2本のTOKAI Springy Sound
IMG_2220
たとえば、どっちかがローズ指板だったりどっちかがアルダーボディだったり、というスペックの違いでもあれば「両方キープ」っていう選択肢もあったんでしょうけど、メーカー・製造年・型番・ウッドマテリアルと全て同じ。。。
僕は元来 同じ物は気に入った方だけを可愛がってしまう性分なのでどっちか1本に絞ろうと思い、前回のスタジオ入り以降日々コツコツと ネックを挿し替えてみたりPUを入れ替えてみたりパーツを入れ替えてみたり・・・といろいろな組み合わせを試し、その結果(見た目も含めw)自分的に一番しっくり来たのが

・サンバーストボディ
・Cシェイプネック
・73年製Fenderピックアップ
・Gotohブリッジ
・Raw Vintageサドル
・Raw Vintageスプリング

という組み合わせでした。

今回、実際いろいろな組合せを比較した上でわかったのは、Tokai純正Eスタンプピックアップも、Tokai純正一体成型ブリッジも非常に良いですね!ブリッジなんか特に当時の他社も使ってた共通部品(らしい)だったりするので精神衛生的に交換したくなっちゃってましたが、なんのなんの、純正でも充分素晴らしいです!なんか、自分の中の漠然とした「鉄ブロック崇拝」みたいなのが露呈してしまったようで恥ずかしいくらいです。やっぱりスペックに固執せずにいろいろ試すべきだというのがよくわかりましたね
「この材はこういう音。このパーツはこういう音」という傾向を知っておくことももちろん大切ですけど、現実的には青写真が覆されることも多々あるので、やっぱり先入観に捉われ過ぎるのも危険ってことなんでしょうね!


こういう経緯があって、黒ストラトはほぼ100%オリジナル状態に戻された状態となり、嫁ぎました。黒ストラトは高域の明瞭さと低域の重さがあってモダンな印象。それはそれで非常に良いんですが、敢えて、より力量を試されている感がありマケてくれないサンバーストの方を残すことにしました(^^)
サンバーストは現状あと一か所だけ試してみたいモディファイがあるんですけどね^m^



IMG_2663
いやぁ・・・ビックリ。
自分の全機材が、写真1枚に納まり切る日が来ようとは。。。
(vinetoneパワードアッテネーターだけは現在Tさんのもとで改良中なので写っていませんが)
でもなんだかすごくフットワークが軽くなったような感じがします(^^)

計らずしてギターが全て日本製なのも、自分という人間を考えたら
妙に納得してしまうのでした^m^