IMG_2712
愛用のアコギ、YAMAHA FG-1200J 革ラベル。
ライブで必要なのでピックアップの載ったアコギを買おうかなとも思ってたんですが、この音をじっくり聴いちゃうともう他のアコギじゃなかなか満足できないんだろうな〜という気がします
やっぱりこいつにピックアップ載せるのが最良な選択かな?


IMG_2713
古いFGの多くはネックの元起きだったり反りだったり(&元々のヤマハの設計によるものという噂も)でなかなか満足のいくセッティングができない個体が多いんですけど、これは過去オーナーがリペアショップでネックリセットをしているため、かなりベタベタなとこまで弦高を下げられる状態でした。

弦高が低いのは弾きやすくていいんですけど、
やっぱり鳴りはある程度犠牲になりますよね。


そこで、細く切ったハズレ馬券をサドルの下に3枚入れて、弦高をちょっと上げてみました。
12フレット上で1弦1.6ミリ・6弦2ミリ弱です。
アコギとしては結構低いセッティングですかね。
0.4ミリ程度しか上げてないんですけど、それでも弾き心地や音はかなり変わりますね!

弦高が低い時は、強めにストロークした時に弦とフレットが触れることで出るビリつきがジャキ感や荒々しさを生んだりもすると思うんですけど、弦高を上げることによって太さや圧 そしてリッチな感じが出てきて、派手さよりアダルトな雰囲気になるように思います(^^)

現状の弾き心地と音、すごく良いなぁ・・・
ラムジーズさんにサドルを作り直してもらいたいです


IMG_2714