昨年末から2回出演したライブではアコギを演奏しましたが、
7月ライブではついにエレキギターを弾くことになりました!!
\(^o^)/ワーイワーイ
とは言っても、サポートで1曲演奏するだけなんですけどね〜
ここでバッチリいい仕事して今後もエレキで声がかかるよう、がんばります!!


さて、ちょっと前に入手して大のお気に入りになったKanjiのストラトモデル。
IMG_3527
IMG_3472
2014年製なのでまだ3歳ちょっとなんですが、入手した時からもうクラックが入っていて貫録が出始めておりました。・・・そうなると、

もっとやっちゃいたくなるじゃないですか。
そう、レリックを。

レリック自体賛否両論あると思うんですが、僕は「かっこよければ何でもいいじゃん」っていう考え。ところがKanjiは物が物だけに抵抗がありました。ただ、「失敗したら憧れのフィエスタレッドにリフィニッシュする口実にすりゃいいじゃん!」と自分に言い聞かせて敢行!!
いいのか?そんなんで!ww


まずはウェザーチェック
カッターで地道に線を入れていくという方法もあるようですが、それはセンスが問われると判断。僕はFenderカスタムショップでも使われている手法である(らしい)冷却スプレー方式を採用しました!!
IMG_3855
マイナス85℃で虫をやっつける強力冷却スプレーです!!
きっとフェンダーカスタムショップもこれを使ってるはずです!(うそ)
スポーツ選手が使うような冷却スプレーはここまで冷たくはないんですかね?
マイナス85℃が吉とでるか、凶とでるか。。。
冷却スプレーは蜘蛛の巣状に割れてしまうという記述もチラホラ見えますが、はたして。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_3859
こんな感じとなりました!
ちなみに初めから自然に入っていたクラックと冷却スプレーでいれた新規クラックがありますが、どれがどっちだと文章じゃ説明できないのでスルーしてください(笑)

この時点では、僕的にはまぁまぁ上出来じゃないかな、という評価。
わかる人は「本物のビンテージはこんなんじゃない!」って言うのかもしれませんが、そもそもレリックとはビンテージ風に仕上げたものであってビンテージではないんです。そこをはき違えちゃいけません^m^ ヒヒヒ


さて。続いては、肘が当たるところらへんの塗装剥がれを狙っていきます!
目標にさせていただいたのは、この写真!
BlogPaint


この作業は恐らくサンドペーパーなんかで剥がせばすぐ終わるんでしょうけど、本来は洋服や肌が擦れて塗装が剥がれていくもの。なので、布で擦りまくるのが自然なやり方だろう!と判断し、

IMG_3857
ポリッシャーをひたすら当て続けます^m^
これが本当に長期戦で・・・

BlogPaint
何時間も当て続けて、やっとこんなちょっとだけ剥がれてきた感じ。
そりゃそうですよね、ただの布ですから。
しかも狙ってたのとちょっと違う場所が剥がれてきてるし (T_T)
まぁでもここまで来たら後戻りはできません。


バフに荒めのコンパウンドを付けたり試行錯誤して、この作業を続けること数日。
IMG_3860
これくらいまで剥がれました。

その後も日に日に少しずつ剥がれ面積が大きくなり、
IMG_3861
IMG_3862
こんな感じまで来ました。
あまりに作業が地味すぎて、連続でやるとすぐに飽きちゃうんです(^_^;)
それに何時間も振動が手に伝わり続けると、作業をやめてもしばらく手がブーーンとバイブレーションしてるような錯覚になり、超気持ち悪いという。。。

で、こんなもんでいいかなーとも思ったんですが、剥れ方があまりにキレイすぎることに違和感を感じ始めました。ポリッシャーはキレイな円形をしているので、ただ当てているだけではキレイな形状に剥がれてしまうんですね。なるほど、こういうのは実際に自分でやってみなきゃわからないから、いい経験になります

その後、ポリッシャーの側面を当てたり、動かしながら当てたりしながら、、、

IMG_3863
こんな感じになりました。あと一息!!
そして、、、


IMG_3799
IMG_3796
IMG_3797
完成!!
思ってた以上に塗装剥がれの面積が大きくなってしまいましたが(^_^;)
傷や打痕なんかも、ドライバーやニッパーで叩いて付けましたよ。
まぁ、素人が見よう見真似でやったにしては頑張ったんじゃないでしょうか?(笑)
と自分に言い聞かせる。


・・・ところが問題がひとつ。。。

このギターを僕に譲ってくださったプロギタリストであり作曲家さん。そのお方がこのギターの姿を見たら悲しまれるのでは・・・。レリックしたことを公表しないにしても、ブログをやってる以上それは厳しい。。。そこで恐る恐るご報告すると、

「なかなか思い切りましたねー!(笑)でもいいじゃないですか!」

との御返答!
聞けば、そのお方もレリックが好きでよくご自分でなさるとか。
お写真もたくさん見せていただきました!
いや〜、ホッと一安心。。。寛大なお方で本当によかったです(ToT)

という訳でこの度の公表と相成りました^m^
なんか、心なしか鳴りも良く鳴った気がするんですよ。塗装が剥がれたりクラックが入ったせいもあるのかもしれないですけど、僕的には何十時間もポリッシャーの振動を与え続けたことも一つの要因になってるんじゃないか!?と睨んでいます^m^

まぁ、都市伝説のひとつに追加しておいてください(笑)