こんにちわ。

ハイが良く出て派手な音の機材を導入すると、第一印象は「カッコイイ」「良い」って思いがちで、相対的に今までの機材が「地味〜」「こもってる〜」って錯覚しちゃう。
そんなこと、ありませんか?

でもよく思い返せ自分!
比べるまでは、こもってるなんて思ったこと無かったし、手前味噌だがライブでもいい音出せてたじゃないか!みんなにも良い音だったと褒めてもらえたじゃないか!

難しいですね〜
「自分にとっての良い音」と「バンドでの良い音」の狭間で揺れ動いてます。。

という訳で、いったん、ライブ以降に手に入れたペダルのことは忘れよう!いったんボードから外そう!となった訳です^m^
vinetoneのT氏もかつて「耳のリセットは大事」っておっしゃってました


・・・すみません。
ここまでは、長い長ーい独り言でした。


IMG_5033
JOYOのSweet Baby Overdriveです(5年前にもブログに登場してます→コチラ)。
久々に、棚の奥からチラっと顔を出してるコイツと目が合ってしまいました^m^
改めて、こいつは本当によくできたオーバードライブです!!
音の消え際に残る鈴鳴りなクリーン成分がなんとも気持ち良い!
ピッキングの強弱に対する反応がすごく良い!
THE トランスペアレント!!
こりゃ本家本元(コピー元)のマッドプロフェッサーSweet Honeyが気になります!


ちなみに僕の一番のお気に入りポイントは、ゲインアップしたかしてないか位の微妙なブースターとして使用すると、音にキラキラ成分と芯の強さを付加してくれるところ
・・・うーん、でもこれって俗にいう『細かすぎて伝わらない』ってヤツなんじゃなかろうか?
弾いてる本人にとっては大きな違いでも、聴いてる人に言わせると「なんか違うの?」っていう。そのためにスイッチャーのループを1つ埋めてもいいのだろうか?という葛藤が(苦笑)
でも、細かいこだわりを捨ててしまったら、ギターの楽しみの1つ・・・いや大半を失ったと言っても過言ではないですよね!?