左から
・Digitech Bad Monkey
・Boot-Leg Dr.Mid Rich
・Ibanez Tube Screamer TS-5


IMG_9734
バッドモンキーは僕が長年愛用している、メインのゲインブースター。
あとの2つは、ここ数日で手に入れました^m^
ここでは、クランチ設定のアンプの前段にゲインブースターとして繋いだ場合のレビューをさせていただきます!

バッドモンキーに関してはブログに何度も書いてるので割愛します。

まず、昔持ってて実はこれが3台目となるDr.Mid Rich
(これに関しては過去にもペダル検証としてアップしています→コチラ
フレケンシー的なつまみがあって、Midと言ってもローミッドからハイミッドまでいじれる感じですね。ちょっと高いところのミドルを上げると、キョワッ!というピッキングアタックとギラつきが出てきて、問答無用にかっこいいROCKなサウンドになります!やっぱこれ、いいわ〜
バッキングにもリードにもいけるので、用途に応じて2台繫げたくなります(笑)。

続いてTS-5
ゴキブリやカブトムシと形容されるその見た目で敬遠されがちなものの、サウンド的には結構評価されている(らしい)、チューブスクリーマーの中でもちょっと異質なヤツです。僕の印象だと、ローミッドはあるもののハイミッドの主張が少ないので サラっとした肌触りの良い音になる気がしますね。あまりTSっぽくない感じが・・・。TSらしさを出すならTONE下げ気味になるんでしょうけど、それでもやっぱりちょっと違いますかね。・・・って書くとなんかガッカリしてるように見られるかもしれませんが、僕これ、めっちゃ好きな音です
結構ザラっとしているので、低音弦のパームミュートの刻みがカッコよくキマりますね!
ただちょっと低域は持っていかれます


この3台、どれもいいですよ!!