デリさんがペダルボードを組まれるとのことで、急遽スタジオ入りすることになりました(^^)
まぁ正確には、デリさんのバンド練習後に僕がちゃっかり合流させていただく、という感じ^m^

僕もペダルボード初心者で、アドバイスできるほどのノウハウは全然持ち合わせてないんですけどね ギターを弾くと言うよりも、僕のボードを見てもらいながらいろいろとペダルトークを楽しむ会になりそうです^m^

で、デリさんにスイッチャーの便利さを知っていただくためにもいろいろパッチを作っておこう!と思い立ち、昨日の休日は部屋で1人コツコツとプログラミングしてました(^^)
実は僕、せっかくBOSS ES-8を持ってるのに 次回のライブ用のパッチしか作っていなかったんです(^_^;)

image
・CLEAN
・BLUES
・CLASSIC ROCK
・LEAD
・・・など、接続しているペダルを組み合わせて、いくつかのパッチが完成!
ES-8は各パッチに自分で名前が付けられて、それが液晶に表示されるのも良いですね

で、昨日パッチを作ってみて気付いたんですが、

コーラス、ほぼ使わない。。。

「あれ?結局コーラスをオンにするプログラム作ってないじゃん」って一通りパッチ作り終わってから気付くってことは、僕の中でコーラスはさほど重要ではないのでしょうか
でも、たまにクリーンにコーラスをかけたくなる。
しかし、パッチをわざわざ1個作るほどではない。
そんな時はどっかのスイッチにコーラスをアサインです!!
例えばクリーントーンのパッチを選択してる際に、任意のフットスイッチを踏むとコーラスがオンになるようにアサインできるんです!『踏むとオン』はもちろん『踏んでる間だけオン』も可能!それが別途フットスイッチを用意しなくてもES-8のどのスイッチにも設定できます

もちろんコーラスに限らず、例えば歪みのパッチにブースターをアサインしておいてギターソロの時にONも可能ですし、逆にOFFにするようアサインすることもできます。繋がってるペダルだったら何でもどのスイッチにもアサイン可能!これをもし別途エクスプレッションペダルにアサインしたとすれば、効き具合を踏み込み量で調整することもできます

エフェクトのオンオフだけじゃなく、アンプのチャンネル切り替えやエフェクターのパラメーターの変更などもアサインできるみたいですね!

・・・いやぁ、買う前からこういう機能があることは知ってたものの「こんな難しい機能は使わない(使いこなせない)だろうな」って思ってたんですが、いざやってみたら簡単だしめっちゃ便利です
どこかで「BOSSのマルチエフェクターでできることがほとんど再現できる」と読みましたが、まさにそんな感じですね とは言え、僕は、まだまだ全機能の3割も使いこなせていないと思うので、もっと勉強して有効活用していきたいと思います!!