去年11月にライブイベントに出演してから約8か月の間、計3回ステージに立たせてもらいました。長らく自宅ギタリストだった僕が人前で演奏するというだけでもアレなんですけど、2〜3か月に1回というペースも自分的には想像できませんでした

・・・で、ですね。

この約8か月の間にめまぐるしく変わったことが他にもあるんです。
それは僕を取り巻くアコギ事情。。。


まずは、約8か月前。
6be2dd31
ライブでアコギが必要ということで急きょ手に入れたエレアコ。フォルヒです。
ところがこれは、ライブが終わったら比較的すぐに手放してしまいました。


と言いますのも、
bf49be2b
やっぱりちょっと下品なくらいにドカンドカン鳴るアコギの方がテンションあがるんです
という訳でこのFG-1200Jを入手して、フォルヒは手放しました。


ところが、その直後くらいでしょうか。またライブでエレアコが必要になったんです
しかしFGはエレアコではない、アコースティックギターなので、
BlogPaint
焦ってFGのサウンドホールにマグネティックPUを搭載。
これによって一応ライブはFGで乗り切りました。
・・・が、FGは立って弾くと僕にはちょっと大きすぎるんですね。ライブ中もずっとしっくりこない感覚があって、正直、自分的に納得できるプレイができなかったんです
まぁ、慣れなんでしょうけど、その点フォルヒは最初からしっくりきてたんですけどね。。。


その頃、ちょうど同時期あたりから気になっていたアヌエヌエを試奏して「これだ!」と思い、
49afa38a
アヌエヌエaNN-M100のアウトレット品を入手します。
サイズ的に取り回しや演奏性も最高!
しかもミニギターなのに音的にこじんまりした感もそんなに無い!
そして、自分の部屋が無くなるので機材関係を断捨離しなきゃいけないというその頃の僕の状況にも、このミニサイズはピッタリマッチ
もう飛びつくように買ってFGとは思い切ってサヨナラしました。

もうアコギでのライブは前回でちょっと懲りたし(汗)、今後はライブでアコギの音が必要ならシミュレーター使ってエレキで弾けばいいさ!と決めて、エレアコではないアヌエヌエを入手した訳です。


で、その後のライブはエレキギターで出演。
それが前回のライブですね。

ところが、、、

そのライブ終了後に、来月のライブと再来月の某イベントという2つのオファーをいただいたんですが、その再来月の方のイベントで演る曲がまたアコギ
アコースティックシミュレーター使ってエレキで出ればいいじゃんって話なんですが、実はそのイベント、ただのライブじゃなくてコンテストなんです。まぁそんなに本格的なのではないんですが、バンドや曲の雰囲気やルックス的なことを考えたら擬似ではなく本物のエレアコで出るべきかなぁと

↑ っていうのが時系列で言うと、今。
さぁ、どうしようっていうところにいます

アヌエヌエにPU載せればいいかなぁとか思いつつも、サウンドホールの位置が中心じゃないからマグネティックは載せれないし(^_^;)
フォルヒ良かったなぁ、、、とかあとの祭りですよね(-"-)