもうおわかりですよね。
IMG_6351
Gibson Les Paul Studioです!!
2013年製の個体で、正式には60's TRIBUTEっていうモデルらしいです。
レスポールスタジオの先輩であるピロさんにももちろん報告済みです!!

・・・一時期はレスポール一色で「ストラトなんて!」ていう感じだった僕。
しかしその後すっかりストラト一色に染まって「レスポールなんて!」という人間になりました。
音的な好みの変化はあるものの、それ以上にレスポールから離れるきっかけとなったのはライブをするようになったため。エルボー部分とバックにコンターがあるギターじゃなきゃ立ってうまく弾けないことに気付いてしまったんですね。ていうか、立って弾いた時のバランスや弾きやすさはストラトが群を抜いて素晴らしいと知ってしまった、と言うべきですね。

じゃあなぜまたレスポール?ということですが、
弾きにくいなら弾きやすいように改造すりゃいいじゃん
と気付いたからですv( ̄∇ ̄)v
でも高いレスポールは恐れ多くて木部に手を加えられない。だからと言ってコピーモデルじゃちょっとモチベーションが上がらない。となったら本家ギブソンの中でもレスポールスタジオが適当なのではないか?エピフォンを買うような価格で入手できるのだから!という流れです

『スタジオ』というだけで「くすっw」っていう人ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、僕は個人的に好きですよ、スタジオ。レスポールに限らず「スチューデントモデル」という存在がカワイイというのもありますし、廉価版で高級機種を喰っちまおうじゃねぇか!!っていう変な野望が沸くっていうものあります。この感覚、きっとわかってくれる人が少なからずいる気がするんですけど、どうでしょう?^m^

まぁ、「いじるには手頃」っていうのが一番デカイですよねww

IMG_6352
マテリアルは、普通にメイプルトップ/マホガニーバック。マホガニーネックにローズウッド指板です。ピックアップはバーストバッカー1と2。
きっとスタンダードなんかより木材の質は下がるんでしょうね〜。
ちょっと嬉しい誤算だったのは、バックのマホガニーが2ピースだったこと。以前買った2011年製(だったかな)の50's TRIBUTEはたしか4ピースか5ピース位だったんですよ


ところで、僕がレスポールスタジオの中でも2013年製の60's Tributeを選んだのには理由があります!
こちらをご覧ください。
14626156665353
ギブソンレスポールのウェイトリリーフパターンです。
僕は弾きやすくするためにボディバックにストラトのようなコンターを入れるという野望があるので、真ん中のトラディショナルウェイトリリーフを選ぶ必要があったんです!他の2つだと、コンターを掘った時に貫通してしまいそうですから
スタジオでトラディショナルリリーフで・・・と条件を絞り、こいつに行き着きました。

ちなみにこの個体、ウェイトリリーフが施されているにも関わらず4.2キロありますww



IMG_6353
ペグはグローバーが奢られています。
スチューデントモデルなのにグローバーなんていっちょまえに!と思いますが、今やメイビスの入門ギターにもグローバーが載ってる時代です。きっとグローバーの中にも良いヤツとかゴニョゴニョなヤツとかあるんでしょう。


電装系も見てみましょう!
IMG_6343
IMG_6342
ザグリ加工は、以前所有してたヒスコレより断然こっちのがキレイ・・・ww
木屑1つありません。

生産効率を考えてのことでしょうか、基板に載っています。
きっとトラディショナルなスタイルのレスポールが好きな人は苦笑いって感じなんでしょうけど、僕はこれ見た瞬間『メカメカしくてカッコイイ・・・』と思ってしまいました^m^
例えばMarshall 1959でも、ハンドワイヤードとプリント基板をブラインド比較したら聴き分けられないであろう僕の耳です。生産効率を上げて値段を安くしてくれているGibsonの企業努力(?)にむしろ感謝!!

・・・ん?
負け惜しみなんかじゃないんだからね!!
とか言って、自由研究が終わるころには基板が無くなってたりしてww


IMG_6354
という訳で今回は素材の紹介だけでした!
楽しい楽しい作業はこれからです!

さて、自由研究の内容をまとめますと・・・

ボディバックにコンター加工。
ネックジョイント部にヒールレス加工。
塗装全剥離
全リフィニッシュ。
ヘッドロゴの入れ替え。

※順不同

というのが現在考えている改造内訳です!!
作業工程は随時ご報告していきたいと思います!
楽しみ