BlogPaint
エフェクターの選定も大方終わり、一応こんな感じで完成と相成ったペダルボード
空いたスペースを埋めたい衝動に駆られますけど(笑)、もしかしたらいずれ大きめのペダルを積んだりすることもあるかもしれないので、無理に何か買って埋めないように自制します^m^


ただ、ちょっと気になるのが配線の引きまわし方
BlogPaint
ケーブルが全て見えているのが気になるっちゃ気になる。。。
見えてしまうがゆえに雑にはできず、ケーブルは納まりと見た目を良くするためギリギリの長さで作ってあります。そのため、もしも他のペダルと入れ替えようと思ったら、パッチケーブルやDCケーブルをいちいち作り変えたり交換しなきゃいけないというデメリットがあるんです
せっかく束ねた結束バンドもいちいち切らなきゃいけませんしね。。。

飽きっぽくてすぐ他を試したくなる僕には致命的。
なので、

IMG_4694
こんな物を作ってみました!
ペダルライザー等の名前で売られている 要はペダルのかさ上げをするための物を、適当な連結金具等で作ったという感じですね。
はい、他のブロガーさんのアイデアの パクリ オマージュです

こいつを
IMG_4696
このように設置して下にケーブルを這わせ、上にペダルを置きます(^^)

しかし問題(?)発生。

ボードにくっつける側もペダルをくっつける側もマジックテープの面積が小さすぎて、移動などで振動が加わるとすぐ剥がれてしまいそうで怖いのです。
なので・・・
IMG_4711
パワーアップ


そして写真が一気に飛びますが、完成です!
BlogPaint
配線もほぼ見えなくなり視覚的にもスッキリしました!
たわんだ分を下に格納しておけるので、ケーブルは余裕もって長めでも大丈夫。
それはつまり、筐体サイズやジャックの位置が違うペダルに載せ替えても、ケーブルを使い回しできるということを意味します


IMG_4716

IMG_4717
高さがあるのがおわかりいただけるでしょうか(^^)


↓↓↓ビフォーアフターのGIFアニメです。
(スマホの方は画像をタップすると動くと思います(^^))
1498615657eDGKzvVso0imKf21498615655
ケーブルを引き回すスペースがいらなくなったので、ボードに余裕もできましたよ

・・・これ、BOSSをパワーサプライの上に設置すれば、もうひとつ小さいサイズのエフェクターケースでも収まったなぁ(^_^;)