持っているエレキギターはKanjiのストラト1本だけで、ハムのギターも欲しいな〜と前々から思っていたものの特に必要に迫られている訳ではないので購入には至らず。
しかしそんな時に久々にビビっとくるギターに出会えたので、思い切って購入しました

ちょうどカラハムを売却して懐が潤っていたのに加え、先日のバンド練習時にストラトではちょっと厚み不足かなぁと思う節があったのも引き金になりました(^^)


IMG_5517
「はじめまして!Suhr ALT T Pro っていいます。
50パーセントOFFにされたところをジナパパさんに拾ってもらいました!」

入手してすぐに早速スタジオに入りました。
シンラインなのでハウリングの具合も含めていきなりライブ本番に投入するには不安があったので、自主練も兼ねてチェックです!


自主練風景、動画撮ってきました(^^)
※ 音量注意!

ハウリングに関しては実用的な音量や歪みの深さの範疇ではまったく問題ナシ。
膨らみ過ぎない丁度いいミドルが出るしジャキっとしたところも多少あり、ストラトから持ち替えるにはすごくいい塩梅のハムサウンドですね
僕は最近ハムのギターを探すにあたり「ナッシュビルではなくカリフォルニアのハムサウンド」をテーマにしてたので(笑)、すごくいい感じです
あと、サスティーンが長い。というか、どのポジションで弾いても音が均一に伸びて、デッドポイントが見当たりません。さすが!っていう感じですね。ステンレスフレットの恩恵か、チョーキングやビブラートもヌルっとした感触ですごくスムーズです!

褒め言葉として適切かどうかわかりませんが、ルックスや雰囲気はもとより『道具』としてすごく扱いやすく素晴らしいギターだと感じました!
ステージに立たせていただくようになり、機材面の考え方は180°に近いくらいに変わりました。それだけではなく、かつては自己満だけで選んできたギター本体への考え方も変わってきました。どれだけ自分のイメージする通りにストレス無く演奏できるか。お客さんの目にどう映るか。
もちろん音が良くて弾きやすいというのは楽器として大前提ですけどね!^m^


IMG_5519
本番、頑張ります!!